FC2ブログ

記事一覧

中村文則「掏摸(すり)・・・ Violent Femmes

一昨日の夜中に酔っぱらってアップしたら、新着欄に表示がないということなので、再アップする。

いつもの新記事と違い、異常に訪問者が少ないと思ったらそういうことらしい。

酔ってたのでどこかいじったんだろう。








US在住のブロ友さんから、刺激的な作家とバンドを教わった。

中村文則。

02年、新潮新人賞で登場してきたので名前だけは知っていた。

当時ボクはまだ竹林の七賢を気取った生き方をするには生臭い人生だったので、名前を知っただけで、読んだことはなかった。

その後世間への興味を失ったので、そのまま忘れてしまった。

ブロ友さんの書評がとてもよかったのと、英訳されてアメリカで賞を取ったというので図書館から「掏摸(すり)」を借りてきた。

一冊本だけど、読みやすい文章なので2時間ちょっとで読み終えた。

結論から言えば素晴らしい作品なのだ。

スリを本業とする主人公が、ある人物の支配下に入り、彼の命令に従う。

困難な仕事をやり終えたあと、主人公はその人物に撃たれる。

理由は、自分は他人の人生の筋書きを書く人間で、その筋書きによれば「お前はここで死ぬことになっている」という理不尽なもの。

ところがどっこい、主人公は生き延びたかもしれないのだ。

あるいは死んだのかもしれないが、書かれていない部分をどう想像するかで、この小説の読後感はずいぶん違うと思う。

他人の人生の筋書きを書けると豪語する人物は、ある意味神=悪魔だ。

全能の力を持っているということになる。

だからラスト、主人公が生き延びるのか死ぬのかで、この小説の解釈は180度違うことになる。



主人公は、子供時代から、塔の幻を見る。

塔は荘厳で、主人公の意識に影響を与えるけれど、モノを言わない。

ただ黙って立っているだけだ。

神の言い換えと思ってもいい。

神は黙って見ているだけで、人間世界に介入することはない。

高校のとき、遠藤周作の「沈黙」が発表され、ボクは受験勉強そっちのけで読み耽った。

マーチン・スコセッシが窪塚洋介を起用して映画化したと知った。

窪塚洋介は90年代かな?? 小雪と共演した「コインランドリー」でファンになった俳優さんだ。

若いのに滅茶苦茶演技が上手かったので好きだった。



酔ってきたせいか、論理的思考とは無縁の評になったが、「教団X」で、神=悪魔の問題を真正面から取り上げたらしいので、読まなくちゃいけない。





アメリカ在住のブロ友さんに教わったのが Violent Femmes。

アメリカでは80年代、滅茶苦茶流行ったみたいだが、日本で流行った形跡はない。

当時のメインストリームサウンドから外れていたせいだと思う。

ブロ友さんもアメリカのハイスクールに通っていたので流行ったのを知っていたのだろう。

洋楽に関する限り、日本のマニアックなファンが世界の最先端だと言っても過言ではない。

ただ残念なことに、圧倒的大多数の日本の洋楽ファンはメインストリームの音にしか興味がない。

この落差を何とかしてくれえ~~


あまりにアルバム数が多いので、ベスト盤しか聴いてないが、Half Japanese を思わせる Kiss Off と Gone Daddy Gone が特に気に入った。

他に気に入った曲もたくさんある。

再結成され、USのドラマに音楽が使われているので人気が再燃してると教わった。



Kiss Off。





















この本を紹介してくれた Mynble さんのコメント。
一日置いて現れたので、最初の記事は消す。
他にも何人かコメントを書いてくれた方がいたのだけど、申し訳ありません。

「なぜかこの記事が新規記事のところに表示されず、もう少しで見逃すところでした。
こんな風に紹介していただいて嬉しいです。
中村さん、私も「掏摸」、日本で買って帰ります。
すっかり彼の世界観に魅せられてしまいました。

「沈黙」は私は大学時代に図書館でバイトしていて見つけて、
読みだしたら止まらなくなり、仕事そっちのけで読みふけってしまいました。
どんな映像になるのか興味がありますね。
たぶん西洋側の解釈になるのだろうか。

Kiss Off は一番好きな曲なんですよ。
でも歌詞を見ずに歌っていたので、歌詞つきでみて、
あ、こんなこと言ってたのか~と新鮮でした。」
スポンサーサイト



コメント

No title

この作家は教団Xですかね、、お薦めできる1冊ですね!

紹介のは未読だけど、面白そうですねー!チェックチェックですな!

このバンドも知らないなぁ~、確かにマニアックさは日本人が一番だと思いますね!日本でしか売れていないバンドもあるし、人が知らないのを掘り下げるのが好きな人種かも(笑)!僕はAORならば詳しいけど、やっぱり、ここらのは全然、分からないです。

No title

umeさん、その「教団X」を昨日借りに行ったんだけど、なかった。貸し出し中みたい。
代わりに「掏摸」の兄弟編と言われる「王国」を借りてきました。
今夜読みます。

60年代ソウルの世界では、日本とUKが世界でも群を抜いてます。
アメリカ人が日本からの情報を欲しがる逆転世界です。
AORはボクのほうが全然分からないよ~(笑)

ナイス有難うございます~

No title

日本の作家さんでアメリカで賞を('∀`)!
初めて知ったけど、読んだ最後の解釈で感想も変わりそうで
面白そう~♪
Violent Femmesはカルト的な人気があったって聞いてて
実際に曲は聴いた事が無かったけど
フォーク・パンクのようなアシッド感もカッコイイわね♪
この辺りの音は好きなほうだわ♪
メインストリームの音か~('∀`) いい曲だと思う曲もあるけど
衝動にかられたような生々しい音のほうが好きだわ♪

No title

joeyさん、そうなんですよ。
この作品はノミネートだけで終わったみたいだけど、英訳された他の作品で賞をもらってます。
すごいですよね~!
すこし追っかけようと思う作家さんです。

Violent Femmes、現在までに9枚のアルバムがありますね。
イチバン新しいのは昨年。
とてもかっこいいバンドだと思います。

作りこんだ音は好きになれないので、どうしてもraw な音に惹かれますよね。

ナイス有難うございます~

No title

中村文則さん、知らなかったので、ウィキで調べました。まだ若いのに、(作品に対してではなく)作家としてアメリカの賞を取ったのですね、将来は、ノーベル文学賞も夢じゃないかも。

日本よりアメリカで高く評価されているのでしょうかね。そういう作家さんがいても良いと思いますよ。これぞ、グローバリゼーションでしょう。

一曲目は、不思議なサウンドですね。
二曲目は、キャッチーですね。でも、一曲目の方が印象に残るかな。

No title

yan_yanさん、ボクもまだ1冊しか読んでないけど、とても才能ある作家だと思いました。
何作か英訳されてるみたいですね。
じきにフランス語やドイツ語にも翻訳されると思います。

彼らのサウンドはユニークですね。

Uに投稿されてる20曲のベスト盤、繰り返し聴いてます。飽きないんですよ。

ナイス有難うございます~

No title

中村文則さんは僕も名前だけ知っています^^

遠藤周作の「沈黙」は文庫に映画化の帯が付いていたので知ってます^^
Kiss Offのサウンド、ラフだけどクールですね~

Gone Daddy Goneもナイス!

No title

ゴールドさん、おお~ご存じの作家さんでしたか~!
アメリカ映画になった「沈黙」興味がありますよね。

最初の曲、こういうパンキッシュなスタイルに目がないんですよ。
2曲目は少しメジャーな匂いがするけど、それでもユニークな基本的姿勢は変わってないですね。

ナイス有難うございます~

No title

検索したら図書館にありました 次回借りてきます
さて事務員は読み終わった後どういう感想になるのか楽しみです

shoさん酔って更新とかするんですか?
酔ってるのにきちんとした文章ですよね
それとも酔ってるほうがはかどるのでしょうか・・( ̄Д ̄)

No title

事務員さん、おお~ぜひ読んで感想を聞かせてください。楽しみです。

酔っての更新、遅い時間の更新ならほぼ100%です(笑)
朝早く、予約投稿の記事は酔って夜中に書いてます(笑)
酔ってる方がまともな人間なんです(爆)

No title

> sho*ha*ng*5さん
↑酔ってる方がまともな人間ww
自虐的な表現に
sho*ha*ng*5さんの
人としての深さを感じます。

No title

まりっぺさん、ははは~ホントのことを言っただけなんだけどな~(笑)

No title

こんばんは(*´・ω・`)b
酒の上での失敗は僕は良く有りますね~(笑)
お互い今日も元気に頑張りましょう!
いつも、ありがとうございます🙇
ナイス凸

No title

ケビンさん、酒での失敗談には事欠かないですよね。
反省してもやっぱりお酒は止められないし(笑)

ナイス有難うございます~

No title

相変わらず悪天候が続く京都です

いつも来てくれてありがとうございますm(_ _)m

三月最初の週末

充実した日を過ごしてくださいね( ^^)/\(^^ )

今日も明日もファイト♪.o((◕ฺ∀ ◕✿ฺです㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿お願いします

No title

カノンさん、天気が悪いんだ~
こっちは2日おきって感じ。
昨日は悪かったけど今日は天気です。

ナイス有難うございます~

No title

こっち読み終わりましたー( ̄Д ̄)
最後生き延びたような気がしますが・・・また見つかって殺されるというその後の展開も想像できます
いま 王国の方に突入しましたが木崎怖いです・・・

No title

事務員さん、あっという間に読み終えられたでしょう。
木崎ってのは全能の悪魔だよね。

「王国」を読むと女主人公のバッグからナイフを掏る男が登場するので、生き延びたことが分かります。
ただ、彼の物語は「掏摸」で終わっているので、「王国」で生き延びたのが分かっても、「掏摸」の読後感は変らないです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

showhanng55

Author:showhanng55
マイナーな60年代ビートミュージックと駄洒落、読書レビュー。

月別アーカイブ

全記事表示リンク

フリーエリア