FC2ブログ

記事一覧

タニシのアルマーニ君・・・The Rockin' Ramrods

女性に人気があるので、アルマーニ君を捕まえて写真に撮った。

2人だから、R君とマニ子ちゃんの夫婦かもしれない。


















昼日中からお酒を飲む習慣はないが、昨日の昼間は暑かったので、餃子を肴にビールを吞んだ。

観光客はこ洒落た店にしか入りたがらないので、昔ながらのたたずまいのこの店は地元のお客さんが多い。

観光地ってのはどこでもそうみたいだ。

この店の餃子は絶品で、これ以上旨い餃子を食わせる店を知らない。

ひと皿500円でこの満足感~。



















メジロちゃんもポッポちゃんも山に帰ったので、現れなくなり寂しいなあ~と思っていたら、すずちゃんが妙に懐いてしまった。

すずちゃんです。

花に見とれてるんだろうね。

「海街ダイアリー」の鈴ちゃんみたく可愛いだろう~(笑)
























ガレージという言葉を始めて知ったのは78年、写真の Seeds の Sonet 盤の解説によってだった。

ガレージで練習したからガレージと名づけられた、と解説していたと記憶していたのだが、去年、37年ぶりに物置から引っ張り出したら、そんなことは書いてない。

「アメリカ中のティーンバンドがガレージでヴァン・モリソンの「グロリア」を練習した」という箇所と、「いくつかのバンドは、garage music and acid を結び付け始めた」という箇所だけだ。

その記憶がいつの間にか、ガレージバンド=ガレージで練習していたバンド、という風に組み合わされたんだと思う。

ブログを始めたおかげで、 garage music という言葉が随分早くから登場していたのを教わったが、ボクが初めてガレージバンドと意識して買ったのは、 Rockin' Ramrods の Eva 盤で83年のことだ。



当時南青山の骨董通り(この通りをそんな洒落た名前で呼ぶようになったのはもう少しあとだったかもしれないが・・)にパイド・パイパー・ハウスという輸入レコード屋さんがあり、この店に「ガレージ」と仕切られたコーナーがあって、日本のレコード業界でもこの言葉が定着してるんだ~とびっくりしたので彼らを買った。

が、当時のこの店を知るブロ友さん曰く、そんなコーナーはなく、サイケデリックコーナーにガレージバンドが混ざっていたはずだと言う。

記憶の改竄やら思い込みをしていたことに気づく日の多い今日この頃なので、彼の言うことが正しいのかもしれない。

当時の写真付でパイド・パイパー・ハウスを紹介していた記事があったので、アドレスを貼っておく。

木造平屋の民家を改造した店だったので床は板貼りだった。

この店のある通りの入り口にはガソリンスタンドがあり、隣に「嶋田書店」という洋書屋さんがあって(場所柄デザイン関係や美術書専門)、デザイナーさんとの打ち合わせのために近くに寄ると、必ずこの2軒を覗いていたのだった。












そんなわけで Rockin' Ramrods を聴いてみましょう。

さっき Wiki を覗いたら、このバンドはプロトパンクの She Lied で知られている、と書いてあった。

4半世紀前の Eva 盤では他の曲を取り上げていて、She Lied については一言も触れてない。

この世界も昔と今じゃあ評価が違うんだなあ~と妙に納得した。

バンドのオリジナルで She Lied です。




































注:コメント欄が消えるので、いただいた貴重な情報の保存。

「00Spysのセカンド(ファーストはCryptですが、お蔵入り)は、Rocadelic(Psycheリイシューで有名)で500枚限定盤ででました。

Teen Trashシリーズで、ボーナス入りで再発されているので、入手できると思います。

これもCoolな曲。
Double Naught Spys - Won't be the one.wmv
オムニバス・オンリーの曲↓
The Double Naught Spys - One More Beer
https://www.youtube.com/watch?v=uwfC76CUwGQ

未発↓
"Tryin' My Best" (alternate take)
https://www.youtube.com/watch?v=yo_Bd3CnwqI
スポンサーサイト



コメント

No title

> sho*ha*ng*5さん

レノン=マッカートニーの曲
2曲収録されていますね。
「I'll be on my way」聴きたいですね。

紹介ありがとうございます。

No title

まりっぺさん、最初に登場したのがビートルズだから、ビートルズに影響を受けてビート・ミュージックを始めたバンドが多かったんです。
ただ、すぐにストーンズの影響のほうが強くなったようです。

ナイス有難うございます~

No title

RamrodsのShe Liedは、Pebblesにも入っているし、ダムド変名バンドのカヴァーでも有名でした↓

Naz Nomad & The Nightmares - She Lied
https://www.youtube.com/watch?v=g7B-NGIAQa4

Naz Nomad And The Nightmares - The Wind Blows Your Hair (1984)
https://www.youtube.com/watch?v=ygJAM2pFgdU


「DamnedはNaz Normadと名乗ってSeedsを呼び起こした。

時代に逆行するのではなく、概して無視されてきた‘負の60年代‘その精神性に`PUNK‘の源流を見る思いがします。

僕たちに新しい驚きと発見を与えてくれたPebbles以降、数々のオムニバスにも感謝。果たして`GARAGE‘サウンドは何か!?」1984年のEDISONの広告より

No title

他店ではあまりみかけなかったPebbles以降のUSコンプ、Boulders,Glimpes,New England teen sceneなどが、ずらりとリスト・アップされています。

ここで、初期のCompはほとんど揃えることができた…

「一週間も練習すれば、すぐに曲を作り始める、そんなバンド」をガレージ・バンドとレニー・ケイはとらえていて、アマチュア精神のことを象徴的に表現しているようです…

No title

weirdさん、ぺブルスの影響がそれだけ大きかったということなんでしょうね。
ぶーさんが言ってたカヴァーって、このダムドのことかな??
このカヴァーはすごい~!
本家よりもいいですね。
こうして聴くと、garage と punk が「=」で結ばれて、garage punk なんていわれたりするのが良く分かります。
Seeds のカヴァーも抜群だし。

garage の精神的な意味合いが明かされている広告文ですね。

No title

weirdさん、最初の2行はパイド・パイパーのことですよね。
そうか~無念。
言い訳をすると、当時は子育て中で趣味に大金をつぎ込むわけにも行かず、本命マージー、押さえがブリティッシュ・ビートと自分を規定していたので、USには触らないようにしていたせいです。

レニー・ケイの言葉には含蓄がありますね。

No title

R君とマニ子ちゃんの夫婦('∀`)!
タニシって黒いツブなんだ~!餃子も美味しそう~♪♪
すずちゃんも丸っこくて可愛いわね♪
パイド・パイパー・ハウスに行ったことがあるだなんていいなぁ~('∀`)
色んな音の発見が出来そうな場所だわね♪
ジャンル分けが細かくされてるお店って探しやすいし
通いたくなる♥
ガレージロックをガレージで練習してるような音のバンドと
思ったことは無いけどそんな説もあるんだ;
私の感覚では60年代スタイルの自分が影響を強く受けた音を
自分なりに表現しようとしたストレートな感情を
プロフェッショナルなコダワリを抜きにして純粋に楽しんでるのが
感じられる音がガレージの良さって感じだわ('∀`)
Rockin' Ramrodsもそんな魅力があるわね♪♪

No title

Music Magazineに載ったのは、EDISONの広告です。
(この号でのパイドの広告は、コステロとDoo Wop…)

このダムド変名バンドは、ほとんどカヴァー(Pebbles曲含む)で話題になったので、こんな惹句だったかも?

She Liedのカヴァーでは、これがよりGarageテイスト↓
Double Naught Spys - She Lied
https://www.youtube.com/watch?v=AXAnD0gJZaM

彼らは、ハードコアなGarageマニアです。
Double Naught Spys - Tryin' My Best
https://www.youtube.com/watch?v=nNTce-wrsx0

No title

joeyさん、タニシはアサリの4分の一あるかないかの小さな貝です。
子供時代は色が白く、大人になると黒くなるみたいです。
すずちゃん、可愛いでしょう~目下の愛しの人です(爆)

当時は、このお店が伝説になるとは思いもしませんでした。ボクの欲しいレコードが次々に見つかるので、覗いていただけ。

「ガレージ」という言葉を誰が使い始めたのか知らないけど、ガレージという単語は書庫(ガレージ)から来てると思います。単に言葉の由来だけね。
中身なると、じょ~いさんの感性が正しいと思います。
↑weird さんが紹介してくれたレニー・ケイの言葉も同じ様な内容です。
このバンドは、ボストンでは大成功したんですよ~
ストーンズの前座も務めたし。

ナイス有難うございます~

No title

weirdさん、EDISONって??
パイドはパイド・パイパー・ハウスのことですよね。
日本の音楽雑誌の「ミュージック・マガジン」のことですよね。

ともかく「ガレージ」という言葉は、早くから日本に入ってきていたんですね。

この90年代バンドも抜群ですね~
バンドもお初だけど、コンピもお初です。
これは手に入れるようにします。
ご紹介、有難うございます~

No title

夏みたいな暑さだからタニシと餃子をツマミにビール最高ですよね~^^
小鳥ちゃんも焼いて食っちゃえ~^^うそです。

音楽は迫力があってナイス!

No title

ゴールドさん、悪いやつだなあ~すずちゃんを食ったらあかん~!!
ゲテモノ食いの知人がいて、一度だけ彼のところに遊びに行ったら、雀と蛙がつまみに出てきたので、げんなりしました(苦笑)
タニシって食えるんですかね??

ナイス有難うございます~

No title

Edisonは、最初はプログレ、80年代はハードコア・パンクで有名なレコード店でした…(きっとJoeyさんは知っていると思う…)

しかし、新宿店の二階には、売れ筋でないコーナーがあり、British Beat、Mods/Mods RevivalとGarage Punkコーナーがあったのでした…

NYのMidnight Records、たいていの60’sリイシューを扱っていたので、ここから入れていた…ただし、船便なので毎週入荷とはいきませんでしたが…

Midnightにはレーベルもあり、Fuzztonesの興奮のLiveも買いました…
Voices Green And Purple (Remastered)
https://www.youtube.com/watch?v=9HFJDc6VQ7s

No title

weirdさん、全く知らない輸入レコード屋さんです。
新宿にあったんですね??
新宿には76年の卒業以来、足を踏み入れなくなったので全く分からなくなりました。
学生時代は毎日通っていたのに
ひょっとして西口の方ですか??
ボクの学生時代には、西口に小さなブート専門店がいくつかありました。

おっ、Fuzztones ですね。
実は昼間、アーサー・リーと一緒に演っている映像をたまたま見つけたので、興味深く観たばかりなんです。

No title

西口ですね。確かブートで有名なキニーの近くでした。

そういえば、SJHとFuzztonesの共演ライヴもMidnightでした。
Screamin' Jay Hawkins with the Fuzztones Alligator Wine
https://www.youtube.com/watch?v=_NNanfIvyoA

映像も↓
I Put A Spell On You - Screamin' Jay Hawkins & The Fuzztones
https://www.youtube.com/watch?v=EpbRtc0sr3U

No title

weirdさん、やっぱり西口でしたか~
あの店は、72,3年後にオープンしたんだけど、当初はダンボール並べて、その中にブートを詰め込んでました。
以後は知らないけど。

スクリー・ミン・ホーキんスと一緒のこの映像も昼間見みたです。
この時期、同じレーベルにいたんですね。
次に流れてくる東京公演の映像、待ちにに待たされた90年のメルパルクホールの映像。懐かしいです。
前から2,3列目で見てました。

No title

こんばんは!

『She Lied』のカバー♪(・∀・)ノ

自分が聴いてたカバーはweirdさんのコメントにもある
『Naz Nomad And The Nightmares』ダムドの変名
バンドです。一応は覆面、架空の映画のサントラという
設定?なので(笑)当時の広告の文面はかなり貴重です♪

自分も『Double Naught Spys』のカバーを聴かせて
頂きましたけど、よりガレージ的だと思ってしまいます(笑)
そういう意味ではレニー・ケイの解釈はガレージという
言葉に自然と広い意味を持たせましたよね。

コメのやり取りからも如何に貴重なお店だったのかが
分かりますし、自分も絶対行ってたと思います♪(・∀・)ゞ

No title

ぶーさん、やっぱりダムドヴァージョンで聴いてたんですか。
初めて聴いたけど、かっこいいですねえ~

Double Naught Spys もめちゃくちゃかっこいいですよね。
彼らのコンピかアルバムを買うことにしました。

この店が伝説になるとは、当時は思いもしなかったです。
80年代初め、60年代ビート・ミュージックを再発見したときにこの店に出会ったのは幸運だったと思います。
他店では絶対に手に入らない60年代ビート・ミュージックのリイシュー盤が並んでたから。
この店のサイケコーナーには Kaleidoscope があったので(リイシューレーベルじゃなくて)、まだ売られてるんだ~とびっくりしたのを覚えてます。

No title

00Spysのセカンド(ファーストはCryptですが、お蔵入り)は、Rocadelic(Psycheリイシューで有名)で500枚限定盤ででました。

Teen Trashシリーズで、ボーナス入りで再発されているので、入手できると思います。

これもCoolな曲。
Double Naught Spys - Won't be the one.wmv
https://www.youtube.com/watch?v=zs_nCzpXvLM

オムニバス・オンリーの曲↓
The Double Naught Spys - One More Beer
https://www.youtube.com/watch?v=uwfC76CUwGQ

未発↓
"Tryin' My Best" (alternate take)
https://www.youtube.com/watch?v=yo_Bd3CnwqI

No title

weirdさん、Teen Trash 盤が手に入りやすいんですね。
情報有難うございます~

ご紹介の3曲、最初はギターが由緒正しい(笑)ビート・ミュージックだし、2曲目は変態ロッキンに通じる米国の匂いがぷんぷんします。
3曲目は、トータルで聴くと違うんだけど、音が鳴り始めたときはクランプスの匂いを感じました。
このバンドはほんとにいいですねえ~~

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

showhanng55

Author:showhanng55
マイナーな60年代ビートミュージックと駄洒落、読書レビュー。

月別アーカイブ

全記事表示リンク

フリーエリア