FC2ブログ

記事一覧

明治の変体仮名活字本・・・・The Pyramid

漢字に、俗字や異体字があるように、仮名にも変体仮名がある。



漢字の世界では、康煕字典に則った漢字が「正字」で(日本の場合、台湾では繁体字と呼んでいる)、他は異体字だ。

戦後、正字を簡略化した当用漢字が作られた。

画数の少ないい字が簡略化された漢字だと思いがちだが、そうでないケースもある。

例えば「龍」。

当用漢字なら「竜」となるので、「龍」を簡略化した後世の漢字だと思いがちだが、白川静先生(たしか?)によれば、初期の漢字「金文」に「竜」の字が現れ、時代を下ってから「龍」の字が現れたそうだ。



江戸時代の木版本を眺めたことのある人なら、誰でも知っているが、読めない(現在では使われていない)平仮名が使われている。

ひとつの平仮名に数種類あったようで、なんと明治33年に平仮名が統一されるまで普通に使われていたようだ。

以後、排除された平仮名を変体仮名と呼んでいる。



手元に明治23年発行の「天狗の世界」という活版本があるが、ルビにいたるまで、変体仮名のオンパレードだ。



IMGP3397 (421x600)


見本として「序」の1ページだけ掲げておくが、読めないと思うので現代語の表記に変換する。

ルビまでは手が回らないので、「 」にした本文平仮名が原書では変体仮名なので見比べて欲しい。


IMGP3401 (477x700)


「天狗の世界の序

仏の性(しょう)は仏が見、蛇の道「は」蛇が知「る」の喩言(たとえ)「に」て、人間は人間の世界の「こと」を知るべ「し」。そを天狗の世界を知って大天狗、小天狗、木葉(このは)天狗の末社まで天狗の鼻の隆(たか)きを挫(くだ)く。洵(まこと)「に」人間の業(わざ)と「は」思わ「れ」ぬ怖ろ「し」き筆「の」先、柔和忍辱、即身即仏、慈悲を衣「に」被(か)けた天ぷら・・・・」



明治の初めの世態風俗全般、政治を風刺した読み物で、「いまどきの若いヤツは・・・」と嘆いている箇所もあって大笑いだ。

「紳士」なる言葉が流行っていたらしく、柄にもない連中が「紳士」と称するのはちゃんちゃらおかしいと舌鋒鋭い。

世の流れに迎合しない姿勢に好感が持てる1冊。



扉と奥付です。


IMGP3398 (414x600)

IMGP3399 (437x600)



変体仮名の話だから、変態さんを取り上げるかって~!

そうはいかないんだなあ~



夏の終わりなので、Summer of Last Year です。

投稿者が書いてるように、Pyramid はこの1枚で終わった3ピースバンドだが、このあとフェアポート・コンヴェンションに加わる Ian MacDonald(Matthews) がいた。

ベースはスタジオ・ミュージシャン時代の John Paul Jones だ。

ビーチ・ボーイズ風とあるが、たしかにそんなコーラスワークだ。


https://youtu.be/2-U7Nge5bTw
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

showhanng55

Author:showhanng55
マイナーな60年代ビートミュージックと駄洒落、読書レビュー。

月別アーカイブ

全記事表示リンク

フリーエリア