FC2ブログ

記事一覧

12月だって~!・・・Neon Pearl/Please/The Flies




今日から12月だ。

誰が決めたのか知らないが早すぎる。

普通列車で走っていたはずなのに、新幹線「のぞみ」に乗り替えたような速さだ。

こんな速さに、ボクの体はついていけない。

だから、今年は歳を取るのを止めることにした。

ひとりぐらい、わがままを言って温泉につかる間列車を止めてもいいだろう。

そう決めたら、朝まで降っていた雨がぱたりと止んだ。

神様もパタリロのファンなのだ~


あっという間に雲ひとつない快晴になったので、海の写真を撮った。

家に帰ってお昼を食べていたらメジロとホオジロがやって来た。

この冬も狭いわが庭が賑やかになるなあ~と嬉しくなったのだった。





前回、マルコム・ゴドウィンという人の「天使の世界」という本を紹介した。

図版だらけの本だが、歴史的な宗教画だけでなく、ZEPのポスターも収録しているのだ。

そのポスターがこれ。

















60年代半ば~後半のサイケの時代に有名になった画家、スタンリー・マウス(Stanley Mouth)の作品。

ZEP側に依頼された公式ポスターじゃないが、ZEP側は積極的に活用したという。

Family Dog と名乗ったアーチスト集団の1人で、現在ではニューヨークほかの近代美術館に作品が収録されている。

サイケやロックの世界では有名人の1人。

数々のロックアルバムに作品が使われている。

Family Dog の一員、Alton Kelly とはある時期共同作業していたということだが、本のクレジットにはケリーの名前が並んでいるものの、ZEPのポスターを扱っているサイトではマウス1人の名前しかない。

マウスを扱った wiki の記事では、デッドの有名な2枚組ライヴ盤のジャケ写真を添えているが、ボクの持ってるレコードを調べたところ Kelly 1人のクレジットしかない。

よく分からないが、それでいいのだ~バカボンのパパ。















と、ここまで来れば、ZEPの曲が流れるだろうと思うかもしれないが、そうは問屋が卸さない。



メジャーバンドをやったばかりなので、いつものようにマイナーバンドで行く。

と言っても Gun やT2のメンバーだった Peter Dunton はそれなりに有名な人らしい。

邦盤の Gun の2枚目が当時(69年)のものなのか、CDの時代になってから発売されたCDなのか、分からないが、日本でもそれなりに有名人なのだと思う。



















細かく話すとうだうだしくなるので全部はしょって、今日取り上げる Neon Pearl と Please のこと。

Neon Pearl はダントンのプロ生活最初のバンドで、結成直後の67年6月からドイツのジーゲンという街でハウスバンドをやり、11月に帰国してからレコーディングにはげんだ。

リアルタイムでは一曲も日の目を見なかったが、今世紀初めに日の目を見た。

写真のアナログ/CDには8曲も収められていて(うち2曲はホームデモということだが)、随分録音したんだな~とびっくりだ。

全曲メロウなサイケだけど、なかで気に入った What You See を。







このあと Please というバンドになるが、このバンドでも1曲も日の目を見てない。

が、同じように90年代末にアルバムが現れていて、このバンドでも随分レコーディングしていたんだなあとびっくりだ。

気に入った The Story を。




このあと一時期 Flies に加わっていたことがあって、実は今日の目玉商品。

と言っても、ダントン加入以前の1st シングル。

I'm Not Your Stepping Stone。

いろんなバンドが取り上げている有名な曲だが、彼らの演奏はポール・リヴィアとレイダース・ヴァージョンと並んで好きだ。

ボクの趣味は、結局この路線に落ち着くのだ(笑)




















スポンサーサイト



コメント

No title

こんばんはー!二曲目が好きですね!この時代にしては、ヌケの良いサウンドですよね。しかし、知らないバンドばかりで恐れ入る(笑)。余程、好きじゃないと、ここまで知らないですよ!最も時代が違うだけで僕も似たようなもんかも知れませんけど(笑)、雨上がりの湘南もいいんですよね~~、誰か行ってくれる人、探さなきゃ(^-^)

No title

umeさんの取り上げるバンドを見てると、2曲目が好きってのは納得です

人それぞれ好きな世界があるから~(笑)

ナイス有難うございます~

No title

このポスターの事だったのね('∀`)
どれの事なのかな~と思ってたけど謎がとけたわ♪
確か、この辺りのアートをポストカードにまとめた本があるから
詳細を見てみよう♪
今日知らないのはNeon PearlのWhat You Seeって曲。
メロウな感じで好きかも('∀`)
他のは持ってる
The FliesのI'm Not Your Stepping Stoneが今日の中で
一番カッコイイと思うわ♪

No title

joeyさん、おお~クレジットがどうなってるのか教えてくれますか~

えっ、意外とメロウ路線もいけるんだ~
ママちゃん好みかな??と思ってたけど・・。
Uで全曲聴けるので聴いたけど、ほぼこの路線です。
Please まで持ってるとは驚いた~!

そうなんだよね~I'm Not Your Stepping Stone のような路線からは離れられないよね。

ナイス有難うございます~

No title

私の持ってる本はThe Art of Rockって本だけど
デッドのほうはFamily dog #26で二人のクレジットに('∀`)
ここにも↓
http://www.classicposters.com/Grateful_Dead/poster/Family_Dog/26
ZEPは載ってなかったわ('∀`)

No title

joeyさん、早速ありがとうございます~
やはり2人のクレジットがちゃんとあるんですね。

レコードには Artwork:Kelly としかないんですよ~
共同作業中は、主体になったほうが代表してクレジットを残したということなのかもしれませんね。

クレジットの問題はよく分からないけど、一応2人の作品だということが分かったので収穫です。
有難うございます。

ZEPが作られた経緯が分からないんだけど、オフィシャルじゃないと言うので収録されてないんだと勝手に解釈しておくことにします(笑)

No title

weirdoさん、おお~こんな映像まであるんですね。
2人サインを自慢してるから間違いないですね。
レコードでは、やっぱり1人を代表クレジットにしたと捉えたほうが良さそうですね。

そうだ~言われて気がついた。
2人の共同作業は80年代後半の一時期のはずだから、kelly の名前まで加えてるのは、マルコム・ゴドウィンのミスですね。
疑問氷解です。

紙ジャケ再発ってことは、リアルタイムでは紹介されてない可能性もあるってことですね。

No title

weirdoさん、追記:
CDの時代になって、初めて紹介されるケースでも帯をつけることがあるんですか??
そうでなければアナログ時代の再発ってことになるわけだけど・・?

No title

基本的にCD紙ジャケは、LPを擬しているので、付けるのが普通です。

新しい帯もあるし、マニア向けに昔の帯を復刻する場合もあれば、未発売のタイトルはそれらしい「妄想帯」(©ユニオン?)が作られることもありますが…

まあ、この場合、伊藤正則監修の統一シリーズなので、新しい帯ですね。

No title

私はこの本が超気になるな~
図版だらけっていうのに興味津々
もう中古でも手に入らないでしょうね。

私は1曲目!ねっちょり感がいいね。
ちょっとMUSEにカヴァーしてほしいくらい。

No title

sho*ha*ng*5さん
ステッピン・ストーン
一番取っつきやすいのが、
モンキーズ。
黒っぽく感じるのが
レイダースとフライズでしょうか?
この曲で競作?
とても。興味がわきました。
紹介ありがとうございます。

No title

Irisさん、93年発売の本だから古本で安く買えますよ。
新品だと高い。

中世のテンペラ画から始まって、本の半分は天使と悪魔の絵で埋まってます。
一部小難しい箇所があるけど、そこはすっ飛ばして読んでも問題ないので、楽しく読めます(眺められます・・笑)。

1曲目できたか~2曲目とどっちが好みかなあ??と思ってました。
今風に演ると、ミューズの世界に近いのかな??

ナイス有難うございます~

No title

まりっぺさん、そういうことになりますね。
いわゆるロックと言われる人たちも演っているので、解釈しやすい曲なんだと思います。

ナイス有難うございます~

No title

Deadのアルバム・デザインは、1966ポスター(Mouse&Kelley)をKelleyがUp dateしたので、彼単独のクレヂットになっているそうです。

確かに、よく見ると微妙に違う。

Gunのシングル「悪魔天国」は発売されていました…アルバムは?
まだCBSソニーの時代ですね。
http://img21.shop-pro.jp/PA01354/443/product/102021652.jpg?cmsp_timestamp=20160509165435

Punk界でもSteppin stoneは有名…

UK Punk篇
Sex Pistols - Steppin stone 1976
youtube.com/watch?v=h93FghwTC_Y

ハードコア篇
Minor Threat - Steppin' Stone
youtube.com/watch?v=U0uSGsB59ko

No title

weirdoさん、おお~謎が解決しました。
有難うございます~

違ってったけ?? 後で見比べてみます。

「悪魔天国」見ました~
これもよく分かりましたね。
さすがです。有難うございます。

やぱり日本の洋楽事情って凄いですね。
リアルタイムでしょう。
邦盤CDの曲名を見たら、2曲だけ邦題、他はカタカナなので、アルバムは発売されてないんだと思います。

実はピストルズもMinor Threat もUを探したとき、隣にあったので先に聴いちゃったんですよ。
Minor Threat はお初バンドなんだけど、途中が日本語に聞こえてきて、 Dead Kennedys の Chemical Warfare を思い出したので含み笑いをしたのでした。

No title

今年もホントにあっという間でしたね^^

天気の良い海も最高~

力強いサイケ音楽もエスニックで良い雰囲気です。

スタンリー・マウスの絵もナイス!

No title

ゴールドさん、1年が経つのはほんとに早いですね。
年々早くなって困ります(苦笑)

こういうのもいけるクチでしょう~お酒か~(笑)

ナイス有難うございます~

No title

What You See・・・映像の中に入っていきました~
デッドのこのアルバムっていうかイラスト大好きです
please悲しい~

No title

京都の紅葉も終宴を迎え…もう師走~
風邪、インフルエンザなどなど
体調を崩さないように( ^^)/\(^^ )気をつけてください
12月もよろしくお願いします
充実した週末をお過ごしくださいね

●●●●●●●

No title

arisonさん、映像を見てるだけでトリップするよね(苦笑)

デッドのこのへんが大好きなのは知ってますよ~

上手く聞き取れないんだけど、悲しいストリーなんですね。

ナイス有難うございます~

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

showhanng55

Author:showhanng55
マイナーな60年代ビートミュージックと駄洒落、読書レビュー。

月別アーカイブ

全記事表示リンク

フリーエリア