FC2ブログ

記事一覧

江の島の満開の河津桜・・・Sonny Webb & The Cascades(The Hillsiders)

昨日、朝方まで降った雨が止んだ後は、春そのものの陽気になった。

午前中、雨が止み、青空が広がった後、笹の葉に残るしずくに、木漏れ日が当たって宝石のように輝いていた。

肉眼ではそうなのだけど、カメラを通したらうまく伝わらない。

プロなら的確に表現できるんだろうが、素人の哀しさ、そんなテクニックは持ち合わせていない。

それでもなんとなく、伝わるんじゃないだろうか?


















風の強かった昨日と違い、今日は比較的風が穏やか。

渡し舟に乗って江の島の裏側に回り、そこから江の島展望灯台に行くのが楽なので出かけたら、欠航。

思いのほか波があったようだ。

仕方がないので、正面から登っていく。

正面から登ると、頂上の展望灯台まではず~っと登坂なので、結構辛いのだ。

目指すのは、展望灯台の向かいの公園。

ここに早咲桜で有名な河津桜の大木が何本かあり、満開なのだ。


一足早い花見を楽しんでくれ。


























登っていく途中、民家の軒先でチューリップを見かけた。

あんまり早すぎるので、暫く眺めていたら、奥方が現れた。

写真を撮ってもいいですか、と話しかけたら、ど~ぞど~ぞ、と許諾をもらった。


























ビートルズと同世代のマージーシーンに Sonny Webb & The Cascades というバンドがいた。

何が変わっているかというと、このバンド、UKでは当時馴染みの薄いカントリーミュージックを演っていたのだ。

といっても、イメージするような純然たるカントリーバンドというわけじゃない。

当時、本場のカントリーバンドが使用しなかった、ドラムとエレキベースを持ち込んでいて、「カントリー・ロックという言葉が60年代半ばに生まれたが、まさしくボクらがそうだったのさ」とのちに Sonny Webb が述懐している。

だからキャバーンでは、ビートファン、カントリーファンの両方から受け入れられていた。

ず~っとマイナーだったこのバンドに転機が訪れるのは、64年に Hillsiders と改名してからだ。

4人編成から5人編成へと変わっただけでなく、音楽性もある時期から、いわゆるカントリーミュージック一本になっている。

バンド名が変わったとき、Sonny Webb は Kenny Johnson と名乗るようになったようだ。

中心人物の Sonny Webb こと Kenny Johnson は75年にバンドを去るが、バンドそのものは99年まで活動していて、大成功したバンドと言っても過言じゃないだろう。

もっとも、マイナーなジャンルだから一般的知名度は低いと思うが。


面白い話があって、まだ Sonny Webb & The Cascades と名乗っていた当時、アイルランドに10日間呼ばれていったときのことだ。

ポスターには、単に Cascades とのみ印刷されている。

ちょうど米国のカスケーズ(Cascades)の「悲しき雨音」が世界的大ヒット中だったので、米国のカスケーズと思い込んた聴衆は、当然「悲しき雨音」を期待した。

ところが彼らはこの曲を知らない。知らないからできないとプロモーターに言ったところ、演ってくれなければギャラを払わないと言う。
慌ててコピーし、幸いなことに当地のTVに出演したとき、「悲しき雨音」を演奏したので無事にギャラが支払われたと、Sonny Webb が語っている。



Hillsiders と名前を変えてからの65年リリースの2枚目のシングル曲 Please Be My Love、ポップでキャッチーでとても素晴らしい。

カントリーっぽい要素が加わっているというだけのことで、ボクのようなカントリーを聴かない人間でも、何の違和感もなく受け入れられるビート色の濃い曲だ。


















Sonnny Webb & The Cascades





The Hillsiders



スポンサーサイト



コメント

No title

わあ!桜だ!桜だ!サイコ―!!ワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ

桜と富士山を見ると、脳内麻薬が出て
テンション上がりまくり!

違うバンドなのに、コピーして演奏するって
別のバンドだと言わずに?
それでOKなんですね。

No title

今日、北鎌倉でソメイヨシノが咲いた便りがありました🎵河津桜は満開ですね~。

待っていた春が、あと少しで来ます。
嬉しいなぁー。

雨上がりの写真❗
空気がキラキラして見えますよ。
凄い綺麗な写真。

春はいいなぁ🎵

No title

おぉ('∀`) 春の日差しが眩しすぎ~!悔しい~!
雪を持って行って頂戴
もうお花見できるほど咲いてるだなんて別世界だわ;
桜もチューリップも綺麗ね♪
悲しき雨音がトラウマ曲になってそうね(笑)
バンドの名前にも歴史ありなのね~('∀`)
Please Be My Loveは軽快でいい曲ね♪

No title

こんばんはー!

本日、腰越を抜けて、海岸沿いを走り、葉山の方に行きました!

波が高かったなぁ、珍しく高い波でしたよ、インチキサーファーは波が高いから少なかった(笑)

もう少ししたら江ノ島も最高ですねぇー、江ノ島の参道下の海鮮ラーメンが美味しいらしいですよ!

カントリーっぽさは、そんなに感じないですねー。ビートルズと他のバンドの決定的な差は、録音のクリアさにありますね!

No title

joeyさん、ニュースを観たら北海道は凄いことになってましたね。
こっちだけ一足早く春になって、申し訳ないくらいです。

河津桜はこの時期の桜だからいいんだけど、チューリップにはびっくりしました。
温室でも、外の鉢の中で咲き始めていたんですよ。
いくらなんでも早すぎます。

「悲しき雨音」の話、笑えるでしょう~

取り上げた曲、普通のビートミュージック曲として聴けますよね。
このバンドではこの曲だけが大好きなんです。

ナイス有難うございます~

No title

Shoさん、
八幡宮の桜、ソメイヨシノですかね?
ほんとに1、2輪と少ないですが、、、
咲いてました。
(私は写真でしか見ていませんが☺)

No title

umeさん、葉山か~長いこと行ってないなあ~

桜の季節になると、マレードチャヤから鎌倉へ行く途中の国道沿いに緑色の山桜が見れます。
これほど深い緑の桜は他では見られません。
その季節に、是非もう一度走って下さい。

江の島のその店は、江の島入り口のすぐのビルの中にある店かな??

イメージするカントリーとは違いますよね。
ビート曲に、カントリーの要素を少し混ぜたような感覚ですよね。

最後の言葉にはコメントできないなあ~

ナイス有難うございます~

No title

addisonさん、八幡様で咲いていたんですか~!
八幡様の桜はほぼ全部ソメイヨシノです。
明日にでも行って確かめてみます。

No title

おはようございます!

河津桜♪(・∀・)ノ

雨上がりの木漏れ日、青空の下に広がる桜は綺麗ですね~♪
見ていると何故か少しだけ胸がキュンとなるような感覚は、
独特のものですよね。そして桜木の下に写る彼女達がより
そう思わせてくれます(^w^)

Sonny Webb & The Cascades!

「演ってくれなくちゃ出さない」というのも無茶苦茶ですが(笑)
即座にコピーしっかり演奏したのが凄いですね。それでも
良いという聴衆と成立してしまう時代の大らかさが面白い
エピソードですね。

これは初めて聴きましたけど、あくまでフレーバーという
感じも残しながら、この独特の哀愁を感じるキャッチーな
メロディーがイイですね♪繰り返し聴きたくなる感じです(・∀・)ゞ

No title

春の暖かさが伝わってくる良い写真ですね^^

河津桜も凄く綺麗です^^

音楽もナイス!

No title

ぶーさん、お早う~

桜の下の若い女性のじゃれ合いって、胸キュンしますよね(笑)

色が濃いので、はかなさはあんまり感じない桜だけど、やはりいいものです。

この時代、ほんとにおおらかですよね。
米国のカスケーズだと思った人も多いと思います。
今みたいに音楽情報が溢れてるわけじゃないから。

プロモーターに騙す気持ちはなかったと信じたいけど、聴衆が勘違いしたんなら、勘違いで商売しようというのが凄い話です。
で、あっという間にコピーした彼らの実力もすごいですね。

キャッチーでとてもいい曲ですよね~

ナイス有難うございます~

No title

ゴールドさん、春を感じてくれましたか~
早く元気になってくださいよ~!

キャバーン時代のビートルズと関係があるから、名前はご存知ですよね。

ナイス有難うございます~

No title

ご無沙汰です
昨日ニュースでも河津桜、見ましたよ
一足早い春をありがとう😊

No title

穂花さん、ニュースでやってましたか~!
ほんとに一足早い春って感じの昨日今日です。

No title

おはようございます(^o^)


↑この曲知ってます。ギターのリフが
凄く印象的で。ラジオだったかな?

もしかするとオムニバスアルバムで
持っているのかも知れません。
^^;

昔のレコーディングの音は心地よい
ですね。間違いなく昔は録音側も
音楽の一部でした。

No title

こちらは昨日20度まで気温が上がってまさに初夏の陽気でした~
朝方コートを着て出かけてしまって見事玉砕です(´;ω;`)ウゥゥ
僕んちの近くには河津桜がないので、こちらで一足早い花見を楽しませてもらいました^^
こちらは梅が見ごろです。今年は寒さのせいで例年より見ごろが遅くなっているようで、3月中旬まで楽しめるようです。週末に堪能してきました^^

youtubeを聴こうとしたらおそらくPCの原因で再生できませんでした。カントリーロックというからとても楽しみにしていたのに(泣)
あとで聴きますね~。

No title

ケアベアさん、おっご存知でしたか~!
日本のラジオでも、発掘音源を取り上げる番組なんてのがあるんですか??
時代が変わったんですねえ・・

ナイス有難うございます~

No title

のぶさん、この3日間春の陽気ですね。
明日から急に寒くなるそうで、生きていけるかどうか心配です(笑)

ウチの最初の梅は、もうほとんど終わったけど、裏庭の白梅は今が見頃です。
そっちの方が西なんだけど、黒潮が近い分、こっちの方が暖かいのかもしれませんね。

のぶさん好みの曲ですよ~

ナイス有難うございます~

No title

木漏れ日綺麗に写っていますよ!
河津桜ももうこんなに満開なのですね。
こちらの方が遅いようです。

春にはカントリーもいいですね^^
心が明るくなります。

No title

おお~まこちゃんに褒められると自信が湧くなア~

そちらよりもこっちの方が早いんですか~ちょっと意外。

この曲は純然たるカントリーじゃないけど、においが立ち昇ってますね。
ホントに心が明るくなるいい曲です。

ナイス有難うございます~

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

showhanng55

Author:showhanng55
マイナーな60年代ビートミュージックと駄洒落、読書レビュー。

月別アーカイブ

全記事表示リンク

フリーエリア