FC2ブログ

記事一覧

海野十三「深夜の市長」桃源社版・・・The Artwoods









探偵小説家であり日本SF界の先駆者とも言われる海野十三を復活させたのも桃源社だった。

ボクが買ったのは最初の1巻だけで、続編の「火星兵団」は買いそびれてしまった。

桃源社は後に(多分70年代後半)もう3冊出しているようだが。

(この2冊に+1冊を加えた3冊かもしれないが??)・・・この時代、70年代後半にはボクの興味は桃源社からそれてしまったので、確認できない。



幸いなことに88年から93年にかけて三一書房が全13巻、別巻2冊の計15冊の全集本を出してくれたので、この全集で手に入りやすいはずなんだけど、まだ手に入れてない。

もっともボクはこの全集は1冊だけしか持っていないが。


三一書房は、例の夢野久作や久生十蘭の全集本を70年代初めに出版してくれたので、少しばかり思い入れがあるのだけど。



















先に探偵小説と書いたけれど、怪奇幻想風味の濃い作品群で、謎解きに興味のある読者には退屈なだけだろう。




「深夜の市長」は初の長編小説で、昭和11年の発表。

舞台設定は昭和初期だと思えばいい。

だからモガ(モダンガール)が点景に登場してくる。

人々が寝静まった深夜のT市(帝都だろうね)を支配する怪人物が登場する。

勤め人としての昼の顔と、新人探偵小説家としての夜の顔を持つ主人公が、深夜の散歩中に殺人事件に巻き込まれ、深夜の市長とその仲間たちによって窮地を脱する物語だ。

深夜の市長は昼間は不在だが、夜になると都心の穴倉に姿を現す。

そして、夜に働く人々からは絶大な信頼を得ているのだ。


東雅夫氏は「深夜の市長」について、「都会の夜の世界を賛美しながら、それが次第に崩壊に向かう姿をはからずも描き出している」と評している。

発表年の昭和11年と言えば、2・26事件のあった年で、日本が軍国主義に向かう色彩の濃くなった年。

国粋主義が強まると、こうした幻想怪奇文学は個人的趣味(個人主義)として排斥される運命にあるので、少なくとも、このころまでは検閲に引っかからなかったんだな~と認識できる。



検閲にひっかからなかったな~と言えば、次の文章。

男が女に抱く嗜好を写し取った妖しくも耽美な心理だ。


「そのとき、彼女の毛皮の外套の合わせ目のところから、プーンと香りのいい化粧の匂いが流れてきた。僕は思わずその襟の合わせ目を覗き込んだが、温かそうな毛皮の奥に、クリームのような真っ白な肌がすこしばかり見えて、その下に緑色のドレスがふっくらした襞続目(ひだめ)をつくって、下に悩ましい曲線を隠していることを囁いていた。」


















音楽は問答用で Artwoods の Big City だな。


スポンサーサイト



コメント

No title

桑の実 さん、ナイス有難うございます~

No title

sally さん、ナイス有難うございます~

No title

まりっぺさん、ナイス有難うございます~

No title

じゃむとまるこさん、ナイス有難うございます~

No title

海野十三のコレクション「18時の音楽浴」は、S.40 にハヤカワSFシリーズに入っているので、桃源社の選集よりちょっと早い。
http://weirdplanet.ocnk.net/product/2427

収録されていた「生きている腸」は、ブラックユーモア風でへんてこな作品でした…

「深夜の市長」は冒頭で、作家がトーストを何枚も焼くところが、面白い。

横溝正史の「鬼火」は、(昭和10年)2月号と3月号の「新青年」に掲載された時に、
一部削除されていますね。

中井英夫が、無削除版「新青年」を入手しており、そこから削除部分を加えて、桃源社『鬼火完全版』が刊行されていました。

No title

すっかり読書の秋ね~('∀`)
怪奇幻想風味の濃い作品と書かれてると興味がシンシンだわ♪
深夜の市長、ストーリーを少し読んでも面白そうだし図書館行ってみよう~♪
曲はそのストーリーにも合いそうね('∀`) Big Cityやっぱりいいわ♪

No title

weirdさん、ポケミスのこの版は知らなかったです。
「黒死館」と同じケースですね。
「生きている腸」はもちろん読んでないけど、タイトルから察するに、「蠅男」のような人体改造モノかな?

トーストを何枚も食べる箇所は読み流す部分だけど、そういうところにこだわる感性って面白いですね。

横溝正史は一冊も読んでないので、よく知らないんですよ。
映画も一本も観てないし。
ただこの時代の大衆文学を1冊本にするに当たっては、そうした例がままあったようです。

No title

joeyさん、少数の熱心なファン以外、話題にならない作家だけど、「怪奇幻想風味の濃い」部分が多くのミステリーファンから無視される原因なんだろうと思います。
逆に、この時代の桃源社はそうした部分でこの作家を積極的に取り上げたんだと思います。

「深夜の市長」は代表作なので、見つかると思いますよ。

ボクも久しぶりに聴いたけど、やっぱり抜群にいいですね。

ナイス有難うございます~

ナイス有難うございます~

No title

tomozo さん、ナイス有難うございます~

No title

addison さん、ナイス有難うございます~

No title

これは内容が深そうで濃そうで面白そうですね^^出版された時期まで把握しているとは流石です。
ナイス!

No title

「生きている腸 」
「風変わりな医学生である吹矢隆二は○○刑務病院の外科長である熊本博士を脅して、ついに人間の生きた腸を手に入れる。そして、特殊な液体の中に浸された腸と彼との世にも奇妙な生活が始まった。」

生きている腸「チコ」は、どうやら吹矢に恋愛感情を持っている様子…これちょっと忘れられないくらい、変な話でした…

「深夜の市長」は創元推理文庫で再刊されているので、入手は容易です。

乱歩も深夜の散歩愛好家で、海野と深夜の東京を歩き回ったことがあるらしい…

No title

ゴールドさん、奇想とでも言ったらいいのかな。
夜の街で生きてるのは社会的弱者なんだけど、彼らを守っている「深夜の市長」とは実は、昼間の顔は警視総監なんです。
とても面白いですよ。
↓の weird さんのコメントで文庫でも手に入るのが分かります。

ナイス有難うございます~

No title

weirdさん、「生きてる腸」、かなりショッキングな内容ですね。
ただこの時代の作品だから、後の時代のスプラッターものとは描写が違うので多分読めると思います。
何冊かしか読んでないけど、イアン・マキューアンのような作品なら無理です。
乱歩に憧れて作家になった人が、乱歩と一緒に深夜の散歩をしたなんて、作家冥利に尽きるってヤツなんでしょうね。
「深夜の市長」の「新青年」連載時、小栗虫太郎が激賞してくれたと最初の単行本の作者あとがきにあるそうです。

文庫でまでこの作家が手に入るようになったとは、知りませんでした。

No title

こんにちは!

海野十三「深夜の市長」....φ(・ω・ )メモメモ

もちろん初めて知りましたが、機会があれば読んでみます!
戦前の方が(明治~大正)モダンでお洒落だったみたいですね。
本当の意味で文化のピークがあったとすると、この辺だと
何となく思ってます。

Artwoods♪

おっ♪Big City!確かにです(笑)アートウッズという
あたりがshoさんらしいですね。彼らは1stにボートラが
追加されたCDを持ってるんですが、この曲は初めてでした。
ハモンドオンルガンが効いたR&B全開な感じがイイですね♪(・∀・)ゞ

No title

チロル さん、ナイス有難うございます~

No title

mim*le*i*l さん、ナイス有難うございます~

No title

ぶーさん、面白い作家ですよ。
weird さん情報で、創元推理文庫で目下手に入るということです。
たしかに、大正ロマンと言うくらいで、軍国主義が登場してくる昭和の初めまではお洒落な作品が多いですね。

このバンドはその1枚しかアルバムを残さなかったんだけど、今ではほぼ全部の音源が出尽くしたんじゃないだろうか?
ボクは80年代初めに Edsel 盤(100 Oxford Street)で知って夢中になったんです。
5~60代の人は、ほぼ全員がこの盤から入って行ったんじゃないだろうか?

CDアルバム(Art Gallery)が復刻されたのはその後でした。
同じものだと思うので解説も同じのはず。日本人コレクターが法外な値段でオリジナルアルバムを譲ってくれと言ってきた、と解説にあったと記憶してます。
バブルの時代だったから、日本人の金銭感覚がずれていたんですね。
このバンド時代のジョン・ロードは最高ですね~

ナイス有難うございます~

No title

ケビン さん、ナイス有難うございます~

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

showhanng55

Author:showhanng55
マイナーな60年代ビートミュージックと駄洒落、読書レビュー。

月別アーカイブ

全記事表示リンク

フリーエリア