FC2ブログ

記事一覧

司馬遼太郎「ペルシャの幻術師」・・・Attractions - 5th February 1968





収録作品

「ペルシャの幻術師」
「戈壁(ごび・・ゴビ砂漠のこと)の匈奴」
「兜率天(とそつてん)の巡礼」
「下請け忍者」
「外法伝」
「牛黄加持」
「飛び加藤」
「果心居士の幻術」

文春文庫2001年刊。



司馬遼太郎の初期短編集。

「ペルシャの幻術師」は、昭和31年に第8回講談倶楽部賞を受賞した文壇デビュー作。

ボクのような子供の頃からの西域ファンなら、絶対に読みたい作品だ。



物語は13世紀半ば。モンゴルが本格的にペルシャ征服を始めた時代。

この方面軍総司令官フラグの子、若きボルトル王は、征服したメナムという街で、ナンという美しい娘に恋をする。

若き王は、彼女が自分を愛するようになるまで手ひとつ握らないと決意している。

必ず彼女のほうから求めてくると信じているからだ。

自信家なのだ。


街に異様な男が現れる。

彼は幻術使いで、メナムの街の旧勢力と契約し、王を殺すという。

ナンはそのことを知り、彼をつける。

異様な男の住まいで、彼女は幻術にかかり、花の精の男性と甘美な関係を結ぶ。

城へ戻った彼女の幻術が覚めることはなく、夜な夜な花の精の男性に抱かれる。

ずいぶんエロチックな話だが、具体的なエロい描写はないので当てが外れた~と嘆く読者は読まないほうがいい(笑)。

しかし幻想小説が好きな読者なら面白く読めるはずだ。



次編の「戈壁の匈奴」も西夏が舞台となるので、西域ファンには堪(こた)えられない。


「兜率天の巡礼」になると、ネストリウス派のキリスト教(景教)を奉じるユダヤ人の一派が渡来し、秦氏の一族だと称する幻想譚。のちの長編伝奇小説「風の武士」に通じる。


忍者ものに関しては言及しない。


果心居士の有名な牛を吞む幻術を初めて知ったのは、子供の頃に読んだ白戸三平の漫画だったが、飛び加藤こと加藤段蔵と果心居士については、21世紀になってから稲葉博一という新しい作家がそれぞれ「忍者列伝」「忍者列伝ノ続」で著していて、とても面白かったのでついでに宣伝しておく。

















今日の音楽はスウェーデンのバンドで Attractions - 5th February 1968。

モッドでサイケな素晴らしい演奏だ。

詳しいことは記事が見つからないので分からないが、68年に2枚のシングル(最初の1枚目は未発に終わったようだ。デモ盤のみ)を残していて、5th February 1968 は2枚目のB面曲。















スポンサーサイト



コメント

No title

あ('∀`) 今日は花の写真がないんだ。なんか寂しい~
花の精の男性と甘美な関係!なんだか耽美な響きで
それは読んでみたい~♪
「戈壁の匈奴」は読んでもわからない気がするわ;
モッドなジャズ!これはまたお洒落な感じ♪♪
聴いていて凄く想像を掻き立てられる感じで素敵ね♥

No title

Attractions "Laugh" From Kram 1968 SWEDISH BEAT
https://www.youtube.com/watch?v=2mqhkwlfBXc

このバンドの前身は色々あるようですが、
Janne Schaffer (guitar), Ted Åström (ocals)がいたこれが割合有名↓

The Sleepstones - Good Morning Little Schoolgirl, 1966
https://www.youtube.com/watch?v=Vk6PtR9oB8Y

No title

joeyさん、昨日今日と2日続けて雨なので写真撮りに行ってないんですよ~
エロい描写は全然ないから女性が読んでも大丈夫ですよ~
むしろうっとりするかも。

「戈壁の匈奴」も全然難しくないです。
チンギスハーンが無名の頃、モンゴルにやってきた交易(キャラバン)商人からいろんな話を聞きます。
商人が特に強調したのが、西夏の女性ほど美しい女は世界中どこを探してもいない、という話。
以来ジンギスカンのなかでは西夏が特別な存在となり、老年に達してようやく西夏を降服させて皇女を手に入れるんだけど、その美しさに見とれながら死んでいくという話です。
これも一種の幻想譚ですね。

このすウェーデンバンドの演奏、素晴らしいとしか言いようがないですね。
陶酔します。

ナイス有難うございます~

No title

こんばんは!

「ペルシャの幻術師」....φ(・ω・ )メモメモ♪

具体的な性の描写がない方が、むしろ想像を掻き立てられる
ような気もしますけど(笑)この作品も本屋さんで発見次第
読んでみることにします♪


Attractions!

これはヤバイですね!特に最初と最後に登場するオルガン
ソロ・パートにサイケさを感じたんですけど(笑)しかし
渾然一体となったような演奏がカッコイです♪(・∀・)ゞ

No title

weirdさん、こんなサイトがあったんですね。
ボクのPCで入ると写真が多いのか時間がかかってしようがないので、明日改めて挑戦するけど、情報有難うございます。

で、この有名な Good Morning Little Schoolgirl の投稿者コメント欄には前進バンドとありますね。
この演奏は、ブルースブルースしてなくて面白いです。

No title

ぶーさん、美しいエロスです。
幻想味が強いので、想像の翼が自由にはばたきます。
お勧めの1冊です。

で、おお~やっぱりこうしたモッドでサイケな音にはびんびん来ますか~嬉しいですねえ。
ボクも久しぶりに原の底から最高だぜ~と開催を叫びましたよ。

ナイス有難うございます~

No title

じむこさん、残念でした~失楽園ものじゃないんですよ。
想像力を掻き立てて甘美な夢に耽るだけ。

いまじむこちゃんの記事を読んだけど、コメントが反映されないって、どういうことなんだろうね??

No title

タイトルだけでも惹かれますね~。
幻想小説、怪奇幻想小説好きです♪

No title

じゃむとまるこさん、でしょう~!
初期の司馬さんは後の司馬さんと随分作風が異なるので、それだけでも面白いです。

ナイス有難うございます~

No title

今週は雨が続いたので読書を楽しんだようですね~( ´∀`)/
司馬遼太郎さんといえば歴史小説だけど、
初期の頃はこんな日本以外を題材にした幻想小説を書かれてたんですね!

男性なら誰でも好きな女性を振り向かせるべく幻術をかけたいと思うでしょうね♪
幻術学校があればチロルも幻術を学びたいわ(笑)
で、叶わぬ憧れのメンズに幻術をかけちゃうのだ~~~( ̄▽ ̄)ゞ

No title

チロルさん、初期の司馬さんは、歴史小説で国民的作家になった司馬遼太郎とは全く違います。
この「ペルシャの幻術師」と「兜率天の巡礼」は、文庫初収録だそうです。

ボクも出発点になった「ペルシャの幻術師」は読みたいと思いながら、ず~っと読めずにいたので、ありがたい文庫です。

ははは~チロルさんまで幻術学校に通いたかったと言い出すとは思わなかった。
11、2世紀ごろのペルシャのアサシン(暗殺者の語源になった)はご存知ですか?
マリファナやハッシシを使って、若者を極楽に導き、こんないい思いををしたければ誰それを暗殺しろと命じた神秘教団です。
シルクロードを経て、日本にも伝わったのが戦国期の幻術使いだと言われたりもしますね。

ナイス有難うございます~

No title

司馬さん、数えるほどの本しか読んでないんですが、
これはとても興味深いですね。
このあたりのお話、私も好きです。
なぜか日本史より、ちょっと惹かれるくらいです。

Attractions、かっこい~!いいですね~。楽しませていただきました。

No title

> sho*ha*ng*5さん

1968年2月5日
何があったのですか?

ウキで検索しても不明です

ムチャブリで🙇

No title

Mymbleさん、「ペルシャ~」と「兜率天~」は文庫初収録。
長く読めずにいたので、手軽に読めてあり難い文庫です。
西域というだけで、心躍ります。

このバンド、いいでしょう~
ちょっとしたマイブームなんです。
ヘビロテで聴いてます。

ナイス有難うございます~

No title

まりっぺさん、曲のタイトルが何を指すのか分かりません。


5th February 1968 で検索すると主な出来事が3つほど書かれているけど、どれもスウェーデンとは関係ない話です。

ナイス有難うございます~

No title

内容が歴史的で難しそうな本ですね~

音楽はジャズやプログレが混じってて面白いです^^

ナイス~

No title

ゴールドさん、エンターテインメントだから、全然難しくないですよ。
物語の中にどっぷり浸れます。

この曲、めちゃくちゃ気に入ったんですよ。
オルガンサウンド、改めて題す危難だあ~と再確認しました。

ナイス有難うございます~

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

showhanng55

Author:showhanng55
マイナーな60年代ビートミュージックと駄洒落、読書レビュー。

月別アーカイブ

全記事表示リンク

フリーエリア