FC2ブログ

記事一覧

満開の山桜・・・The Other Side

関東地方は、日曜日に晴れたとは言うものの曇りがちの晴れ。

今日月曜日は掛け値なしの晴天だ。

この上天気で桜が一気に開花した。

都内は昨日満開になったそうだが、こちらは今日だ。

平地のソメイヨシノは他のブロガーさんたちに任せて、ボクは山桜を愛でよう。

































江戸時代だか明治になってからだか神田駿河台で見つかった、駿河台ナントカという珍しい桜だそうだ。

香りがするというのだけど、ボクは鼻バカなので分からない。
























堪能されましたでしょうか。














US生まれ、US育ちの Jack Downing という人が63年(64年の記述もある)にスウェーデンにやって来て、当地の大学で英国人のキーボディスト Dave Hynes と知り合い、スウェーデン人のメンバーを加えて Other Side というバンドを組む。

66年のデヴューシングルB面の曲が抜群なのだ。

オリジナルで Downing と Hynes の共作。

この後も2人は共同で多数の曲を書いている。

まずはその抜群なガレージソング Out My Light を。



このあとメンバーチェンジがあって、投稿者が書いてるように一時期ボズ・スキャッグスや Mac MacLeod(UKハートフォードシャのフォークシーンで活躍していた)が加わった。
2人の加わった音源があるのかどうか、いろいろ調べたが分からなかった。

Jack Downing という人は、ワイルドなガレージよりもアメリカンフォークやカントリーに接近していた人のようで、そうした下地にサイケをまぶした音源を多数残している。

69年ごろから Jack Downing And The Other Side を名乗るようになるが、この時期の Greenback Dollar という曲で一端がわかる。オリジナルじゃないが抜群の出来だ。

動く映像なのでどんな人だか分かります。

かっこいいのだ。





70年にアルバムを残したあとはソロ名義になり、72年まで活躍し、その後はレコードショップを経営していたようだ。

90年、50歳の時(40年生まれ)、アパートの4階から転落死している。

最近になって評価が高まったようで、12年にリリースされた2枚組CDで残した音源が一応全部聴ける。

視聴できるようになっているので、All Music のアドレスを貼っておきます。























スポンサーサイト



コメント

No title

山桜が満開~~('∀`) 自然な美しさが堪能できたわ♪
駿河台ナントカ、真っ白なのかしら。綺麗~♪♪
Out My LightはLondon Nuggetsのセットで聴いたような。
詳細は初めて知ったわ('∀`)
Jack Downing & the Other sideの動画、見た目は西部劇に出てきそうな渋いなおっちゃんね♥ちょっと哀愁があってステキ♪

No title

joeyさん、そっちはまだ雪が残ってるだろうから、ボクのブログで春を楽しんでください。
駿河台ナントカは白っぽいです(真っ白じゃない)、八重桜みたいに、葉っぱも一緒に出てくるんですよ。

おお~あの3枚組を持ってますか~いいなあ~!
あの中に、ちょっとびっくりしたのがあったので次回取り上げます。

この人、渋くてかっこいいですよね。
ボクは Long John Baldry に似てるように思ったんです。

ナイス有難うございます~

No title

ヤマザクラもいいですね~。
こちらも実は桜が咲いています。
日本の姉妹都市から桜をもらったということで、
いろんなところで桜見れるんですけど、やっぱり日本の桜とは少し違いますね。
2曲目がノスタルジックな感じで好きです。

No title

Mymbleさん、え~そちらにも桜があるんですか~!
ワシントンにしかないものだと思ってました。
日本で観るのとは感じが違うんですね~面白い話です。

どっちか選べと言われたらボクは最初だけど、2番目の曲も大好きです。
なるほど2曲目かあ~~

ナイス有難うございます~

No title

京都の桜はまだだけど

今週はとてもお天気が良いそうなので

週末は楽しめそうかも~

写真、とても美しいですね('∇^d) ナイス☆!!です

No title

カノンさん、京都はまだなんですか~!
じゃあ週末ですね。
どっと観光客が押し寄せますよ~

ナイス有難うございます~

No title

桜がモコモコに開花して綺麗ですね~

ウチの近所はまだつぼみです^^

Jack Downing初めて聴きましたが個性的でよい感じです^^

ナイス!

No title

大阪は三分咲きというところでしょうか。
ソメイヨシノのはかなさも良いですが、山桜の控えめな美しさも良いですね。
葉っぱも柔らかくて美味しそう・・・桜餅が食べたい

No title

ゴールドさん、横浜の桜は遅れてますか。

こちらも完全というわけではないけど、明日明後日にはほぼ満開になるはずです。

この人、全部聴くのは辛いけど、いくつかたまらなく好きなのがあります。

ナイス有難うございます~

No title

じゃむとまるこさん、大阪は3分咲ですか。
今週末から来週が見ごろになるんですね。
華やかさという点ではソメイヨシノがイチバンだけど、山桜はソメイ風ピンクに白や緑が混ざっていて、飽きないんです。

桜餅・・こんな夜中に思い出させないでくれえ~(笑)

No title

そのサイトだと、いつ誰がいたのかわからないので…

Macインタヴューを補足しながら、追加。

Macが名前忘れたといっていたのは、Paul Thomas。

Mac MacLeod (guitar, 1965-66), Paul Thomas (bass, 1965-66),
Björn Askelund (drums, 1965-68)多分Sven Bjornと同人物。

Macインタヴューによると、Bozはパーマメントなメンバーではなく、ときどきベースで参加していた、とありました。

いつ頃まで参加していたか不明ですが…

しかし、Mac Macleod,ドノヴァンやジョン・レンボーンが影響受けたというくらいの偉いひとだったとは…

No title

ヘェ~、カッコいいですね🎵
センスがいいです。

No title

weirdoさん、インタヴューがありましたか。
有難うございます。
当人の証言だから、やはりベース参加ということだったんでしょうね。

Mac Macleod、日本では聞かない名前だったけど、wiki を読むとかなりの有名人だったんですね。

No title

tomozoさん、センスがいいというか、かっこいいですよね。
こういう埋もれた人たちが世界にはまだまだたくさんいるんでしょう。

ナイス有難うございます~

No title

> sho*ha*ng*5さん
メンバーの出入りまで
詳しく記録されているって
几帳面さが出ているバンドなんですね。
音楽関係のつながりがすごいですし、
ボズまで在籍していたなんて。
紹介ありがとうございます。

No title

こんにちは、

山咲さくらちゃん姉妹堪能しました。

動くJack Downingの出で立ちが、マカロニウェスタン時代のイーストウッドばりにカッコいいですね!

Mac MacLeod、どこかで見た名前と思ったら、後にデンマークのハードサイケバンドHurdy Gurdyに参加する方ですね。

No title

素晴らしい景色!

私がshoさんのご近所に行ったら、「きゃ~~~!綺麗!素敵!」とか言って
大騒ぎしますよ(^^ゞ

あ~、早く花見がしたーい!

イケメンさんですね。

No title

まりっぺさん、いや、これは関わったミュージシャンの記録のみなので不十分です。
どの時点で誰がいたのかの記載がないと使い物になりません。

シングルの時代は、スタジオミュージシャンが関わることが多く、クレジットがないんだけど、新しいロックが生まれてアルバムの時代になると、細かいクレジット表記がなされるのが普通でした。
ジャズのアルバム同様のことがロックの世界でも起きるようになったんです。

ナイス有難うございます~

No title

nicohoiさん、Hurdy Gurdy なんてバンドをよくご存じでしたね。
さすがです。
ボクは Mac MacLeod のこともそのオランダのバンドのことも今回調べて初めて知りました。
ドノバンの The Hurdy Gurdy Man は知ってたけど、このバンド(というか旧知のマック)のことを歌った唄だなんてのも今回初めて知った収穫でしたよ。

ナイス有難うございます~

No title

Irisさん、ははは~じゃあ来年はいらして大騒ぎしてください~

ね、この人かっこいいですよね~

ナイス有難うございます~

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

showhanng55

Author:showhanng55
マイナーな60年代ビートミュージックと駄洒落、読書レビュー。

月別アーカイブ

全記事表示リンク

フリーエリア