FC2ブログ

記事一覧

下町江戸散歩・・・ This Is The Kit





やっと冠雪した富士山が撮れた。

が、ご覧のように、ゴミが付着している。

レンズを綺麗にしたのに不思議だなあ~と思い、レンズを外して本体のセンサーを眼鏡拭きで拭いた。

が、実は大失敗だったらしいのだ。

センサーは非常にデリケートなので、そんなことをしてはいけなかったらしい。

専用のクリーニングキットを買って、触れないようにクリーニングしなければいけなかったんだそうだ。

問い合わせて分かった。

とりあえず、クリーニングキットを注文したので、届き次第クリーニングしてみるが、さてどうなることやら(泣)














土曜日、深川から両国まで、江戸の町を探検するツアーがあったので参加してきた。

勿論町並みに江戸の面影はないが、そこかしこに歴史が生きているのだ。





富岡八幡の境内にあった伊能忠敬像。

この近くに住み、祈願してから出かけた所縁(ゆかり)だそうだ。










三菱財閥の岩崎弥太郎が手がけた「清澄庭園」。

3万坪の回遊式庭園で、岩崎家の迎賓館として造園されたのだという。











「赤穂浪士ゆかりの道」という高札が立っていた。

高札の右側に怪しい門と階段がある。

てっきりこの道のことだな~と階段を登ると、行き止まりになった小さな空間があり、なんと芭蕉の像が鎮座していた。

ま、たしかに、芭蕉庵も近くだが、それにしても分かりづらい高札だなあ(苦笑)
















仙台堀川沿いに「芭蕉句の道」があって、2人並んで歩くのがやっとの細道。

風情があって、桜時にはさぞ綺麗だろうなあと思ったが、人物が写りこんでいるので写真は割愛する。




吉良上野之介の屋敷跡まで30分くらい歩いたかな?

当時の16分の一しかないそうで、狭いが歴史だ。

上野之介の像。















芥川龍之介もこのあたりで産まれたそうで、文学碑が建っていたが、割愛して柳橋。

船宿と屋形船。

一度でいいから芸者遊びってのをしてみたかったなあ~















今日の音楽は This Is The Kit.

元々は Kate Stables と Jesse Vernon のフォーク・デュオで03年から活動を始めたが、10年ごろから色んなミュージシャンを呼び込んでいて、Kate Stables のプロジェクトという位置づけになったようだ。

ブリストル生まれの英国人だが、現在はパリ在住だという。

06年、あるレコード会社が Folk Off というコンピ盤をつくり、Vashti Bunyan 他と一緒に収めたというのだから、初期の音楽性は分かるはず。

このときの作品、Two Wooden Spoons が抜群なので取り上げよう。

ただし、11年の映像なので多分コンピとは少し違っていると思うが。




こののち音楽性も変わって行ったようで、17年のラフ・トレード盤になると随分違う。

Moonshine Freeze (Rough Trade Session)

スポンサーサイト



コメント

No title

こんばんは〜〜

こう云う、過去に歴史人が通った路や見た景色って、思いを馳せますよね〜。

日光東照宮なんて家康?の墓までの階段での景色なんて昔と殆ど変わらない。って言いますもんね。

故に行ってみたいのが熊野古道です。

で、まさかshoさんのところでThis isolates the kitが紹介されるとは?!
センス良いなぁ〜〜、shoさん(笑)

No title

こんばんは☆

私も今日、職場トイレの窓から(笑)
富士山を見ることができました~。
嬉しいもんですね。

先日、富岡八幡を参拝したとき、ご利益に金運up!っとあり、ありがたーく拝ませていただきました🎵(^^;)))
金運上がったら⁉芸者さんあげて飲みましょうね~( ≧∀≦)ノ

No title

umeさん、こんばんは。
歴史のあるところ、変化はあってもタイムスリップできますね。
日光東照宮か~行ったことがないんだよね~
熊野古道はボクも行きたい場所なんです。
かぶるなあ~

このバンド、日本語の記事があったけど、割と知られているんですね。
初期のフォーク路線はもろにきますねえ~~

ナイス有難うございます~

No title

addisonさん、都内からも見えるんですよね。
富士見坂と名づけられた場所は、江戸時代まで名前どおりに富士山が見えた場所です。
今は高層ビルからじゃないと見えないけど。

おっ、金運アップですか~やったね
宝くじ当たったら、芸者さんお願いしますね

ナイス有難うございます~

No title

昔、浦安に住んでた頃は
毎年、初詣は富岡八幡宮でした。
例の去年の事件以来
参拝客はどうなんでしょうかねぇ?
深川から両国まで清洲橋通りの裏通りには
まだまだ江戸の情緒と粋さが残る場所が
ありますからねぇ。
娘が一時森下に住んでた頃は良く行きました。

いいカメラはいろいろ大変ですね
安モンのコンデジで良かった~(笑)

No title

清澄庭園は、三菱の相続税対策の最高手段と、某政治家から聞いております。すなわち、等価以上の評価を引き上げて、他の財産を守るやり方と、その為に三菱グループは、関西系の財閥よりも、多くの含み資産を残しました。

No title

チャミきんさん、富岡八幡にはさすがに参拝する気にはならなかったです。
ツアーだからここに来たけど。
清洲橋通りの裏通りには~・・そうなんですか~!
おお~もう一度探索する必要がありますね。

カメラねえ~・・素人考えでああだこうだせず、ちゃんと尋ねればよかった
大事になってないのを祈るのみです。

ナイス有難うございます~

No title

短足おじさんさん、その辺の経済の話になるとボクにはちんぷんかんぷん。
要するに、住友グループよりは三菱グループのほうが資産を多く残せたということなんですね??

ナイス有難うございます~

No title

おぉ('∀`) 清澄庭園って行ってみたい~!
江戸の町を探検するツアーって浪曼があって面白そう~♪
確かに芸者遊びって殿方の夢よね♥
カメラのゴミが次回は綺麗になってることを祈るわ~♪
最初の曲のほうが気持ちが和む感じ('∀`)

No title

joeyさん、清澄庭園は一日いても飽きないですよ~
江戸の町は、前々から歩いてみたかったんです。
ツアーに参加して正解でした。

カメラのゴミ、まずいところをいじったので、どうなることやら~~

そうでしょう~断然最初の曲がいいです。
ず~っと、この路線で行って欲しいんだけど。

ナイス有難うございます~

No title

穂香 さん、ナイス有難うございます~

No title

富士山いいですね~めっちゃ縁起が良さそうです^^

伊能忠敬像もカッコいい~

ナイス!

No title

ゴールドさん、富士山はやっぱり日本一の名山ですね。
こんなに美しい山は他では見られないです。

伊能忠敬、座ってる絵しか見たことがなかったので、この彫刻は新鮮でした。

ナイス有難うございます~

No title

おはようございます!

下町江戸散歩♪(・∀・)ノ

おぉ~♪富士山!!今回はうまく撮影出来たんですね。

レンズに付着した繊維もshoさんが撮影されたんだな~♪
という証拠になってますし(笑)いずれにしても絶景です。

先日、お出掛けになられたのは、このツアーに参加されて
いたからなんですね。もちろん、じっくりと巡ったことは
無いんですけど、所々、歴史の面影が残さているんですね。

写真や記事を拝見してると、探訪してるようで楽しいてす♪

This Is The Kit!

初めて聴きましたけど、この雰囲気かなりイイです♪特に
一曲目が今回の記事にもマッチしているみたいで。自分は
二曲目のスピリチュアルな感じも好きだったりします(笑)
どちらもの音楽性も好みなので、聴いてみたくなりました。(・∀・)ゞ

No title

ぶーさん、冠雪した富士山は絶景でしょう。
今日も撮れる天気だけど、ゴミ掃除が終わってないので諦めます。
そうそう~返事が遅れたあの日です。
散歩が終わった後は、参加者はちゃんこ料理をつついたので帰りが遅くなったんです。
ちゃんこが目的で参加した人もいると思うけど(笑)

文京区一体、上野の森の裏、根岸のあたりも探検してみたいです。

日本人ブロガーさんの書いた記事を2本見つけたので、彼女を知ってる日本人リスナーも多いんだろうと思います。
なので、記事では日本人ブロガーさんが触れてない箇所に絞って紹介しました。
ボクはこうした英国フォークが好きなんです。
彼女は伝統を引き継いでいて、とてもいいと思います。
彼女の動画は一杯アップされているので、是非片っ端から聞いてみてください。

ナイス有難うございます~

No title

うお!久々す!

深川きてましたか!

泣けてきました爆笑

半年前に深川から上野にこしました!

今度上野きたら、声かけてください!

No title

sido.takuyaさん、お久しぶり。
忙しくしてるみたいですね。

なんと、この日の1週間前に上野の森に行ってきたばかりなんです~(苦笑)
ガード下には行く時間が無かったけど。

ナイス有難うございます~

No title

チロル さん、ナイス有難うございます~

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

showhanng55

Author:showhanng55
マイナーな60年代ビートミュージックと駄洒落、読書レビュー。

月別アーカイブ

全記事表示リンク

フリーエリア