FC2ブログ

記事一覧

・・ム所に行ってきた・・・The Score と Loose Ends

 

 

今日も天気が良かったので、行くぜい~とム所に行った。

出所したら、若い衆が黒塗りのベンツで迎えに来ていたのだ。

「お勤めごくろうさんです」と挨拶する。

あんなに大勢いた子分もいなくなって、今じゃあ4人で確定か。

深刻な顔をしてベンツを見たら、4人乗りのベンツが1台なのに若い衆は4人もいたのだ。

「馬鹿野郎。5人乗れねえじゃねえか。詰めろ~」

と言ったら、「あっしの落ち度でござんす。けじめをつけさせて頂きやす」

と指を詰めたのだ。

「誰が指を詰めろと言った~席を詰めるんだよ~」と叱りつけたら、一番若い子分が古文を引用しやがったのだ。

「身体髪膚(しんたいはっぷ)之(これ)を父母に受く。敢て毀傷(きしょう)せざるは、孝の始めなり。」

学のない俺には良く分からなかったが、知ってるふりをして「親分といやあ~お前たち子分の親も同然。身体堅固にしてせいぜい親孝行するんだな」と訓辞を垂れた。

「出入りの時に身体堅固でなきゃ困るんだぜ」と言いたいのをぐっとこらえたのは、俺という人間ができているからだ。

「親分、安心しておくんなせえ~まだ4本残っておりやす」と指を詰めた子分が指を差し出した。

見れば爪が伸びている。

「詰めな」と言って俺は爪切りを渡したのだった。

 

 

 

 

 

イメージ 1

 

白い椿と赤い椿を池に浮かべて、曇ったままのレンズで撮ったら、面白い効果になった。


通常のレンズで撮った写真。




 

イメージ 2

 


 

今日はすっかり春の陽気。

 

1日中ぼんやりと過ごした。

 

残り少ない人生、こんなことでいいのだ ろうか~と反省したので廊下を雑巾がけした。

 

将来の夢は政治家になることなので、雑巾がけから始めたのだ。

 

国民の税金で高級寿司が食えるってのが魅力的な商売だからね。


 

98年の写真のコンピ盤にはビートルズの曲が2曲収められている。

 

勿論、60年代UKのマイナーバンドのカヴァーだ。

 

ブックレットの解説が、Pebbles ボックスの解説と同じように、ごちゃごちゃしたバックに小さな文字を乗っけているので、とても読む気になれない。

 

顕微鏡でも使わないと読めないのだ。

 

なので投稿者の解説で我慢してくれ。

 

66年にデッカから1枚だけシングルを残して消えていったロンドンのバンドだが、両面とも再評価が著しい。

 

A面:Please Please Me。

 

https://youtu.be/n3Y3izl15s8


 

B面:Beg Me.

 

こちらは同じ98年のコンピ Tke Mod Scene で聴ける。

 

ボクの好みは Beg Me の方だ。

 

https://youtu.be/h_aZsq694_Q


 

もう一曲は Tax Man.

 

こちらは Loose Ends というバーミンガムのバンドで、2枚のシングルを残して終わり。

 

同じ66年のリリースです。

 

https://youtu.be/1lNGy2645YQ







 

イメージ 3

 

イメージ 4

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

showhanng55

Author:showhanng55
マイナーな60年代ビートミュージックと駄洒落、読書レビュー。

月別アーカイブ

全記事表示リンク

フリーエリア