FC2ブログ

記事一覧

金曜日・・・傑作映画「龍の忍者」

明日は金曜日だ。


日本フライ協会では毎週金曜日を「フライデー」と名付けて、フライの半額セールを行っている。

デパ地下やスーパーなどの食料品売り場では、買い物客が殺到して危険なので、店員がフライを投げ、お客はそれをキャッチするのが当たり前の光景になっている。

このフライがキャッチャー・フライで、フライの中でも極上品とされている。

お店によっては、特別サービスとして、お客さんが持参した水をフライにしてくれるところもある。

水はピッチャーに入れて持参するので、このフライをピッチャー・フライという。

揚げたてのピッチャー・フライは絶品だ。

すいすい~といくらでも食べられる。

60度で揚げたピッチャーフライが特に好まれる。

1人で2個注文すればダブルプレイといって、お客から店員へとチェンジすることもできる。


釣り人の姿も多い。

フライで魚を釣る釣りをフライフィッシングと言って、そんなフライを探す釣り人が多いのだ。

味フライが魚の食いつきが良いとされている。



ブラッド・ピットを一躍有名にした「リバー・ランズ・スルー・イット」という映画でそのへんのことが勉強できる。

映画も素晴らしかったが原作もいい。

ノーマン・マクリーンという人の書いた「マクリーンの川」の邦題で集英社文庫から出ている。




a_2019051404583381e.jpg





無料動画サイト Gyao で、香港映画「龍の忍者」を観た。

日本の忍者と中国のカンフーをミックスした息もつかせぬ傑作映画だった。

真田広之が国際スターになるきっかけになった映画だそうで、ワイヤーアクションのない時代なので、その身体能力の高さ、動きにびっくりだ。

スタントマンを立てた個所もあると思うが、明らかに真田広之と分かるアクションシーンがほとんどだ。

若いい頃の真田広之って、こんなに美男だとは知らなかった。

コナン・リーがマッチに似てて親近感が湧く。

最初から最後までアクションの連続だけど、香港映画らしく笑いに富んでいて、飽きる箇所がない。

ラスト、カンフーの神様が憑依して無敵になった神打王が登場する場面。

女性の裸を見せると術が破れることになっていて、日本女性のおっぱいを見た神打王は敗北する。

「見たか~日本女性のおっぱいは天下無敵なのだ~ははは~」という高笑いで映画は終わる。

もう~最高。

オープニングシーンは忍術修行の場面だけど、このばかばかしさが、今頃、世界中で評判になっているそうだ。

土遁の術までくればひっくり返って大笑いできるので。まずはオープニングから。

https://youtu.be/o6kBOYZmQzc

映画のダイジェストです。

https://youtu.be/u6y3__SHiP4




スポンサーサイト



コメント

No title

shoさん、日本ブログ村の洋楽部門に登録されたらどうですか
折角の面白い記事、ブログ村のランキングページで色んな方に知ってもらったらどうでしょう
洋楽ランキングページ

https://music.blogmura.com/yougaku/ranking/in
登録の参考に

https://msfmo.com/blogmura/


No title

carmenc さん、有難うございます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

showhanng55

Author:showhanng55
マイナーな60年代ビートミュージックと駄洒落、読書レビュー。

月別アーカイブ

全記事表示リンク

フリーエリア