FC2ブログ

記事一覧

眠れぬ夜に・・・The Remo Four

寒いのでベッドにもぐりこんで本を読んでいたら、いつの間にか寝込んでいたらしい。

変な時間(1時半過ぎ)に目が覚めて眠れなくなった。

いつもなら、お酒の力を借りてまた寝るのだけど、目下禁酒中。

なのでブログを書いて予約投稿にする。




なんで禁酒かと言うと、金主がお金を貸してくれないので、お酒が買えずに在庫がなくなったからだ。

これを我が家の禁酒法と言う。



アル・カポネが有名だけど、エリオット・ネスも負けず劣らず有名だ。

なにしろ、エリーさんの夫でネスという人が毎週毎週マフィアと闘っていたのだ。

ボクは彼に感化されてネスコのコーヒーが好きになったのだ。































都内の電車は冬になると座席に暖房が入る。

酔って電車に乗り、お尻が温まってきてガタゴト電車が揺れると、ゆりかご時代を思い出して熟睡する。

山手線を睡眠電車にして、一晩中運行すれば大人気だろうに~といつも思っていた。

ボクのように、頑固な不眠症を患っていた人間でさえ、ころりと熟睡できたのだから。

環状線なので、どこで目覚めても安心なのだ。


熟睡するので、どんだけひどい目に遭ってきたか語りつくせない。


横須賀線の最終は東京駅23時51分発だが、その30分前に1本ある。

この電車は久里浜まで行くので、何度か横須賀のあたりまで乗り過ごして懲りたので、最終逗子止まりに乗ることにした。

反対行きの電車がある時刻じゃないので、タクシー代が7~8千円もかかるのだ。

逗子からだと2千円ちょっとで帰れる。

久里浜行きをやり過ごすためベンチに腰掛けたら、最終電車が通り過ぎてから駅員さんに起こされたのだ。

失敗は教訓の元。ベンチは危険だというので柱に寄りかかって待つことにした。

しかし、立ったまんま寝込んでしまったらしい。

やっぱり最終電車が出てから駅員さんに起こされた。





ギリギリセーフで最終電車に飛び乗ったこともある。

やはりぐっすり寝込んで終点で目が覚めた。

最終だから逗子止まり。

いつものように駅を出てタクシー乗り場に並んだ。

3、40分ほど並んでるうちに、タクシー乗り場がいつもと違うし、周りの風景も何となく違うのに気づいた。

2,3週間乗り過ごさないうちになんでこんなに変わったんだろうと不思議に思って頭(こうべ)を巡らせた。

と、駅の文字が目に留まった。


「西船橋」


え~!正反対の千葉に来てるじゃないか~と、酔いもいっぺんに覚めたのだった。

地理に不案内な人に説明すると、40年近く前に、神奈川方面を走る横須賀線と、千葉方面に行く総武線が東京駅で一緒(直通)になったのだ。



横須賀線と大船まで並行して走る東海道線の最終は23時54分だが、やはり40年近く前は鹿児島行きの急行「桜島」が24時頃にあった。

戸塚で降りるつもりでこの電車に乗った会社の先輩がいた。

目が覚めたら一面雪景色だったらしい。

なんと京都の近く、関ケ原まで熟睡していたというのだ。


酔っ払いと電車の話になると、誰でも笑い話の3つや4つは抱えているはずだ。

自分が体験したもっと恥ずかしい話は山ほどあるが、これくらいでいいだろう。
















逆さになって食べているメジロ君とメジロを追っ払いにやって来たヒヨ。






























再発見バンドの中でも Remo Four はもっとも有名になったバンドのひとつだ。

UKで芽が出ず、ドイツに行ったら人気バンドになった。

But I was cool。

初めて聞いたがとてもいい。


ドイツ語ちんぷんかんぷんのボクでさえ、女性アナウンサーが Remo Four と紹介しているのは聞き取れる.

なので、投稿者の記述は確信犯だろう。

騙されたリスナーが、どんなコメントを書き込むかひそかに楽しんでいたに違いない。

悪いヤツだ。





さてさて初めて聞くので、なんのCDに収録されてるんだろうと調べたが、見当たらない。

09年にドイツで発売された Beat Club の8枚組DVD、The Story Of Beat-Club: 1965-1968 vol4 に収録されているのが見つかった。

取り扱っているお店価格が1万687円。

欲しい人がいるかもしれないのでお店のサイト。

























スポンサーサイト



コメント

No title

ほんとに冬の電車ほど眠り心地のいいものはないかもしれないですね。
それにしても反対方向で西船橋とは!
もうそこまで行くと泊まりですよね。。。

Remo Four のやつ、コメント欄に Elmer Gantry (と、名乗る人) が「これ、絶対俺じゃない」って書いてあって笑っちゃいました。

No title

温かな床、心地いい揺れ、雑音・・・
こんないい催眠剤はないかも~
電車通勤の方は誰も失敗談があるのですね~
それを聞くのが大好物!(*^^)v
本人はそれどころじゃなかったでしょうけど。
人生に失敗は素敵なアクセントだと、後で分かりますね。

No title

sho*ha*ng*5さん
ご自身や、
会社の先輩の超乗りこし
エピソード 笑ってしまいました。
(失礼、m(__)m)
その会社の先輩
目が覚めたら 関ケ原?
タイムスリップでなくて、
良かったですね。
そこでRemo fourの泣く
パフォーマンスが
その先輩の気持ちを表して
ように思えました。
sho*ha*ng*5さんの立ったまま
寝てしまった。
やんちゃな感じが....
でも、良い思い出なのでは?
紹介ありがとうございます。

No title

まりっぺさん、立ったまま熟睡できる技の持ち主だったとはそのときまで自分でも知らなかったんですよ。
隠れた才能を発見した気分でした~(笑)

関ケ原まで行った話、これは当時超うけたのでいつまでも忘れないです。なんてバカなんだ~って(笑←自分のことは棚に上げて・・爆)

ナイス有難うございます~

No title

ハハハ!地理が分かるだけに笑える(^^)

西船橋は面白い!

あと、山手線の案は賛成(笑)!沢山のサラリーマンで大繁盛間違いなし!

昼間、昼寝しないように!また、夜、眠れなくなりますからね!

No title

酔っ払って寝過ごすことってよくありますよねぇ(笑)流石に終電の時は気が張っているので今のところは大丈夫ですが。
あとは電車で寝てしまってハッと起きて急いで降りたら一つ前の駅で降りたこともありますよ。まぁかわいい失敗ってなもんです^_^
But I Was Cool
カッコいいですね!!!クールでスタイリッシュです♪

No title

酔っ払いは得意ですよ。

東海道線では、乗り越し静岡。
常磐線では、水戸

起きたら深夜の東部動物公園なんてありましたが、最長は、仕事で大阪まで前乗りで最終で新幹線で行ったら、終電の博多にいました。屋台で飲んで開き直りましたが、やはり酒飲みはやりますよね。

No title

あははー(≧∀≦)
色々とやらかしてますねー(笑)
私も乗り過ごしエピソードは1つや2つ、
3つや4つはありますが(笑)
電車がない時はガッカリですよね(T_T)
西船橋まで行っちゃったとは、ちょっとした旅行ですね

No title

sidoさん、つわものだなあ~~~!
博多だなんて、関ヶ原の上を行くじゃありませんか(爆)

大体、静岡にも水戸までにも乗り越しませんって(大笑)
酒好きの勲章なんでしょうね

ナイス有難うございます~

No title

anzuさん、お酒が入ると、電車事件は誰でも起こしますよね(苦笑)

西船の記憶は強烈でした。
気付かずに、3,40分も並んでいた自分が馬鹿馬鹿しくなって悲しくなりましたよ

中山競馬場に一度だけ行ったことがあるんだけど、西船橋の近くだったかなあ??

ナイス有難うございます~

No title

おぉ('∀`) 酔っぱらいの電車でのエピソードって色々ありそう~!
男性は平気だろうけど、電車の中でグルグル回って何処へ行ったか
わからなくなるなんて怖すぎる~~!
チャンネルのコメント、困惑するのがもっとあるのかしら、と
思ったけど最初のが一番オモロイ('∀`)
Beat Club の8枚組DVD、高い~!!
これで観れなかったらかなりショックだわ;

No title

joeyさん、女性がそこまで酔うなんてみっともないけど、男はやっちまうんですよね。
後悔するのに、次の日にまた同じ失敗を繰り返すから馬鹿ですね(笑)

rare ってコメントも意味深で吹き出しましたよ(笑)

PAL形式って何のことか分からないけど、観れなかったらほんとにショックです

ナイス有難うございます~

No title

我が家の禁酒法でお酒が飲めないのは可哀そうですね^^


目が覚めて一面雪景色だったら逆に感動するかも^^

鳥さんも元気一杯~♪もナイス!

No title

ゴールドさん、おお~そうなんです~同情してください~(笑)

感動できたら大物だと思いますよ(笑)普通は慌てますね~

メジロとヒヨ、一日に何度も追いかけっこをしてます(苦笑)

ナイス有難うございます~

No title

え~?!結局どうやって帰ったんですか?面白いな~

電車の中で酔い潰れても安全に家に帰れる日本って凄い

shoさんのお宅の庭は、一足先に春になる感じですね。

No title

Irisさん、千葉の西船橋で目覚めたときは、タクシーでサウナに送ってもらって眠りましたよ。
鎌倉までタクシーで帰ったら3万円くらいとられる
そんなお金はないし。
酔いつぶれてカバンを盗まれたりとか、そんなことはないしね。

一足先に春か~湘南だからね。

ナイス有難うございます~

No title

㋔☆㋩☆㋵☆㋒ε(*╹◡╹*)з ございます

今日も㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿お願いします

ワタシも京阪電車で

京都大阪間を眠ったまま何度も往復してました~(//∇//)

急行なので誰も起こしてくれない



充実した一日になりますように

No title

カノンさん、お早う~

よっぽど疲れていたんだね。
昼間だろうからいいけど、夜は気をつけてね。

ナイス有難うございます~

No title

remo fourで調べると、違うバンドが出てきて、この奇妙なヴォーカルがいませんね~
違うバンドなんですか?
面白いバンドですが(笑)
置引きに遭わないように、気を付けてくださいませ。

No title

tomozoさん、Remo Four ですよ。
このヴォーカルの人は、Tonny Ashton で、普段はキーボードを弾いてます。

もともとリヴァプールのバンドで、ビートルズの同期生。
ビートルズと同じ頃スター・クラブに行き、そのまま居つきました。
UKではほとんど知られずに終わったけど、ドイツでは人気バンドです。
唯一のアルバムもドイツの Star-Club からのリリースされました。

幸い、置き引きに会ったことはないんです。
ラッキーだったのかな?(笑)

ナイス有難うございます~

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

showhanng55

Author:showhanng55
マイナーな60年代ビートミュージックと駄洒落、読書レビュー。

月別アーカイブ

全記事表示リンク

フリーエリア