FC2ブログ

記事一覧

星落秋風五丈原・・・・・The Cynics




「三国志」で一番人気がある人物と云えば、昔も今も諸葛孔明のはずだ。

しかし吉川「三国志」も、吉川「三国志」を忠実に漫画化した横山光輝「三国志」も、諸葛孔明を人知を超えた神格化された人物として描いており、人間諸葛孔明のことは分からない。

陳舜臣「諸葛孔明」は、虚像を取り去って、人間諸葛孔明を描いた小説だ。

膨大な資料と該博な知識を持つ陳さんだからこそ書けたのだと思う。


目から鱗だったのは、孔明の死に際しての「死せる孔明、生ける仲達を走らす」のくだりだ。

誰もが知ってる話は、死んだと思った孔明の車が蜀軍から現れて反撃の構えをとったので、孔明の智謀を恐れる司馬仲達が慌てて軍を返した、という吉川「三国志」の描写だと思う。

しかし陳さんによれば、魏国第一人者となった司馬仲達は、それ以上の成功は、魏王に疑われて身の破滅となるので、勝ちもしなければ負けもしない現状維持が身の安全を保つ最良の方策なので、孔明の車を見れば司馬仲達(彼のみは孔明の死を知っている)は戦うことなく必ず逃げるはず(つまりは芝居)、と自分の死後の撤退の方策を指示していたというのだが、4千年の昔から、権謀術数の宮廷政治が続いてきた中国人ならではの卓見で、さもありなんと思わせるのだった。

余談だが、卑弥呼が魏の国に使者を派したのは孔明の死の5年後のことだそうだ。



土井晩翠の「星落秋風五丈原」の印象的なリフレイン「丞相病あつかりき」が口をついて出たので、高校以来、この長編詩を読み直した。

読み直した結果、忠君愛国の士としての諸葛孔明が色濃く打ち出されていて、時代を感じたのだった。




正月3が日、穏やかな日和に恵まれたが、読書三昧で過ごしたのだった。


2日、あまりに天気が良かったので、稲村の海まで出かけ、富士山の写真を撮ってきた。

適度な波があり、サーファーが出ていた。

メジロも毎日来ている。





























今日4日目、初詣に行ってきた。

生き返ってきてからというもの、大吉の神籤を引く回数が多くなった。

今年も大吉だ。

なのでお裾分け。























正月第1弾目の記事だから、品行方正なボクらしい映像で2018年の幕を開けるとしよう。


Cynics - Creepin' です。



真面目な映像過ぎてつまらなかったかな??(笑)





















スポンサーサイト



コメント

No title

こんばんはー!

んー、新年の挨拶はしましたっけね、既に記憶にないですよ(笑)

明けましておめでとうございますー!
本年も宜しくどうぞーー!

てな、訳で正月は賑わう小町通り!まぁ、凄い人でしょうね(笑)

今年ものんびりな更新でネタギレなので面白くない記事を連発しますが、宜しくお願い致します!!

で、エロいPVやないか?!

No title

umeさん、新年の挨拶は今年は抜きでいいんですよ。
4日目の今日出かけたら、ごった返してましたね。
入ろうと思って店がどこも並んでいたので、10数年ぶりに「ひらの」に入りました。
ラーメン屋の。
偶然席が空いてたんですよ。

えっ~!
エロいPV~!!
おかしいなあ・・・ボクのPCからだと女の子の裸しか見えないんだけど・・~

ナイス有難うございます~

No title

今年もよろしくお願いします!
大吉すごい‼( ̄▽ ̄)ですね。

同じ日に別の角度で富士山を見ました。
天気のいい日でしたね。
穏やかな年始、今年1年がとてもいいスタートが切れたようで嬉しいです。

No title

addisonさん、こちらこそよろしくお願いします。
大吉御籤、気持ちがいいですね~

2日は、都内からも綺麗に見えたでしょう。
都内各所に富士見坂という地名が残ってるけど、江戸時代までは、あれ、全部、富士の見える場所だったんですよね。

ナイス有難うございます~

No title

こんばんは!

shoさん♪本年も宜しくお願いいたします<(__)>

年が明けて拝見する富士山の姿は一段と清々しいですね。
穏やかに過ごされていたのが写真からも伝わってきます♪
もうサーフィン(驚)気温に反して海水の温度は意外と
暖かいんでしょうね。

自分は諸葛孔明という名前は知っている程度なんですけど、
三国志の歴史背景を知らなくても、読んでみたい気持ちに
なりました。

Cynics♪

>真面目な映像過ぎてつまらなかったかな??

いえいえ~♪このPV最高でしたー!(☆∀☆)ノキラ~ン(笑)

むしろ80年代のガレージ・バンドの方が好きな音楽を
率直に表現してて、この辺のガレージシーンのバンドも
探って聴いてみたいです(・∀・)ゞ

No title

shoさん、こちらからもよろしくです!

そんなにサーファーがいるんですね。
冬とか関係ないんだな~

富士山を見るとテンションが上がります。
日本人なんだと実感します。
メジロちゃ~ん!(*^▽^)/★*☆♪

No title

今年もよろしくお願いします( ̄Д ̄)

大吉ひいたとですか・・じむこは明日初詣に行くので大吉をひけるようこれからトイレ掃除をします
いつも小吉しか引けないんです・・(´・ω・`)
大吉の印がJALのマークに見える

富士山見れて海みれて大吉って・・今年はいいことしかないような年明けですね~

No title

秋風五丈原。
三国志後半のクライマックスシーンですね!!
司馬懿の成功にはもちろん彼の才覚もありますが、何よりも長生きしたこと。国内外のライバルが次々と死んでゆく中、彼は生き続けてやがて彼の子孫が晋国を建てる礎を築いた。最終的に三国志の勝者は司馬一族だったかもしれませんね。
呂布の驍勇も諸葛亮の知略も命あっての物種です。とゆうわけで、僕も健康に気遣おうと思います(笑)
健康といえば、曹操に惜しまれながら夭逝した郭嘉が好きです^_^

No title

明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

ま、まじめや~!
お正月だからshoさんの本質が見えちゃった!!!
こんなに寒いのにサーファーがいっぱい、びっくりしました。

富士山、お正月気分が盛り上がります、ありがとうございました

No title

のぶさん、おお~この辺の話が分かる人が来てくれたので嬉しいよ。

最終的には司馬懿の孫の司馬炎が魏を乗っ取るので、司馬仲達が勝者なのかもしれませんね。
郭嘉はボクの中ではあまり印象に残ってない人物だけど、知略から言えば孔明や龐統に負けず劣らずでしょう。
ただ何よりも曹操やその息子の曹丕という傑物を出した魏が、いったんは覇者となったのは当然だと思います。

のぶさんも夭折しないで長生きして覇業を成し遂げてくださいね~

ナイス有難うございます~

No title

じゃむとまるこさん、今年もよろしくお願いします。

あの映像、そんなに真面目だったか~
ボクの本質を見破られたとは悔しいなあ

サーファーは真冬でも海の中に入っていきます。
すごいですよねえ・・

富士山、そっちからは見えないんですよね。
正月気分が盛り上がっていいでしょう~

ナイス有難うございます~

No title

流石中国の歴史は古いですよね
その時代に日本はまだ卑弥呼だとは。。
三国志の魏志倭人伝がその証ですものね
でも日本の書に卑弥呼のことは何1つ記されてないはず。。
卑弥呼が本当に居たのかは疑問が残りますね。。
「親魏倭王」神秘的です

No title

穂 花さん、中国の史書にあるってことは間違いなく、邪馬台国はあったということでしょう。
北九州説と畿内説に日本の学界では2分されているけど、ボクは北九州説を支持します。
邪馬台国が熊襲との争いに負けて、山陰伝いに大和地方に入り、根を下ろして大和朝廷の元になったとの説があるけど、ボクはこの説も支持します。
理由は、出雲に残る国譲りの神話(これは武力征服されたということでしょう)、ヤマトタケルノミコトの熊襲退治と天孫降臨が九州一の高山、高千穂に擬されていることです。
3,4世紀の日本の状況で、大和から果てしなく遠い九州の熊襲や高千穂が叙述されているというのがその理由です。

No title

きょうは新年に相応しい感じの記事ですね~^^勉強になりました。

海の写真も何だか真夏みたいです^^

音楽もナイス!

No title

> sho*ha*ng*5さん

2枚目の富士山の写真
このお姿を拝見すると
手を合わせてしまいます

紹介ありがとうございます。

No title

諸葛孔明って他の挿絵で見ると凄い美形が多いけど
実際はこんな表紙の顔だったのかしら;
富士山もドーンと立派だし海の写真もキラキラして綺麗ね('∀`)
でもメジロちゃんが一番可愛いかな♥
私は今年、吉だったわ;大吉ひいてみたい~!
今年一発目がThe Cynicsとはイイわね♪♪

No title

陳舜臣さん、僕も一杯読みましたねぇ~
ことわざの語源を検証した本は楽しかったなぁ♪

圧巻とか青天の霹靂とかを優しく解説していた・・
あの頃の中国読みがまだ日本では残ってるとも言ってましたねー
諸葛孔明はもう伝説ですね!でも色々調べて本出す人だから信用100パーセント・・

富士山綺麗だぁ~

でこの真面目なサイケバンドCynics - Creepin'
良い感じですよ・・・見てると目がグルグル回るよ(笑)

No title

明けおめです。今年も宜しくお願いしても良いですか?
三国志は、全く読んでいないから、わからないです。昔、スラッシュメタルな友人が読んでました。
映像は、やらしいのかやらしくないのか、品行方正な私にはわかりかねます(笑)

No title

とりあえず今年の目標の一つは「三国志」の漫画を読了に決めました。
ベースがわかっていないとやっぱり駄目ですね~。
いつかこの本にも挑戦できたらいいのですが。。。

一つ言えることは、子供のいるとこで動画見なくて良かった(笑)。
たまに「Shoさんのブログだよ~」と言って写真とか見せているので。
サイケな動画ですが、80年代のバンドだったんですね。

ゆーみんの歌に「真冬のサーファー」ってのがあったと思いますが、
聞いたときは京都に住んでいたので、なぜ冬に?って思っていましたが、この写真見て納得しました。

No title

Mymbleさん、漫画よりも吉川英治の文庫の方が手に入りやすいかも知れませんよ。
小説読みの方だから、読みだしたら夢中になるので気をつけてください。

え~お子さんも時々見てる~!!
じゃあ注意して動画を選ばないと、今度会ったときエッチなおじさんと言われかねないな(笑)
ただ、そんなにいやらしい動画だとは思ってないから貼ってるんだけど(苦笑)

80年代から、こうした音のバンドが本格的に登場してきますね。
勿論70年代にもあるけど、ごくわずか。
ここ4,5年くらいは、こうした音の方が主流になった観があります。

ゆうみんにそういう歌があるんですか?
たしかに、現場を見ないと分かりづらいでしょうね。

ナイス有難うございます~

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

showhanng55

Author:showhanng55
マイナーな60年代ビートミュージックと駄洒落、読書レビュー。

月別アーカイブ

全記事表示リンク

フリーエリア