FC2ブログ

記事一覧

アメリカで有名な日本人女性 Asuka と杉田某




ナチ嫌いのアメリカ人にとって、ナチと同じ価値観の持ち主だとカミングアウトした自民党の安部チルドレン、杉田水脈議員は有名な日本人だ。

もちろん、マイナスの意味だから、日本と日本人のイメージを悪くしてくれた日本人の恥さらしと極言しても過言ではない。



幸いなことに、杉田某よりは、Asuka のほうが有名な日本人女性で、彼女のおかげで日本や日本人のこれ以上のイメージ低下ストップに貢献している。


冒頭に醜い写真をアップしたので、口直しに Asuka の爽やかな写真を。



















ご覧のように世界1巨大なプロレス団体 WWE のスター選手だ。

WWE といえば、プロレスとは名ばかりのショープロレスの代表格だったが、キックと関節技主体の彼女のプロレスが、アメリカ人にも受け入れられるようになったのを知ってびっくりしている。

昔の言葉でいえば、過激なプロレスであり、ストロングスタイルなのだ。

UWFで有名になったアキレス腱固めや、変形肩固め(アスカロック)、猪木得意の関節技、腕ひしぎ逆十字や延髄切りをフィニッシュホールドに使っている。

WWE の女子部門では、まだ関節技に対応できる選手は少ないが、キックはかなりの選手が取り入れている。

昔のお色気むんむん路線とは様変わりで、猪木信者だったボクには面白くてたまらない。



中邑(なかむら)、棚橋、真壁、といった新闘魂3銃士が登場した頃に、猪木の衰えがあまりにひどくなりプロレスから遠ざかったので、その後のプロレスのことはよく知らない。



新闘魂3銃士のなかでは、いちばんストロングなプロレスをやっていた中邑真輔が好きなので、WWE に移籍した彼の活躍ぶりを見ようと思ってアクセスしたら、Asuka を知ったのだ。

中邑のプロレスも親日時代と全く同様で、関節技やキック主体。

男子プロレスは関節技にも対応できる選手が多くて、これがあの WWE かとびっくりしたのだった。



プロレスはもちろん真剣勝負じゃない。

ちゃんとアングル(隠語でブックとも言う)があって、勝ち負けはあらかじめ決められているが、フィニッシュに至るまでの一連の動きが納得できるかどうかが問題なのだ。

だからいまだに八百長云々という馬鹿がいるが、次元の違う話を持ち込むアホタレだ。

急所を外しているとはいえ、過激な攻撃を受ける肉体の強靭さ(鍛えた賜物)に感動しないのはアホだ。

普通の人間なら、あの世に行きかねないのだから。




Asuka は2015年の初登場以来、連勝街道を突っ走ってきたが、この8月に行われたベルトをかけた闘いで初めて敗れた。

チャンピオンの Charlotte Flair の変形足4の字固めは説得力がある。

この試合では使われてないが、Charlotte Flair のハイキックも十分に納得できる高さとスピードなので、アングルがあろうがなかろうが、納得して楽しめるのだ。



まずはその8月のチャンピオンマッチから。




日本人視聴者がまとめてくれた Asuka の多様なきめ技。





日本でプロレスをやってた時代を知ってるファンのために、ウィキペディアの記事。



















スポンサーサイト



コメント

No title

こんにちは~

おー!shoさんと共通話題のひとつ!

そうなんですよー、八百長とかじゃないんですよねー!物語が作れるか?そこです!

中邑はいま、アメリカでイチローや松井よりも遥かに名のしれた日本人らしいですよ!

ただ、アメリカの試合は間延びしててね(笑)やはり新日なんですよ、僕は(笑)

内藤哲也がお薦めですよ(笑)

No title

umeさん、間延びしてる古いスタイルから脱しって親日流のハイスパートレスリングなんです。
ここ2,3年のWWEを見てください。
びっくりもいいとこです。

もちろんショープロレスも健在だけど。

中邑がこうしたスタイルを持ち込んだんでしょうね。

内藤哲也・・・知らないレスラーです。

ナイス有難うございます~

No title

プロレスファンの息子がume さんと同じことを言っていたのを思い出しました、おーーー、そうなのかと納得。

杉田某・・・この人に思想はないですね、注目を浴びたいだけ、そしてコバンザメでいたいという。

No title

じゃむとまるこさん、杉田某はそうかもしれませんね。
しかし、日本の悪い評判を海外に広めて税金で飯を食ってるわけだから、・・・。
ネトウヨが独裁政権を布いている日本の悲劇ですね。

息子さんもプロレスファンでしたか~!
それはとてもいい息子さんです~きっぱり。

ナイス有難うございます~

No title

> sho*ha*ng*5さん
こちらこそいつもナイス有難うございます

No title

こんばんは

プロレスはまったく無知な僕です(^^♪

勉強になります。

最近政治にはまったく見てません・・
いけないことですが・・

でも何故か・・極右の石破さんを応援する自分がいます(笑)
20~30年前なら今頃自民党はゴタゴタなはず・・
なぁ~んと今の自民党はつまらない人たちばかり・・

来年、金利もあげないといけないし、さすがに消費税も上げないといけない・・どうなるかわかりませんが・・今の自民党に物凄い逆風が吹くと思います。

では^^

No title

じゆんふさん、プロレスは見なかったんですか~!?
もったいない。
黄金期の新日本プロレスは本当に面白かったのに。

年金で株を買ったり、海外旅行にいっちゃあ税金を湯水のごとくプレゼントしたり、不必要な武器を爆買いしたり、数年後に日本経済が破綻寸前まで追い込まれるのは誰もが気づいてます。
しかし、独裁政権が確立したいま、安部に文句を言える人は誰もいません。
安部に責任を取ってもらいたいので、破綻するまで安部が権力者でいて欲しいけど、そうすると憲法が改正されます。

No title

じゆんふさん、続き。

目下のところは、デモクラシーをうたった憲法なので、安部も建前を尊重せざるを得ないので、一応は安心です。
しかし、自民党の改憲案が憲法になったら名実ともに独裁国家の誕生なので、もうどうにもなりません。
9条を問題にする人がいるけど、あんなのどうでもいいことです。
安部が狙ってる本丸は「非常事態法」。
内閣が(ってことは安部が)発令すれば、憲法も法律も警察も軍隊も内閣総理大臣(安部)に一任されるという恐ろしい内容です。
もちろん期限はなし。
内閣(安部)が必要とする間中効力を発揮します。
デモクラシー憲法だったワイマール憲法を改正することなく、ヒトラーはこの「非常事態法」を使って1933年から1945年まで独裁者をやってました。

石場さんに頑張ってもらいたいけど、破綻すると、時の総理大臣(石場さん)のせいにするのが日本人のクセなので、安部の責任は誰も追及しなくなります。
ゆえにジレンマです。

ナイス有難うございます~

No title

joey さん、ナイス有難うございます~

No title

じむこちゃん、ナイス有難うございます~

No title

二枚ともおっかない写真でびっくりしました^^

最後のペンタックスは男前ですね~=^^
ナイス!

No title

ゴールドさん、えっ、アスカってぽっちゃり形だけど可愛いよ~

ペンタックスってよく分かりましたね~さすが~!!

ナイス有難うございます~

No title

おはようございます!

Asuka!(・∀・)ノ

おぉ♪ヘッドロックされたい(笑)彼女は初めて知ります。
最近は全くプロレスは見てないんですけど、10代の頃は
土曜の深夜に放送されてるワールドプロレスは見てました。

動画を見ましたけど、プロレスはスカッとしてイイですね♪

最後のダンディな方は♪(・∀・ノ)ノ

いつもこういう感じで色んな写真を撮影されているんですね。
花の写真は背景の緑が夏の空気を吸ってるみたいで綺麗です♪(・∀・)ゞ

No title

ぶーさん、おはよう。
「ワールドプロレス」ですか?
全く知らない番組です。
名前から察するにWWEの前身のWWF時代のプロレスですか??
マクマホン一家がリングに登場してた頃の。

アメリカのプロレスが様代わりして、日本流プロレスになていたのでびっくりでした。
これは大いに楽しめますね。

プロレスはやっぱり信じられない動き、強靭な肉体のぶつかり合いが醍醐味です。
アスカの動きはホントに花がありますね。

またまたプロレス熱が再燃しそうで、怖いです(笑)

お~ダンディといってくれて有難うございます。
皮一枚で生きてる、我が家の古木の百日紅(さるすべり)なんです。
電線が走っているのはご愛嬌ってことで。

ナイス有難うございます~

No title

> shoさん

正式には『ワールドプロレスリング』っていう番組で、
外国のプロレス団体ではなく、新日本プロレスですね♪

記憶が曖昧ですけど、自分が見てた時期は小川直也と
橋本真也が戦っていた辺りですね。この頃はK1とかも
結構好きで見てました。

現在もテレビ朝日系で放送されてます。

するとAsukaさんは注目の選手ですね♪

写真の百日紅(さるすべり)という種類だったんですね。
覚えました♪。(笑)(・∀・)ゞ

No title

ぶーさん、思い出しました。
プロレス人気が落ちたので、ゴールデンタイムから土曜深夜に外された時期がありましたね。
その頃は橋本真也ほか闘魂3銃士と小川がメインだったんですね。
KIは面白かったですね。
ボクもK1ばかり観てました。

現在の親日プロは1,2度TVで観たことがあります。
オカダカズチカなんて全く知らない選手でした。

Asuka は、アメリカでは客の呼べるスター選手です。
日本でも少しずつプロレス人気が復活しつつあるそうだけど、黄金時代に比べれば、まだまだ。
だからアメリカに行ったのは大正解だったと思います。

百日紅、昔は庭木の定番だったけど、いまの時代ならお寺や、場合によっては並木に植えられていることもあります。
赤と白の2種類の花があります。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

showhanng55

Author:showhanng55
マイナーな60年代ビートミュージックと駄洒落、読書レビュー。

月別アーカイブ

全記事表示リンク

フリーエリア