FC2ブログ

記事一覧

吉村明美「夢の真昼」・・・Jeff Beck featuring Eric Clapton





「薔薇のために」という作品が気に入ったので、吉村明美「夢の真昼」をブックオフの100円コーナーで買ってきた。

早い話、少女漫画だ。

しかし、男が読んでも面白いのが彼女だ。

吉田秋生(全部)や萩尾望都(SFモノに限るが)同様、癖になる。

「薔薇のために」も家族が舞台だったが、「夢の真昼」も家族が舞台。

そういう作風の漫画家さんなのかどうかは知らないが。


主人公の鈴子は20歳の女子大生。

幼い時に両親が離婚し、姉は父に、妹の鈴子は母に引き取られて成長する。

母は成功した実業家と再婚し、鈴子は何不自由なく成長する。

育ちがいいせいか、おっとりした性格で、人を疑うことを知らない。

嫌なことをされても嫌と言えない。


姉は全くの正反対。

嘘つきで身勝手で押しが強い。


1人暮らしの妹の部屋を勝手に占領したので、鈴子は因業婆と評判の旧家に住み込むことにする。

婆さんに人生の処し方を教わるのが、この3巻までだ。

婆さんには成人した子供たちがいるが、子供たちや子供たちの嫁とは反りが合わない。

ただ何人かの孫にだけは慕われていて、その1人、明が同居することになる。


婆さんの本家は一族を祀る神社の神主で、明は、霊感が強く、依代(よりしろ。神が憑依する者)としての教育を受ける。

明本人は女嫌いだが、戦国時代のご先祖様と江戸時代のご先祖様にしょっちゅう憑依される。

2人とも嫁を取る前に死んだので、鈴子を気に入って嫁にしたがっている。

明の中で2人のご先祖様が現れて鈴子をめぐり争ったり、明が女嫌いの自分を取り戻して、錯乱したり、大いに笑える。


何冊になって完結したのか(まだしてないのか?)知らないが、いずれは鈴子と明が恋人になって恋が成就するって話なんだろうと思う。


べたべたしてなくて、ほろりとさせられたり、ゲラゲラ笑えたり、とてもいい作家だと思う。

(写真を拡大すれば読めるはずです)












































漫画のテーマに合わせて今日は A Day In The Life です。

タルちゃんの可愛いらしい顔が見えるのでこのヴィデオを。

おじさんになっても若い女の子にもてる~ジェフ・ベックって、ボクみたいだなあ~~~(笑)



最後の最後にサプライズの大物が現れたところでヴィデオが終わってるので、続きを見ましょう。

おまけです。


スポンサーサイト



コメント

No title

この漫画家さんはベテランですね~吉田秋生と同世代かちょっと若い?
ジェフ・ベックのロニースコッツライヴは映画になっていて観に行きました、TOHOシネマズの小さな箱で映画と観客が一体化して興奮しました、ベースギターのタラ・ウィンケルフェルドちゃんには驚きました、まだ少女?なのにジェフ・ベックに認めてもらえるなんて!!!

No title

こんばんはー!

漫画は良く知らないんですけど(笑)

ジェフベックは以前、僕は世の中の流行りと違うことを常に選択してきた。と、言ってましたよ。

それが、今日まで息ながらえてきた秘訣だと!

にしても、ビートルズソングは、何をしてもビートルズなのが素晴しいと、聴くたびにその偉大さを確認してしまうのですよ。

No title

おおっ!
今日は大御所ですねー

ジェフ・ベック良いですね・・おじさん?になってもカッコいい^^

吉村明美・・もしかして僕の書庫に昔の作品あるかもしれません・・
僕も少女漫画集めてました(笑)

No title

じゃむとまるこさん、ベテラン作家なんですか~
どおりで、絵は無茶苦茶うまいし、話の作り方、展開も非凡ですね。

で、この映像、ライブ映画だったんですか~!
映画館で観たら、ファンなら泣けてくるでしょうね。

タラちゃんは、20歳になるかならないかで、ジェフ・ベックに抜擢されたんでしたよね。
可愛いよねえ~胸きゅん~です(笑)

ナイス有難うございます~

No title

umeさん、少女漫画を読む男は少ないからね。
70年代後半を知ってる男なら、ファンが多いですよ。萩尾望都、吉田秋生、竹宮恵子などが現れて男性ファンの心もがっちりつかんだから。

ジェフ・ベックの話、たしかに、その通りですね。
3大ギタリストのなかではイチバン地味でした。
が、おじさんになってからは、ジェフ・ベックがイチバン人気があると思います。

ビートルズがいなければ、今日のロック音楽なんてのもなかったと思いますよ。
ほんとに偉大なバンドですね。

ナイス有難うございます~

No title

じゆんふさん、吉村明美を持ってますか~
さすが~
彼女、札幌在住なんです。
ご近所で暮らしてるかもよ~

ジェフ・ベックは、おじさんになってからのほうが断然かっこいいですね。

ナイス有難うございます~

No title

吉村明美の漫画は読んだ事がないけど他の作品も合わせて
これも一緒に読んでみようかな~('∀`)
華麗な絵柄にあわずコミカルで面白そう♪
最後のコマのこーゆー男性みると頭に来る(笑)
ジェフ・ベック、ママちゃんも近年ライヴを観に行ったけど
ホント、年をとってからのほうがカッコイイって目がに
なってたわ♪私はクラプトンより好き~♪♪

No title

sho*ha*ng*5さんの描いてくださった粗筋だけでも十分面白いです(๑>◡<๑)
なかなか凝ったストーリーですね

No title

shoさんの紹介する漫画全部面白そうなんだけど( ̄Д ̄)
読みたいけどなかなか読めない・・図書館にあればいいのに ない

図書館にリクエストを出してみるよ・・
事務子手紙を書くんだ 「shoさんのブログの漫画を入荷してください・・さもなくば・・・あとはわかるね( ̄Д ̄)」と

通報されながら華麗にゲッツ←何この終わり方

No title

少女漫画って、知らないだけで面白いものが多いんでしょうね。
ほとんど読んだことがないです。
そういえば、こちらで萩尾望都展がやっています。

そっか~ジェフ・ベックは若いオナゴにもモテモテなのか~♡
じゃ、僕もストラトを買ってフィンガーピッキングにしよう#▽#

とりあえず形から入るのが僕のスタイルです(笑)

No title

おはようございます。タルちゃんは、上手いし可愛いから、ソロアルバムも買いました🎵
ECさんが爺さんみたいな感じなのに、ベックさんは、変わらないですね~
少女漫画は、絵が独特なのは、何故だろう?

No title

ちょっと吉田秋生的な雰囲気ですね。

こういう雰囲気の漫画、最近すごく読みたいと思っていました。

ちょっと探してみますね。いつごろの作品なんだろう?
ご紹介ありがとうございます。

No title

吉村明美さん、おもしろそうですね!
悪態が多いところが、すっきりしますよ(笑)。
今度帰国したらブックオフで探してみたいと思います。

ジェフ・ベックはどちらも見事に見られませんでした。。。(泣)

No title

joeyさん、この人、売れっ子みたいですね。
フラワーコミックスの巻末広告を見たら、20作品以上ありました。
長編もあるし、キャリアの長い人なんですね。

絵は抜群に美味いです。
そしてコミカル度がまた抜群。
少女漫画のイメージって、じめじめうじうじだったけど、この人はからっと明るくて気に入りました。
最後のコマの明君の台詞ね~ははは~

おっ、ママちゃんもおじさんベックのコンサートに行きましたか~!
若い頃よりも断然今のほうがかっこいいです。

その昔はクラプトン好きだったけど、メロウクラプトンになってからボクは興味が失せました。
90年ごろ、武道館のコンサートを最前列で観たんだけど、最前列で観たということ以外、何も覚えていません(笑)

ナイス有難うございます~

No title

穂花さん、男のボクが読んで面白いと思うんだから、女性が読むともっと面白く感じると思いますよ~
お勧めの作家です。

No title

事務子ちゃん、図書館にリクエストすると、他の図書館から取り寄せるか、購入してくれますよ~
100円コーナーで見つかるから、ブックオフに行った方が早いと思うけど(爆)

No title

のぶさん、70年代後半に一時期少女漫画にはまったことがあったけど、その後はご縁なし。
最近またはまりつつあります。

萩尾望都の原画は何十万もするそうですね。
ブロ友さんがそう言ってました。
あれだけ緻密な絵だからね。

形からはいるのは王道です。
王道プロレスのジャイアント馬場も、様式美を頑なに守り通しました~

ナイス有難うございます~

No title

tomozoさん、タルちゃんはソロアルバムも出してるんですか??
可愛いよね~ボクも見かけたら買うかも(爆)

ECは過去の人になりつつあるけど、ベックは今が旬だから、若々しく見えるんでしょうね。

少女漫画は男には絶対に受け付けられない絵だったけど、一部の作家たちは違いますよ。
萩尾望都や吉田秋生は男にも受け入れられる絵柄だったので、あんなに爆発的に評判になったと思うけど、この吉村明美という人の絵も男にすんなり受け入れられる絵です。

ナイス有難うございます~

No title

Irisさん、そうですね~「夢見る頃を過ぎても」の吉田秋生にちかいところがあるのかもしれませんね。

フラワーコミックスの1巻が2007年、3巻が2012年の発売になってます。

体調を崩して2年程休載し、復帰後は、そろそろとしか描かないようにしたと、本人が書いてます。

ナイス有難うございます~

No title

Mymbleさん、悪態をつくところがって、ははは~
「薔薇のために」もそうだったけど、彼女の悪態、憎めないんですよね~
本物の性悪じゃないせいでしょう~そういう本物の性悪女の悪態じゃないから、なんか、可愛いらしく感じるんですよ~(笑)
20数作品の広告があったから、何かが必ず落ちてるはずです。
自信を持ってお勧めできる作家さんです。

そ~か~、そっちではブロックされてるんですね。

ナイス有難うございます~

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

showhanng55

Author:showhanng55
マイナーな60年代ビートミュージックと駄洒落、読書レビュー。

月別アーカイブ

全記事表示リンク

フリーエリア