FC2ブログ

記事一覧

Le Blue Du Ciel・・・The Big Push/CHERRY1978

IMGP3030 (600x397)


初めて読んだバタイユは、晶文社版の天沢退二郎訳「青空」だったが、例のごとく、今は見つからないし、ネットを検索しても新版の写真しかでて来ないので割愛する。

空色一色の表紙だったと記憶する。

数年後、二見書房から全集が刊行されたので、その写真を貼っておく。

函。奥付。見返しの順。


IMGP3415 (420x600)

IMGP3419 (401x600)

IMGP3420 (600x449)


こちらは訳者が伊東守男氏に代わり、タイトルも「空の青み」になっている。



読み返していないので、内容紹介は割愛する。

もうあまり覚えていないのだ。

覚えてないってことは血肉にならなかったってことで、何冊か読んだけど、影響らしい影響は受けてない。

難しくてよく分からなかった、と言ったほうが正確なんだろうが・・。

猥雑で汚くて、エロティックなイメージしか残っていない。



原書の Jean-Jacques Pauvert 71年版。

フランス語の勉強のために買った本で、辞書を引き引き半分ほど読んでいる。

結局モノにならなかったんだから無駄な努力をしたものだ。

表紙、扉、書き込みのある本文。


IMGP3416 (400x600)

IMGP3417 (393x600)

IMGP3418 (411x600)





ストリートミュージシャンからプロデビューしたばかりの Big Push。

英国ブライトンがベースのバンドで、ギターとベースが同じファミリー・ネームなので兄弟のようだ。

最初に気に入ったストリート時代。

https://youtu.be/DbL7Frf6nJI



デビュー作の It's Alright。

メンバーがひとり増えたようだ。

https://youtu.be/C5Z8CoKcrQc?list=RDC5Z8CoKcrQc





日本にもメチャウマのギターおじさんがいた。

定年退職した団塊世代のサラリーマンかな?と思ったが、鶴岡市のイベントページで以下の書き込みを見つけたので、定職の傍ら、地元で音楽活動を続けていた人(バンド?)なんだろうと思う。


「CHERRY1978
1978年(昭和53年)結成、今年38年目となる歴史あるアマチュアバンド、地元鶴岡市を中心にライブ活動中。演奏のレパートリーは、邦楽&洋楽のロック・ポップスを中心にボーカルからインストルメンタルまで幅広くこなす。」


流れるような指使いに、魔法にかかったようにうっとりとなる。

おまけに、めちゃかっこいい。

https://youtu.be/S1Oxm1jB5DQ



その前は3人だったようで、もう一人のギタリストもメチャウマだ。

好みで、サイドに回っている映像を取り上げるが、リードをとっている映像が隣にあるので、メチャウマぶりが分かる。

https://youtu.be/kABWemkoEHg





b_W1sicmVzaXplIiwxMDgwXSxbIm1heCJdLFsid2UiXV0=.jpg
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

showhanng55

Author:showhanng55
マイナーな60年代ビートミュージックと駄洒落、読書レビュー。

月別アーカイブ

全記事表示リンク

フリーエリア