FC2ブログ

記事一覧

中村文則「王国」・・・The Gonks




前回取り上げた中村文則「掏摸」の姉妹編「王国」。

今回の主人公は女性だ。

前回、圧倒的な悪の巨人として登場した木崎が今回もその存在感を誇示する。


この本を読む前に彼のデビュー作「銃」を読んだ。

それで分かったのだが、この作家は「熱」を描いてるということだ。

「熱」とは生きる証(あかし)のことだ。


「銃」では、ひょんなことから銃を手に入れた主人公が、無機物に過ぎない銃に異常な執着心を燃やし、生きる全てとなる。

「掏摸」では、掏るときの異常な高揚に生の証を主人公は感じる。


「王国」の女主人公は、木崎の同類の矢田の配下として、セックスを武器に権力を持つ要人たちにハニートラップを仕掛けている。

木崎の目から見れば、矢田は小物に過ぎない。

木崎の仕掛けた罠で、矢田は失脚するしかない。

主人公は、2人から逃げる決心をする。

しかし、木崎にはすべてお見通しだ。

あっさり捕まり、殺されようとするとき、木崎の子供を産みたいという熱が彼女の身内に澎湃(ほうはい)と滾(たぎ)ってくる。

それは、自分のこれまでの人生が、そのことだけにあった思えるような感覚、熱だ。

しかし、木崎はあっさり拒否し、「お前の人生と引き換えに、お前の命を助けよう」と助命する。

人生と引き換えに、というのは、犯してもいない、いくつのかの犯罪を女主人公に被(き)せるということだ。




「・・でも、何かを達成したとしても、あなたは虚しさを感じるだけでしょう」
「お前は何も分かっていない」
木崎が突然笑う。
「その時は、虚しさを楽しめばいいだろう。・・・それがこの世界の答えだ」





虚しさを楽しむほど、人はニヒリストにはなれない。

帯に「絶対悪VS美しき犯罪者」のコピーがあるが、悪の問題として読んでもいいのだけど、ボクは読み替えをお勧めする。

木崎を「国家」と読み替えてもいいんだけど、一番しっくりくるのは「歴史」と読み替えることだ。

歴史には善も悪もない。

単なる事実があるだけで、その事実も後世の人間が勝手に書き換えることができる。

書き換えた歴史を善だの悪だのと言って大騒ぎするのは後世の人間だ。

歴史そのものは無味無臭だ。

「掏摸」で木崎が吐露した「他人の人生のシナリオを書き換えることほど愉快なことはない」という言葉が通底する。























UKに Gonks と名乗るバンドがあったのを思い出した。

64年にデッカから Gonk Song c/w That Alrigt Mama を一枚だけリースしていて Gonk Song が不思議な味わいで聴く者を捉えるのだ。

バンド情報は何もない。

ボクがこのレコードを買ったのが86年だけど、いまだに不明。

Gonk というのは卵形の人形で、60年代のUKで流行ったそうだ。


同じ64年、USでロンドレーベルからDJ向けの非売品としてプレスされたそうで、ジャケ写真で人形の姿が分かります。

UKのB面はプレスリーナンバーだけど、USは違う曲。

A面だけ聴きましょう。























スポンサーサイト



コメント

No title

放熱の証、と言う言葉があります。

生きるとは、即ち、熱量の事、、

熱の高さが生きた証となって、記憶に残るのでしょう。

歴史は無味無臭、、生きている語りべがいるうちは、そこに色はあります。しかしながら、書物になった史実、それは、物語に過ぎません。

でも、人はその物語によって、歴史を構築するものです。

と、何を言ってるのか意味不明でゲッツ!(笑)(^^)

No title

umeさん、今日は知的なウメさんを垣間見せましたね。
「放熱の証」、その言葉は知りませんでした。

歴史が物語になったとき、人は感情移入します。
だから「三国志」やヘロドトスの「歴史」にあれほど熱中するんでしょう。

ナイス有難うございます~

No title

事務員さん、主人公が女性なだけ、この本のほうが感情移入しやすいかも知れません。
ただ、「掏摸」の続編になるので、順を追って読んだ方が分かりやすいのは確かです。

No title

虚しさを楽しむほど、人はニヒリストにはなれないって
何だかクールでステキな言い回しじゃない~('∀`)
何だか無情な事が多そうな内容だけど、自分なりに解釈するのも
楽しいわね♪
卵ジャケの曲、コミカルな感じもあってジャケにあってるかも♪
にゃんこちゃん、お外で気持ちよさそう♪
壺に乗っかってるのかしら(?ε?)

No title

歴史に善も悪もない・・・その通りですね。
その後の人達が自分の都合のいいように、意味付けしてるんですよね。
まさしくビックヒストリー

中村文則って読んだことないんですよ。
要チェックですね!c⌒っ゚д゚)っφ メモメモ...

早い春に日向ぼっこかな(=^・^=)

No title

joeyさん、おお~目利きだなあ~
その言葉はボクのオリジナルです(笑)

この小説は様々に読み替えたほうが面白いと思います。

卵人形の曲、なんとなく面白いでしょう。
今日は晴れて陽が射してたので、にゃんこの機嫌も良かったんです。
ツボじゃなくて、陶椅子(焼き物、陶器で作った椅子)なんですよ~にゃんこのお気に入りなんです。

ナイス有難うございます~

No title

weirdさん、おお~30年ぶりに正体が分かりましたよ。
With her backing group, The Gonks, ・・の一文をTwinkleのバイオで見つけたので間違いないでしょう。
プロデューサーも同じ Tommy Scott で一致するし。
感謝です。

デヴィッド・グーディスを調べる気になっていま調べたら、トリュフォーの「ピアニストを撃て」の原作者なんですね~
先日、ブロ友さんのところでこの映画の話をしたばかりだったんです。

No title

Irisさん、ビッグヒストリーを読んでるから、なおさら同意したくなるでしょう~

ボクも教わって3冊目なんだけど、独自の世界観を持ったとても面白い作家です。
しばらくは追っかけそうです。
とても若い作家なんですよ~!

おっ、俳句で来たな~上の句がないけど(笑)

ナイス有難うございます~

No title

70年代のプログレバンドと違いGONGでした(笑)
小説ってヤラシいんですよね~、悶々とするんですかね?
内容じゃなくてそっちばかり気になります。悶々としてます(笑)

No title

tomozoさん、プログレは苦手なんだけど、「ゴング」は名前だけは知ってます(苦笑)

で、次のコメントの意味がよく分からないんだけど、悶々箇所だけを拾い読みして終わり~ってことですか(笑)
残念ながら、濡れ場と言えるような濡れ場はこの小説にはないですよ~

ナイス有難うございます~

No title

中村さんの本の感想のところ、すごい読みたかったですが、
いずれ読むつもりなので、それまでとっとこうと思います。
ということで、頑張って飛ばしました~。

Gonks は、脱力系ソングですね。
Gonk というサウンド自体もなんだかとぼけてて、かわいいです。
結構好きかもと思いました。
走り出したくなったら、これを聴くとよさそう (笑)

No title

今日図書館に行ったらどっちもあったので借りてきました~
読んだら感想勝手に書き込みに来ます( ̄Д ̄)v

No title

Mymbleさん、あら、すっ飛ばさなくても影響しなかったのに~

この曲、なんかよく分からないけど面白いでしょう~
ジョギングの友になるかなあ~(笑)

No title

事務員さん、おお~借りられましたか~
順番に読んだ方がいいですよ。
楽しみに待ってるからねえ~

No title

こんにちは、
トゥインクル、トゥインクル♪
Twinkleのバックバンド、只者ではないと思ってました。
The Gonksだったんですね。
Twinkleのシングルは高いので、1993年発売のコンピCD「Golden Lights」で我慢してます。

猫ちゃん、撫でたくなる毛並みですね!

No title

nicohoiさん、Uに New Musical Express 出演時の Terry の映像が挙がってるけど、あのバックが Gonks なんだろうと思います。
確証はないけど、時期的に一致してるので、多分。

オリジナルシングルは高価なんですか~

猫、去年の10月まで3匹いたのに、いまはこの子だけです

ナイス有難うございます~

No title

読み終わりました で ここに来てshoさんの文あたらめて読んだら
自分・・・そんな・・・理解力がないことに気がつきました
すごいねshoさん ここまで読んで理解できるなんて・・・

事務員は「木崎怖い」と「最後殺されなかった」というなんとも
小学生な感想でございます でも 面白かったです( ̄Д ̄)

No title

事務員さん、「王国」も読み終わりましたか~
こっちのほうが感情移入で来たんじゃありませんか??

1日2日、読後感をじっくり考えてみるのもいいですよ~

No title

これ、確かに不思議感のある曲ですね。この曲に惹かれたので、関連動画にあった That's all right, Mamma の方も聞いてみましたが、全然違うバンドかと思う仕上がりでした。

この本も、不思議な小説みたいですね。sho さんの所は、不思議な物でいっぱいだ~。

最後の猫ちゃん、日向ぼっこ、気持ち良さそう。

No title

なんだか笑えるニャンコちゃんに('∇^d) ナイス☆!!
充実した日曜日をお過ごしください
shohang5さんに感謝感謝ですm(_ _)m
(o・・o)/「風邪ひかないでくださいネ」

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

showhanng55

Author:showhanng55
マイナーな60年代ビートミュージックと駄洒落、読書レビュー。

月別アーカイブ

全記事表示リンク

フリーエリア