FC2ブログ

記事一覧

三題噺・6日目・・・String Driven Thing

今日のお題は再度ウメさんから頂いた「ロックンロール。うなぎ。公務員」です。

くそ~めちゃくちゃ難しいじゃないか~!(笑)









モックンです。












ボックンです。












露ックンです。














学生時代、仲の良かった3人が久しぶりに会したので、新宿二幸裏のアカシヤで、名物のロールキャベツを食うことにした。(注・・今は二幸じゃなくて、アルタと言うそうだ)



店に入ると昭和の懐かしい歌が流れている。

も う~! なぎ らけんいちじゃないか~!




ボックンが剣術使いだった昔、悪者をばったばったと切り倒したのを懐かしく思い出していると、クラスメートだったガメラが入り口に現れた。

ドアの前で入ろうか入るまいか、もじもじしている。

こんな看板を持って、しゅんとしているように見える。
































看板持ちに落ちぶれた姿を、同級生に見られるのが恥ずかしいのかもしれない。


露ックンが言う。「気にするな~Come in~」

しかしガメラはやはりためらっている。

ははあ~ガメラは日本育ちだから英語が分からないんだな~とボックンは気がついたので「Come in(こうむいん)」とローマ字で言った。



頷いたガメラが店に入ってくると、黙々と食べていたモックンが、「4人揃ったな~麻雀やろうぜ」と言ったのだ。

露ックンは、Yシャツのボタンをプッ~チンと引きちぎって臨戦態勢に入る。

ガメラはボックンを見てにやりと笑った。

そう~、学生時代からボックンはガメラれ役だったのだ。

しかし今日のボックンには自信がある。強~い味方を連れてきたのだ。






























希望という名の木棒です。



























賭け麻雀は賭博罪の現行犯になるので、若い衆を見張りに立てた。

その若い衆が血相を変えて飛び込んできたのだ。

「サツの手入れだ~」

ロックしたドアを蹴破って警察がなだれこんでくる。

全員逮捕する。

ロールパンを齧りながら刑事が言ったのだった。

























イエ~~一丁あがり^露見ロールだぜ~! とデカが勇躍した。


























String Driven Thing の Circus を聴きましょう。

スコットランドグラスゴー出身のフォークロックバンドで、Robin と Paulline の Adams 夫妻にギターを加えた3人組で始まり、70年にマイナーレーベル Concord から、バンド名を冠したアルバムをリリースした。

その後72年にロンドンに出てきてベースにギタリストでもある Colin Wilson とヴァイオリンの Graham Smith を加えたが、オリジナルのギタリストが新しい音楽性に違和感を覚えて脱退。

カリスマ(ブッダ)レーベルから、72年に残った4人でリリースした同じくバンド名を冠した2ndアルバムが抜群にいいのだ。 

てっきり名もなきマイナーバンドだと思ったら、とんでもない人気バンドだった。

と言ってもニッチでディープなファンの間で、と言う意味だ。

なんと73年には邦盤まで出ていた。

悔しいなあ~全然知らなかったよ。

08年には邦盤CDが再発されていて、廃盤のせいか、Amazon の中古情報では8千円近くしている。

日本でもシングルが発売されたのかどうかは知らないが、このアルバム収録のUK盤シングルは投稿者も言ってるようにダブルサイダーだ。

なので2曲続けていきましょう。


String Driven Thing - Circus




String Driven Thing - My real hero
















スポンサーサイト



コメント

No title

今晩は(^o^)


↑この中で一番好みのタイプは
『ボックン』です(笑)

ボ・ディドリーは大好きです。

義理の親子も含めて3つのバラバラな
お題によるストーリーは嫌がおうにも
サイケデリック風味な仕上がりに
なりますねw

String Driven thingはなかなか
カッコ良いですね!

これ位変なロックが好みです。


『ジェネシス』で有名なカリスマ・
レーベルなんですね
(^^)

No title

小僧(GW期間限定)さん、ジャズファンなのでボックンが隙とは思わなかった(苦笑)

ストーリー、サイケかな??
駄洒落優先だから、そんな風に意識したことはないです。へえ~~

このバンド、噂にも知らなかったけど、めちゃくちゃ気に入りました。
ヴァイオリンがたまらない魅力を醸しだしてますよね。
のちにプログレバンドに加わって有名人になったそうだけど、ボクはプログレには無関心だkら。

ジェネシスもこのレーベルが最初だったんですか~!
ボクがイチバン印象に残ってるのは、リンデスファーんがこのレーベルに属したこと。
String Driven thing は同じレーベルの彼らと一緒にヨーロッパツアーを演り、大陸で有名になったそうです。

ナイス有難うございます~

No title

こんばんはーーーー!

大爆笑ですよ!(笑)

やるなぁ~~、いきなり露っくん、とは!100人いても考え付く人はいないでしょう(笑)

んー、この道はshoさんの独壇場ですな!

このシリーズ、メチャクチャ面白いですよ!!

このアルバムジャケもオサレです!!

No title

ume さん、今回は手こずったぞ~
「ロックンロール」の駄洒落が、めちゃくちゃ難しかった(笑)
困らせようとしたな~(爆)

ジャケデザインはヒプノシスとなってます。

No title

こんばんは☆

露ックン!( ゚ロ゚)!!
私のツボは↑でしたぁ(笑)

今回は登場人物が沢山いて、
ちょっと考え、、、る前に爆笑でした。
( ≧∀≦)

No title

60~70´sの東口の雰囲気が出てます。
ロールキャベツ定食!喰いたい
最後にライスをブッ込んで!!
ばった、ばったでバッタね~、ナットク!
「♪悲惨な戦い」聴きたいですネ~

No title

addisonさん、ロックンロールのの駄洒落が難しかったんですよ~
そこ、笑ってくれて有難うございます^

ナイスも有難うございます~

No title

チャミきんさん、おお~生き証人にそう言って頂けると嬉しいです。
アカシアには良く通ったんですよ。
食い終わったら2階のジャズ喫茶(DIGだっけ??DUGだったか??)に顔を出してましてました。

悲惨な戦いもUにあがってましたよ~

ナイス有難うございます~

No title

もっくんと内田裕也の親子対決・・おみそれしました( ̄Д ̄)
え?対決ではない いいの・・
ざっと読んで言葉が拾えなかったらまた読み直して あーあった(〃ω〃)
ってやって読んでいます

No title

じむこちゃん、対決じゃないのだ~
勇躍(ゆうやく)と「裕也」を掛けただけ(笑)

ロケンロールは、内田裕也の専売特許だったから。
今ならエイちゃんかな??

ナイス有難うございます~

No title

モックンってあだ名久しぶりに聴きましたよ~
ナイナイ16を歌ってた事を思い出しました^^
ナイス!

No title

ゴールドさん、実は渋柿隊ってのを全く知らないんですよ。
モックンは、伊衛門のお茶のCMを見て好きになりました。

ナイス有難うございます~

No title

こんにちは、
モボロックン、皆キャラが濃ゆいですね!
シブがき隊は生で観たことがあります(笑)

String Driven Thing
英国フォークロックまで手を広げると収拾がつかなくなるので避けてきましたが、今聴くと良いですね♪

No title

こんにちは!

まさかのなぎら健壱♪(゜ロ゜ノ)ノ

しかしよくお話が思いつきますね(笑)ボックンが
昔は剣術使いという流れで、再び彼のジャケットを
見返してみると、そんな風に思えきます♪(^w^)

String Driven Thing!

もちろん初めて聴きましたけど、二曲ともかなり好みです。
ギターのリフは普通にハードなのに、パーカッション的な
このリズムがアシッド・サイケたらしめてる印象ですね♪(・∀・)ゞ

No title

nicohoiさん、生でしぶがき隊を見たんですか~!
そんな健全な青年が何で横道にそれたのか、興味津々です(笑)

英国フォークは昔から好きなんです。
その分だけUSフォークには冷たいけど(苦笑)

フォークバンドなんだけど、このアルバムはサイケですね。
ドノバンと一緒。

ナイス有難うございます~

No title

ぶーさん、なぎらけんいちの「ばった」に対抗するために、「ばったばったと切り倒す」が言いたいがための駄洒落です(笑)
そうなんです。ギターは普通だけど、リズムとヴァイオリンがサイケ感を盛ってますね。

ナイス有難うございます~

No title

あはは 三題シリーズ毎回ムチャクチャなお題だけど
よく5回も続きましたね~!

まさかのガメラ乱入(笑)
展開が全くよめなかったけど 苦し紛れの"ガメラれ役"!(笑、笑)

一番ウケたのは希望という木棒( ̄▽ ̄)ゞ
これ どう見てもションボリ系の棒だよね(^ω^)

ダジャレ界の暴れん棒shoさんにナイス☆

No title

チロルさん、あははは~今回は苦し紛れの展開でした。
やっぱり分かった~(笑)
いつもだとお題を頂戴したときに話は出来るんだけど、「ロックンロール」の駄洒落がどうしても出来なかったんですよ(泣)

チロルさんもお題をくださいな。
苦し紛れでも何でも駄洒落で物語を作りますから(笑)

ナイス有難うございます~

No title

mim*le*i*l さん、ナイス有難うございます~

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

showhanng55

Author:showhanng55
マイナーな60年代ビートミュージックと駄洒落、読書レビュー。

月別アーカイブ

全記事表示リンク

フリーエリア