FC2ブログ

記事一覧

異端の文学、アンリ・ド・レニエ「生きている過去」・・・Gary Scruggs

函。





カバー。





奥付。





巻末広告。








「異端の文学」とか「異端の美術」とか、「異端」と言う言葉そのものが今では陳腐だと思うが、初めて澁澤龍彦氏を知った高校時代、なんとも言えず、蠱惑(こわく)的でエロティックで秘密の香りがしたものだ。

桃源社刊行の「世界異端の文学」はその澁澤先生が企画した。

昭和41年と言うから、ボクが中学に入った頃の刊行だ。

リアルタイムでは当然知る由もなく、後に(学生時代)古本屋で手に入れた。

シェーアバルトの「小遊星物語」も読みたかったが手に入れそびれたのでまだ読んでない。

読んだ人がいたら、読むべき必読書かどうか、教えてくれ。

今ならネットで探せば簡単に見つかるからだ。


マラルメの火曜会の常連でもあったアンリ・ド・レニエは、詩人としてだけでなく、小説家としても戦前の日本では有名だったらしい。

小説「過去に生きる」は永井荷風が激賞したことで知られていたという。

早くも大正15年に鈴木斐子という人の翻訳で紹介されたそうだが、日本では長く忘れられていた。

「世界異端の文学」を編むに際して、澁澤先生はこの本を取り上げ、窪田般弥先生が翻訳を手がけた。

窪田先生は後に「カザノヴァ回想録」を翻訳するので、カザノヴィスムに生きる主要な人物が登場してくる書の翻訳に白羽の矢が立ったのだと推察する。


前置きが長くなったが、今回再読したので物語を簡単に紹介すると、時代は19世紀末から20世紀初め。

大革命以前の古く美しい館を所有する没落貴族の若者と、平民出ながらカザノヴィストで18世紀にしか興味のない友人、同じくカザノヴィストながら、魂を奪われてしまったために1人の女性だけを25年もの間愛し続けるイタリア人貴族が主要な3人だ。

3人が3人とも自分たちの生きている時代を毛嫌いし、150年前の過去を夢見ながら生きている。

主人公の従兄弟は、貴族ながら、平民同様実業界に打って出て着々と成功しつつある。

その従兄弟が、主人公のかつての領地の隣に住んでいた、現在は没落した貴族の娘と結婚する。


主人公と友人は、カザノヴァの足跡を辿りながらイタリア旅行をする。

このとき、主人公と全く同じ名前の4代前のご先祖様の墓を発見する(この地で戦死した)。

フランスへ戻って来、友人は従兄弟の嫁さんになった家から出てきた古机を手に入れる。

引き出しを開けると、従兄弟の嫁さんと同じ名前の3代前の祖母と主人公と同じ名前の4代前のご先祖様同士の熱烈な恋文を発見する。

今は2人とも家庭があるので身をまかせるわけには行かないが、戦地から帰ってきたら、すべてをあなたに捧げますという告白だった。

もちろん18世紀の2人は、彼が戦死したので結ばれないままに終わったが、主人公は、自分が今生きているのは、天国にいる過去の2人の恋を成就させるためだと信じて疑わなくなる。

そして悲劇が訪れるのだけど、ここは書かないほうがいいだろう。

現在、岩波文庫で読めるそうなので興を殺(そ)いだらつまらないからだ。

付け足しておくと、1人の女に束縛されるのをあれほど恐怖していた友人はカザノヴィスムを捨てて結婚を決意し、25年間、愛人関係のままで1人の女性に縛られていたイタリア人貴族は彼女と正式な婚姻を決意して様々な事務処理のためにローマを訪れた際、カザノヴィスムを発揮するというオチがついている。

皮肉でもあるし、滑稽でもあるし、人間の本質をついてもいて、ニヤリとさせられる。

澁澤さんがピックアップした作品だけに、澁澤さん経由で知った色んな人物が登場するのも楽しい。

なんとピラネージの墓地まで登場するのだ。

建築家で画家でもあるピラネージも「異端」を漁った人なら、奇怪な銅版画「牢獄シリーズ」に一度は鷲づかみされたことがあるはずだ。

























「ジャン(主人公)は死を少しも恐れていなかった。われわれは自分自身のなかに生きて、やがて次々と死んでいくわけだけれども、その前に、祖先の一人ひとりのなかで、すでに何回となく死んできたのではないか? われわれは、現にこうして生きている以上に、もっと生きるのではないだろうか?」


「自分の独立を守り、自由を保障するために古い世紀のなかに閉じこもり、過去の中に生きたロオブロー(友人の名)の生活は、いま終わりを告げたのだ。これからの彼は、成功と金を追い求めて・・・」































おフランスの話なのにアメリカの音楽で申し訳ない。

ブルーグラスの世界に Earl Scruggs という大スターがいるそうだが、息子たちもブルーグラスやカントリーの世界の有名人なんだそうだ。

長兄の Gary が67年にリリースした Gentle when you say the word はブルーグラスともカントリーとも関係ない。

どっからどう聴いてもロックでサイケでしょう。




















スポンサーサイト



コメント

No title

こんばんは
sho*ha*ng*5さんがアップしてくれる本
あらすじを適度に書いてくれるので
興味をそそられ読んでみたくなりますね
いつもそう思います

No title

じむこさん、少年サンデーや少年マガジンが50~60円くらいだったと思います。
サラリーマンの平均月給が2~3万円くらいだったんじゃないかな??
ボクは月に1千円の小遣いでやりくりしてました。
一番高かったのがレコードで、シングルが380円、LPが1500円~1800円くらいだったと記憶してます。
だからビートルズのLPなんて買えなかった(泣)

ナイス有難うございます~

No title

“異端の文学”
今だったら、どの作家だろう?
この“異端”って言葉に興味がわきました。

なんでも、自由な雰囲気の昨今、
そんな中でも“異端”だな~って思う内容の話は、きっと面白いんじゃないかなって思いました。

580円❗もビックリですが、
“初版”❗ナイスですね~( ≧∀≦)

No title

addisonさん、異端、いまは死語だと思います。
だから該当する作家もいくらでもいますよ~

昨今は安部のせいで、全然自由じゃないですよ。
安部以前が自由だったんです。

実は音楽よりも初版本蒐集がボクの本領なんです(苦笑)
古い「本」の書庫に何冊か紹介してます。

ナイス有難うございます~

No title

ここは文学的な異端ブログだから今回も面白かったです^^お花で癒されたけど夏はやっぱり究極の癒しをお願いしたいですね~
ナイス!

No title

こんばんは!

生きている過去♪...φ(・ω・ )メモメモ

澁澤さんの本は一冊だけ持っていたんですけど、最近BOで
同じく桃源社から出ている『澁澤龍彦集成』をゲットして、
かなりラッキーと思っていたところです(笑)学生の頃に
異端な文学世界に魅せられたというのが伝わってきます♪
作品は機会があれば読んでみます。


Gary Scruggs!

これはロックです♪(笑)もちろん初めて聴きましたけど、
これが67年なんですね(凄)まさにサイケだと思います♪

どちらも素敵ですが、台風も過ぎ去った後という印象もする
一枚目のお花の写真、この感じが好きです♪(・∀・)ゞ

No title

「小惑星物語」は、エイリアンだけしか出てこない奇想に満ちた作品です。

「空はすみれ色だった。星は緑色だった。そして太陽もまた緑色だった。」

こんな色彩世界の中に、ゴム状の頭皮が雨傘のように広がって、双眼鏡のようになり、遠くの星を覗くレザベンディオが登場します…

シェーアバルトは、シラノ・ド・ベルジュラック(作家の方)に傾倒していたようでエピグラフにシラノの「月世界旅行」をひいています。

ブルーノ・タウトのガラス建築はシェーアバルトの影響が大きいことは有名ですが、ベルリン時代のルドルフ・シュタイナーと交流があったそうです。

また、ベンヤミンもシェーアバルトを研究していた等、興味は尽きません…

No title

ゴールドさん、おお~面白いといってくれてありがとう。
受け付けない人には全く面白くないだろうから。

究極の癒し(笑)・・・・海へカメラ持って行くと、逮捕されるからなあ~(笑)
ネットで拾った画像で勘弁~ということで(爆)・・そのうちね。

ナイス有難うございます~

No title

ぶーさん、おお~桃源社版の「集成」を手に入れましたか~たしか全7冊だったかな??
ボクのところに全部揃ってますよ~(笑)
のちに広く知られるようになった人物や作品や美術は、ほとんどがこの集成で紹介されていました。

この人、この一枚だけがロックのようですね。
とても気に入った曲なんです。

百合の花は、メインストリートに咲いてました。

ナイス有難うございます~

No title

weirdさん、ベルジュラック以下は初めて知る事柄です。
やっぱり必読書のようですね。
背中を押してくれて有難うございます~

No title

異端って今でも魅惑的でミステリアスな魅力を感じる言葉だわ('∀`)
これは読んだことないけど、必ず訪れる悲劇や悲哀の流れが
ロマンティックだったり不思議な世界で想像を掻き立てられるのよね~♪
ピラネージの廃墟や独特の空間の世界はステキよね♥
曲の感じも動画とマッチしていい感じ~♪♪

No title

joeyさん、「異端」って言葉はまだ死語じゃなかったんですね。
とてもロマンチックな物語だけど、同時に暗黒小説の1面も持ってます。

おお~やはりピラネージに惑溺したクチでしたか~!

この人、この一枚だけでロックの世界からは遠ざかったみたいだけど、とてもいいですよね。
映像も60年代後半のヒッピー世界を捉えていて、とてもいい感じです。

ナイス有難うございます~

No title

> sho*ha*ng*5さん

書籍の初版を
蒐集なさっておられるのですか
どんな初版があるか、紹介してください。
楽しみにしています。

紹介ありがとうございます。

No title

まりっぺさん、金がかかるのでもう蒐集はやってないけど、「本」書庫の古いページにいくつか紹介してます。

ナイス有難うございます~

No title

建築史では、シューアバルトの名前は、しばしば登場するようです…

タウトの「ガラスの家」(1914)について
「ドイツですら忘れられていた幻想画家で作家のパウル・シェーアバルトの名が、この作品とともに建築界ではひそかに語りつたえられてきたのは、そのことだけでも貴重な歴史的事実となろう」

「パウル・シェーアバルトは、ムンクらベルリンに集まった表現派の芸術家のたまり場「黒い仔豚」の常連であった。彼らをとりまくこの雰囲気が、「ガラス」だけの家という、当時の常識では思いも及ばなかった建築を着想させたことと関係がないとは言えまい」

(山口廣 ドイツ表現派の建築 より)

No title

「異端の文学」は死語かもしれないが、ひそかにそのリストに入れたい…

乱歩や夢野久作が愛読したモーリス・ルヴェルの新訳!
https://c.bunfree.net/p/tokyo26/10746

グラフィック・ノヴェルの埋もれた傑作が復活!
http://seirindousyobou.cart.fc2.com/ca1/107/

文庫ヴァージョンに比べて、本当に鮮明です。
販売:密林社 というのもいい。

No title

weirdさんnシェーハバルトは表現派の画家でもありましたか~!
ますます興味が湧きました。

実はネットで桃源社版を見つけたので、昨日注文したんです。
届くのが楽しみです。

No title

weirdさん、モーリス・ルヴェルは全く知らない作家でした。
値段も手ごろだし、これも注文しましょう。

谷さんのこの作品も読みたかったので手に入れるようにします。
値段がちと高いけど、250部しか印刷してないなら、これ以上安くなることはないでしょう。

貴重な情報、有難うございます~

No title

ルヴェルについては、
http://d.hatena.ne.jp/honyakumystery/20160203/1454456588

久作の「私の好きな読みもの」
https://www.aozora.gr.jp/cards/000096/files/2137_21950.html

探偵陰溝蠅兒シリーズ復刊は第二弾も準備中らしいですが、谷氏はいま漫画書かれていないようなので、復活して欲しい…

No title

madpeckstudio2さん、ルヴェルの翻訳者だけに、さすがに詳しいですね。夢中になって読んでしまいましたよ。

久作のこの文章は初めてだ読むと思います。
筑摩の文庫全集はボクの持ってる三一版が定本のはずだから、読まずにすっ飛ばした文章の中に混ざっていたのかもしれません。確かめてみましょう。

谷さんは長く漫画を描いてないと思います。
こうして、昔の作品が復活し、彼を知る読者が増えたらいいですね。
そしたらまた漫画でメシが食えるようになるので復活してくれるでしょう。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

showhanng55

Author:showhanng55
マイナーな60年代ビートミュージックと駄洒落、読書レビュー。

月別アーカイブ

全記事表示リンク

フリーエリア