FC2ブログ

記事一覧

覆面ビートルズ・・・The Brumbeats/The Merseyboys




10月最後の日。

石蕗(つわぶき)の花が咲いた。

この花が咲くと、天秤のおもりが冬に傾くのを感じる。

「艶蕗」と書くのでも分かるように、葉っぱが艶々(つやつや)しているのでこの名があるという。

昔から美容にいいとされていて、つやつやお肌を保つのに使われていた。

爺婆になると肌が衰えてくるので、もういちど、あんな艶々した肌に戻りたいと誰しも願う。



フランス人は美容に敏感なので、爺婆しい人でも若返るよ~とジバンシーという会社が美容クリームに仕立てて売り出している。































リヴァプールの街で盛んだったビートミュージックは、バーミンガムの街でも盛んだった。

リヴァプールとは比較にならないほど小さなシーンだが。

Applejacks が代表格になるのかな?

リヴァプールのビートシーンを mersey beat と言うので、対抗して brum beat と名付けられた。



64年6月、この街のビートバンドにデッカが目をつけ、契約した。

このときデッカは、バーミンガムのバンドらしく Brumbeats というバンド名に変えろ、と命じ、この名前で1枚のシングルをリリースした。

それが今日紹介する I Don't Understand、ベースとヴォーカルの2人で書いたオリジナルだ。




お聴きのように、ビートルズを感じさせる名曲。

全英ヒットにはならなかったが、バーミンガム周辺ではよく売れた。






そのせいだろうが、ビートルズを逃がしたデッカの怨念は、彼らにビートルズソング15曲を歌わせて The Merseyboys の名前でアルバムをリリースしたことだ。

USでもリリースされ、面白いことに当時USでビートルズをリリースしていた Vee-Jay から発売された。

デッカのUK盤と Vee-Jay のUS盤では顔が違っていて、写真はUS盤。

UK盤の顔をご覧になりたい方は古い友人でオリジナル盤コレクターRさんの「名盤と旅」をご覧ください。

実を言うと、ボクはその折(昔)、彼からこのバンドのことを教わったのだった。


このアルバムのことを

①酔っ払ったサラリーマンがカラオケで歌っている
②炭酸の抜けたコーラ

と彼は評していて、愉快なのだ。




バンドは次の作品をレコーディングしたが、リリース前、65年初めに解散し、未発曲3曲を含めたコピーをボクはRさんから頂いたのだった。






















スポンサーサイト



コメント

No title

アハハハ、このバンド最高です

ほんとにビートルズにそっくり

No title

ジョユンさん、ジャンプの写真まで真似るなんて本格的ですよね(笑)

ナイス有難うございます~

No title

それだけビートルズが凄かったわけですね。

私もお肌艶々でいた~い( 〃▽〃)

艶蕗いいですね。
そういう博識なところを見せられると惚れますよ~♪

No title

yan_yanさん、キュートな曲でしょう~
彼らはこの2枚で65年初めに解散したんです。
未発曲があって、3曲発掘され、5曲入りのCDが出てます。
手元にあります。

ビートルズ時代、リンゴの作った曲ってなかったと思います。
調べないと確言できないけど・・。
マージーバンドだけで2,300はあったと記憶してます。
だからレコードを残せたのは氷山の一角ですね。

No title

こんばんは!いつも思うのだが、古風な言葉を使いますよね!それは武器ですね!ビートルズのオマージュと言うよりはパロディーですな(笑)!化粧品は我等、おっさんと一番無縁の代物でしょう(笑)!

No title

Irisさん、ビートルズの凄さは今でも商売になってることで証明済みですね。

石じゃなく、艶を使った「艶蕗(つわ)」の文字、お洒落でしょう~

どんどん惚れてもいいんですよ~
掘れたての里芋を進呈するから~(笑)

No title

umeさん、えっ? どのへんが古風な言葉??

化粧品、駄洒落なんだけど誰も気づいてくれない
ネタばらし・・ジバンシーの化粧品です(笑)

パロディじゃなくて、真面目なんですよ(笑)

ナイス有難うございます~

No title

ジバンシイ(・ω・`)使ってみたい でも高い

言われないとビートルズかと思うかも
ワタシも中学からビートルズを聴いておりました
洋楽聞けばかっこいいと思っていた痛い中学生です笑
でもなんとなくこの曲好きかもです

No title

事務員さん、化粧品って、男からするとびっくりするような値段ですね。

え~ビートルズをお聴きになってたんだ~
洋楽はまるっきしパスだったのかと思ってましたよ。
とてもいい曲ですね~

No title

出だしの文章がなんとも抒情的じゃないですか~^_^
花の話題からさらっと音楽へ入っていくところも憎いですね。いつもと違って。。。あわわっ、いつもながら素晴らしいです♪

音源聴きましたが、ほんとにビートルズのようですね。改めて思いますが、ビートルズってバンドはものさしのようです。どこかで必ず基準となってるような気がします

No title

のぶさん、抒情詩人と呼んでください~(爆)

ビートルズがアメリカに登場して、アメリカ中が熱狂したとき、無数のガレージバンドがビートルズそっくりのオリジナルを作ってます。
そのあとはストーンズ優勢になったけど。
だから「ものさし」って表現は素晴らしいですね。
その通りだと思います。

ナイス有難うございます~

No title

いいですね~本当にBEATLESのイメージをだしているようです。(^^

No title

SGTさん、この時代、みんなビートルズにあやかりたかったんでしょうね。

No title

そうそう、shoさん、いつまでも艶々のお肌でいなくちゃいけませんよ!
ワタシもいろんな情報を集めて、口コミみていいと思ったら
ポチってます~!
で、爺婆しいからよくジバンシーがつながりましたね~
さすがだ!

No title

プチマリーさん、男女ともてきめんに肌に来ますよね。
スキンケアは大事だと思います。

いい駄洒落でしょ~(笑)

ナイス有難うございます~

No title

今回の出だし、石蕗の花だなんて美しい始まりじゃない('∀`)
しかもダジャレがないしコスメの事にまで触れるだなんて
別人の記事のようだわ(笑)
このバンドはどこかやっぱり、その背景を感じさせるような
音よね('∀`)
記事に書いてる解説がオモロイ(笑)いい喩えだわ('∀`)

No title

joeyさん、チッチッチ
ちゃんと駄洒落をしのばせてますよ~(笑)

Rさんの評、面白いでしょう~

ナイス有難うございます~

No title

sho*ha*ng*5さん
I don't understand から
don'tの否定を取ったら
ハーミッツや ドリーマーズの
I understandになるんですね。
ボケです。<m(__)m>
紹介ありがとうございます。

No title

まりっぺさん、ははは~どん(don't)だけボケるんじゃ~

ナイス有難うございます~

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

showhanng55

Author:showhanng55
マイナーな60年代ビートミュージックと駄洒落、読書レビュー。

月別アーカイブ

全記事表示リンク

フリーエリア