FC2ブログ

記事一覧

贅沢な時間・・・ The Beatles - Rehearsals At The Cavern Club, September-October 1962







オ-ソドックスな紺と赤の朝顔。

行燈仕立てじゃなく、窓辺に這わせている。

今は午前9時半。

今はまだ高原の爽やかさなので、朝顔を眺めながらコーヒーを楽しむのは気持ちがいい。

贅沢な時間だ。

午後になったら、今日は間違いなくぐったりした暑さになるんだろうな。













ボクの朝顔のバイブル。

昭和3年発行の石井勇義著「最新朝顔の作り方」。





















Uで、ビートルズが62年9月か10月にキャヴァーンでリハーサルした音源というのを見つけた。

I Saw Her Standing There の中間部のジョージのソロが、レコードとは違い、後に当たり前になる由緒正しいエレキサウンドなのだ。

早い~!

ビートルズって、何もかも最先端だったんだなあ~と改めて尊敬した。

ピートが首になって、8月18日からリンゴが加わっているので、データが正しければこのドラムはリンゴ・スター。

この方面の大家、ブロ友のGさんに問い合わせたら、なんと5年前、2012年に記事にしてるよ~との返事。

その記事がこちら。



ラベルの曲名が違うのは、法的問題をクリアするためにブートの世界ではよくあることなのだそうだ。へえ~~~!


ではでは、聴きましょう~




比較のためにレコードヴァージョンも貼っておきます。

スポンサーサイト



コメント

No title

こんにちは。

もの凄く年季の入った書籍ですね。
貴重ですね。
誠文堂書店って聞いたことあるような気がしますが、、、

No title

ついつい、案内に従ってブロ友のGさんのところまでお邪魔してしまいましたm(__)m
負けず劣らずのビートルズマニアでいらっしゃいますね

No title

穂花さん、訪ねて下すった~それは有難うございます。

彼は本格的なビートルマニア。
ボクはただのビートルズ好き。
知識が天と地ほども違うんですよ~

No title

事務員さん、昭和3年と言えば、大正モダニズムの自由な雰囲気がまだ残っている一方で、恐ろしいファシズムの足音が忍び寄ってきた時代ですね。

黄色い朝顔ですか??

「変化しやすい花色」の章に「柿などの色合わせ」という言葉が出てくるので、これのことかなあ・・?
はっきりとは分かりません。

腰の方はもうほとんど痛みが取れました。
お気遣い、有難うございます~

No title

朝顔綺麗です・・

僕の家の朝顔はあんまり成長せずに小さく花咲きました・・原因は何だ(笑)

さすがにこの曲はレコード盤の方は耳にタコつくくらい聞いてますね・・
ブートの方が何か温かい演奏ですねー
もうリンゴのドラムなんですか?そうなんだぁ
吃驚!!

No title

じゆんふさん、そうそうボクらの世代なら耳タコだから、違いがすぐに分かったでしょう。

多分、最初に植え付けた時、肥料を出し惜しみしたんじゃないですか??
今からでも液体肥料をやると、即効性だから、後半に大きな花を咲かせてくれるかもしれませんよ。

ナイス有難うございます~

No title

朝顔を見ると、子ども達の小学生の頃を思い出します。
朝顔の観察日記・・懐かしいな~

リハだから、コーラスはまだあいまいだけど、ギターとベース、いいですね♪
それになにより、すごく楽しそう♪

No title

オ-ソドックスなのに品のある色ですね~しかも棒じゃなくて網で栽培しているとはマニアックです^^
誠文堂の実用書も昔は文学的だったんですね^^
キャヴァーンのリハーサルは誰かがFMラジオ局にリークして世に出たみたいですよ^^これはやっぱりレコードバージョンが最強です^^
ナイス!

No title

Irisさん、お子さんたち朝顔日記をつけていたんですか~可愛いなあ~~

レコードデビューが決まった頃の演奏だから、嬉しさ、楽しさ、希望が伝わってきますよね。
こんなにいい音質で残っていたことにもびっくりです。

ナイス有難うございます~

No title

ゴールドさん、網を使って這わせる人は人は多いですよ。
ゴーヤなんかもそうやって緑のカーテンを作りますね。
誠文堂、今調べて分かったけど、誠文堂新光社と言って、今も健在なんですね。

最初にラジオで流れたんですか~!
じゃあビートルズファンには広く知られた音源なんですね?
ボクは初めてだったので、びっくりしましたよ。

いろいろ教えてくれて有難うございました。

ナイスも有難うございます~

No title

朝顔って夏らしくてやっぱりイイわね~('∀`)
眺めながらコーヒーを飲むだなんてホント、ステキな時間ね♪
最新朝顔の作り方って何か、普通の作り方と違うのかしら(?ε?)
リハーサル音源楽しそうね♪
ブートの音源は正規盤聴いた後だと新鮮な魅力や違いに驚くわね!
記事にしてたとはさすがゴールドさん♪♪

No title

joeyさん、夜勤帰りかな??
疲れてるだろうに、早速訪ねてくださってありがとうございます。

そっちは秋になったそうだけど、こっちは昼過ぎからは蒸し風呂。
だけど、この時間は涼しくて、贅沢な時間を楽しめます。
ボクたちの世代だと、ビートルズはどの曲も耳タコだから、ブートの音にはびっくりします。
ゴールドさんにいろいろ訪ねてこの記事を書いたので、彼には感謝です。
さすがにすごい人ですよね~

ナイスも有難うございます~

No title

こんにちは
ビートルズのリハーサル音源、貴重ですね。ご紹介ありがとうございます

showhanngさんはよくご存知な事ですが、キャヴァーン関連の音源はマージービートシーン全体を見渡しても現存してるものは少ないので 、そうゆう意味でも貴重な音源ですね
もっともビートルズ以外のリハーサル音源だったらあまり聴く人いないかもしれないですが

Big3のライブアットザキャヴァーンは本当はもっとたくさんの曲が録音されたらしいけど、現存してないらしいのが残念です

No title

seimeiさん、ビートルズは早くにスターになったので、色々残ってるんでしょうね。
マージーファンはどんどん少数派になっているので、確かに他のバンドのリハーサル音源にまで興味を示すリスナーは少ないと思います。

Big 3、あの4曲だけじゃなかったんですか~!
失われたのは残念です。

No title

> sho*ha*ng*5さん

一つの曲にも歴史があるんですね。
いろいろなことを
試していたのでしょうか?

紹介ありがとうございます。

No title

まりっぺさん、色々試してますよね。
レコードとのイチバン大きな違いは、ジョンがハーモニカを吹いてるところですね。

No title

わー 凄い!昭和3年の本とは!!
「朝顔の作りり方」って本がこんなにぶ厚いとは再度ビックリ!!
朝顔って小学生の理科の教科書に1~2ページで十分じゃなかったっけ?
こんな植物図鑑みたいな分厚いページに書くほどアレコレがあるの?

窓辺に這わせた朝顔のツルが、どっちに行こうか悩むくらいキッチリと
ロープを作ってありますね♪
次々と咲く朝顔が毎朝楽しみでしょう!

子供の頃実家で朝顔を育てていたとき、蕾を数えては明日の朝いくつ咲くかなと思って
翌朝見るのが楽しみでした

No title

チロルさん、朝顔って奥が深いんですよ。
この本は、歴史も語ってるけど、9割は実用本です。
だから重宝してます。
種の選び方、土壌の作り方、・・・懇切丁寧です。
昔、神田の古本屋さんで、江戸時代の朝顔の手彩色本が3~4万で出ていたんだけど、ケチって買わなかったのを未だに後悔してます。

おしまいの方の話、分かる分かる~ボクも毎年そんな気持ちですよ~

No title

師sho、暑いですネ
よくは判りませんが・・
ビートルズも2009年に比べれば1962年は
やっぱり、トーシローっぽい気がしますネ~。
いい色の朝顔!私はまだ寝呆け顔です(?)
この写真、お借りしてもよろしいでしょうか?

No title

チャミきんさん、60年代後半から、めちゃ馬のバンドが毎日のようにように登場してきて、当時は狂喜したけど、今はあんまり曲興味ないです。
このトウシロ風が好きなんです。

写真、どうぞご自由にお使いください。
有難いですよ~

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

showhanng55

Author:showhanng55
マイナーな60年代ビートミュージックと駄洒落、読書レビュー。

月別アーカイブ

全記事表示リンク

フリーエリア