FC2ブログ

記事一覧

盛りの桜と散る桜・・・・Eric Burdon & The Animals

今年の桜は一斉に開かず、時間を追って次々に咲いていくので、完全な葉桜もあるが、今を盛りの桜もあって、まだ楽しめる。

桜フリークのボクには嬉しい限りだ。

日曜日がピークだったが、まだ盛りの山桜。









散り桜も美しい。





駅前のソメイヨシノ。

こちらもまだピークを維持している。





北条時宗公お手植えと伝わる、一本の木に八重と一重の桜が混在して咲く珍しい桜(通称み車返し)が盛り。

白い色が一重、ピンク色が八重です。







八幡様の花筏(はないかだ)。













モンタレーポップフェスティヴァルは67年6月16日から18日まで3日間開催だったが、2年後(69年)のウッドストックに比べて、日本での盛り上がり方はイマイチだったと記憶している。

イチバンの理由は、たった2年間で情報量が圧倒的に違ったせいだ。

当時圧倒されたと思ったウッドストックの情報量でさえ、現在から見ればパンの端切れにすぎない。

モンタレーに出演した Eric Burdon & The Animals が、フェスのリポートのような Monterey を書いている。

歌詞の一部だ。



The Byrds and the Airplane did fly
Oh, Ravi Shankar's music made me cry
The Who exploded into fire and light
Hugh Masekela's music was black as night
The Grateful Dead
Blew everybody's mind
Jimi Hendrix, baby
Believe me, set the world on fire, yeah





wiki によれば68年に異なった2種のヴィデオが現れたことになっている。

多分これのことじゃないかな?

(貼った下の動画じゃなく、別ヴァージョンを下敷きにした投稿者独自の動画のようだ。ブロ友の weird さんがオリジナルを探してアドレスを貼ってくれたので ↓ 興味のある方はアクセスしてください。なお最初のヴィデオもオリジナルじゃないそうだけど、オリジナルはスタジオヴァージョンで面白くないので、映像はこのままです)














スポンサーサイト



コメント

No title

こんばんは〜

そうそう、今年はなんだかバラバラに咲きましたよね。

会社の近くの1000本桜も中途半端な感じでしたもん(笑)

葉桜の緑も躍動感あって好きなんですよ。

そういえば、ヒルビリーの新譜も面白かったですよ、君の瞳に恋してる。をカヴァーしてるんだけど、全然、ウキウキしないカヴァーなんです(笑)

No title

桜🌸、、、
こちらは、終わっちゃいました。
淋しいですが、これからは、皆さんの記事で楽しませていただきます(* ̄∇ ̄)ノ

八重と一重が同じ木で咲く⁉
ビックリしました。でも綺麗でなんとなくかわいらしい感じがします🎵
花筏、美しいなぁ…
最後に花筏見たいなぁ…っと川に行ってみましたが、、、それすら?終わっていました(笑)
次はつつじです❗v( ̄Д ̄)v

No title

umeさん、今年は咲き方がばらばらだよね。
葉桜の緑、もちろん大好きです。

ヒルビリーの新譜、手に入れたですか~!早~!!
へえ~日本の曲もカヴァーしてるんだ。
あの斉藤哲夫の曲は・・・宮崎美子の名前が出てこなくてぐぐったら、100万ボルトとは別の曲でしたね(笑)

No title

addisonさん、都内は完全に終わりましたか~!
一斉に咲くから終わりも一斉ですよね。

み車返し、市だったか県だったかの天然記念樹です。
本当は写真禁止なんだけど、こっそり撮りました~(悪いやっちゃ)

え~目黒川の花筏も終わってたの~!
それは残念でしたね。

今躑躅と八重桜が咲き始めてます。
また遊びに来る??

No title

散り桜もいいですね
これからは桜の絨毯がまっていますね( ̄Д ̄)
こっちもそろそろかな

スマホ新しくなったので綺麗な桜を撮影したいです

No title

こんばんは~♪

動画を拝見しました。

ラヴィ・シャンカールのシタールが入ると東洋的なムードが漂いサイケデリックな雰囲気が増長されて何とも言えない危険な香りがタマリマセン。

開花~満開~桜吹雪
という流れが桜の魅力でもありますね。

No title

気まぐれ親父さん、このころ、ラヴィ・シャンカールは引っ張りだこでしたね。

そうそう~桜の魅力って、三位一体なんですよね。

No title

今年は長く楽しめていいですねえ♪
こちらも長く楽しみたいです。
気温が上がったり下がったり、するからだそうで。
こちらも明日、寒くなるから期待していいかな。

おかげで桜をいっぱい堪能できて幸せです♪

No title

鎌倉はまだこんなに桜が残ってるんですね~羨ましいです^^鎌倉霊園の反対側に住んでるのに散り桜ばっかりですよ~

Monterey初めて聴きましたがカッコイイですね~ベースがナイスです^^

No title

大ナイスのお宝動画ですネ!
E・バードンの顔が優しそうなのには驚きました。
知ってる顔と名前を探して必死でした!!
鯉のぼりでホっとしました。
あっ、そうそう2種の桜の事忘れてました~(笑)
綺麗ですヨ~!失礼しました~~

No title

ゴールドさん、えっ~! そんな近くに引っ越したんですか~!!
じゃあ一度は遊びにいらっしゃい。
霊園から鎌倉に入る十二荘ってところに桜がいっぱいあるはずです。
ボクは平成元年に免許をなくしたので、行けないけど・・・。
途中のカーブに桐の木があって、5,6月頃見事な花を見せてくれてたんだけど、まだあるかなあ・・・?

新生アニマルズのこの曲、かっこいいですよね。
映像に出てくる、当時のロックスターに釘付けになります。、

No title

チャミきんさん、2番目の映像のエリックですね。
こんなに優しい顔の彼を見るのは初めてです。
2番目で言うと、ブライアン・ジョーンズが特別扱いのアップですね。
2種の桜、固有名詞を避けてくれて有難うございます~

No title

二番目のluckysmusicの動画は、Vintageなものを切り貼りしたやつですね。

エリック・バードンがイヴェントをRevisitedするという趣旨だから、オリジナルは、これでしょう↓
"Monterey", Eric Burdon
https://www.youtube.com/watch?v=Mvs8U0oxnlI

これには、ブライアンも二コも映っていないのが残念…

No title

> sho*ha*ng*5さん

7日(日)「Destiny 鎌倉ものがたり」BS放送で観ました
ファンタジーな、お話で微笑ましくありました。
鎌倉ってそんなお話が似合う場所なんですね。

桜 ナイス
でも、今日の雨で見納めかも

紹介ありがとうございます。

ブログ移行については、ダンナに丸投げして
ライブドアブログにするつもりです

URLは
http://blog.livedoor.jp/teru_seki31/archives/17449069.html

これからもよろしくお願いいたします

No title

weirdさん、有難う~
最初のヴィデオとかぶるシーンがありますね。
映像としてはこの別ヴァージョンよりも貼ったほうがいいので、断り書きを入れておきましょう。

No title

まりっぺさん、西岸良平の「漫画「鎌倉物語」の実写版ですね。
ボクは見てないけど面白かったですか~!?
何十年も書き継がれている漫画です。
何冊かは読んでるけど、全部は読んでません。
幼妻の亜紀子さんが可愛いらしいですよね。

ライヴドアですか~!

ボクはまだ未定です。

No title

最初の映像は、footageと音をマージしたもののようですね。

当時のプロモ?
Eric Burdon - The Animals - Monterey 1967
https://www.youtube.com/watch?v=iLo8GJJLUhE

カナダTV番組の映像は、
LET’GO from CBC Vancouver
https://www.youtube.com/watch?v=D7NFAkq7YO8

No title

weirdさん、映像を探したとき、この2つとも見つけたんだけど、最初がオリジナルとは思わなかった。
スタジオじゃなくて、フェスの映像が使われているはずという先入観があったせいですね。
だから別ヴァージョンは、フェスの映像を使ったと言うわけですか。
勘違いのままでいるとこだったので感謝です。

No title

今年は長く桜を楽しめましたね~!
散り際の花筏もキレイです
これから八重桜、藤、ツツジと
春をまだまだ満喫できますね
花粉症などは大丈夫ですか~

No title

anzuさん、お早うございます~
昨日は一日雨、夜に止んだ後は強風が吹きまくったので、諦めていたのに、向かいの山桜は健気にも咲き誇っています。びっくり。
さすがにソメイヨシノはもう無理だろうけど・・・
都内の八重桜はもう満開を迎えたんじゃありませんか??
こちらも満開に近づきつつあります。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

showhanng55

Author:showhanng55
マイナーな60年代ビートミュージックと駄洒落、読書レビュー。

月別アーカイブ

全記事表示リンク

フリーエリア