FC2ブログ

記事一覧

とおりゃんせ・・・・The Riots

今日のメジロちゃん。

風が強かったので、頭の毛が逆立って可愛いらしい。




















砂浜に降りる階段下まで打ち寄せる波。

21世紀になるまで、台風のときでさえ、めったにここまで打ち寄せなかったが、いまじゃあ満潮になると普通に押し寄せてくる。

地球温暖化で極の氷が溶けだし、海水面が上昇しているのを実感する。




























冬だというのに、蜘蛛がまだ巣を張っている。




























この季節、陽光の作る陰影にハッとさせられることが多い。

そんな風景を。
























こんな絵を見せられると、サイケだな~と分かったあなた~当選です。

だけど、ボクはひねくれているので、とおせんぼをするのだ。

60年代ガレージ風味たっぷりの曲で、Tell Me Tonight。











バンド情報がないので何も分からないが、2004年リリースの Love After というアルバムに収録されている。














スポンサーサイト



コメント

No title

メジロちゃんの逆立った髪?!
かわいいですね🎵(* ̄∇ ̄*)

段々と砂浜が無くなってきます。
昔海水浴をした海岸でも、久しぶりに行って見ると驚くほど、内地まで波が来ます。
怖いです。

私の地元では、テトラポットの設置により、潮の流れが変化して砂浜が無くなっています。

自然に手を入れると、結局は人に跳ね返って来ますね。。。

No title

メジロの子、そこのけそこのけお馬はキタサンブラック。

このバンド、2004年に、こんな音出してるんですね(笑)今ならば良かったのに。

少しは時代感を誤りましたね。

ところで、蜘蛛は冬でも巣を貼りますよね?

No title

addisonさん、風で逆立って、とさかみたいになった髪、可愛いらしいでしょう~

人工物設置で潮の流れが変わって砂浜が消えるケースもあるけど、今起きているのは明からかな潮位の変化です。
シベリアの永久凍土やアルプスの氷河も消えつつあるということなので、この先どうなるのか??

ナイス有難うございます~

No title

メジロちゃん、風に向かってすっくと立ってかっこ可愛い♪(*´∀`*)

冬の海は見たいけど、寒いからshoさんのところで見ます♪
ホントだ!蜘蛛の巣がある・・・(゚Д゚)

確かに、今なら売れるかも。

No title

Riotsは、2002年結成?のデトロイトのバンドです。
Dawson夫婦が中心ですが、バンド内部の問題があり、休止中?

リンク先にあるのは、ギリシャのジン、Lost in tymeのサンプラーCDですね。

No title

メジロちゃんモヒカンでかわいい('∀`)
波の輝き方なんて、ステキに撮れてるじゃない~♪
この曲も好きだから、彼等のアルバムより Lost In Tymeのシリーズ
集めたいな~♪♪

No title

メジロちゃんもフルーツ食べて御機嫌そうですね~

本日の写真も自然の偉大さが伝わる素晴らしい写真です。

音楽もナイス!

No title

Irisさん、風に負けずに立つメジロちゃん、逞しくて可愛いらしいでしょう。

冬の海、こっちではそんなに寒くはないんですよ。

蜘蛛の巣、ウメさんは冬中あるようなことを言ってたけど、そうだったかなあ??
今年の冬、確かめます。

今は、むしろこうした音の方が主流になっていて、ボクなんか戸惑うばかりです。

ナイス有難うございます~

No title

weirdさん、デトロイトのバンドですか~
DICOGSにはリリース咲USAとしてこの写真があったけど、ということはUSAでは別のジャケなんですか?
ギリシャはこの分野では、世界の先端を走ってるみたいですね。

Uの映像、何だろうと思ったらこの曲が収録されたコンピvol 3 のジャケなんですね。

No title

こんばんは!

メジロちゃん(・∀・)ノ

写真でもそれが伝わってきますけど、実際は小さくて
なおさら可愛らしいんでしょうね。風が吹いた一瞬で
しょうけど、ナイスなショットを撮影されましたね♪

the Riots!

今のところ自分は落選ですね(笑)けど聴いた後に再び
拝見すると、何となくそう見えてくるから不思議です♪
無調に鳴り響くオルガンがイイです♪本当に00年代の
バンドとは思えないくらいガレージな音ですよね。

個人的にピンクの服の女性もこっちを向いてほしいな~♪
とは思いました(笑)(・∀・)ゞ

No title

こんばんは(^^♪

冬の蜘蛛は何か力強く不気味だ^^

このバンドのチープなオルガンの音が好きだ・・
そして投げやりで臭いホーンも良い!
2人の女の子はバックコーラス?謎だ・・・
もう一つの画像は男性3人女性1人・・・ますます謎だ・・

そして海の荒れ具合がちょうど良い感じですねー♪

No title

じゆんふさん、冬の蜘蛛って普通でしたっけ???
今年の冬、観察します。

そうそう、もうひとつの画像では女性は1人しかいないんですよね。
ネットに記事がないので何も分かりません。

風の強い満潮時だったので、ここまで波が押し寄せてました。20世紀は考えられもしなかったことです。

ナイス有難うございます~

No title

Riotsは、もうありません。
Rayan(ギター)とCasey(ベース)のDawson夫妻は、Duoで演奏しているようですが、音のタイプは違うようです。(Rayanはひげもじゃになっていた…)

Riots時代も夫婦はコアですが、メンバーは色々と変わっています。アルバム時は、ジャケの四人です。この時期は、オルガンのSara Bibbleが参加していました(白い服の女性)。

この時期は、UnderdogsやRationalsの影響を受けていたようです。デトロイトのイメージがMC%やStoogesだけではない、というのがモットーだったが、なかなかうけいれられなかったとか…なるはど。

60年代風の音を出すために、Freddy Fortuneのスタジオで録音し、かれの自主レーベルで、このアルバムを出した、というわけです。

No title

Freddy Fortuneは斯界では、有名な人ですね。
Fortune & Maltese and The Phabulous Pallbearers - i found a new love
https://www.youtube.com/watch?v=yaDHhMGKr00

そういえば、梶井基次郎の「冬の蠅」に蜘蛛の雪迎えのことが書かれていました…

No title

温暖化といえば、世界一の人口密度のバングラデシュも海面上昇で陸地が徐々に海中に沈んでいるそうです。神戸は瀬戸内なので、あまり実感はないのですが、でも詳しく見ていると少しずつ海岸線が陸地に入りこんでいるのかも。。。

陽光の描く影、面白いです。
季節ごとに太陽の描く軌道も異なるので、同じ物体の影でもまた違った顔を見せてくれます^^

No title

> sho*ha*ng*5さん

4枚目の写真の陰影
印象に残ります。

でも、この構図にカメラを向ける
sho*ha*ng*5さんにナイスです。

紹介ありがとうございます。

No title

テクノヘアーのめじろちゃんですね
明日はやっと仕事納めでーすヽ(*^ω^*)ノ

No title

weirdさんおお~詳しい記述ありがとうございます。
例の500ページもあるという大著に記載されていたんですか??
アマゾンで注文したほうが良さそうですね。

No title

weirdさん、このバンドはお初だけど、デトロイトでは確固とした人気を誇ってるみたいですね。
こうしたローカルバンドが長年息づいてるところがUSの懐の深さなんでしょう。
もっとも、パンクファンのブロ友さんのとこを訪ねると、80年代の日本のパンクバンドの最近のライヴレポートがあるので、日本の懐も深くなったんでしょうね。

風に乗って飛ぶ子蜘蛛の話ですね。
一度、NHKのドキュメンタリー番組がその瞬間をとらえたことがあって、初めて見ることができたけど、あれは神秘的です。

No title

穂 花さん、テクノヘアか~(爆)
そんな言葉そのものを忘れてましたよ。

おお~1年間、お疲れさまでした。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

showhanng55

Author:showhanng55
マイナーな60年代ビートミュージックと駄洒落、読書レビュー。

月別アーカイブ

全記事表示リンク

フリーエリア