FC2ブログ

記事一覧

ボクはグッドボーイだった・・・・・The Mystery Trend

ご幼少の頃、モスラもすらットしていたらいい男になるのにね~と悪口を言われたので、ボクはすらりとした東京タワーに嫉妬した。

そのときの写真です。




















さなぎの時代になると、早く脱皮して、女の子たちを口説きたかったので脱皮するまでじっと我慢していた。

その頃の写真です。




























脱皮したら、なぜか、ディズニーランドでモテモテになった。




























3年前に撮った写真が若く見えるので、公開しよう。




























カリフォルニアの Mystery Trend は64年に原型ができたが、実質的な活動期間中の65-67年に1枚のシングルしか残していない。

後に有名になる当時の西海岸のバンドと交流があったり、最初期のフィルモアにも登場しているが、人気は出ず。レコードも売れずで67年中(ボクの持ってる解説では。他の資料では68年説もある)に解散した。

大手の Verve からリリースされたのにコケたのが信じられないくらいいい曲だ。







思うにこのレーべルは、当時の大スター、バーブ佐竹の色が濃すぎたんだと思う。

バーブ佐竹を知らない人に。




彼らのシングル Johnny Was a Good Boy がのちに見直された結果、99年にはUKの Ace からアルバムが出ているが、ボクは一部しか聴いてない。

聞いた限りでは、シングル以上の曲がないからだ。

















スポンサーサイト



コメント

No title

こんばんは〜〜

shoさん、音楽のリンクが貼ってないですよ〜(笑)

この写真覚えてますよ!確か、みなとみらいで撮ったやつですよねぇ〜。

ダンディだよなぁー、サングラスが似合う年の取り方って素敵ですよ!

ブログはくだらねえけど(笑)(笑)

No title

umeさん、おお~有難う。
今訂正していきました。

よく覚えてましたね~そうです。みなとみらいです。

で、なんだよ~ブログはくだらないけど~って
百済は新羅に負けたんだぞ~!

ナイス有難うございます~

No title

モスラとタワーの写真が可愛いわね('∀`)
ダジャレはついていけないので、さておき。
3年前の写真はダンディじゃない~♪
The Mystery Trendは持ってるけど、この曲が一番いいと思う♪
結局、この曲ばかり聴いてしまうわ(笑)

No title

Mystery trendは、Live等で結構名が知れていたので、割合ファンジンにも登場していましたが、Alec Palaoが西海岸で作ったジン、Cream Puff War magazine(1990)で、インタヴュー等詳しい記事がありました。

その後Alecは、Frank WerberのTrident Productionsのスタジオで、MTのUnreを大量に発見し、それがBig Beatのレトロなコレクションとなるのですが…

ただし、Trident音源は、かなりPop志向なので、あまりアンダーグラウンドな色彩薄いです。

No title

MTの1965年San Francisco Museum of Modern Art (Live Recording) は、 Acetateで残っているらしいのですが、カセットテープで聴くと、確かに音質が悪かった…

しかし、内容は Warlocks(Pre-Dead)やGreat Societyに通じるところもあり、興味深い。Do I の他にも、Upされる価値は十分あると思う…

なお、THE MYSTERY TREND は、THE TREND と名を変えて、1968年初頭まで活動していた模様。

No title

weirdさん、65年の音源が残ってるんですね。
それは是非聴きたいです。

68年説があるのはそういうわけですか~

No title

たしかにコケたのが信じられない曲ですね~♪
写真、スタイリッシュ!

No title

師sho!カッコイイ!!
トリミングの具合が最高(笑)

サーフミュージックっぽいイントロが
イケテますが
バーブ佐竹にゃあヤラレましたなぁ

No title

こんばんは!

モスラもすらっと(笑)(・ロ・ノ)ノ

おっ、この稲中のキャラクターは久々にみました。

にしてもshoさんかなりダンディーでカッコイイ~!

Mystery Trend!

バーブ佐竹(笑)ヴァーブからのリリースだったんですね(驚)
彼らの音源集は未入手ですけど、曲はナゲッツで聴いてました。

このサイケな感じがイイですね~♪(・∀・)ゞ

No title

ダンディなsho*ha*ng*5 さんに、不覚にもときめいてしまいました(笑)。
モスラの画像もまた、可愛いのですが、Joeyrockさんと同じく、ギャグについていく事が出来ませんでした(笑)。

恥ずかしながら、The Mystery Trendは初耳のバンドです。
こんなにかっこいい楽曲であるにも関わらず、売れなかったのですね・・・。

No title

ぶーさん、漫画をご存知なんですね?
ボクはネットで拾ったから、知らないんです。
今日の流れに合いそうだな~って、理由だけで拾いました(笑)
ヴァーヴはもともとジャズの専門レーベルだったので、ここからリリースしたってのが失敗の元だったんだろうと思います。

ヴァーヴとバーブ佐竹、自分でも気に入った駄洒落です(笑)

彼らはナゲッツ収録のこの1曲だけでいいと思いますよ。
アルバムを手に入れたじょ~いさんもこの曲しか聴いてないと言ってるし。

ナイス有難うございます~

No title

Awalinさん、おお~嬉しいことをおっしゃってくださる。
若い女性にそんなことを言われると、10年前なら口説くところじゃないか~あぶないあぶない~(爆)

このモスラ、はじめて観る画像だけど可愛いよね。

このへんはマニアの世界では有名なんだけど、一般的な認知度はほぼゼロだから、それでいいんですよ~
流す音楽はブログ開設当初から変わらないけど、いまはこまかいことにはあまり触れないことにしてるので、笑って楽しんでくれるブログに転向したんです。

推測だけど、↑のブーさんのコメントに書いたのが一番の理由じゃないかな?と思ってます。

ナイス有難うございます~

No title

> sho*ha*ng*5さん

映画「モスラ」は地上波で観たかも。

スカイツリーが、なかったようなので
東京タワーなんでしょうか

でも、成虫でなく子供みたいですが・・・

バーブ佐竹さん 動いている姿は
初めて見ました

このヘアースタイル
元ボクサー
具志堅さんそっくりですね。

ボケコメでm(__)m

No title

shoさん こんばんわっはっは(*´▽`*)!!

食中毒は完治したようですね♪
〝モスラもすらっト”のフレーズで分かりましたよ(笑)
それにしてもモスラって芋虫まんまなんだだと改めて思っちゃった
もうちょっと海獣っぽくならなかったのかな

ヴァーヴからのリリースでバーブ佐竹を引っ張り出すところはshoさんワールド全開でナイス☆

ん~?
ダンディーなグラサンの紳士はどなた??
ままさか・・モスラもすらット とかダジャレ言ってるオジサンですかぁ~~~

No title

チロルさん、一応、蛾だからね。
芋虫は蛾になるか蝶になるかでしょう。
そこが女性の分かれ目~男でよかった(爆)

バーブ佐竹、古いけどすぐ出ちゃったんだよね~歌さえ聴くまで思い出さなかったのに(苦笑)

おっ~ダンディと言われた~嬉しいな~これからはチロルさんのことをサンデー先生と呼ぼうかな(笑)←分かるよね?

No title

今晩は(^o^)


モスラの幼虫とかダースベーダーを
前座にしておいて締めは自身の
カッコ良い写真だなんて
なんだか確信犯的な構成ですねww
(^o^;

しかしB級サイケバンドってイイ曲が
ありますねぇ。

バーブ佐竹さんは僕、当時は幼稚園とか
じゃないかな
(笑)

No title

サンデー先生!!
誰のことか さ~っぱりわかりませんコトよ(^ω^)
ひょっこりひょうたん島なんか見たことも聞いたこともないのでチンプンカンプンだわ( ̄へ ̄井)

さて、お肌のお手入れして寝ますわね☆
おやすみなさいダンディー(-。-)y-゜゜゜

No title

ケアベアこぞうさん、いつも曲だけ決めて書き始めるから、その場で内容も構成も思いつきです。
調べることもしないし、手抜きもいいとこです。
そんなほめらられるようなことはしてないですよ。

バーブ佐竹を知ってるだけで偉いですよ~多分、忘れてる人のほうが多いと思うし。

ガレージバンドのよさって、曲のよさに尽きると思います。

ナイス有難うございます~

No title

チロルさん、ははは~サンデー先生になりきってるところがすごい~(爆)

実は「ひょうたん島」の前の「ちろりん村とくるみの木」も見てたんですよ~
登場する腹ペコ熊の台詞「ぺこぽ~ん」が小学生の間で流行りました。
声の主が「熊倉一雄」で、ひょうたん島では「海賊トラひげ」を演ってました。

No title

うちの庭に、こんな芋虫がいました(^-^;
それもかなり大きな・・・とほほ。怖いのほっておきました。
あの虫も東京タワー、登れたかも~

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

showhanng55

Author:showhanng55
マイナーな60年代ビートミュージックと駄洒落、読書レビュー。

月別アーカイブ

全記事表示リンク

フリーエリア