FC2ブログ

記事一覧

街中の紅葉渓谷・・・The Rattles

何度か紹介してるが、鎌倉の街中には紅葉渓谷がある。

「獅子舞」という。

かつては知る人ぞ知る、だったが、現在では観光メッカのひとつだ。

天園ハイキングコースの途中、瑞泉寺の近くにある。

土日がこれ以上ない晴天だったので、カメラを抱えて行ってきた。









瑞泉寺の近く、永福寺(ようふくじ)という現在は失われた大寺院跡の近くから登ると(二階堂切通)、山道のそばを山水が流れ、二階堂川となって滑川に合流する。









二階堂川にかかる紅葉。

















獅子舞の紅葉。

堪能してください。





























今日の音楽はパンキッシュなビート・ミュージックにしよう。

数日前、ブロ友さんがドイツの Rattles のアルバムを紹介していた。

オリジナルメンバーが誰もいなくなった時代のアルバムで、初めて聴いたら、ニューロック側からのサイケアプローチアルバムで、とても面白かった。


今でこそ、このバンドの英語記事も日本語記事もネットに溢れているが、ボクがブログを始めた10年前は英語記事ですら見つからず、英米以外のバンドに詳しいブロ友のCさんの協力を得て、最低限の情報を提供したのだった。

解説がドイツ語なので、ボクには読めなかったのだ。

そのCさんも、ブログを離れてから7,8年は経つ。

元気にしていてくれてるといいのだが。


86年に Star Club Records が復刻した写真のアルバムでボクは初めて彼らを知り、アルバム1曲目に収められた Mashed Potatoes のど迫力に、月までぶっ飛ばされたのだった。

まだ月と地球を結ぶ定期宇宙船がない時代だったので、ボクは Fly Me To The Moon を聴き、テープを逆戻ししてその推進力で地球まで帰ってきたのだった。

苦労したなあ~~


月までぶっ飛ばされた Mashed Potatoes です。

今聴くと、それほどのことはないが、86年当時のボクには大変なインパクトだったのだ。











スポンサーサイト



コメント

No title

紅葉🍁素敵ですね~( 〃▽〃)
鎌倉、いい場所が沢山ありますね!
はぁ~赤色が綺麗です。

ご紹介されていた曲🎵、
歌詞があるような?ないような?
ちょっとビックリしました。(*^^*)

No title

addisonさん、黄色もいいけど、燃え立つような赤色は特別に綺麗ですね。
この場所で、30分以上もぼんやりと眺めてました。

この手の音に免疫がないと、びっくりするでしょう~
86年に聴いたボクがそうでした。

ナイス有難うございます~

No title

すごーい!!(;゜゜)

こんなの生で見たら、周り中見ていて
足元を見ないで、溝にハマるかも

素晴らしい!素晴らしすぎる!
ありがとうございます!
目の保養になりました~♪( 〃▽〃)

No title

Irisさん、ほんとに素晴らしい眺めなんですよ。
鎌倉駅からバスで10分の大塔の宮というところで降りて、そこから歩いて15分くらいのところにあるんです。
天気さえ良ければ、毎日でも通いたいくらいです。

ナイス有難うございます~

No title

美しい場所で歴史もあるんですね~紅葉ホントに綺麗です^^

Rattlesはライブ盤のブートを持ってます^^

ナイス!

No title

見た目ビートルズ・・?でもこの曲耳当り良くていいですね

紅葉の写真綺麗ですね(〃ω〃)
写してる人の心が綺麗だから・・かな(いいこと言った)

No title

ゴールドさん、綺麗でしょう~
山道を登っていくから疲れるんだけど、ほんとにうっとりします。

ええ~60年代(ビートバンド時代)のブートなら絶対に聴きたいです。
是非紹介してください~

ナイス有難うございます~

No title

事務員さん、彼らもハンブルグでのビートルズを聴いてたから。
レコードデビューしたのが63年、ビートルズが英国でブームを巻き起こした時代なんです。

耳あたりがいい~って、・・・びっくり、さてはパンクも聴いてたことがあるんですね~

で、おお~嬉しいことを言ってくれる事務子ちゃんって、大好き~

No title

昨夜「海街ダイアリー8」を読み終えて、ああ、なぜ私は無理してでも鎌倉に行かなかったのか~、と後悔している矢先のこの画像、ダブルパンチで後悔の嵐です(笑)。

紅葉がほんとに美しいですね。
自然の美に勝るものはない、という気持ちになりますよ。

先日合気道のときにおじいさんが、
「Our Little Sister(海街の英語題名)を知っているかい?」と、
興奮気味に話しかけてきました。
彼は前夜にみて、非常に感銘を受けたそうです。
海外でも大絶賛ですね~。

No title

わあ!鮮やかな赤い紅葉が川にかかって綺麗ね~~
メチャいい感じじゃないですか!
渓谷があるのね♪
素敵な雰囲気で癒されるね

木々を見上げて見える彩られた葉っぱ達の表情も素晴らしいわね♪
綺麗な庭園もいいけど こんな自然そのままの光景も素敵ね~
ナイス☆

No title

ラトルズというとビートルズのパロディーバンドかと思いきや、
もろ、私好みのサウンドじゃないですか!
ボーカルの声がちょっとスティーブ・マリオットに似てて

No title

おはようございます!

獅子舞の紅葉♪(・∀・)ノオォ~!

本当にこれは綺麗ですね~♪どの写真も自然の美しさと
迫力を感じます。水の音や自然の音が聴こえきそうです♪

そしてRattles!(☆∀☆)カッコイイ~!

わけもわからず針を音して、流れてきた瞬間にぶっ飛んだ
その気持ちわかる気がします(笑)これはドイツのバンド
なんですね♪63年でこの音はヤバイ(爆)UKのビートを
目の当たりにした衝撃をそのまま表現したような印象です!(・∀・)ゞ

No title

Mymbleさん、8巻を読み終わりましたか~早く続きが読みたくなるでしょう(笑)

帰ってらしたとき、こっちの紅葉には少し早かったと思います。多分、横浜の紅葉が盛りだったと思います。
こっちは少し遅いんですよ。

映画タイトル、英語名ではそうなっているんですか~
より直接的ですね。

海外でも評判がいいという話を聞くと、関係者でもないのに、つい嬉しくなります~

ナイス有難うございます~

No title

チロルさん、小さな流れと真っ赤な紅葉、絵になる風景ですよね。

上から眺める風景と違って、ど真ん中に座って見上げる風景も素晴らしいです。
自然って、なんと美しいんだろうと実感できます。
陶酔って、これを言うんだなア~と感じますよ。

ナイス有難うございます~

No title

sallyさん、おお~好みでしたか~それは良かった。
ヴォーカルの人 Achim Reichel がバンドの中心メンバーで、後に有名人になるみたいです。

ナイス有難うございます~

No title

ぶーさん、堪能してくださってありがとうございます。
ただボクのコースから行くと、途中まで道がぬかるんでて滑りやすいので、結構大変です。

63年にこんな演奏をしたなんてびっくりですよね。
ボクは20年以上たった86年に聴いたのに、ぶっ飛ばされましたから。
ハンブルクでなければ生まれなかった激しさかもしれませんね。

ナイス有難うございます~

No title

こんにちは、
獅子舞の紅葉、目の保養になりました。
ありがとうございます。
時間と人と距離をゼロにする。
インターネットってやっぱり便利ですね。

ウェブサイトが少なく、ページを表示するのに時間がかかった頃
音楽やエロ(笑)などの情報源といえば
https://ja.wikipedia.org/wiki/ネットニュース
https://ja.wikipedia.org/wiki/ニュースグループ
懐かしのブラウザ"Netscape Navigator"のニュース閲覧機能で見ていたのが思い出されます。

No title

nicohoiさん、いい眺めだったでしょう~

随分早くからPCを使ってらっしゃったんですね。
ボクは90年代末にに、会社が1人1人に配ったのでようやく使うようになりました。
それまではワープロ。
PCをもらっても専らワープロ機能とメール機能しか使わなかったので、取り上げられた情報源のことは分かりません。

wiki もUもブログを始めてからブロ友さんに教わったんです。

ナイス有難うございます~

No title

今日はヽ(^o^)丿


このバンドも今まで知らなんだですが
博多のロック『めんたいロック』に
かなり近いテイストがあって凄く
懐かしく馴染みやすい感じがします。

めんたいロックは本来ちょっとヤクザな
ブリティッシュ・ビートや
パブロック、ブルースと言う感じなんで

shoさんが現在の軟弱な福岡の
ロックバンドに紅葉(こうよ)と
渓谷(警告)して下さい。


今回はピシャリか?

No title

ケアベアさん、めんたいロックってのをブログを始めるまで知らなかったんですよ。
渦中にいたんですね。

モッズというバンドまであるそうだから、60年代ブリティッシュ・ビートを意識していたんでしょうね。

で、ははは~今日の駄洒落には座布団進呈~

ナイス有難うございます~

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

showhanng55

Author:showhanng55
マイナーな60年代ビートミュージックと駄洒落、読書レビュー。

月別アーカイブ

全記事表示リンク

フリーエリア