FC2ブログ

記事一覧

ジェイムズ・ブラウン日本人説を追う

写真に凝り始めたので、テクニックを使ったら面白い写真が撮れた。













どうだ~芸術的だろう~本当は手振れしただけなんどけね(笑)













写真が余ったので、いくつかお見せする。








出てまいれ 洞(うろ)に隠るる 胡乱(うろん)なやつ
 








薄(すすき)原 腹に優しい 薄き茶よ








紅葉(もみじ)狩り 借りた金さえ 黄泉路(よみじ)かな


















wiki を見ると、JBは両親ともに黒人だと言ったり、ネイティヴ・アメリカンと中国系の血が入っていると語っているそうだ。

His parents were both black; in his autobiography, Brown stated that he also had Chinese and Native American ancestry.


日本語のウィキでは「父はアパッチ族インディアンで、母はアフリカ系黒人アメリカ人とアジア人の系統である」と記されている。

一方、来日したとき、自分には日本人の血が流れているとリップサーヴィスしたので、リップサーヴィスを真面目に受け取る日本人の美徳から、彼には日本人の血が流れていると信じて疑わない人も多い。


ボクは過去に一度、JB日本人説を調べたことがあり、彼には日本人の血が確かに流れているのを証明した。

しかも、東北人の血だと特定までしたのだ。

少年院に送られたこともあるワルガキ時代の過去を振り返って「まんず、まんず、悪童(わるどう)」と歌っているのを発見したからだ。

今日では Man's Man's World と英訳されて、広く知られている。



これだけなら偶然の一致ということもあるが、もうひとつ決定的な証拠を見つけたのだ。

81年の Montreux フェスで Try Me を歌ったときの出来事だ。

西欧人聴衆に向かって、Thank You と謝礼を述べた後、わざわざ日本語で「ありがとう」と述べているのだ。

西欧人の間に「ありがとう」という日本語が浸透する以前の話だ。

西欧人相手にもかかわらず、つい日本語が出てしまったと解釈するのが自然だろう。

3分42秒あたりです。


















スポンサーサイト



コメント

No title

ほんとだ、知らなかった、やっぱり、すごいですねshoさんは、今までの無礼をお許しください🎵

JBは、やっぱり、良いです!

No title

おぉ('∀`) 手ブレの光線が偶然にしてもいいじゃない~♪
今日は写真にも芸術性を感じられるわね♪
Man's Man's Worldって東北訛りの歌詞だったんだ~♪
ありがとうって本当に言ってるのを発見した執念がすごいわ~('∀`)
つい日本語が出てしまったと解釈するのが自然って嘘臭くていいわね(笑)

No title

今晩は(^o^)


知ってましたよ〜!!
(^o^)/


JBはいわゆる『庶民派』でした。

日本のサラリーマン、即ち勤め人には
非常に優しく肩入れしていました。

なので曲中で

『下郎っ派! 下郎っ派!』

と会社でコキ使われている人々に向けて

"オレはお前たちの味方だよ"
と熱いメッセージを送ってましたね
(*´∀`)

No title

tomozoさん、おそれいったか~(爆)

JBは、ボクたちブラックミュージックファンにはたまらんですよね~

ナイス有難うございます~

No title

joeyさん、手ぶれなんだけど、プロが獲ったみたいな写真になったでしょう~(笑)

今日は~って、ブンジボッカクを友としているボクは何時でもゲイ・・・何を言わせるんじゃい~(爆)

第2の証拠を見つけた時は、自分でも震えましたよ~世紀の大発見だって~!

嘘臭い・・・って

ナイス有難うございます~

No title

ケアベアさん、「下郎っぱ」だったのか~~
いや~それは知りませんでした。
上には上がいるもんだなア~尊敬

ナイス有難うございます~

No title

こんばんはー!

ほんとだ、、ありがとう。と言っている、、プリンスみたいですよね!いかに影響を受けたのか分かりますね。

かっこいいなぁ、JB。

ゲロッパとリビイングインアメリカ位しか知らないもんなぁ、、

日本のJBことshoさん!尊敬しますよ!
Japaneseボケ親父の略だけど!

No title

こんばんは!

まさに偶発的サイケデリック・ショット♪(・∀・)ノ

でも坂の向こう側に海が見える所って素敵ですね~♪
名句?と共に駆け巡るお写真もそうですけど、何より
あのJ・Bが東北のジャイアンだったとは驚きです♪(^ω^)

因みに自分は本家のJ・Bではなくて、MC5がカバーした
『it's a Man's Man's World』でこの曲を知りました♪

https://youtu.be/JjI0hMbUjvg

本当に『ありがとう!』って言ってましたね(笑)けれど
この映像のJ・Bセクシーでカッチョイイですね~♪(^w^)

しかし今日はこれを発見してきたshoさんの
愛情とユーモアに乾杯です♪(笑)(・∀・)ゞ

No title

umeさん、こら~!
ボケには突っ込みがペアだから姉さんにいつもペアにされるんだぞ~

この機会に、ファンクでないJBも知ってください。
ほんとに涙が出てきますよ~

ナイス有難うございます~

No title

写真が綺麗❗
手振れ(笑)言わなきゃ分からないのにぃ
(  ̄▽ ̄)
「うろ」の写真は、タイ・アユタヤを彷彿させますね~。

「ありがとう」言ってますね~。
何故だろう、、、
不思議な感じがします。

No title

ぶーさん、MC5は聴かずにスルーしてきたバンドなんです。
なので彼らのこのヴァージョンも初めて聞きました。
凄い迫力ですね~
JBとは違った意味で素晴らしいと思います。

このときのJBは、ボクがUで見た限りではイチバン充実してます。
DVDが欲しんだけど、日本では見られないヤツだろうから、日本でも見られるDVDを発売して欲しいです。
Uでは細切れにしか観れないから、全部見たことはないんです。
実はこの時の It's a Man's Man's World が最高なんですよ~Uで見れます。

手ぶれ写真、プロカメラマンのテクニックって感じがするでしょう(爆)

ナイス有難うございます~

No title

addisonさん、ははは~正直だけがボクの取り柄。
嘘のつけない性格だから~

南の国にいくと、こういう木がありますよね。
アユタヤにもいらしたことがあるんだ。

「ありがとう~」・・・JBは70年代に何度か来日してるので、そのとき覚えて気に入ったんでしょうね。

ナイス有難うございます~

No title

本日の写真は芸術の秋を感じますね~テクニックを使った写真も素晴らしいですが真っ赤が紅葉が最高です^^
JBもナイス!

No title

ゴールドさん、おお~芸術の分かる友よ~謙遜して「手ぶれ」と言ってるけど、やっぱりテクニックだと分かりましたか~

真っ赤な紅葉は、綺麗ですよね。
日本人の感性をくすぐるものがあります。

JBはかっこいいんですよ~

ナイス有難うございます~

No title

良いなぁ~

さすがぁ・・ありがとう♪バックのコーラスも美しく歌ってるし、汗だくだし・・・ドラムもシャッフル気味だし・・最高ですよ!

ススキは僕の頭の毛ぐらいだし(笑)紅葉は僕の心の叫びですねーー・・懐は真っ赤か!
宝くじ当たらないかなぁ~

No title

じゆんふさん、この時のJBは、ボクがUで見た中で最高のパフォーマンスなんです。

全てが素晴らしすぎるんです。
白眉は、ちょっと長いけど、It's a Man's Man's World 。
下記。

https://youtu.be/sLvDU9vXjzY

紅葉が心の叫びってのは、ボクと一緒です。
今年は年末ジャンボが当たるはずなんだけど~

ナイス有難うございます~

No title

やはり!東北生まれだったんだ~♪
じゃないかな~と思ってました♪

画像、素敵です。
日々上手くなってないですか?
近いうちに巨匠になりそうですね♪

No title

Iris さん、JBは東北人のお爺ちゃんだかお祖母ちゃんから東北弁を習ったんですよ~間違いない~

おお~写真を褒めてくれてありがとうございます。
今イチバン凝ってるからね。

近いうちに~~~いやいや、すでに巨匠の域に近づきつつあるんです(爆)

ナイス有難うございます~

No title

いやもう1まいめの写真で天才が現れたのかと思いましたよ( ̄Д ̄)
隠れていた才能を発揮しましたね ええ

ありがとうって言ってるから日本人で間違いないですね
ジェイムズブラウン?名前だけ聞いたことがあります

No title

み、みられませんでした (涙)。
JB、日本説なんて初めてしりましたよ~。
東北だったのか~。
まんずまんずは、あれ東北弁だったのか~。
とにかく「ありがとう」がみれなくて、すごい悲しいです~。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

showhanng55

Author:showhanng55
マイナーな60年代ビートミュージックと駄洒落、読書レビュー。

月別アーカイブ

全記事表示リンク

フリーエリア