FC2ブログ

記事一覧

雨に濡れた初恋・・・Big In Japan

今日は朝から雨。

雨に塗れたアヤメ。

咲き始めたばかりだ。











ダイダイの花も咲き始めた。

雨に塗れてなかなか風情がある。




















リヴァプールと言えば、ビートルズを産んだマージーサウンドの聖地だが、70年代後半にはこの街にもパンクの波が押し寄せていたのだ。

Big in Japan はそんなバンド。

78年に発表したEP盤 From Y to Z and Never Again の評判がすこぶる良い。

Jayne Casey という女性がヴォーカルをとっているが、彼女が加わる直前の映像を昔取り上げたことがあるので、古いファンなら覚えているかもしれない。

誰だか分からないが、女装して歌っていた映像だ(この件に関しては2013年に調べた記述が見つからないのと、Jayne Casey 本人だという説もあるようなのでペンディングにしておくが)。

で、EP盤の中でもボクがイチバン好きな Nothing Special をどうぞ。







EP盤全曲が聴けるので、気に入った方はこちらもどうぞ。

全部で13分51秒です。




















ペンディングにしてたことをブロ友さんが発見してくれた。

「明記してありました

Ian “Lightning Seeds” Broudie and Jayne Casey in a screen capture of an old Big in Japan video.
アートなバックグラウンドを持っているバンドが、Punkブームのおかげで、オーヴァーグラウンドに出てくるケースがあるので(レジロスなど)、彼らもそうかもしれませんね。

「weirdotalesさん、この文章を読む限り、あの映像で音声を変えているのが納得できますね。自信がなかったんでしょう。
ということは、その後彼女だと明記して現れてきたヴィデオは信用できる可能性の方が高いですね。」

調べてくれてありがとうございます~」
スポンサーサイト



コメント

No title

こんにちは。

わたしのとこも降ったり止んだり、寒いし><

ダイダイの花っていい香りするんですか?ミカンみたい?


曲、こういうのもお好きなんですね。ふ~ん。

No title

こんちはーー!

雨ですね、、でも、僕は意外と雨の日が好きなんですよ(笑)

雨に煙る江ノ島もセンチメンタルな気持ちになるんですよねぇ、、

この手のパンクと言うほど激しいものではないけども、、クセがなかなかのものですね。ジャケがなんだがエグいなぁ、、(笑)

No title

ジャケットが奇妙ですね( ̄Д ̄)曲の声も・・??高い?

あやめが綺麗 雨に濡れたあやめ・・・
雨に濡れた初恋・・?shoさんの初恋?
今日のブログタイトル素敵です

No title

おぉ~菖蒲!('∀`) 今日、職場で塗り絵をしていました(笑)
この写真があったらもっと上手く塗れたのに;
ダイダイの花って名前は初めて聞いたけど
可憐な可愛い花ね~♪♪
雨に濡れた初恋だなんてロマンティックだと思ってたら
このジャケ(笑)
この髪型にどうしてしょうと思ったのかしら(^_^;)
でも曲はキュートよ♥

No title

アヤメを見ると湿っぽい気分になります。

音楽は不思議ちゃんでナイス!

No title

Alex oggのNo more heroes(UKパンク辞典)によると、オリジナルのトリオに、キャストで出演したJayne Caseyが参加した、とあるので、多分本人だとおもいます。

Bill Drummondは、もともと演劇畑の人で、舞台デザイナー。ロバート・アントン・ウィルスンのカルト・ファンタシイ、イリュミネータスのデザインを担当したとか…

あの三部作をどうやったら舞台に乗せられるのか謎ですが?

No title

ダイダイというより、柑橘系の植物にはビビッときます。なぜなら僕の名字は柑橘系だから^_^でもこうして花を見ることはめったになかったです。
眼福です。ありがとうございます^_^

No title

weirdさん、Cindy And The Barbi Dolls の映像のことですよね。
昔調べた時には、この映像は77年6月、彼女が加わったのは8月、最初のスプリットシングルは9月、とあったんだけど、その元記事が分からなくて困ってたところです。
この映像を Jayne Casey と紹介してるサイトも多いし。
その事典の記述が正しいとなると、正式に参加する前から関わっていたことになるし、昔読んだ記事(今回発見できず)が間違っていたことになるし。
とりあえずは保留ですね。

No title

ポストパンクって、パンクからニューウェーブへの架け橋みたいな感じだから、パンクじゃないんですか?
見た目はあれですが、曲はポップですねー、shoさんが好きなのは、解ります。

日本には、関係ないんですか?

No title

Jayne Caseyのインタヴューより。やはり、アクトレス時代から関わっていたいうです。

How did Bin Japan get together?

In 1976 Ken Campbell (RIP) the theatre director produced a play from a trilogy of cult books by Robert Anton Wilson called ‘The Illuminati’ It took place in a semi derelict warehouse on Matthew Street where I had a vintage clothes shop. Bill Drummond was the set designer, Ian Brodie was the guitarist in the band and I had a bit part in the play.

No title

Ken used to beg me to be the singer but I wouldn’t do it cos I really couldn’t sing. After Ken left town Bill continued to hound me and eventually I gave in and we formed Big In Japan.

No title

こんにちは、

"あやめ"には毒があるんですね。
Jayne Caseyちゃん、ジャケは妙ちくりんなお姿なのに、
声はコケティッシュ!
男心をくすぐる妙な色気がありますね。
一声で気に入りました♪

No title

nicohoiさん、アヤメには毒があるんですか??
知りませんでした。
根(球根)に毒があるのかな??

ジャケは怖いけど、彼女の素顔は意外と可愛いんですよ~

ナイス有難うございます~

No title

Big in Japanのグループ名は、デフ・スクールのハガキにあった“We’re big in Japan!”から、取られたらしい。

US ツアー中に、USワーナーが日本に大量に彼らのレコードを輸出していたのを知ったそうですが。

Big in Japanのメムバーは、デフ・スクールに影響されてバンドを組んだということでした。

No title

weirdさん、Deaf School は当時、日本でも流行ってたんですか??
その時代になると縁を切ってたのでさっぱり分かりません。

Bif in Japan の Ian Broudie はデフ・スクールの Steve Allen(Enrico Cadillac Jnr)と一緒にOrijinal Mirrors を演ってますね。
仲が良かったんでしょうね??

No title

輸入盤のことか邦盤かはっきりしませんが、、Deaf SchoolのUSアトランタでのギグは、入りがひどかったが、日本じゃ売れているらしい、という話を聞いて、You've never heard of us,but we're big in Japan、というのは面白いんじゃないか、というのが始まりらしい。

Clive Langer は、どちらにも参加しているし、DSのPA使っていたり、つながりが深かったようです。

No title

weirdさん、彼らはUSでは惨敗したんですか~!?
ならイヤミのひとつも言いたくなりますよね。

Clive Langer、中心メンバーなのに過小評価されてるような気がします。
Big in Japan にも参加してるのを知らなかったので、いま確かめたところでした。

両バンドは、兄弟みたいなものだったんですね。
リヴァプールという土地柄のせいなのかなあ??

No title

まあ、Deaf Schoolが当時のローカル・シーンで大きな存在であったことは、確かのようですが、cabaret趣味、演劇、屈折したユーモアといった点で、共通点があるのでしょうね。

デフ・スクールは、ボンゾ・ドッグからキルバーン&ハイ・ローズまでのアート・スクール・ロック流れの中にある、て評をみましたが、Big in Japanもそう考えた方がわかりやすい。

ところで、Big in Japanという言葉ですが、虚勢を張るときによく使われるようです。

To say/pretend you are someone of stature somewhere else, meaningless and not verifiable where you currently are.

No title

shoさんのところはホントお花やら立派な木やら
いっぱいあって楽しめますね!
うらやましいです^^
こちらは桜島の灰で大変ですよ~(泣)
それさえなければいいとこなんだけどな~・・・

No title

プチマリーさん、桜島の降灰は相変わらずですか??
ほんとにあの灰さえなければ最高のとこですよね~
徳永屋の薩摩揚げは旨いし、焼酎は旨いし・・・~プチマリーさんのような美人妻もいるし~(←こんだけ「お世辞」を言ったから、こむらさきのラーメンをご馳走してくれるかな?

ナイス有難うございます~

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

showhanng55

Author:showhanng55
マイナーな60年代ビートミュージックと駄洒落、読書レビュー。

月別アーカイブ

全記事表示リンク

フリーエリア