FC2ブログ

記事一覧

ウェイラーズとルイルイ

関東痴呆は今日も晴れ。

青空の評判が良かったので、今日も青空の写真を。














梅の構図が気に入った写真。

吉良上野介じゃないよ。


















昨日撮った不穏な雲。


















わが家の藪椿。











前回取り上げたタコマの Wailers(Fabulous Wailers とも表記)

58年後半に作ったインストのデモテープがNYのレコード会社の目に留まって、59年2月にシングル発売したら it reached # 36 on the Billboard Hot 100 and # 24 on the R&B chart. と化けたらしいが、後が続かず、タコマに戻った。

そこで他のバンドでときどき歌っていた Rockin' Robin Roberts というシンガーをスカウトしたら、彼が持ち込んだ Louie Louie が、後のバンドに多大な影響を与えることになる。

Roberts は57年にレコード化された Richard Berry のB面に収められたこの曲が滅茶苦茶気に入ったらしい。

Wailers のヴァージョンは"1-2-3 1–2 1-2-3 1–2" riff だったが、63年に全米で大ヒットした Kingsmen ヴァージョンはウェイラーズとの違いを出すために 1–2–3–4, 1–2, 1–2–3–4 beat なんだそうだ。

ミュージシャンでもないボクにはよく分からない。

良く分からないことを書いてるのは、ミュージシャンのブロ友さんが多いので、彼等ならパッと分かるからだ。

ま、とにかく聴き比べてみましょう。



Rockin' Robin Roberts & The Wailers - "Louie Louie" (1961)





Louie Louie - The Kingsmen(1963)





Wailers のヴァージョンは61年のアルバム At The Castle に収録されたが、3人のヴォーカルを迎えていて、若干15歳の女性シンガー Little Gail Harris も2曲で参加(Disicogs 情報による)。

ソウルフルな I Idolize You を演っていて、これが抜群にいいのだ。
アイク&ティナ・ターナーのアイクの作品。
















こんな可愛い顔をして、こんなにパンチの効いたソウルフルヴォイスの持ち主だったんですね。


















朝早いのは予約投稿です。

夜型人間のボクがこんな朝早く起きられるわけがいない。
スポンサーサイト



コメント

No title

おはようございます(^o^)


『ルイルイ』は僕が知っているだけで
イギー・ポップも演ってたし
https://youtu.be/ZhSFV_M1Hv8

フランク・ザッパも演ってたし
https://youtu.be/YIdxgG3dzdc

結構ミュージシャンのバラエティーに
富んでますよね。

フランク・ザッパは確か『ルイルイ』
には嫌な思い出があってトラウマに
なっていたからしつこく演奏していたと聞きました(笑)

No title

sho*ha*ng*5さん

この音源をアップなさった方の解説を読むと
ロバーツは、ジョン・レノンと同年齢ですね。

このレコードをリリースした
1961年当時

ロバーツの「ルイルイ」を聴いて
ジョンはどう思ったのでしょうか

1年後の1962年に
ビートルズは、デビューしたようですが...

ボケコメで<(_ _)>

No title

ケアベアさん、「ルイルイ」を演った人は数えきれないでしょう。
UKのビートミュージックの影響を受けずに、アメリカ独自で発展したのがユニークだと思います。

ザッパは全く知らないんだけど、そんなことを言ってるんですか。愉快ですね。

ナイス有難うございます~

No title

まりっぺさん、英国人のジョンが、Rockin Roberts ルイルイを当時聴いたとは思えないですね。
ローカルヒットだから、運良く誰かがそのレコードを手に入れて、リヴァプールのジョンのところまで持ってきたなら別だけど。
もし聞いたとしたら、有名になってから以後じゃないでしょうか。

ナイス有難うございます~

No title

WailersヴァージョンのLouieは分からないが、Paul Revere & Raidersのアンサーソング "Louie, Go Home" (シングル・ヴァージョンが見つからないので、TV映像で)
https://www.youtube.com/watch?v=2jM6ud38-9w

は、UKでいち早くカヴァーされている

Davie Jones & The King Bees - Louie Louie Go Home - 1964 45rpm
https://www.youtube.com/watch?v=NcKZl0EYhVI

The Who-Lubie (Come Back Home)
https://www.youtube.com/watch?v=rku49wH7XSQ

No title

おはようございます(^^♪

青空が綺麗ですネ🎵

とても勉強になります・・で僕が知るのは、Richard BERRY "Louie Louie" の方かなぁ・・
リチャード・ペリーは
フレアーズというコーラスグループにいたんだけど
かなり面白い存在だったんですね!
その後ソロになったんだけど・・

僕が知ってるのは60年代の終わりごろに、リチャード・ペリーのライブ盤があるんだけど、そこにジャームス・ブラウンがお客で来てたこと・・・

No title

weirdさん、おお~これはどちらも知りませんでした。
デヴィッド・ボウイも Pin Up カヴァーアルバムを出したくらいだから、色々聞いてたんですね。
フーも飛びついたとはびっくりです。
ビートバンド時代のフーは全部知ってるつもりでいたけど、まだ知らない音源があったとは。
ジャケが1stアルバムになってるけど、これはCD化されたときボートラで加えられたんですね。

No title

じゆんふさん、Richard BERRY の Louie Louie が日本でも知られるようになったのはずいぶん後になってからだと思うんだけど、キングスメンやポール・リヴィアとレイダースが流行った頃耳にしなかったんですね。
Richard BERRY のカリプソスタイルを、米国流ビートミュージック(まだUKビートミュージックは一部の米国人しか知らなかったはず)に仕立てたのは面白いと思います。

JBが Richard BERRY のコンサートに来ていたんですか~!

No title

めっちゃ良い天気で写真の腕前も最高ですね^^

マジでプロ並みです^^


音楽もmナイス!

No title

すごく綺麗な青空ね~('∀`)
何故、こんなに気温差があるのかしら;毎回、記録的な降雪量を
記録…(^_^;)
椿なんてまだまだ先だわ;暖かい場所へ行きたい~~!
Louie Louieはリズムパターンの拍子が違うのかしらね?
本当に色んな人が演ってるけどそれだけ魅力的な曲なんでしょうね~♪♪
Gail Harrisって15には写真でも見えないけど声もパワフルで
カッコイイわね('∀`)

No title

ゴールドさん、昨日の写真です。
昨日は天気が良かったでしょう~
空の青さも深みが増して綺麗でしたね。

ナイス有難うございます~

No title

joeyさん、昨日の青空は特に綺麗だったんですよ~青に深みが増して。

ミュージシャンのじょ~いさんが、そんなこと言わないでよ~(苦笑)
ただ聞き比べると、Roberts 版より Kingsmen ヴァージョンの方がテンポがいいですね。
UKビートミュージックの影響を受けずに、US独自に進化したビートヴァージョンなので、それだけでもアメリカ人にとっては魅力的なんだろうと思います。

Gail Harris の写真が15歳当時のものかどうかは分からないけれど、声は15歳の時のものです。
信じられないくらいパワフルでソウルフルですね。

ナイス有難うございます~

No title

青空みると、元気出ますね🎵

今日私も、不穏な雲見ました。。。
ちょっと不気味で、気になりますね。
(*_*)

No title

addisonさん、人間の精神にとって青空は必要不可欠ですよね。
青空を見てるだけで、憎しみも妬みも消えていって多幸感が広がります。

あら、いやな雲を見ましたか。
すぐ忘れましょう~

No title

こんばんはー!

おー!青空の写真、素晴らしいですね!

これからは、鳥と自然の写真ブログで行きましょう!(笑)

そういえば、養老孟司も鎌倉ですよね?見かけたことありますか?

No title

Ume さん、昨日の青空、綺麗でしたねえ~
梅の花と椿の写真も褒めてよ~(笑)

へえ~彼のことは噂にも知らなかったです。
有名人ならいろいろ住んでるから、イチイチ興味を持ったことがないんですよ~
昔の鎌倉文士なら、話はまた別だけど。

ナイス有難うございます~

No title

こんばんは!

ほんわかとする青空ですね~♪(・∀・)ノ

一枚は高くなるにつれて青みを帯びた空が素敵なお写真です。
日頃から植物を眺めることもないので、改めて美しいですね♪

Louie Louie!

本当に様々なインスピレーションとカバーを生み出した曲ですよね(笑)

一度、『Wailers』を聴く前に本家『Richard Berry』を聴いて
みたんですが、意外とセクシーですね。聴き比べると面白いですが、
キングスメンのカバーがビートバンド然とした形になってますね。

『I Idolize You』の歌唱は凄いですね(驚)そして
彼女の写真をみて更にびっくりでした(笑)(・∀・)ゞ

No title

ぶーさん、青空の写真、気に入ってくれて嬉しいですよ~
自然はほんとに美しいですね。

Richard Berry は古いタイプ、ちょっとだけ進化したのがWailersヴァージョン。
しかし、まだ古いR&Rから抜け出してませんね。
が、Kingsmenn ヴァージョンになると、新しいビートヴァージョンになってます。
ビートミュージックはUKで誕生したんだけど、彼らはこの曲レコーディング当時、まだ聞いてないはず。
つまりは、アメリカ独自のビートミュージックということですね。
凄いことだと思います。
ただ、このままアメリカで発展してもUKのような方向には行かなかったように思えます。


この15歳の少女、信じられない歌唱力ですよね。
この写真しかないので15歳の彼女かどうか分からないけど、こんな可愛いらしい少女の歌声だとは信じられないです。

ナイス有難うございます~

No title

ルイルイは、高校のときにマーチの曲として演奏したことがあって、思い出深い曲ですが、「ルイルイ」というのが、「ノエノエ」に聞こえて、ずっと「ノエノエ」だと思っていました(笑)。
なつかしい曲ありがとうございます!

No title

Mymbleさん、へ~アメリカのハイスクールでは当たり前のようにだれもが知ってた曲なんですね。
日本では必ずしもそうではんかったんですよ。

しかし「ノエノエ」って~(笑)

ナイス有難うございます~

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

showhanng55

Author:showhanng55
マイナーな60年代ビートミュージックと駄洒落、読書レビュー。

月別アーカイブ

全記事表示リンク

フリーエリア