FC2ブログ

記事一覧

矢野龍渓「経国美談」・・・The Persons

受験生なら誰でも知っているヘロドトスの「歴史」を、岩波文庫で読んだのは20代後半だった。

新バビロニア帝国をはじめとするセム系国家(古代オリエント)のくびきから脱して、彼らを滅ぼし、ペルシャ帝国を興したキュロス大王の事績から始まり、子と孫による2度のギリシャ遠征(ペルシャ戦争)を描いた歴史で、マラソンの語源になった「マラトンの戦い」や「サラミスの大海戦」はこのときのことだ。

これらの固有名詞も受験生なら必ず覚えなければならない。

だから大略は知っていたが、詳細を読んで、ボクは古代ギリシャに夢中になった。


30代のはじめ、知り合ったギリシャ語の先生に教わろうとしたら、古代ギリシャ語は日本人には難しいので、30になってからでは無理だよ~とにべも無く断わられた。



英文学者で詩人でもある高名な西脇順三郎先生の没後、場所は忘れたが没後展が催された。

晩年になってから、日本語とギリシャ語は同根から発していると信じるようになり、研究を重ねた大学ノートが展示してあったのでびっくりした。





で、今日の話だが、明治の人、矢野龍渓が日本ではあまり知られていないコリントス戦争当時のテーバイの話を書いている。

題名は「経国美談」(前編・後編)で、明治16年から17年にかけて発表された。

ギリシャものに現(うつつ)を抜かしていた頃、たまたま入った古本屋でこの本を手に入れることができた。

昭和5年発行の「明治大正文学全集」に東海散史とともに納められていたのだ。


知ってる人は少ないと思うので、まずは矢野龍渓なる人物から。

ウィキペディアにあったので、下記を読んでくれ。





次に「経国美談」もウィキにあったので、参照してくれ。


ウィキに書かれている「政治小説」なんて言葉だと、誤解を生むんじゃないかと心配になるが。


アテネもスパルタもテーバイも、主人公のペロビダスとエパミノンダスの2人もこんな漢字を当てていたのか~と面白いので、拡大すれば読めるようにしておいた。











































となれば、ギリシャのバンドだよね。

ブロ友さんから教わった、90年代のかっこいいギリシャのガレージバンドの名前がどうしても思い出せなくなった。

スカイ・サクソンが加わった音も教えてもらったんだけど・・・。


仕方がないので代わりを行こう。

66年にアテネ近くの港町で産声を上げたバンドで The Persons。

評判のいい All the World Is Mine が今日の話(テーバイがギリシャの覇者になった)にぴったりなんだけど、ボクはこの曲があまり好きではない。

フリップサイドの Drive My Mustang が断然好みなので、こちらをどうぞ。こちらも甲乙つけがたい人気がある。



両面ともバンドメンバーのオリジナル。














スポンサーサイト



コメント

No title

こんばんはーー

良くまぁ、こんな難しそうなの読みますね(笑)僕も読書家だけど、、読めませんよ、きっと。

流石です。

音楽も毎度ながら、ここらへんを語らせたら右に出るものがいませんね。星の数程いたバンドもネットの普及で陽の目を見るのだから凄いですよね。

No title

umeさん、馴れです。句読点が無いし、漢字が多いので難しそうに思えるけど、発表当時は誰もが読んだそうですよ。
たとえば2行目の「首らとして」、当用漢字では「くび」と「シュ」しか教えないと思うけど、これで「かしら(頭)として」と読めばいいんです。

Uが無ければ、今日のバンドを知ることもなかったでしょうね。
おかげで音楽ネタに尽きることがなくなりました。

ナイス有難うございます~

No title

桑の実 さん、ナイス有難うございます~

No title

addison さん、ナイス有難うございます~

No title

Yesterday's Thoughtsでしょう。
解散したかと思ったら、新譜だしてます。やはりクオリティ高い!

Yesterday's Thoughts - Guide
https://www.youtube.com/watch?v=INKE7lv830s

Yesterday's Thoughts - I Will remember
https://www.youtube.com/watch?v=GUb7YLa9bbk

60年代のバンドでは、Stormies、Great!
STORMIES - DILLY DILLY
https://www.youtube.com/watch?v=NwABcS844Fc

Zoeのバックもいい…
ZOE & THE STORMIES - LET`S SHAKE BABY (1965)
https://www.youtube.com/watch?v=MqP3LZvyAZs

No title

weirdさん。そうそう~Yesterday's Thoughts でしたね。
物覚えが悪くなって自分でも参ってますよ。
再度教えてくれて有難うございます。

ご紹介の音、今アニメを観てる最中なので、続きの1本を見たら聴きに戻ります。

感想は30分後にもう一度コメントします。

No title

weirdさん、いま4曲とも聞かせてもらいました。
Yesterday's Thoughts は去年のアルバムなんですね。
全然変わってないですね。
もう30年近くになるんでしょう?
この哀愁味を帯びた音はやっぱりたまりませんね。
そばにフルアルバムの投稿まであったので、あとでじっくり聞かせていただきます。

3曲目のアテネのバンド、踊りたくなります。
いかにも60年代のビートバンドって感じです。

4曲目、なんと~フランス・ギャルの名曲じゃありませんか。
英語で歌ってるってことは、ギリシャ人にはフランス語よりも英語のほうが馴染み深いんですね。
で、タイトルが意味は同じでも、原曲が女性目線だったのに、男性目線になってるのが面白いです。

No title

sally さん、ナイス有難うございます~

No title

> sho*ha*ng*5さん

右から左へ読む書籍
初めて見ましたm(__)m

読むのは...

紹介ありがとうございます。

No title

まりっぺさん、戦後すぐの頃まで、日本語の横書きは右から左へだったんです。

ナイス有難うございます~

No title

時代を感じさせる表紙と内容ですね^^
音楽もナイス!

No title

ゴールドさん、そうですね。
時代感たっぷりです。

いい曲だったでしょう~
ナイス有難うございます~

No title

mim*le*i*l さん、ナイス有難うございます~

No title

こんばんは!

矢野龍渓「経国美談」...φ(・ω・ )メモメモ

これは貴重そうな本ですね(驚)これを仮に発見しても
読むのが至難という気がします(笑)でも当時の人達は
普通に読んでいたんですもんね~。凄いです♪

The Persons!

A面も聴いてみたんですけど、そちらのキャッチーさに
比べるとB面の方が黒っぽく感じでイイですね。録音も
Rawでカッコイイです♪

Yesterday's Thoughts は、自分もカッコイイな~♪
と思って、去年リリースされた『Paper Ship』は探して
ゲットしました♪(・∀・)ゞ

No title

ぶーさん、貴重かどうかは分からないけど、政治家が書いた歴史書ってのが、この時代ならではですね。
今日の政治家には逆立ちしても書けないです。
そんなインテリジェンスがあったら、政治家になんかならないから。
馴れると、すらすら読めるんですよ~
庶民向けの啓蒙書だから。

両方聴きましたか~
絶対に、このB面のほうがかっこいいですよね。

Paper Ship を手に入れたんですか~!
いいなあ~~~

ナイス有難うございます~

No title

チロル さん、ナイス有難うございます~

No title

ケビン さん、ナイス有難うございます~

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

showhanng55

Author:showhanng55
マイナーな60年代ビートミュージックと駄洒落、読書レビュー。

月別アーカイブ

全記事表示リンク

フリーエリア