FC2ブログ

記事一覧

有馬記念、当たったよ・・・ The Spencer Davis Group





有馬記念、予想通りマックィーン馬券がきましたね。

ボクの予想に乗った人はお小遣いが稼げたと思う。

ホッとしたよ。



だけどなあ~~馬連で31倍にしかならなかったんだよね。

馬連2-3に大枚1000円もつぎ込んだのに、3万1千円じゃあハワイに行けない。

ハワイ旅行を楽しみにしていたブロ友の皆さん、すみません。中止です。












欅の枝が太くなったので、4本切り落とした。

電ノコもプロが使う立派なノコギリも持ってないので、ぼろノコギリを使い、丸2日もかかってしまった。

素人仕事だから仕方あるまい。



2本を切り落としたあとの写真。太い枝がまだ2本残っている。















最後の2本も切り落としてすっきりした写真。






















娘のようなブロ友のお嬢さんから、スペンサー・デイヴィス・グループのモッド・ジャズを教えてもらった。

こんなすごい曲があったなんてびっくり。








SDGは、ビートミュージック再評価の機運が高まったごく初期から取り上げられていたので、90年代に発売された写真のベスト盤CDはいまさらと思って買わなかった。

手に入りやすいこのベスト盤で聴ける。



67年の I'm a Man のシングルB面曲はほとんどの国で I Can't Get Enough Of It だが、 ニュージーランドのみ、Waltz For Lumumba がカップリングされたようだ。

68年、Here We Go 'Round The Mulberry Bush という映画で使われたとき Waltz For Caroline と改題されている。

映画を観ていないので推測だが、映画に登場する少女たちの1人、Caroline のテーマとして使われたのだと思う。

映画のサウンドトラックがリリースされていて、ウィンウッドのトラフィック結成時期と重なるので、両者名義になっている。

アルバムに収録されたのはこの時が最初のようだ。



ウィンウッドの後釜に Eddie Hardin という人が加わり、バンドはも少し存続するが、新生SDGの With Their New Face On というアルバムに似たようなテイストの曲、Alec In Transitland が収録されていた。

Waltz For Caroline に比べると、こちらの方がジャズっぽいので、評価は分かれると思うが、ボクはどちらも好物だ。





























陽の当たった木瓜(ぼけ)の花。




スポンサーサイト



コメント

No title

こんばんはー!

おー!三万も!ハワイは諦めて赤坂飯店で忘年会しましょう!

僕もロト6とナンバーズを買いました!

当たったら常磐ハワイアンセンターに招待しますよ!

ウィンウッドは好きなんですよ!トラフイックも好きです!スペンサーになるとあまり聴いてないんですよねぇ(笑)

今日は女の子との分刻みのデートで忙しかった😁

No title

umeさん、赤坂飯店、いいですねえ~
後は年末ジャンボ期待です

好みの問題だから。どっちでもいいんだけど、スペンサー時代の天才少年ぶりはいいですよ~!

最後の1行、そんな見栄を張るところを見ると、ボッチだったのね~イヴだというのに・・・可哀そう

ナイス有難うございます~

No title

有馬記念、おめでとうございます🎵
1000円が30000円になるミラクル❗
スゴイです。

庭の手入れ、ご自身でなさるんですね。
これまた、スゴイです。
(*^^*)

No title

ウわぁ!凄い凄い!
メジロがキターーーーーーーー\(^o^)/
奥村チヨの″ゴメンねジロー”とか言ってる場合じゃないじゃないですか!
31倍とはやったねshoさん♪
なんで1万円買わなかったの! 31万円になったのに~
常磐ハワイに行けたじゃあ~りませんか(笑)

クリスマスが大盛り上がりの1日になったね

ぼけの花が可愛いです
写真のピントが合ってナイス☆

凄く切りずらそうな太い枝を2本切って大変でしたね
腕が筋肉痛になったのでは?
お疲れさまでした

No title

おめでとうございます!

今回は常磐ハワイアンセンターに集合ってことで♪

これ、かっこいいですね。
ジャケットだけ見たら、ハワイが似合いそうだけど
音を聴いたら、シカゴかニューオリンズだわ(雰囲気だけね~)
オサレ!

No title

3万は大きいですよ・・・
でも金額より当てることが楽しくてやってるんですね

その3万円は土日を捨てたワタシのバイト代に相当します この事実をどうおもわれますか( ̄Д ̄)!!

まぁワタシも見学を兼ねてのバイトなんでいいんですけどぉ

おめでとうございます
3万円でまた馬買ってください♪

No title

事務子ちゃん、そうか~2日分のバイト代になるのか~
だけど聘珍楼に2人で行ったら、一回分の食事代なんだよね。
数寄屋橋次郎に行ったら、イカタコしか食えないだろうな
予想がピタリと中ると、嬉しくて、だから競馬って止められないんだよね(笑)
ま、普段は100馬券で遊んでるから。

ナイス有難うございます~

No title

馬券当たったんですね~おめでとうございます~年末に3万GETで色気も31倍だから色々楽しめますね^^
丸太切りもお疲れ様です~
音楽もナイス!

No title

ゴールドさん、あんないい加減な予想と思われるかもしれないけど、サイン馬券って、結構当たるんですよ(笑)
今回のサインには結構自信があったので、2,3着が写真判定になったときはハラハラドキドキしました(笑)

こういう音、かっこいいでしょう~

ナイス有難うございます~

No title

事務子ちゃん、え~それはひどすぎる。
政治が悪いんですね。
もっと働く人の身の上になって考えないと・・。

聘珍楼は中華街でも一流の店だから、夜に行くとそんなものです。
だけど、都内の有名店でステーキを頼んだら、おひとり様3万円でも足りないかもしれませんよ。
世の中狂ってます。

おやすみなさい~

No title

獣医さんの待合室でレースのもようを見ていました、騎手は武豊さんでしたか、見事逃げ切りましたねキタサンブラックって北島サブローさんの馬なんですね~なんぼほど設けるんだと思いますが・・・
サラブレッドはほれぼれする美しさです。

No title

こんばんは!

おめでとうございます!(≧∇≦)ゞ

結果としてホッとされたようなのでよかったです♪

そして『Waltz For Lumumba』(☆∀☆)ノ

これはまりっぺさんのところで聴かせてもらいましたけど、
カッコイイですよね~♪作品に触れる機会がなかったので
聴き逃していたんですが、先日2枚組のベストアルバムを
ゲットしました。新生SDGの『Alec In Transitland 』も
よりオルガンジャズみたいでナイスですね!

とりあえずゲットしたアルバムから楽しもうと思います(・∀・)ゞ

No title

昨日有馬記念だったんですね。
道理で場外馬券売り場に人が多かったはずです。
木瓜の花、きれいですねぇ。
冬の寒空に灯る明かりのようです^^

No title

> sho*ha*ng*5さん

「Waltz For Lumumba」が
「Waltz For Caroline」とも
タイトルになっているのが
わかって スッキリです。

また、「Alec In Transit Land」
ナイスな曲です。

紹介ありがとうございます。

No title

ぶーさん、予想を公開したので、当たってくれて嬉しいです。

そうそう~まりっペさんに教わった曲です。
普通のアルバムには収録されてなくて、ベスト盤い収録されていたので、知らずにいました。

2枚組のですか~聴きごたえがありますね。

Alec In Transitland もオルガンジャズだけど、こちらの方がよりジャジーですね。

ナイス有難うございます~

No title

まりっぺさん、こんな素晴らしい曲があったなんて知らなかったので、教えてくれてありがとう。
大好物なので、あれ以来欠かさず聞いてます。

Lumumba が Caroline に改題されたのは推測だけど、多分その通りだろうとお思います。

ナイス有難うございます~

No title

3万当たったらお寿司食べに行けるわね('∀`)
やった~~~
これイイわね♪私にこの盤を当たりで買って♥

No title

一万円で買ってくれたら良かったのにー!
私はボーナス全部つぎ込めば良かったと後悔

No title

joeyさん、寿司は息子が魚嫌いなので、焼き肉にします(笑)
いいでしょ~どっち??って聞かなくとも分かるけど。
Zooを手に入れたママちゃんが気に入ると思う。

こんな安いCDでご祝儀は良いだなんて、謙虚だなあ~だから好きよ(爆)

無事のお帰り、お疲れさまでした。

No title

穂 花さん、一時期はボクもそんな買い方をしたけど、ギャンブルで家を建てた人はいない、です。
競馬を長く楽しもうと思ったら、100円馬券で遊ぶのがイチバンです。
1000円もつぎ込んだのは10年ぶり。
公開予想にしたから、奮発したんです。
当たって良かった~

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

showhanng55

Author:showhanng55
マイナーな60年代ビートミュージックと駄洒落、読書レビュー。

月別アーカイブ

全記事表示リンク

フリーエリア