FC2ブログ

記事一覧

今日は冷える。鍋だ。鍋にはスダチだよね・・・・・The Cildren/Somebody's Chyldren




サザンカをサザンの歌、「サザン歌」だと思っている人も多いと思う。

しかし違うんだよなあ~













今年もスダチが良く生ってくれた。

肥料もやらず、手入れもしないのに、ありがたい話だ。

ザル一杯、今年分を収穫したあとの木だけど、まだこんなに残っている。






David Allen は子どもの時からフラメンコ/クラシックギターを学んでいたそうだが、16歳のとき妹の Angella Allen と Cildren というバンドを作った。

別名義で Somebody's Chyldren のレコードも作っているので、どっちが先になるのか分からないが・・。

両名義で66年に3枚のシングルを残している。

一部、メンバーが違うみたいだが。

のちに Carmen(70年ー75年) というバンドをロスで結成し、ロンドンに渡って(メンバーも入れ替えて)大成功しているので、知っている人は知っているはずだ。

ボクは Carmen というバンドを知らなかったのでぐぐってみた。

と、なんと、Gods のベーシスト John Grascock の名前が出てきた。

王道ファンにはジェスロ・タルの3代目ベーシストとして有名なのかもしれないが。

この人と Angella がいっとき恋仲だったのも知った。










Cildren 名義の This Sporting Life。

Ian Whitecomb という成功した白人のブルージーなナンバーだが、ボクは Cildren のビートスタイルがとても気に入ってる。

途中に挟まる聞き覚えのあるビートルズやガレージ曲のギターフレーズの影響もとてもいい。

Cildren で This Sporting Life。



オリジナル。





Somebody's Chyldren 名義では一枚しか残していないが、ファズ全開で、これぞガレージという David Allen のオリジナルだ。

I'm Going Back To New York。











Somebody's Chyldren の写真。









David Allen。



スポンサーサイト



コメント

No title

今晩は(^o^)


『チルドレンも鍋をお腹一杯食べて
巣立ちます』って記事でしょうか。


で、冗談はさておき
(笑)(^o^;





なかなか良い曲でしたー
(^^♪

No title

ケアベアこぞうさん、おお~ボクの真意を理解してくれて有難うございます~(←何も考えてなかったけど・・笑)

2曲とも気に入ってくれて嬉しいです~

ナイス有難うございます~

No title

冷え込んできましたね~スダチが美味しいシーズンです、新鮮ですね。
我が家は鍋でも、今夜はおでん鍋、新鮮さはいまいちだけどあったまります♪

No title

じゃむとまるこさん、今日は冷えますねえ。
おでん、大好きなんですよ~

ナイス有難うございます~

No title

Offbeats
You Know I Need You
https://www.youtube.com/watch?v=FCpFo9NYS-Y

Somebody's Chyldren

The Chyldren?

The Children?

となるのでは?他にもメイ・ウェストのバックでアルバムも出しているし、まだあるかも?

Sporting Lifeのカヴァーだと、この二つが出色↓
Mickey Finn - The Sporting Life
https://www.youtube.com/watch?v=CgHpLCFWwu8

Night Life · The Del-Tino's
https://www.youtube.com/watch?v=v6OIsIf0xoI

No title

🎵あか~くさいてもぉーふゆのはなぁ~
( ≧∀≦)ノ(笑)
あっ、shoさん家のさざんかは、白なんですね❗(^^;)))

寒いです。。。
こんな日に鍋だったら、いいですねー。
すだちが美味しそう🎵
すだちってジャムにはできないのかな?
(沢山実がなっていて、ついそんなことを思ってしまいました。)(*^^*)

No title

サザン歌はさておき('∀`)
スダチがこんなに沢山収穫できるとは凄い~~!
お風呂に浮かべたらいい香りがして良さそう~♪
CildrenのThis Sporting Lifeのようなフレーズを聴くと
ニヤッとしてしまうわね('∀`)
I'm Going Back To New Yorkが一番いいわ♥

No title

こんばんは!

鍋!(・∀・)ノ

サザンの歌(笑)

おぉ~奇遇です。実は自分も今日は鍋を食べましたよ♪
寒い日は温まりますよね。しかしスダチが豊作ですね。

Somebody's Cildren!

へぇ~♪後にプログレ勢とも繋がっていたんですね。

Ian Whitecomb のカバーはアレンジもさることながら、
ヴォーカルがパワフルですね。 Angella のキュートな
ルックスからは想像できないです(笑)

I'm Going Back To New York。

これはめちゃめちゃカッコイイです!このファズ全開な感じ!

かなりイイ音源を教わりました♪(・∀・)ゞ

No title

えっ?!サザンカって、サザンの歌じゃないんですか??Σ( ̄□ ̄|||)

美しい白いサザンカですね!
スダチって、時々いただいたりするのですが、上品な酸味がいいですね。
shoさんとこは、庭も音楽も素敵~~

No title

weirdさん、おはよう。
David Allenのことは詳しいプロフィール記事があったので、他ははしょって、関心のあるとこだけチョイスしたんだけど、 Chyldrenと Somebody's Chyldren の後先だけが分からなかった。そういう順序になるんですね。
Somebody's ~のほうは「i」じゃなくて「y」の綴りになるんですね。気づかなかった。

このMickey Finn って、マーク・ボランと一緒に演っていた彼のことですか??
The Del-Tino'sはハイスクールバンドにしては、声が大人びてますね。

No title

addisonさん、おはよう。

山茶花は白も赤もピンクもありますよね。
最初の歌詞は小林旭の歌ですか??

昨日は一日中冷え込みましたね。
スダチはジャムにはできない(手間隙がかかりすぎる)んですよ。
代わりに絞ってエキスにすると、色んな使い道があります。
ま、新鮮なスダチを絞るのがイチバンだけど。

ナイス有難うございます~

No title

joeyさん、昨日市場に行ったら、小さなスダチの実が2個100円で出てました。
そんなに高いと知らなかったので、風呂に入れるのが遅くなりましたよ(笑←ケチ)
This Sporting Lifeのギターフレーズ、ニヤリとしますよね。
今日のお勧めはI'm Going Back To New Yorkなので、そう言って頂けると嬉しいです。

ナイス有難うございます~

No title

The Chyldren名義のシングルが、The Children/This Sporting Lifeよりレコード番号からみてて前に出たと思う。

Somebody's Chydrenのサントラ曲は、JoeyさんがUpしていますね。
https://www.youtube.com/watch?v=XlYIvY19YB0

The Mickey Finnは、バンドでマーク・ボランの相棒とは関係ありません。
FlipもKillerです。
Mickey Finn - Night Comes Down - 1965 45rpm
https://www.youtube.com/watch?v=FoTWFkFNLE8

Cub CodaのTeen時代のバンドですね。
ということは、
Pre-Brownsville Station/King Uszniewicz And His Uszniewicztonesです。

DEL-TINOS GO! GO! GO!
https://www.youtube.com/watch?v=4lAkvYvWiuQ

No title

ぶーさん、おはよう。
鍋にしましたか~鍋が美味しい季節になりましたもんね。
冬の間は毎日食べても飽きないんですよ~

この時代の才能あるミュージシャンは、時代の要請にしたがってスタイルを変えていきますね。
成功するケースもあるし、失敗するケースもあるしで、音楽業界ってのは難しいところですね。

I'm Going Back To New York、ボクのCDにはこの音源は入ってないんだけど、今日のお勧めナンバーです。

ナイス有難うございます~

No title

まこちゃんさん、おはよう。
ははは~のってくれて有難う~

山茶花の色はいろいろあるけど、この白い山茶花は気に入ってます。
スダチは皮を切って使ってもいいし、絞って使ってもいいし、使い勝手がありますよね。

ナイス有難うございます~

No title

weirdさん、レコード番号ですか~!
さすがに見るところが違いますね。

で、じょ~いちゃんのサントラ曲、Discogs にも記載がなかったけど、彼ら単体ではリリースしなかったんですね。

Mickey Finn、シェル・ターミーが手がけたバンドなんですね。
こっちのほうがボクには好みです。
DEL-TINOS GO! GO! GO!、最初のナンバーですね。
初めて聴きます。
この人はのちに、Brownsville Station/King Uszniewicz And His Uszniewicztones を演るひとなんですね?
最後のバンドはきちんと聞いてないけど、ジャケだけはUで見覚えてます。

No title

スダチ沢山育ってますね~しかもザル一杯に採った後なのにそんなにあるんですね^^
音楽もナイス!

No title

ゴールドさん、今年は大豊作で、ザル3個分てんこ盛りになりそうです。
その分、来年は不作かも。

ナイス有難うございます~

No title

> sho*ha*ng*5さん

サザンカをサザン歌と同様に
Childrenをchyldren
そう読ませるのですね。

teruの在籍バンドは
Greyではなく、Gleyと表記する。

遊び心なのですね。

紹介ありがとうございます。

No title

chylde (複数形 chyldren)はchildの古い綴りです。

知ってか知らずか、Chylde,Chyldrenを使っているバンドは結構あります。

Satan's Chyldren - Don't Go
https://www.youtube.com/watch?v=1UROpw0Xv2M

これも変形か?
The Chylds - Hay Girl
https://www.youtube.com/watch?v=IEIjWs92i1w

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

showhanng55

Author:showhanng55
マイナーな60年代ビートミュージックと駄洒落、読書レビュー。

月別アーカイブ

全記事表示リンク

フリーエリア