FC2ブログ

記事一覧

秋の切ない別れ・・・・The Illusions/Hillbilly Moon Explosion & Sparky

秋は切ない。

秋の海ともなると、哀愁が立ち込めて、涙の乾く暇がない。

今日もそんな場面に出くわしてしまった。


秋風の到来とともにひと夏の恋が終わった男女の別れの場面に立ち会ってしまったのだ。



男は筏に帆を張り、風を孕んで、海の彼方へと去っていく。

サヨナラの言葉も残さず。

乙女は小さな肩を震わせながら、去っていく恋人をじ~っと見つめているのだ。

悲しみを耐え忍ぶ後姿には哀愁が漂い、辛い思いがひしと伝わって来て、ボクまでもらい泣きしてしまった。


こんな場面です。









































映画「海街ダイアリー」のノベライズがあるというので手に入れ、一気読みしてしまった。

吉田秋生のコミックにも熱中したが、高瀬ゆのかという人のノベライズにも熱中してしまったのだ。

是枝祐和監督の映画脚本を元にノベライズしたそうなので、映画と同じ内容なんだろう。



コミックでは気づかなかったが、ボクがこの物語に熱中した一番の理由は実は居場所、ということだった。

4姉妹を包み、優しくいたわっているのは彼女たちの暮らす古い家なのだということに気づいたのだ。

ぬくもりをはぐくむのは、居るべき場所だ。

ある意味、思い出の沁み込んだ彼女たちの居場所がこの作品の核だった。


人は誰もが何かを抱えて生きている。

抱えるものが大きければ大きいほど重圧もまた大きい。

そんな肩の荷を下ろせる場所が彼女たちの暮らす古い家だった。

不倫関係を3年間耐え忍んできた長姉の幸。

晴れて相手男性の離婚が成立して求婚されたとき、ノーという。

ボクには重荷を下ろした場所を去ることが、新たな重荷を背負うことになるんじゃないかと、不安が先に立ったとしか思えない。

腹違いの4女。

姉たち3姉妹の父親を奪ったのが自分の母ということで、負い目を感じていたが、彼女も重荷を下ろせる場所をこの家に見つける。

他人行儀の関係から、肉親の関係に転嫁していくそこにはほわっとしたぬくもりがある。

柱に刻まれた姉たちの身長(成長)の記録に4女すずの記録が加えられたとき、すずは初めて、すべての重荷を下ろして家族の一員になったのを実感したんだと思う。









哀愁ソングで行きましょう~

このあいだやったような気もするけど、ま、いいか。

Illusions で Little Girl。


https://youtu.be/Qio86r73DU0




Hillbilly Moon Explosion のエマニュエル嬢と Demented Are Go の Sparky のデュエットで話題を呼んだ My love for evermore のライヴ映像が見つかった。
スパーキィのお腹に親しみを感じる人も多いと思う(笑)
かなり出来上がってステージに立ったらしく、最後のハプニングに大笑いできます。

スポンサーサイト



コメント

No title

こんばんは!今日はいい天気ですなぁ~!信じる人がいたら
どうするんですか(笑)?写真わかりづらいですよ~~、湘南じゃ1年中、見れる飽き飽きした光景ですから~~~。残念~~。コメ破壊王より。。。あと、吉高由里子ですよね!彼女はいい!^^v

No title

umeさん、日中は暑いくらいでしたね。
写真、手直ししておきました~有難う。

映画を観てないので、女優さんたちのことは何も知らないんですよ~

ナイス有難うございます~

No title

あっ!これで分かる(笑)!でも、今時、ちょっと珍しい光景かも(笑)!海に行きたいなぁ~~、羨ましいなぁ~毎日、行けるの!

No title

umeさん、良かった~有難うねエ~
ここまで歩いて10分くらいです(苦笑)

いま、とてもいいヴィデオを見つけたの追加します。
ちょっとだけ待ってて・・。
この人たちならUMEさんもご存じだと思いますよ~

No title

(笑)滅茶苦茶酔ってるし~~、確かに知ってますよ~~。
曲に触れなかったけど1曲目も、ゾンビーズみたいで、好きでしたよ~~、しかしピストルズのJライドンといい、みんな中年太りが凄い。。。良く見るといい写真だった(笑)!!

No title

umeさん、いいヴィデオだったでしょう(笑)
酔ってても、きちんと歌いきるところはやっぱりすごいです。
ジョニー・ライドンの中年の写真は見たことがないけど、お腹でまくりですか~探してみよう

そうそう~哀愁溢れるいい写真なんです(笑)

No title

これまだ観てませんが本で読んだほうがなんか入ってきそうな気がします 図書館で探してみます
海が見たくなってきた(・ω・`)

No title

事務員さん、ノベライズの方は映画と一緒だと思います。
映画も観たいんだけど、レンタル店が近くになくてね・・。

漫画も最高ですよ~

No title

私もまだ観てない・・・
たしかWOWOWで放送するはず・・・観ます。
私はコミック版が一番観たいかな~

あ、オッサンコンビ仲がいいな~♪

No title

Irisさん、WOWOWですか。
ボクは加入してないから、地上波でやるのを気長に待ちます(笑)

コミックは最高です~!!!

誰がおっさんやねん
お兄ちゃんコンビでしょう~

ナイス有難うございます~

No title

sho*ha*ng*5さん
スパーキーさん、
若いのか、オジ様なのか不明ですが
もし、こんなファンキーな方は
父親ならやんちゃで、すごすぎぃ〜
紹介ありがとうございます。

No title

まりっぺさん、何年生まれか調べてないけど、50代だと思います。
映像時、50代前半か半ば頃じゃないかな??
声の可愛いらしいエマニュエル嬢は40代だと思います。
2人とも、そのへんの若者より魅力いっぱいですね。

ナイス有難うございます~

No title

いつになく?戦地ちゃうちゃうセンチな気分?
秋はなんだかもの悲しい~。夏にやってしまったさまざまな自分のバカな行為を反省するからかな?
「家」って大事。一番くつろぐ大好きな場所です。
最新の合理的な家も好きだけどこの海街のような古い家屋にも住みたいなあ~と思うのであります。
little girlも秋でいいな~ってbig girlも思いました・・・。

No title

アリソンさん、そうか~夏にやった馬鹿な行為のトラウマが原因だったのか~(笑)
いいねえ~説得力がある~(爆)

「家」に守られているっていう感覚を持ったことはありませんか??
ボクはそう感じるんですよ~

物悲しいい秋を感じるでしょう~

No title

こんな場面に出くわしたら途方に暮れますね^^

でもサマーな雰囲気で良い感じです^^

哀愁ソングもナイス!

No title

> sho*ha*ng*5さん
あるある。
だから季節ごとの模様替え?もし、家も私も心地よく過ごしたいと思うのです。
(まだ風鈴しまってない~)

No title

ゴールドさん、とほほ・・・じゃなくて、とほう~ね
当方の知ったこっちゃねえ~とボクなら言います(笑)

昨日撮った写真なんですよ~

ナイス有難うございます~

No title

アリソンさん、そうですよね。
守り神というのか何と言うのか・・
家も生き物です~

No title

ノベライズされていたんですね~。
マンガ自体が小説みたいでしたもんね。
居場所、私もあの家の存在って大きい気がします。
何があっても受け入れてくれる場所があるっていいなあって思いますね。

No title

Mymbleさん、普通ノベライズ作品は読むに堪えないのが多いんだけど、これはすんなり入っていけて、良い出来でした。

吉田秋生の漫画は、それ自体が小説ですよね。
70年代に登場してきた女性漫画家には、そうした作品が多いと思います。

将来、日本の漫画家さんがノーベル文学賞をもらったりして~

やはり同じように感じてましたか~
受け入れてくれる(頼れると言ってもいいし、安心できる、と言ってもいいし、本音でいられると言ってもいいんだけど)そうした象徴が彼女たちの家ですね。

ナイス有難うございます~

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

showhanng55

Author:showhanng55
マイナーな60年代ビートミュージックと駄洒落、読書レビュー。

月別アーカイブ

全記事表示リンク

フリーエリア