FC2ブログ

記事一覧

さいこんしたん・・・Little Willie John

テーマ:

 

 

明の時代の中国人が書いた「さいこん譚」を読んでいたら、ボクも再婚したくなった(「譚」(たん)は「話」の意)。

だから知り合いのお嬢さんに電話を掛けたのだ。

「よかったら、今夜、夕飯をご一緒しませんか?」

「珍しいわね。私を誘うなんて。・・・・何か魂胆があるんじゃないの?」

ぎくっとしたね。

危うくぎっくり腰になるところだった。

悟られちゃあいけないので、大人の対応をしたのだ。

「こ、こ、こ、・・・・今夜口説こうとしたのが何故分かったんだ?」

と、ついうっかり口を滑らせてしまったのだ。

その一言がすべてを台無しにした。

ガチャン~と電話を切られた。

ボクとしては工事のせいで、電話が切れたと思いたいのだ。

 

 

 

 

 

「菜根譚」は今から三百数十年前、中国明代の洪自誠が人間いかに生くべきかを、様々な角度から論じた人生指南の書である。本書は、「儒・仏・道」の3教を根幹とする『菜根譚』の真髄を体得して日常生活の指針とするため、儒・道教の専門家と仏教、特に禅学を専攻する学者の2人が、長年に亙り原典を全面的に見直し、これを究明し、その成果を新たに書き下ろしたものである。現世を生きぬく知恵と処世の極意が満載された必読の書。

 

 

あれ??

再婚生活は楽しいと書いた「再婚譚」じゃなかったっけ??

 

 

紫陽花の花を味わいながら、どこで読み間違えたのかゆっくり考えることにしよう。

 

 

 

 

 

 

 

Little Willie John の I'm Shakin' です。

この投稿者はロッキンをバックにこの手の映像をアップしていて、どれも楽しい。

リトル・ウィリー・ジョンは50年代~60年代初めに活躍した有名人です。

 

https://youtu.be/mX7fvIXzWzQ

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

showhanng55

Author:showhanng55
マイナーな60年代ビートミュージックと駄洒落、読書レビュー。

月別アーカイブ

全記事表示リンク

フリーエリア