FC2ブログ

記事一覧

南伸坊「仙人の壺」と Jimmy Page+John McLaughlin の共演




南伸坊の「仙人の壺」はすこぶる面白い。

中国の仙人譚(たん)や志怪譚に材をとった数ページの漫画とエッセイからなっている。


「中国の怪談には奇妙なものが多い。読んだ後にポンとそこらにほっぽらかしにされる気分です」


と、伸坊さんが述べているような奇妙な題材が16篇収録されている。

ぜひ手に取ってお読みいただきたいのだ。

どんな風に面白いかというと、こんな具合だ。(拡大すれば読めるようにしておいた)

























孔子が「怪力乱神を語らず」と言ったものだから、儒教が支配的となって以後の中国では、怪異譚が少ないように思われがちだが、そんなことはない。無数にある。

そもそも古代の中国人は、怪異を信じて生きていたのだ。


貝塚茂樹先生の本で学んだんだけど、古代の都市国家では四囲に壁を巡らせ、門を開いて出入りしていたが、戦争のとき、敵はこの門を目指して攻撃していたという。

門の開いてない壁には呪(じゅ)がこめられているので、祟(たた)りを畏(おそ)れて攻撃できなかったというのだ。

漫画「墨攻」を読んだ人なら攻城機が登場するので「?」と思うかもしれないが、あれは戦国時代の話。

貝塚先生の話はそれ以前の話だ。


美術館で古代中国の青銅器(主に祭具)を見たことのある人なら、青銅器に施された饕餮(とうてつ)文を見たことがあるはずだ。

これも魔物で、王の権威を高からしめるために祭具の装飾に使われたのだという。

中野美代子先生の本で、後に、龍の一種とみなされるようになったことも学んだ。





























蘊蓄が長くなった。

この際だから、音楽も蘊蓄しよう。

ブロ友さんからジミー・ペイジとジョン・マクラフリンが共演しているレコードがあるよ、と教わった。

それがこの Hairy One というバンド名義のフランス発売のレコード(4曲入り)。

リリースは65年。

ネットには簡単な記事しかないので、売り込みだったのか、フランスのレコード会社の依頼だったのかはっきりしないが、Bobby Graham という人がメンバーを集めたようだ。

この Bobby Graham という人は、一般的知名度はないが、業界人としては、とても有名な人らしい。

ジョン・マクラフリンは、ボクはマイルス・デイヴィスの「ビッチェズ・ブリュー」で知ったのが最初だったので、ジャズミュージシャンだと思っていた。

その彼がマハヴィシュヌ・オーケストラというバンドを率いてロックを演るというので「火の鳥」ともう一枚アルバムを買ったのだけど、元々がロック畑の人だったのはブログを始めるようになってから知った。

オルガンの Kenny Salmon も業界では有名らしい。

ベースとヴォーカルの人は調べたが分からなかった。

この当時はペイジもマクラフリンもスタジオミュージシャンだ。

一応 Discogs にあった紹介記事を貼っておきます。



One of Bobby Graham's attempts to impress the French record buying public.
The four tracks "Gloria", "It's My Life", "Get Off My Cloud" and "Ring Dang Do" were played by a stellar line up:
Bobby Graham; Jimmy Page, lead guitar; John McLaughlin, rhythm guitar; Alan Weighel, bass; Kenny Salmon, organ.
The singer was Ray Merill from The Joe Loss Band.
He modified his BBC tones for rock 'n' roll - his absurd Eric Burdon impersonation on "It's my Life" has to be heard to be believed.



ではお聴きください。

ゼムの「グロリア」です。





















スポンサーサイト



コメント

No title

こんばんはー!

門の壁に呪が書いてあって、攻撃出来ないとは成る程です。

思い出した話が、いつも立ち小便されて困っている民家の壁に、鳥居の絵を描いたら、されなくなったそうな。

呪は相手が気にすれば、成功ですからね。

ゼムのグロリア!若き日のモリソンですね!いまだに第一線なのだから凄い!

No title

umeさん、呪という文字を書いたり絵を描いたりしてたんじゃなく、念を塗りこめていたんです。
呪を恐れるのは、古代人の共通心理ですね。

ヴァン・モリソンも長いですよね~
去年も新譜を出したんじゃなかったっけ??

あっ、書き方が悪かったので誤解したんじゃないよね。
演っているのは、ヴァン・モリソンのいたゼムじゃないですよ。

ナイス有難うございます~

No title

Bobby Grahamは、Pretty thingsのプロデュースで有名ですが、Themにも、Baby Please Don't go、それからGloriaにも2ND ドラマーとして参加しているらしい…

Barclay Recordsノオーナー、Eddie Barclayが GrahamにLondonシーンをフランスに紹介してほしい、というので、一連のFrenchリリースが続いたそうです。

これもその一枚↓
The London All Stars - Stop The Drums
https://www.youtube.com/watch?v=wOyyuOXS3GI

No title

昔中国の怪談みたいなのを読みましたが、オチがなくてモヤモヤして本を閉じた記憶があります(笑)
三国志や西遊記も怪異めいた話が盛り込まれています。怪力乱神を語らないのは君子に任せておいて、大衆は大いに語っていたのでしょうね(^ω^)

No title

のぶさん、ボクは「聊斎志異」さえ読んでないので、分からないんだけど、オチがないというのは伸坊さんも書いてますね。
彼の場合は、そのもやもやがたまらない魅力なんだそうだけど。

そうですよね。大衆はどこの国でも怪力乱神が大好きですよね。

ナイス有難うございます~

No title

こんばんは(^^♪

南伸坊さんの漫画、エッセイは面白いですよね♪

貝塚茂樹先生の本も僕はよく読みました・・中国の町はぐるりと塀に囲まれて都市になっていますね。
ずいぶん前に中国大陸に旅行に行きましたが、天安門広場の大きいこと・・そのなかにある故宮はさらに気が遠くなる広さです・・

ページとマクラフリンの共演ですか?知りませんでした・・マクラフリンはトニーウィリアムスの初代ライフタイムで僕は知りました・・その後にマハヴィシュヌ・オーケストラですね!

No title

じゆんふさん、ホントにこの人の書くものは面白いですよね。
人間も面白いし。

貝塚茂樹先生はボクたち世代にとっては必読書でしたよね。
今の世代は読んでるんだろうか??

大陸に行かれたことがあるんですね。
いいなあ~
天安門広場ってそんなにでかいんですか~!
紫禁城のでかさも日本人の想像を超えてるんでしょうね。
ボクは中学の時から西域狂いだったので、一度は長安から西へシルクロードを辿ってみたいです。

春秋戦国の頃まで、中原の国々は都市国家ですね。

マイルスと別れた後、マクラフリンにはマハヴィシュヌの前があったんですか~!
それは知りませんでした。
ご指摘のバンドも全く知りませんでしたよ。

ナイス有難うございます~

No title

うーーーむ
ゆるゆるとした知的さが心地よい

No title

じゃむとまるこさん、伸坊さんの漫画もエッセイも、中身の怪談もゆるゆるで、読んでてとても気持ちがいいですよ。
超お勧め本です。

ナイス有難うございます~

No title

こんばんは!

南伸坊の「仙人の壺」....φ(・ω・ )メモメモ

目に見えないものを信じるという意味では、音楽とかも
そういう現象の一つかもしれないないですね(笑)この
伸坊さんの本も機会があれば読んでみたいです。

HAIRY ONES♪

いわゆるレコード会社の戦略だったんですね。ページだと
言われないとわからないですが(笑)貴重な音源ですよね。
ジョン・マクラフリンのギターだと『IN A SILENT WAY』でも
かなり浮遊感のあるギターを弾いてる印象ですが、以前に
こういうこともしていたのは意外な事実です♪ストーンズの
カバーもあったのでそちらも後で聴いてみますね♪(・∀・)ゞ

No title

ぶーさん、お勧め本です。
ゆるゆるした感じがたまらなくいいんですよ。

そうか~音楽も怪異現象と同じだったんだ~
言われるまで気づきませんでしたよ~!!

フランスのレコード会社の戦略だったみたいですね。
weird さんが今日紹介してくれた音源なんて、ペイジのギターとは思えないほど別人ですよ。

げっ、豆腐うまいど食らうどですね。
アバチャンに商標登録してるから使うんじゃないぞ~と釘を刺された駄洒落を言ってしまった(笑)
Uに上がってます。
4曲中この2曲が聴けます。

ナイス有難うございます~

No title

> sho*ha*ng*5さん

ゼム以外の「グロリア」は
初めて聴きました。

紹介ありがとうございます

No title

面白そうですね。
南伸坊さんは河合隼雄先生との対談しか読んだことがないですが
これは興味深い。図書館へGo!です♪

解説を『蛇足』とするのが、またいい!

No title

南伸坊のイラストはホッコリするし、これも面白そう('∀`)
桃源郷の話やこの時代の中国の怪談は少女漫画では藤田あつ子の
作品が美しいので読んで歴史を知りました~(笑)
怪異譚って結構あるのよね;
ペイ爺のスタジオミュージシャン時代って
すごく多いけど意外な組み合わせとか発見すると面白いわね♪
このGloriaもカッコいい♪

No title

Irisさん、1時間もあれば読み終わりますよ。
ゆるゆると、至福のひとときです。

蛇足には2重の意味が込められてますね。
本来の意味と足のある蛇という怪異。

ナイス有難うございます~

No title

joeyさん、絶対にお勧めです。
なんだか、ほんわかしてくるんですよね。
藤田あつ子ですか?
しない漫画家さんなので今度探して読みます。

スタジャン時代のペイ爺の音源には、後のZEPよりも優れているものが隠れていると感じます。

ナイス有難うございます~

No title

伸坊さんのこの本、おもしろそうですね。
私は中国文化全般に疎いですが、そんな私でも楽しめそうです。
饕餮は、なんだかいつも見るたびに、ちょっとドキドキするんですよ。
こういうモノに込められた意味を知ることが楽しくて好きです。

今回のグロリアは正統派な感じですね。
フランス語版もやっぱり捨てがたいですが。。。

No title

Mymbleさんも、伸坊さんを取り上げたことがありましたよね。
怪異譚だから、中国文化なんか知らなくたって楽しめますよ~
どの話も置いてけぼりにされたような、それでいてほんわかした気分になります。

饕餮文、じっと見てると不思議な気分になりますよね。

はい、正統派グロリアですね。
コンセプトが、当時の英国音楽(ロック)をフランスに紹介する、だったそうだから、ど真ん中です。
カナダの子供バンドとは違った意味で面白いけど。

ナイス有難うございます~

No title

おはようございます(^o^)


ジャズ聴きがメインの

(今や…怪しいですがw)

僕にとってはジョン・マクラフリンの
意外な一面を聴いてかなりビックリです
(@_@)

ここでマクラフリンについての記述を。

彼のギターフレーズは最初に5つの音のフレーズを、次に7音。
続けて5音のフレーズを弾く事が
特徴なんです。 5、7、5です。

因みに最初の5音は通称

『マクラ言葉』と呼ばれていますね。

(-_-)エッヘン

No title

ケアベアさん、ホントの話だと信じますよ~
5・7・5が基本だったんですか。
だから枕不倫宗匠と言われて High 9の世界では有名なんですね~
蘊蓄ありがとうございます~

ナイスも有難うございます~

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

showhanng55

Author:showhanng55
マイナーな60年代ビートミュージックと駄洒落、読書レビュー。

月別アーカイブ

全記事表示リンク

フリーエリア