FC2ブログ

記事一覧

坂口安吾と吉田秋生と釣り堀・・・The Vejtables

一番近い釣り堀まで、往復の電車賃740円+税かかる。

100円の撒き餌で釣れるので、時々利用する。

ブック・オフという名の釣り堀だ。

貴重本や専門書は落ちてないが、評判のいいエンターテインメント本なら、面白いように釣れる。

昨日釣って来た7冊。
















吉田秋生「バナナフィッシュ」。


ブロ友さんから勧められたので探しに行ったのだ。

11冊+番外編1冊、計12冊中7冊見つかった。

残り5冊、揃ってから読むことにする。


萩尾望都も2冊釣り上げたが、SFじゃなく、少女漫画の系譜だったのでキャッチ・アンド・リリースした。












じゃあ今日は何もなしか~ってわけにもいくまい。



坂口安吾。


いまじゃあ誰も求めないが、ボクが学生の頃まで、初版本の収集というのは魅力的な趣味だったのだ。

だから、このブログでも安吾の初版本は何冊か紹介している。


ボクがブログをはじめた頃は、洋楽カテゴリーでは、オリジナル盤コレクターの勢いが盛んだった。

近頃はあまり見かけなくなったので、下火になったのかな??


コレクションも時代によって流行り廃りがあるようだ。





さてさて、その安吾だが、「戦後無頼派作家」の1人として知ったので、若い頃「無頼派」に憧れるきっかけになったのだ。

しかし、こんなレッテルは安吾の素晴らしさを見失わせる結果にしかならない。



安吾ほど、女性心理の機微に通じている男性作家も少ないと思うのだ。

そのせいか、安吾に救われた、と心酔していた女性ブロガーさんもいた。

彼女の読解は、いつもボクには目から鱗だったんだけど、この5,6年、ブログから離れられたのが惜しい。




講談社文芸文庫に「白痴・青鬼の褌を洗う女」(89年刊)があり、その中に「木々の精、谷の精」という短編(掌編)が収められている。

戦前、昭和14年に書かれた小説だが、正面切って取り上げた評を見たことがない。

ボクはこの短編が大好きなので、誰か読み解いてボクを満足させて欲しいと思っている。




この世とは思えないくらい静謐な美しさをたたえた山奥の村があり、そこに半跏した弥勒像があって、不思議な微笑で見る者の心を捉えて離さないという。


弥勒像を所有する家の娘は不思議な娘で、ボクには彼女の心のありようが理解できないのだ。


縁談が持ち上がったとき、こんな美男子は生まれて初めて見た~と喜んで結婚を承諾したのに、祝言の1週間前、誰にも相談せずに断りの電話を入れてみたり、村の娘たちがどんなに美しいか、彼女たちが裸で水遊びしている場所に語り手(男性)を連れて行って自慢してみたり、病んだ少年の膿を吸いだしたり、そうかと思えば病んだ少年の姿が見えなくなり、人気のない沼のほとりで見つかったとき、「あの子死ぬつもりで沼を見つめていたんですわ。死んでしまえばよかったのに」と言い切ったり、聖と俗が混然一体となっていて、ボクは女性というものの不可解さに頭を抱え込むしかない。


弥勒菩薩の印象を「この仏像は悔恨とやつれを持っていないようだ。・・・直接深刻なものが微塵もない」と評していて、この短編のキーワードのように思われる。

実際、悩みも何もなさそうに見えるこの女性は、沼に身投げをしてしまうのだ。

そう言えば、女性を描くのが上手いパトリス・ルコント監督の「髪結いの亭主」でも、何の不満もなさそうに見えた奥さんが身投げをした。


娘の縁者で、語り手の友人の言葉、「山へ行ったら、例の君の愛人の弥勒の像に聴いてみたまえ。あれの語っていることが真相だね」


結局、人間の脆(もろ)さと、それの持つ妖しさということなのかもしれないが。

いやいや、男にとって女は永遠に謎、ということだろう。




























こいうときはサイケがいい。

Vejtables.

60年代半ばのシスコ(正確には近くのミルブレイって街のようだが、大雑把にシスコでいいだろう)のバンドで、ローカル人気があった。

コーラス重視のフォークロック路線から、次第にハードなサイケ路線になり、 ボクは勿論後者の路線のほうが好きだ。

Hide Yourself。


















スポンサーサイト



コメント

No title

Autumn時代のVejitablesと1966のそれは、路線も違うがメムバーが入れ替わっている(もう女性ドラマーも、ネド・ホリスもいない)ので、別バンドと考えた方がいいくらいですね。

Hide yourselfは、1966セッションの未発曲ですが、これも強烈↓
The Vejtables - Good Things Are Happening
youtube.com/watch?v=9yqOA_lo9mw

No title

こんばんはー!その通り!女性は分からん!ちゅーか、恐ろしく怖い生き物です(;・ω・)、分かりますよね!僕の事を苛める人達の事を!よってたかって、いたぶりつけられる(T_T)、何処にいても見つけて、イビってくるんですからね!

まぁ、いいや!それよりも坂口安吾の、この本、面白そうですな!読んでみたいとおもいましたよ!BOで買います!

そう言えば、あそこら辺はBOないですよね!

No title

umeさん、ははは~女性たちも喜んで付き合ってるんですよ~けなしながら楽しんでるんです。
それを可能にするウメさんのキャラって、稀有ですね。
自信をもってMになりましょう~(爆)

No title

坂口安吾と吉田秋生とThe Vejtablesが同時に出るのがオモロイ('∀`)
バナナフィッシュは最後が謎めいて終わるけど番外編もあったと思う♪shoさん、同性の友情以上でプラトニックな本は
男性だけど読める人なのね(笑)
本の内容は怖いけど沼とか湖ってどこか神秘的で
死を誘うような雰囲気がある作品が多いわよね('∀`)
Hide Yourself、ウネった感じもステキ♪♪

No title

joeyrさん、教わったので探してきました。
ひらで写ってる1冊が番外編です。
本編は11冊だから、あと5冊足りない。
読むのは全部揃ってからです。

安吾のこの小説、怖くないですよ。
不思議な静謐さに溢れてます。
だけど、この小説の女主人公の心理はさっぱり分かりません。
じょ~いさんもさっぱり分からないから、神秘的で素敵なんですよね

「ポーの一族」にはまって「風と木の詩」にまで手を出したくらいだからね。作品の上では抵抗感はないです。
現実なら金輪際ゴメン蒙るけど

このバンド、後期はとても素晴らしいと思います。

ナイス有難うございます~

No title

事務員さん、え~事務子ちゃんがそんなことを言うなんて~!
女性をもろに出してるお姉さまはどうなるんじゃ(笑)

あの映画見ましたか~
不思議な展開だったでしょう。
監督さんに会ったんだけど、時間がなくて真意を聞けなかったのが心残りです。

別のBOを除いて見つからなかったら定価で購入します・・じゃあ、ちゃんと定価で買え~って責めないでくれ^ボクは誰かさんと違ってMじゃないから・・(笑)

No title

女性は怖いですよ~残酷です・・・というのは「髪結いの亭主」実にフランス的、情け容赦ないです・・・傑作ですが、パトリス・ルコントさん意外に早く失速、残念です

釣り堀はごく近くにあります、あまり行っていなかったのが残念
講談社文芸文庫、何冊か持っています・・・典型的な積読
坂口安吾「風と光と二十歳の私と」これは読んだ記憶がある
坂口安吾というと奥さんがとってもいい女、さすがだ~と妙に感心したのを憶えています

No title

じゃむとまるこさん、おお~女性自身がそう言ってるんだからそうなんですね。

あの監督さんの描く女性って、女性の側から見ても納得でしたか??
ボクは彼とのツーショット写真がありますよ(苦笑)
実物の彼は、女性的な側面を多大に有しているなと感じました。

「クラクラ日記」ですね。
現在ではこちらの読者が多いみたいです。

No title

パトリス・ルコントが女性的というのはわかります。
たぶん女性でさえ気づいていない本質を描いていますね。
フランソワ・オゾンもそのあたりの洞察力は大変なものがあるのですが、彼は中身は女性ですから当然でしょう。

ルコントの描く女性、私は大いに納得ですが、その女性の真実の一面は女性自身が認めたくないものではないかな?と思います。

No title

女性の内面には、多角形のコアがあるように思います。
影と光の絶妙なバランスをとって、いろんな側面を見せる。
安吾はそれを繊細に表現する天才ですね。

Shoさんは腕のいい釣り師ですね。
良いお買い物です♪

No title

じゃむとまるこさん、ルコントの描く女性、男の観客が見たとき何となく分かったようで分からないのは、それが本質でもあるからですか。
なるほどね~

フランソワ・オゾンも評判がいいけど、映画は1本も観たことがないんですよ~

No title

Irisさん、そうなんだ~だから観音様になったり夜叉になったりするんですね。

男は安心しきって甘えていると、突然突き落とされるのでおたおたします(笑)

安吾はもっと違う読み方をされるべきですね。

おお~いい買い物をしたと言ってくれますか~見つけたときはやった~と小躍りしましたよ(笑)

ナイス有難うございます~

No title

吉田さんのこの本、読んだら、ぜひ感想がお聞きしたいです。
ずーっと気になっていましたが、まだ読んでないし、買って持っていくのは量が多いし。。。
坂口安吾、挑戦したけど、読めなかったのです。でも俄然、再挑戦したくなりましたね。青空文庫にあるかなあ。
坂口さんの本の女性は、いや、私も意味不明、と思っていましたが、「髪結いの亭主」のあの女性の心理は、私、よくわかります。というか、二十代の頃の私には、よくわかりました、と言った方がいいかなあ。幸せの絶頂で生をとめたい気持ちって、激しくて、そういう激しさに憧れていました。
そう考えると、坂口さんの短編もちょっと自分で読んでみたくなりました。何か発見したら追記します。いつになることやら。。。

No title

Mymbleさん,、もちろん読んだら取り上げるつもりでいます。
あと5冊揃わないと読み始められないんだけど(苦笑)

著作権切れの作品なので、ほとんど青空文庫で読めるはずです。
ボクはPCで長文を読むのは苦手なので読んだことはないけど・・。
プリントして読めばいいんだろうけどね。

なるほどね~そういう激しさが女性の中にはあるんですね~!
男だと、むしろもっと生きたいという発想しか生まれないんですよね。
とてもいいご指摘をいただきました。
有難うございます~

No title

お~バナナフィッシュありましたか~
一気読みしたくなりますよ~
こういうのを読むと私もまた漫画喫茶?行きたくなります
ガレージ・パンク・サイケとなるとわけわかりませんが
ご機嫌さは

No title

arisonさん、はあと5冊見つけて揃えたら読みます。
漫画喫茶、ってのには入ったことがないんですよね。

ジャンルの言葉なんかどうでもいいので、かっこいいと思ってくれたらそれでOKですよ~
ただ、こうくくられるマイナーバンドにかっこいい音が多いのも事実なんです。

No title

こんばんはヾ(=^▽^=)ノ
ここ数日今シーズン一番の冷え込みで各地は積雪で非常に寒く辛いものがございます。
無理をせず暖かくして、ゆっくりとお過ごしください。
どうぞお風邪など召しませぬよう、お体を大切にお過ごし下さい。
ご訪問とナイスいつも、ありがとうございますm(_ _)m
ナイス凸

No title

バナナフィッシュは20年くらい前に読んだ事あります^^

当時はA4サイズの大判コミックだった気がします^^

サイケな♪もナイス!

No title

ゴールドさん、おっ、読みましたか~
人気漫画のようだから、判型を変えて何度か再刊されてるんでしょうね。

ナイス有難うございます~

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

showhanng55

Author:showhanng55
マイナーな60年代ビートミュージックと駄洒落、読書レビュー。

月別アーカイブ

全記事表示リンク

フリーエリア