FC2ブログ

記事一覧

宇宙論って面白い・・・The Velvet Illusions





前回、松原隆彦先生の「宇宙はどうして始まったのか?」を読んだら、あんまり面白かったので、関連本を2冊読んだ。

どちらも、「無」から宇宙は始まった、という最新学説を取り扱っている。













まず取り上げるのは、初心者向けの本。

ノーベル賞学者、小柴先生の下で専門教育を納めたのちジャーナリストに転じた高橋真理子さんという若い女性が、日本の誇る天才学者村山斉(ひとし)先生に素人目線から尋ねていくという形式の「村山さん、宇宙はどこまで分かったんですか?」(朝日新書)。

会話形式なので、とても分かりやすい。

まずヒッグス粒子発見の話から始まるんだけど、これが科学上のどれだけ重大な事件だったのか、と分かりやすく解説し、実際の宇宙は4%しか分かっていないこと、宇宙は無から誕生したと考えられる根拠まで、かみ砕いて説明してくれる。






















もう少し詳しく知りたいなら、ローレンス・クラウス著「宇宙が始まる前には何があったのか?」(文芸春秋)がお勧め。

宇宙が無から始まったと唱える第1人者が、一般読者向けに書いているので、この方面の本を何冊か読んでいる読者ならすらすら読める。

アメリカでベストセラーになったというのが納得できる分かりやすさだ。

とはいえ、ボクのような物理の知識のない人間にはところどころついて行けない箇所もあるが、細かいところが分からなくとも大まかに理解できるので、とても楽しい。



先生は、空っぽの空間から有が生まれるというだけでなく、空間のない(したがって時間もない)文字通りの「無」から「有」(空間と時間)が生まれると述べている。

ここまで来ると、実はボクにはよく分からない。


空っぽの空間から「有」が生まれるというのは、例えば瞬間的に誕生して消滅する粒子と反粒子の説明でなんとなく分かったような気になるのだけど・・。


からっぽの空間にエネルギーがあるせいで、ボクたちの住むこの宇宙のどこかでは常にインフレーションが起きていて、そこに新しい宇宙が誕生していると考えることができるとも述べている。

ひも理論によれば、空間は10次元だそうで、4次元以上の空間は素粒子よりも小さな大きさでこの3次元空間に折りたたまれているという。

その折りたたまれ方は無数にあるので、そうした3次元空間(つまり宇宙)はすべて実現していて、ボクたちの宇宙と重なり合っているという説も紹介しているし、いやいや、実は4次元空間・・・10次元空間それぞれが実在していて、そのなかにこの宇宙(3次元空間)が存在しているのだと唱える説もあるそうだ。

どちらにしても無数の宇宙が存在していることになる。


そして、こうした解説を行いながら、結論として先生の力説したいことは、

「意図や目的のない宇宙に、われわれがたまたま存在して意識を持っているという偶然がかけがえのない出来事なのだ。
われわれは短い生涯の間に、自分の存在に自分で意味を与えるべきなのである」の一文のようだ。

















こういう話の後だからスペイシーなサウンドがいいかな?と思ったが、それじゃあ直接的すぎる。

ちょっとひねって Velvet Illusions を聴きましょう。


ワシントン州ヤキマで66年に結成されたバンドで、結成当時、メンバーの年齢は14~17歳。

66年半ばに最初のシングルをリリースしたのち、67年末には解散するが5枚のシングルを残している。

11年に発売されたCDが手に入りやすいようなので、CD屋さんの記事アドレスを貼っておきます。



この時代の若者なのに、全員が耳の出ているショートカットヘアにしているのが面白い。

















スポンサーサイト



コメント

No title

もうこんなこと考えてたら、寝れなくなりそうー笑
私の説は、私達は何かの細胞の1つであり、子孫を増やすと言うのはただの細胞分裂をしているだけのこと
で、宇宙とは、何かの1つの臓器
例えば、膵臓とか、、
そういう宇宙があつまって、また違う生物か何かを動かしてるのよ

違うかな?😛

No title

こんにちは(^^♪

無から有へ ん?
10次元・・たたんでいる・・ん?

この前CS放送で、もし地球がブラックホールに飲み込まれたらというのを見ていて・・あっという間に消滅するんだけど、その間にいろんなことが起こる・・それが面白かった・・

雨中は確かに面白い!目で見てるだけじゃいけないんだよね・・

ヴェルベット・イル―ジョン、なんと凄くレアなバンド・・shoさん!どこから探してくるんですか?(笑)

No title

穂花さん、おお~すごいことを考えてるんですね。

「宇宙とは、何かの1つの臓器・・・そういう宇宙があつまって、また違う生物か何かを動かしてるのよ」

ボクも良く、この現実という奴は誰か(異なった生物)の夢なんじゃないかと思うことがありますよ。

No title

おおっ!レビューを読んだだけでわくわくしますよ。
私もぜひ読んでみたいです。
この前の相対性理論の話を読むまでは、無から有が生まれるなんて、
ちょっと一概には納得いかないと思っていましたが、
今はそういうこともありえると考えると、なんだかかえって勇気がわきますよ。いろんな意味で。
宇宙の話は、ほんとにおもしろいですね。

The Velvet Illusions もいいですね~。
ちょっと宇宙っぽい気がしましたよ。

前の穂花さんのコメントも納得いきます。
ミクロとマクロの世界、初めて物理で分子の構造を習って、
細胞や宇宙と似ている!
この宇宙が、実は誰かの細胞の一つなんじゃないかって思ったことがあります。

いや~、宇宙の話ですっかり興奮してしまいました (笑)。

No title

無から有が生まれる・・・
分かるような分からないような・・・いやわかりません(笑)
混沌から生まれるというのならなんとなくわかる気がするのですが、無からどうやって生まれるのか、不思議ですね。

「意図や目的のない宇宙に、われわれがたまたま存在して意識を持っているという偶然がかけがえのない出来事なのだ。われわれは短い生涯の間に、自分の存在に自分で意味を与えるべきなのである」

この一文を読んでいると、物理学の域を越えて、哲学・宗教にまで思考が及んでいるようにも思えます。

空を見上げて広大な宇宙に思いを馳せつつも、今晩は何を食べようかとも思考を広げる、平和なハナキンの午後です^^

No title

Mymbleさん、無から有が生まれるというのは、アインシュタイン理論と量子力学から必然的に導きだされる結論なんだそうです。
難しい話を分かりやすく説明してくれる、こうした先生方は本当にありがたいですね。

このバンドこの曲、サイケがかってるから、ちょっぴり宇宙っぽいでしょう~もろは止めて、このバンドを選んだ理由です。
Yakima という街は住まいから遠いんですか??

ボクらの宇宙は同じ物理法則からできているので(別の宇宙には別の物理法則があるのかもしれないそうだけど)、生物の発生も宇宙の発生と似たようなものがあると信じてます。
お2人とも女性だけに、女性は赤ちゃんを身ごもるので、感覚的に宇宙を細胞として捉えることができるのかもしれませんね。

宇宙の話を読みだすと、面白くて手放せないですね。

ナイス有難うございます~

No title

のぶさん、最先端の物理学の世界は、哲学と紙一重のところにあるようです。
宗教と交わるかどうかは分からないけど。

不思議な話でしょう~
じっくり読んで行くと、なんとなく納得しちゃうからまたまた不思議(苦笑)

もうひとつ面白い話を加えると、「反物質」という言葉を聞いたことがありますよね。
物資でできた自分と反物質でできた自分が出会うと、その瞬間に消滅するというSF漫画がいくつも描かれていたと思います。

測定できないほど短時間に現れて消滅する粒子のことを「仮想粒子」と呼んでるそうだけど、その仮想粒子は、さらに短時間だけ時間を逆行すると考えられるんだそうです。
頭が痛くなって来たでしょう(笑)
全くもって理解不能です(爆)
だけどなんとなくわかったような気になって納得しちゃうんですよ~(大笑)

今晩は何を食べようかなと考える~それこそがローレンス先生の言う「自分の人生に自分で意味を与える」ということですね。
すごい~もうローレンス先生の境地に達してるじゃありませんか~!

ナイス有難うございます~

No title

こういう話、私が大好きなのshoさん知ってるよね~♪

無から有・・・まるで仏教ですね。

ホーキング博士はいくつもの宇宙があって、その外側には無があるみたいなこと言うてました。
眠れなくなるほどワクワクする気持ち、わかります♪

No title

Irisさん、ホントに仏教哲学に近いところにあるような気がします。

宇宙が無から始まったと最初に言い出したのがホーキング博士じゃなかったかな??
彼は虚時間というものを考えて、そこから実時間が始まったと言ったと記憶してます。
虚時間なんて言われてもさっぱりわかないけど(苦笑)

読みだしたら止まらないのが困りものですね(笑)

No title

こんちにはー!

宇宙は膨張している、これは、ほぼ間違いないようですけどね。あと少しで宇宙の始まりまで確認出来るところまで来ています。無、と言う概念を理解するのが難しいですよね。無から始まった宇宙は今も膨張していて、そのなかに沢山の銀河系が存在している。

僕たちの住む、太陽系はその中のコメ粒でしかなくて、、云々、と頭の中で宇宙を想像するのは楽しいですよね。

天の川を見ると宇宙のイメージが湧く位、僕も読みましたね(笑)

No title

umeさんもこの手の本を読み漁ったクチですね~

色んな事が分かって来たら、実は人類が手にしている情報は全宇宙の4%だったというのもすごい話ですよね。
のこりは暗黒物質と暗黒エネルギーだというんだけど、これが分かったら、宇宙像が大きく塗り替えられるのかもしれませんね。

空を見上げて、宇宙に思いを馳せるのは楽しいですよね。

ナイス有難うございます~

No title

宇宙関係の本ですか~何だか難しそうだけど面白そうです^^

僕はガンダム世代なので宇宙は興味あります^^

音楽もナイス!

No title

ゴールドさん、内容が内容だけに、難しい本は手に負えないんだけど、今日取り上げた2冊なら誰でも読んで理解できますよ(大雑把にだけど、専門家じゃないんだからイメージを掴めればいいんです)。

ガンダムはボクは最初のアムロ世代です(笑)
そのあと次々に新シリーズが現れたみたいだけど、ひとつも見てません。

ナイス有難うございます~

No title

まりっぺさん、サックスが加わっているのが特徴です。
写真では(1人抜けた後の)7人だけど、8人のメンバーから始まったようです。

ナイス有難うございます~

No title

無から有がって何だか奥深くて神秘的な話ね~('∀`)
宇宙の解説って難しそうだけど、わかりやすく書かれてると
読んでみたくなるわね♪
Velvet Illusionsはこの曲が一番好き♪
言われると変な髪型よね(笑)
今年、彼等のアナログを新品で700円で買えたのよ~♥
今日また、聴かなくちゃ♪

No title

joeyさん、宇宙の話って興が尽きませんね。
難しいのはお手上げだけど、こうした一般読者向けの本は分かりやすく書かれてるのでありがたいです。

お~joey さんもこの曲が好きでしたか~!
去年だっけ??一昨年?? 限定1000枚かそこらで発売されたってヤツですね。
それはいい物を手に入れましたね~大事にしてください~
700円で手に入れたなんて、ヒゴロノオコナイガいいからですよ(笑)

ナイス有難うございます~

No title

曲、初めて聴きますが、好みです♪

まあね、よくわからんけど”無”っていうのはそうですね、そう思っていると人生観が変わるかも、勇気もでる蛮勇ってのが(爆)

No title

じゃむとまるこさん、ボクは意識的に日本のマスコミが取り上げてこなかった音楽を紹介してるので、好みと言っていただけると嬉しいです。
この世界も最近では裾野が広がって、日本の音楽ジャーナリズムも取り上げるようになってるみたいだけど。

宇宙論を読んでると間違いなく人生観が変わりますね。
ネトウヨたちの信じてることがどれだけ根拠のない事故妄想か、よく分かってきますよ~

No title

おはようございます(^o^)


なんじゃこりゃーw\(^o^)/


イントロの円谷映画みたいな不協和音
のオルガンに思わず噴き出してしまい
ましたw

僕もロックバンドでキーボードを
弾いていましたが↑これは度胸が
入りますねw

ライヴとかで演ったら良くも悪くも
注目が集まってしまいますー
(^o^;

僕だったらちょっと出来ないかなw
カッコ付けて上手に弾きます
(^^ゞ

No title

ケアベアさん、ボクのようなファンには、このチープさがたまらないんですよ~!

音楽ってとても不思議で、マイルスみたいな超絶技巧プレイも気持ちがいいけど、逆もまた気持ちがいいんです。

だからといって、聴くに堪えないど素人演奏はダメ。

ナイス有難うございます~

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

showhanng55

Author:showhanng55
マイナーな60年代ビートミュージックと駄洒落、読書レビュー。

月別アーカイブ

全記事表示リンク

フリーエリア