FC2ブログ

記事一覧

「吉祥天女」と「ビブリア古書堂の事件手帖(完結編)」・・・・The Tree




吉田秋生「吉祥天女」も男が読んでも夢中になる作品だった。

伝説的な由来をもつ
叶家の娘・小夜子が街に帰ってきた。
17歳。凄絶な美貌。
地に囚われた自らの運命を呪う少女。
そして転入先の高校には、
叶家の財をねらう遠野家の暁と涼がいた。
陰謀渦巻くこの街で、
小夜子の領域を侵す者が次々に死んでゆく。
青春の白日夢にも似た、
吉田秋生の幻想綺譚。(版元あおり)


ある意味、おどろおどろしいストーリーだが、少女漫画特有のやわらかい線で描かれるので、後味が実にいい。

















三上延「ビブリア古書堂の事件手帖(7巻)」(完結編)が2月に出たのだけど、なんとなくもったいなくて、今日まで読まずにいた。

読みだしたら止まらない。


今回はシェイクスピアのファースト・フォリオが謎の中心なのでなおさらだ。

エンターテインメントなのに、蘊蓄を傾けざるを得ないので、執筆に2年近くもかかったのが分かる。

大好きな栞子(しおりこ)さんにもう会えないのかと思うと辛い。

こんな素敵な女性キャラクターなので、作者には是非別伝を書いて欲しいのだ。















紫陽花と名前を知らない植物。
















Pebbles vol 5 に収録されてから一躍評価が高まったという デラウェアのバンド Tree の No Good Woman を聴きましょう。

寝室に置いてある安物のオーディオで聴いていたときには。高音がうるさくて良いと思わなかったのだが、別の部屋に置いてある昔のオーディオで聴いたら、とてもいいのだ。

安価なオーディオを使うときは、ヘッドフォンで聴いたほうが良いようだ。

スポンサーサイト



コメント

No title

こんばんは!

shoさん!ビブリア読んでるんですか?!

僕も大ファンで読んでますよ!で、最終巻だけ、まだ未読だったんですよ(笑)

まさかshoさんも読んでたとは、驚きました(笑)

栞子さんは清楚で素敵ですよね^^

No title

わ!ビブリアの完結編、出てたんですか(°д°)
知らなかった・・・
早く読みたい~~今から本屋さんに走ろうかな(^_^;)
でももう終わっちゃうなんて寂しいです~~

No title

吉祥天女は昔読んだけど小夜子のどんな時も目が笑ってないのと
妖しい魅力が素敵だったわ('∀`) 色気があるわよね♪
ストーリーもサスペンスで面白かった♪
ビブリア古書堂の事件手帖は完結してるのね('∀`) 図書館行ってみよう~♪♪No good woman は入ってるのあるからヘッドフォンで
聴いてみよう♪
花の名前はわからないわ(^_^;)ススキに似てる;

No title

ビブリアは、頭っから全部読みたい♪

今「ポーの一族」の新シリーズが楽しみで、楽しみで・・♪

吉田秋生もちゃんと読みたいな~

No title

じゃむとまるこさん、ボクも釣り堀です(笑)
何故だか、大量に釣れたんです。
読み直したいと思っていた「カリフォルニア物語」まで釣り上げました。

不幸な生き様かもしれないけど、読後感が清涼です。
吉田秋生という作家の天才的なところなんでしょうね。

ナイス有難うございます~

No title

のぶさん、「ビブリア古書堂」はライトノベル、「吉祥天女」は漫画です。
どちらも滅茶苦茶面白いですよ~

「栞子」さんは、名前の通り、清楚そのものの女性です。
強要されなくとも「清楚」なんです~
はにかみやさんで、まともに話すのさえ顔を赤らめるのに、古書の蘊蓄を語りだしたら饒舌になります。
スイッチの切り替わり方が可愛いらしいんですよ。

ナイス有難うございます~

No title

umeさん、なんと~栞子さんのふぁんでしたか~!
かぶるんだよなあ~ウメさんとはいろいろと~(苦笑)

栞子さんのキャラは、男が夢見る女性の典型ですね(笑)

ナイス有難うございます~

No title

プチマリーさん、2月に刊行されました。
完結編だと聞いてたので、もったいなくて今日まで読まずにいました(笑)

作者あとがきによれば、番外編と言う形でソリコさんの登場する物語が書かれる可能性があるようです。
楽しみにしましょう~

ナイス有難うございます~

No title

joeyさん、昔、バナナフィッシュと吉祥天女が面白かったと言ってましたね。
覚えてますよ~

目が笑ってない・・・気づかなかった~!
聖と俗を併せ持った小夜子の怪しい魅力、男よりも女性の方が憧れるのかもしれませんね。

ビブリアは、図書館で1巻目から借りて順番に読んで行ってください。
1話完結だから途中からでも読めるんだけど、大輔君との恋の行方、お母さんの千恵子さんとの関係がシリーズを通してのもうひつの謎だから、順に呼んだほうが良いです。

No good woman、安価なほうでヘッドフォンで聴いたらやっぱり最高でした。
スピーカーを通すときには高音を絞り、低音域を広げて聴くといいです。

ススキににてるけど、全然違う植物でした。
そのうち誰かが教えてくれると思います(笑)

ナイス有難うございます~

No title

Irisさん、完結したので、ビブリアは最初から順を追って読んでください。
はまりますよ~

7月10日でしたね。
ボクも楽しみに待ってるんです。

吉田秋生も萩尾望都とは違ったたぐいの天才ですね。
今のボクには、吉田秋生の方がしっくり来るかな・・・!

ナイス有難うございます~

No title

本読みますね~、もう、目が仕事だけで目一杯(笑)
うんちくなんて漢字もわからない(>_<)

もう少し大人になってからにしよう🎵
曲はカッコいいです🎵

No title

開いた瞬間に能面が出てきたからびっくりしたんですよ( ̄Д ̄)

No title

tomozoさん、もともと音楽よりは活字中毒の方が歴史が古いんですよ~(笑)
仕事に忙殺されてる時ほど、本は読んがほうがいいと思いますよ。
年取ると目が疲れて、長時間の読書が辛くなります。
かっこいい曲ですねよね~

ナイス有難うございます~

No title

事務員さん、あっなるほどね。
能に「羽衣」と言う演目があります。
羽衣伝説で有名なあの羽衣です。

主人公の小夜子は、地上に降りてきた天女と神官が始祖と言われる家系、という設定になっているので、能面をカバー絵にしたんでしょうね。

No title

どちらもとてもそそられますね。
ビブリアは、基本はミステリーなんでしょうか?
ライトノベルって、なかなか手が出ないんだけど、これは本好きな方が主人公なのでとても気になります。
次回最初の巻を買って読んでみたいです。

そういえば、海街ダイアリーの7巻の1ページ目って、
私たちが階段を上っていったところからの景色みたいな気がするんですけど、
やっぱりそうなんでしょうか?!

No title

Mymbleさん、ボクもライトノベルには偏見があって、全く手にしたことがなかったんだけど、ビブリアは普通の小説です。
各巻ごとに古書にまつわる話をミステリー仕立てで語ります。
肩の凝らない小説なので、本好きにはお勧めです。

第7巻は、すずの高校進学の話が出て来る巻でしたね。
冒頭のシーン、成就院の階段上から見た海の見える風景だったっけかな??
見直さないと、今は覚えてません。
8巻目が出たんですね。まだ読んでないので、これも買わなくっちゃ~

読みたい本が山積みになってて、ちっとも減らない(次々に重なっていく)のが実情です

ナイス有難うございます~

No title

> sho*ha*ng*5さん
吉田秋生さんの小説
読んだことがありません。
最近、読んでいるのは
ネット小説が多いです。
紹介ありがとうございます。

No title

まりっぺさん、吉田秋生は小説ではなくて、少女漫画なんですよ。
目の中にお星さまがキラキラ輝いている、いわゆる少女漫画と違って、文学的な少女漫画です。
ハードボイルドタッチで、内面も描くという手法の作家さんです。
一度読んだらはまりますよ~

ナイス有難うございます~

No title

ああ、漫画だったのですね。
最後まで読んで解りました。
子どもの頃は漫画漬けだったのに、最近読まなくなりましたね。
shoさんの記事で覗いてみたい世界になりましたよ。
それにしても、“凄絶な美貌”ってどんなんでしょう。
羨まし~!

No title

まこちゃん、少女漫画なんですよ~(笑)
「別冊少女コミック」に連載されていたそうです。
80年代かな??
漫画でなければ表現できない世界で、70年代にこの人のファンだったけど、2,3年前からまた熱がぶり返しました。
BOの100円コーナーでこの人を探すのが楽しみなんです(笑

ナイス有難うございます~

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

showhanng55

Author:showhanng55
マイナーな60年代ビートミュージックと駄洒落、読書レビュー。

月別アーカイブ

全記事表示リンク

フリーエリア