FC2ブログ

記事一覧

オリジナル盤というだけで手が伸びた The Electric Flag

ボクがブログを始めた10年前、洋楽ジャンルはオリジナル盤コレクターの天下だったけど、いつのまにか見かけなくなった。

オリジナル盤収集という行為が流行らなくなったんだろうか?


Electric Flag の A Long Time Comin' は人気があって、アップしているブロガーさんが多かったと記憶している。

このバンドはマイク・ブルームフィールドが結成したことで知られているが、いまさらボクは聴きたいとは思わない。

が、68年リリースのオリジナル盤が1080円で売られていると話は別だ。

ジャケに少しスレがあるが盤面は美品。

こんな安さで手に入ることはないだろうから迷わず購入した。

オリジナル盤である証拠に、ラベルに刻印されたレコード番号「CS9597」が見えるようにしておいた。




アルバムB面1曲目 Texas。

このソウルフレーバーがアルバムの特徴だ。



[注]

レコード番号が同じなので初版プレス(オリジナル盤)だと思い込んで買ったが、70年代以降の再発盤だと判明した。

レコード番号もMATRIXも初版プレスと同じ再発盤があるのを始めて知った。

レコードの世界は奥が深い。

物故した昔のビートルマニアのブロ友さんが、奥が深くて底なし沼だと嘆いていた理由がやっと分かった。







今日は植木屋さんに頼んで、ボクにではできない大きな木の手入れをしてもらった。

プロの仕事はやはり違う。

















スポンサーサイト



コメント

No title

うーむ、このLabel shotを見る限り、オリジナル・ファースト・プレスではない気がします。

この時代は、赤2 EYEラベルがオリジナルだと思います↓

https://www.elbarriodiscstore.com/archives/5283

https://www.etsy.com/listing/384588434/the-electric-flag-a-long-time-comin-lp

このオレンジ色ラベルだと、1970年代プレスでは?

No title

この盤のオリジナル盤だったら、その価格は驚くほど安いわね('∀`)
私、コレクターでは無いので良くわからないけど今でも
オリジナル盤ばかり揃えてる人もまだまだ多いと思うわ♪
一番最後の花は何かしら(?ε?)

No title

weirdさん、えっ、違う??

分かりました。
今、Uのフルアルバム投稿で確かめたところによると(オリジナル盤だとして)、ラベルの左右に「コロンビアマーク」がありますね。
しかしMATRIXがA面XSM135248、B面XSM135249と一致。
再発盤でもレコード番号もMATRXもおなじなんてことがあるんですか??
訳が分からなくなりました。

さらにDISCOGSを詳細に調べると同じレコード番号、MATRIXで Unknown リリースがありますね。
これかもしれない。

No title

joeyさん、破格の安さだったので買ったけど、今疑問が出てきたので詳細に調べたら↑のようなことが分かりました。
早とちりだったかもしれない。
それなら買う必要が無かったんだけどね(苦笑)

最後の花は名前を知りません。

ナイス有難うございます~

No title

いや、単純にラベルが、オレンジ色で、デザインも違いますね。
それで、Later pressだと思ったわけですが…

ここで、A LONG TIME COMIN'の360 SOUND (Stereo)赤2 EYEのラベルが載っています↓
http://recordcorrecterrors.music.coocan.jp/columbia.html

やはり、オレンジ色のラベルは、70年代になってからのようです。

No title

weirdさん、今観てきました。
その通りですね。
しかし、レコード番号とMATRIXは再発盤になると違うと信じ込んでいたので、新発見ができました。
レコードの世界は奥が深いですねえ~

No title

ユッカの花だと思います、一瞬、え?これを剪定?なんて思いました(笑)

No title

じゃむとまるこさん、この花がユッカ蘭ですか。
名前だけは良く聴いてたけど、現物と一致して認識したことがなかったんですよ。
有難うございます。
ナイスも有難うございます~

No title

めっちゃ熱いサウンドとボーカルですね^^カッコイイです^^

オリジナル盤って言葉はやっぱり説得力がありますね^^
ナイス!

No title

ゴールドさん、この時代、こういうサウンドに夢中だったんです。
いまではもう全部物置の中です。
人間って変わるんですよ。

オリジナル盤じゃなかったのが判明しました。
信じて買ったのに悔しい~!!

ナイス有難うございます~

No title

80年代プレスもあるようですね。

A Long Time Comin' (US 80's RE )
https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/m252324942

やはりMono はRareで、さすがに高い↓
https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/m290125739

でも、
「白夜の幻想/サイケデリック映画・サウンドトラック盤/エレクトリック・フラッグ・アン・アメリカン・ミュージック・バンド」帯付き日本盤は。58200円で落札とあったから、その方がずっとRare…

No title

おはようございます(^。^)


僕もオリジナルのジャケットデザイン
がいいなぁーとは思いますが、
基本的にコスパ重視、プレミア価格
だったら再発盤でよし、とします。

レコードとCD、安い方でボーナス・
トラックが入っていればそっち。
安くてオカズが一杯入っている方を
取ります。


お得なモノにフラッグとなびく。
合理主義ですねw
(≧∇≦)丿

No title

weirdotalesさん、同じ再発盤でも2980円とあるから、1080円なら破格の安さだったんですね。
ラッキーと喜びたいところだけど、どうせ物置行きだから、別のものにすれば良かったなあ~・・

ジャケ裏にMONO盤があるのを明記してるんだけど、高いですねえ~帯付邦盤、帯付だと海外アーチストでもとんでもない値段になるんですねえ~びっくりです。
邦人アーチストだと、あっというまに10万円くらいの差がつくのは、昔 Too Much をやったときに知ったけど。
当時は帯が邪魔に思えて全部捨てていたけど、時代って面白いですね。

No title

ケアベアこぞうさん、ボクも同じですよ。音が聴ければいいという主義だから。

写真のアルバムのCDには4曲追加されていて、Sunny が入ってるんです。
Uで聴いたら、これがイチバン良かった(笑)

駄洒落、上手い~

ナイス有難うございます~

No title

こんにちは!

オリジナル盤♪(・∀・)ノ

ではなく?再プレス盤だったんですね(汗)

ひょっとするマスターが同じ(それを元に制作された物)で
プレスされたものだから、マトや規格が同じなのかもですね。

レコ屋さんでは手に取って気に入ったものをゲットしてます。
再発でも魅力的な作品が多いですし、余程の思い入れのある
アーティスト意外は高値で欲しいとは思わないです(・∀・)ゞ

No title

ぶーさん、再発盤でもこういうケースがあるのを初めて知りました。
レコードの世界は奥が深いですねえ~

ボクはオリジナル盤コレクターじゃないので、高額商品は買わない主義なんです。
安ければ安いほどいい。
だけど、破格値段でオリジナル盤が手に入るんだったら、無用と思っても手が出ますよ(笑)
いい教訓になりました。

ナイス有難うございます~

No title

こんばんは、CDてこのアルバムは、持ってます。レコードは、久しぶりに買いましたが、難しいですね。
欲しいのがあるんですが、海外販売なんですよ。DISCOGSで海外から買ったことありますか?

No title

tomozoさん、Discogsの海外業者とは取引したことがありません。
Amazon UK, US と違って、なんか怖いんですよね。
観てるとほしいものだらけなんだけど。

おお~CDで。
ボクはボートラの Sunny がイチバン良かった(苦笑)
だからこのレコードはひとまず不用品(爆)
レコードの世界って、ほんとに奥が深いですねえ。

ナイス有難うございます~

No title

はじめまして。

気まぐれ親父と申します。

マイク・ブルームフィールド絡みの記事が目に留まりお伺いしました。
マイク・ブルームフィールド好きなんですよ。

レコードの世界は奥が深いですね。

私、今は聴くのは殆どジャズなんですが、
また時々お邪魔させてください。

No title

気まぐれ親父さん、初めまして。
多分同世代の方かとお見受けします。
今後ともヨロシクどうぞ。

MBは「スーパーセッション」も「フィルモアの奇跡」もPBFBもリアルタイムで買ったけど、81年に古臭いと思われていたビート・サウンドを再発見したので、以来彼は物置に眠ってます。
ジャズは最近はほとんどご無沙汰です。

ナイス有難うございます~

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

showhanng55

Author:showhanng55
マイナーな60年代ビートミュージックと駄洒落、読書レビュー。

月別アーカイブ

全記事表示リンク

フリーエリア