FC2ブログ

記事一覧

寒い寒いとぶつぶ~つ言うのは止めようね・・・・The Boots

鳥ブログらしく、今日もお約束のメジロちゃんの姿からいこう。

























可愛く思えてきたヒヨの姿も。























山鳩(キジバト)は数日前からいつくようになり、近づいても逃げない。

妙に人懐っこいのだ。


ここんとこ、メジロ、ヒヨ、山鳩、雀、四十雀、カラスが一日中出入りして賑わっているので退屈しない。























昼間出かける用事があったので、今年初めてブーツを履いて外に出た。

もう30年以上大事に穿いているボア付きブーツだ。

大事にしてる理由は英国製だからだ。

舶来品に平身低頭していた世代の共通の性(さが)だと思う。


なんでこんな話を始めたかというと、西ドイツのバンド Boots を取り上げたいからだ。

64年~68年にかけてベルリンで活動していたそうだが、結構人気があったらしい。

CD4枚組の Nuggets II (Original Artyfacts From The British Empire And Beyond 1964-1969) に2曲収められているので知っている人は知っているはずだ。

欲しいんだけど、1万円以上もするので貧乏なボクはUで聴くだけで我慢している。

ナゲッツのボックスセットには収められていないが、このバンドがゾンビーズをカヴァーしていたのだ。

クールなゾンビーズのカヴァーは難しいのか、演っているバンドをボクはあんまり知らない。


ブログを始めた頃、手持ちのアナログを紹介した際、絨毯喫茶をイメージすると書いた I Remember When I Loved Her を演っていた。

中学だったか高校だったかの頃に、「絨毯喫茶」なるものが流行り、性に目覚めたボクは言葉から受ける印象で夜も眠れないくらい興奮したのだ。

学生になり、念願かなって覗いたら、絨毯を敷いてるので靴を脱いで上がる喫茶、というただそれだけのことだった。

こうしてボクの最初の青春の挫折が始まったのだった。


Boots のヴァージョンは頭の I Remember を取っ払ったタイトルになっている。



夜の怪しい「絨毯喫茶」を感じる本家 Zombies の演奏。




動く映像があったのでどうぞ。

この時代のお約束 Gloria です。

このバンドにはこうした感じが似合っている。








彼らのCDとボクが81年に買ったアナログ盤の写真。























スポンサーサイト



コメント

No title

シマエナガちゃんは函館山にもいるらしいわ('∀`)
私の好きなゾンビーズのカヴァーも置いていくわ~♪
わかりやすいけど;
Locos del Ritmo - No esta ahi
https://youtu.be/B2FUKUpdB08

No title

Shoさんのお庭だけ、
一足先に春が来ているようですね🎵
ヒヨ💕
「可愛く思えてきた(笑)」
充分かわいいですって(*≧з≦)

私もモコモコブーツはいてますよ。
(あっ、でも安物ですが…💧)
一回はいてしまうと、手放せないですね。

No title

じゆんふさん、ツグミ・・ひょっとしてつぐみちゃんという女性と何かあった~

グロリアの音は、この時代の先端をいってますよね。
ボトルを使ったギターの音。いわゆるブルースのボトルネック奏法とは違って、あっといわせます。

ドイツ語訛りというのか、分かりづらいんだけど、2曲とも英語で歌ってます。
ドイツのビートバンドのほとんどは英語で歌っていると思って間違いないですよ。

ナイス有難うございます~

No title

joeyさん、函館山にか~じょ~いさんちまではやって来ないんですね。それは残念。愛嬌があるのに~

こんな She's not there は初めて聞きます。
スペイン語になると、また面白いですね~
珍しいヴァージョン、有難うございます~

No title

addisonさん、春になったら、この鳥たちはみんな山に帰っていくんですよ~
冬で餌がないから人家にやって来るんです。
だから、春よ~来ないでくれ~(爆)

ヒヨドリ、意地悪だし、食べ方も下品なんだけど、可愛いのです~

もこもこブーツは、一度履くとホントに手放せないですよね。
女性はスカートだから、特にそうでしょう。

ナイス有難うございます~

No title

Joeyさんに続いて、
Italian version
Kings - ma non è giusto
https://www.youtube.com/watch?v=drztGwWQNdI

Polish version
Pesymiści - Mówiłem jej, że ją kocham
https://www.youtube.com/watch?v=hdI2niYxWWA

UKですが、突然変異的なカヴァー。当然未発…
The Doves - She's Not There
https://www.youtube.com/watch?v=PqheZQcc8U0

No title

weirdさん、全部聴かせていただきました。
言語が変わると何かが微妙に違ってくるんですね。
それに、どのバンドも間奏箇所に独自のギターアレンジを施してるし。
これは面白い聴き比べでした。

最後の Dovesって、2000年代の10年くらいに流行ってたバンドのことですか??

このヴァージョンは、独自性が強すぎて摩訶不思議です。
しかしとても面白い。
いろいろと変わったものが聴けて、満足です。
有難うございます~

No title

Doves 1968年のアビーロード録音で、アセテート音源ですね。
http://www.henryturtle.co.uk/image/the%20doves%20acetate%20pic.jpg

Texas発このカヴァーも好きです。
Kenny And The Kasuals - You Make Me Feel So Good
https://www.youtube.com/watch?v=CMrlsp8eIXk

No title

今晩は(^o^)


このゾンビーズの曲は忘れもしません。

間奏に入って来る何ともいやらしい
オルガンにプッと噴き出したんです
(笑)

でもこの曲が収録されたアルバムは
大好きです。

特にキーボードの演奏、つんのめる様なスリリングな走り加減がめちゃくちゃ
カッコ良くて
"この乗りを習得したい!"と一時期
研究してました。


あ、真面目なコメントしてしまったw
Σ(゚Д゚)

No title

weirdさん、68年の音ですか~
フロイドやクリムゾンが実験的な音作りに励んでた頃ですね。
このバンドも運が良ければ、歴史に名を遺したかもしれないのに残念なことです。

テキサスバンドのカヴァー、クールなゾンビーズに比較するとホットですね。
逆にゾンビーズの独自性が際立つように思いました。
ボクが知らなかっただけで、ガレージバンドも意外とゾンビーズをカヴァーしていたんですね。~!

No title

ケアベアさん、そうでしょう~
なんかもやもやした夜の雰囲気が醸し出されてくるんですよね。

ロック雑誌では、2枚目のオデュッセイを取り上げる評論家が多いと思うけど、Bigin The Here に
比べたらクソです。

で、このキーボードを研究してたんですか~センス抜群です。
だから、あんなに完成度の高いデモテープができたんですね。

ナイス有難うございます~
Time of The Season があるので、あんまり悪口は言いたくなんだけどね。

No title

まりっぺさん、ブルースの世界ではボトルネック奏法と言って、瓶の首を指にはめてスライドする演奏技術があるんだけど、子のギタリストの演奏は、それとは違って、特殊な音響効果を狙って使ってます。

鬘に見えましたか~(笑)

ナイス有難うございます~
とても独特です。

No title

いろんな種類の鳥ちゃんがやってきて愉快ですね~^^

余程居心地の良い場所なんですね^^

英国製のブーツも見てみたい~

音楽もナイス!

No title

ゴールドさん、山に食べ物が少ない時期だから、いろいろ家にやって来てくれます。
1日中賑わう日もあれば、そうでない日もあります。
この季節、居ながらにして野鳥を観察できるので楽しいですよ。

英国製のブーツは、ブログ初期に写真を載せたことがあります。

この西ドイツのバンド、とてもいいですね~

ナイス有難うございます~

No title

The Dovesには、結構有名な人々が…
(Ex-Outlaws)Harvey Hinsley ,Mick Underwood
(Ex-Hard)Terry Clark
Deccaのために録音するも、採用にならなかったようです。

US garageで最も有名なZombiesカヴァー?パスティーシュ?
Phil And The Frantics - I Must Run
https://www.youtube.com/watch?v=ZgDtyHdcwdc

No title

weirdさん、ジョー・ミークが手掛けていた有名なOutlaws ですね。
Hard の方はボクには分からないけど。
デッカって、ビートルズ以来、大漁を逃す傾向にあるようですね(苦笑)

USのバンド、これはコピーじゃなくてパスティーシュですね。
ゾンビーズの I Must Move を下敷きにしてるようだけど、歌詞が全然違います。
曲も雰囲気は似てるけど、やっぱり違います。
しかし、これはこれでチャーミングな曲ですね。

No title

訂正です。

Ex-Herdでした。

そして、最初のセッションは、Decca 1967年で、不採用。

二回目のセッションはEMIで、1968年。ここで、ヴァニラ・ファッジ風にShe's not Thereをアレンジしましたが、ここでも不採用。

そして、消滅…

No title

それにしてもいろんな鳥たちがやってくるんですねぇ。
やっぱりダンディの魅力に惹かれてくるんですねぇ♪(´ε` )
そして僕のとこには閑古鳥が鳴いている。。。(T ^ T)
閑古鳥ってカッコウのことなんですねぇ。
「カッコーの巣の上で」また見たくなりました~

舶来物って言葉久しぶりに聞いた気がします^_^
「品物は遠く異国から長く旅をして日本にやってきたんだよ」っていう感じがするいい言葉です

No title

のぶさん、ダンディの魅力には、鳥さんたちもイチコロなのだよ~

カッコーの巣の上、懐かしい~ほとんど忘れてるけど

のぶさんたち世代だと外国製品なんて溢れかえってたから、有難みなんてないだろうけど、ボクの子供頃まで、舶来品っていうだけで、平身低頭したもんです。
刷り込まれた習慣はなかなか消えないよ~(笑)

ナイス有難うございます~

No title

鳥さんたちの様子がかわいいですね~。
鳥たちって動きが早いから、なかなかいい写真がとれず苦労します。

絨毯喫茶妄想に笑ってしまいました。

グロリア、この演奏がこれまでで一番、グロリアっぽいと私も思います!
やっぱり同じ曲でも歌うバンドによって、全然イメージが変わりますね~。
私のはやっぱりヴァン・モリソンかなあ。
映画のOutsiderで、聞いたのが初めてなので、どうしても彼の演奏がしっくりきます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

showhanng55

Author:showhanng55
マイナーな60年代ビートミュージックと駄洒落、読書レビュー。

月別アーカイブ

全記事表示リンク

フリーエリア