FC2ブログ

記事一覧

釣ったバスを食う・・・The Koobas(Kubas)

好天に誘われて、4日ぶりに外に出た。

こんな海だった。















この海の色を見てたら、昔買ったレコードを思い出した。














このジャケはとても気に入っている。


オールディーズ扱いだった60年代ビートミュージックが、メインストリームロックシーンへのアンチテーゼとして本格的に見直され始めた初期のレコードだ。

Koobas はこのコンピで初めて知った。

マージーバンド出身ながら、67年ごろからサイケバンドに変身したというので興味を抱いた。

今では普通にこのバンドのことも知られているので、余計なことは省く。

知らないという人は下記の日本語記事にアクセスしてくれ。

ほぼ Wikipedia の記述と一緒だ。

付け加えると、改名の由来は、ビートルズのツアーに同行したとき、開演時間に遅れそうになったので「間に合わん~空バスを探せ~」と言ったのがきっかけだそうだ。






このバンドの面白いところは、あんまりマージーバンドらしくないサウンドの持ち主だということ。

どちらかというとロンドンバンドの音に近い。




ボクには Kubas と綴っていたデビュー盤の I Love Her が一番しっくりくる。





で、実は、動く映像を見つけたのでそちらをご覧いただきたかったのだ。

22分もあるので時間の許すときにご覧ください。






















子供たちってのはいいなあ~







スポンサーサイト



コメント

No title

ヒットものでないブリット・ビート・コンプの先駆けとしては、DeccaのHard up heroesZ(2LP)が1974年に出ています。

The Rocking VickersのI Go ApeやBirdsのLeavin 'hereも収録。Vickersには、British Punk band、との形容もあるし、ナゲッツからの影響ががわかる。

日本発売もされていますが、ライナーは差し替えてあり、あまりインパクトはなかったかも?

1974には、UAからMersey Beat '62-'64 2LPもあるのですが、聴いていないので、保留しておきます。

しかし、1976年、やはりUAのBeat Merchants 2LPになると、セクトやBeat Merchants(バンド)等が収録されていて、ビート・エラの強烈さがはっきりとわかります。編者は後にレイダー、Demon(エドセルの親レーベル)のアンドリュー・ローダー(調べたら先のMersey beat 2LPもそうですね)。

No title

同じ1976年、アメリカではグレッグ・ショウ先生のライナー付のプリティーズ・ベスト2LPが出ていて、USの60's PunkとUK Beatは、パラレルであったという認識が示されていました。

きっと、1976あたりからそんな風がふいていたのだなぁ、と考えてます。

No title

> sho*ha*ng*5さん
空バス
sho*ha*ng*5さんの
遊びこころにナイスと
座布団1枚 差し上げます。
koobas 紹介ありがとうございます。
また、男の子たちは
スマホ片手にレアなモンスターが
埋まっているか 捕獲できるか
チェックしているんでしょうか?
ボケでm(__)m

No title

おぉ('∀`) 清々しい青さに子供達♪癒されそう~♪
この記事にどこに食うバスが~~~と長く考えてたら
Koobasだったのね(^_^;)
空バスを探せ~だなんてやはりダジャレを;
この曲がデビュー盤なのね~♪軽快で気持ちいい♪
メンバーそれぞれ違うトコでの活躍が有名みたいだけど
こっちがタイプかも♪♪

No title

その子ども達の画像いいですね♪
子供はみんな、未来の希望です。

すっかり春の様相で、温かそう♪(´∀`)
私も釣りかと思った・・(´・ω・`)
釣りの話も好きなんですけど~(釣れないけど)

No title

weirdさん、74年にデッカからですか~!
それは先駆的なコンピですね。
全然知りませんでした。
UAで、Mersey Beat '62-'64 2LPがあったのも初めて知りました。
内容が気になるところです。
1976年のUAのBeat Merchants 2LP のことは昔教えてもらいましたね。
写真は観てないけど、話は覚えてます。

Cramps が本格的に始動したのも76,7年ごろなので、この頃からビートロックに根差したアンチメインストリームの動きが目につくようになったのかもしれませんね。
この時代、ボクに限って言えば、ロックに見切りをつけてジャズに逃げ込んでいたけど、戦前ブルースやレゲエに走った人も多かったので理由は同じだと思います。
79年だったかな?? Seeds の復刻盤を手に入れた時、そのライナーで初めて「ガレージ」という言葉を知ったので、80年代前後に、ビートミュージックの見直しが本格的に始動したんだろうと思ってます。
ボクは82年までは点でしか知らなかったので、流れがはっきりしてきたのを推測でしか語れないんだけど。

No title

まりっぺさん、おお~座布団2枚くれるかなあ~と思ったのに~ケチなんだからもう~

子供たちって、穴掘りが好きですよね。
ボクもこのくらいの年の時、夢中になって穴掘りしてたのを覚えています(笑)

ナイス有難うございます~

No title

joeyさん、なんで長く考えるんじゃ~
このバンド、長く続いた割りにはパッとしないんだけど、このデビューシングルは大好きです。
B面の Magic Potion は Open Mind と同名異曲だけど、マージーテイストに溢れてます。

ナイス有難うございます~

No title

Irisさん、20年近く前まではこの海で、キスの投げ釣りができたんですよ。
もう船に乗って沖に出ないと無理だけど。

子供たちの画像って、心暖まりますよね。
禁じ手です(苦笑)

ナイス有難うございます~

No title

こんばんは、

区バス(KUBAS)、都バス、リバプールの波止場す!

空の色もジャケの色も素晴らしいですね。

1983年頃、まだKOOBASは知りませんでした。

No title

nicohoiさん、ははは~駄洒落好き歓迎です~

このジャケの青さ、いいですよね。

日本でサイケやビートミュージックと言った60年代の音楽が再評価さるのは90年代に入ってからだと思うので(ロックマスコミと縁がないので推測だけど)、80年代に知っていたのは一部マニアだけです。

No title

2 LPのインフォ↓
http://991.com/Buy/ProductInformation.aspx?StockNumber=488336&PrinterFriendly=1

Bill Harryのコメント↓
http://www.triumphpc.com/mersey-beat/a-z/liverpool_sound.shtml

いま思い出したが、ナゲッツ・サイアー再発も1976年だから、確実に風がふいていたはずですが、まだわからなかった…

1977以降は、UKでも、かなり出ていました。
1977年Sectのチャーリー盤(Punk from the vault)
1978年ローダーのレイダーから、13th Elevators、
1979年レイダーから、Shadows of Knightのベスト、プルーンズのシングルも…

No title

weirdさん、有難うございます。
内容を観たら懐メロとは無縁の本格的編集じゃないですか~!
74年に現れたなんてすごいことです。

ビル・ヘイリーのコメントアドレスは、ボクの記事になっていて、ありゃ~でした(爆)

70年代後半、そんなに現れていたんですか。
70年代半ば過ぎから、流れが徐々にできて来たという認識に間違いはないですね。

No title

おはようございますヾ(@⌒ー⌒@)ノ
いつもありがとうございます

相変わらず訪問が遅くなってゴメンネ(〃▽〃)
子供たちの砂遊び
幼少の頃の兄弟姉妹の思い出が蘇りました
良いですね。。。

No title

デビュー盤の I Love Her良いサウンドですね^^

ライブ映像も熱い雰囲気です^^

ナイス!

No title

ゴールドさん,I Love Her、かっこいいですよね。
マージーサウンドとロンドンサウンドが絶妙にブレンドされてます。

彼らのライヴ映像を見るのはボクも初めてなんですよ~

ナイス有難うございます~

No title

こんにちは(*˘˘*).。.:*♡
外来魚で厄介者扱いのバスは食べれるのですね!
予想では白身のイメージですが、お味はいかがですか・・・
週の始まりです、お互い元気に今週も頑張りましょう。
今週もどうぞヨロシクお願い致します○┐ペコッ

No title

ケビンさん、ブラックバスを食べるって話をあまり聞いたことがなかったので、ボクも教わってへえ~でした。
味が気になりますよね(笑)

ナイス有難うございます~

No title

すぐに喰うバスってわかりましたよ!
だんだんShoさんのセンスに染まってきました (笑)。
The Kubas 初めて聴きました。
私もロンドンっぽい、という感じがしました。

ちなみに Gonksは、走り出したい衝動を止めるほうのサウンドとして使えるなあって思いました。脱力系なので (笑)。

No title

Mymbleさん、ははは駄洒落菌が感染しましたか~(笑)
リヴァプールを根城にしてたのは結成当初のわずかな期間だから、マージー色が薄いのかもしれませんね。

Gonks、そっちの方に使いますか。
これで、走り出したいときと止めるときの両方のサウンドが手に入ったわけですね(爆)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

showhanng55

Author:showhanng55
マイナーな60年代ビートミュージックと駄洒落、読書レビュー。

月別アーカイブ

全記事表示リンク

フリーエリア