FC2ブログ

記事一覧

天命・・・野良猫ロックとザ・モップス







寒くてセーターを着たのが数日前なのに、昨日今日は蒸し暑くて汗だく。

こんなに天気が上下すると、体がついて行かないよ。

「爺婆殺すに刃物はいらぬ。気温が3日もエレベーターに乗ればいい」という諺を思い出した。

天は吾を滅ぼさんと欲するか~!

仕方がない。天命に従うまでだ。

そんなわけで、昼間街へ出て、うろうろと気になる「店名」を捜し歩いたのだ。

見つかったか、って?

目を点にして探したんだけどね、姪っ子に見つかって小遣いをせびられちまったんだ。

やっぱり天命には逆らえないね。


















日本のロックは60年代末、誕生と同時に頂点を極めたとボクは思っている。

今では正当な評価を与えられているGSバンドも間違いなくロックバンドだったけれど、レコード会社は歌謡曲路線以外のシングルを認めなかったので、当時、ロックファンから一段下に見られていたのは残念だった。


昔、紹介したことがあるが、モップスの実力が分かる動画。

和田アキ子が登場し、スターになったので、この当時定番だった和田アキ子主演のスター映画として企画されたのが「女番長 野良猫ロック」だ。

長谷部安春というやっかいな監督を起用したので、スター映画を飛び越えて傑作映画になってしまった。

おかげでシリーズ化され、このあと藤田敏八監督と代わりばんこにメガフォンを取り、計5本作られている。

最後の「野良猫ロック 暴走集団'71」(藤田敏八監督)にもモップスは出演し「いいじゃないか」を演奏することになる。

当時熱中したシリーズだった。


この年の夏8月に公開された「八月の濡れた砂」を観る気になったのも、監督が藤田敏八だったからだ。

映画が斜陽産業になり、資本力の弱い日活と大映が提携して配給のみ共同の会社大日を設立し、その最後の配給だったというのも観に行った理由だった。


ああ~・・・ミニスカートから伸びるテレサ野田の美しい足に玉の汗が光っているポスターが抜群だったせいもあるが・・・こっちのほうが一番の理由だったかな?(笑)

上映時の館内はガラガラ。

余りの不入りに評判にもならなかった。

1,2年後に深夜ラジオの人気DJが「傑作映画」を連発し、彼の尽力(だったと思う。違ってたらすみません)で銀座並木座で再上映してからこの映画はブレイクした。



話が横道にそれたようだが、モップスの映像は新宿歌舞伎町にあった「サンダーバード」というゴーゴークラブでのシーン。

ボクが歌舞伎町に出入りするようになった時代には、この店は同じ名前のままナイトクラブに変貌していたので入ったことはない。場所を知っているだけだ。



もう一曲行きましょう。



















スポンサーサイト



コメント

No title

MOPSしってるんですか?

ビンパチ監督最高す。

感動の記事です。

No title

おぉ('∀`) モップス♪
この時代の事はリアルでは知らないけど
父が好きだったので聴いてます♪ライヴシーンに出てくる
女の子たちもクールでカッコイイわね♪
彼等のアルバム、きっと有名どこしか聴いてないと思うけど
日本でこんな音を出すバンドがあった時代に生まれたかったわ~♪
2曲目もカッコイイ♪IIJANAIKAは歌詞のテンポが良かったので
一番覚えてるわ('∀`)

No title

joeyさん、ゴルゴパパがファンだったんですか~!!

パパなら彼らのライヴに行って、ロックバンドとしてのモップスも聴いてるかもしれないですね。

女優さんたち、梶芽衣子に范 文雀(はん ぶんじゃく)、バックダンサーは知らないけど。

当時の日本バンドでこういう音を出すバンドがいくつも出現したので、奇跡だと思います。

「いいじゃないか」は日本語をロックに乗せる試みのひとつだったんだろうと思います。

ナイス有難うございます~

No title

モップスは上手いですよね~
私は3年ほど前にブロ友さんのところでゴールデンカップスを聴いて
アルバム買っちゃいましたよ。ベースが素晴らしい!
実はモップス、ナマで聴いてますよ(^^ゞ

「野良猫ロック」藤田敏八監督なんですね。
藤田敏八さんといえば、私は鈴木清順監督の「ツィゴイネルワイゼン」で知ったんですけどね(^^ゞ

No title

Irisさん、モップスとゴールデン・カップスはGSの中でも抜群の演奏力だったと思います。
モップスを生で聴いたことがある~!!
そりゃあ素晴らしい~
コンサートではロックを演ってたでしょう~!

「ツィゴイネルワイゼン」のとき、初めて役者に挑戦したと記憶してます。

ナイス有難うございます~

No title

爺婆。。。でふと頼山陽の
「大阪本町糸屋の娘姉は十六妹は十四諸国大名は鉄砲で射るが糸屋の娘は目で殺す」を思い出しました~

野良猫ロックは小さい時に見た記憶があります。内容は覚えてないのですが、和田アキ子は怖い人という印象だけ残ってます~

No title

今日はホントに暑かったですね~いまも何となく蒸し暑いです^^

それにしても小川の写真良いアングルですね~素晴らしい!

ゴッド姉ちゃんもナイス!

No title

モップスもカップスもカッコいいですよね!
大好きな人達でした~

No title

のぶさん、古い言い回しをご存知なんですね~
もう若い人たちは知らない言葉だと思ってました。

野良猫ロック、2作目以降は梶芽衣子が主役に躍り出るんだけど、DVD買って、もういちど見たいシリーズです。

登場したころの和田アキ子はインパクトがありましたよ。
スケ番上がりってのを売りにしてました。
歌もめっちゃうまかったし。

ナイス有難うございます~

No title

sally さん、どちらもお好きでしたか~!
どちらもバンドも本質はロックバンドだったんだけど、歌謡曲GS路線を歩まざるを得なかったのは、時代のせいなんでしょうね。

ナイス有難うございます~

No title

大学の漢詩の授業の時、「起承転結」について勉強したときに教わったんですよ^^しかし友達は「糸屋の娘は縊り殺す」で覚えていました!!
仕事人みたいですよね~(笑)

No title

師sho、このムシ暑さはジジイにゃキツいです!
珍しい日本ネタですか~?
半分弱、イヤ、范文雀も和田浩治もヒロミツも
早く逝ってしまいましたネ~
梶芽衣子、この前TVで観ました
けっこう、オチャメなんですよネ

No title

のぶさん、起承転結の例としては分かりやすいですよね。
4人別々に詠んで一句にしたのかもしれません。
日本には蓮歌の伝統があるし。

しかし糸屋だからと言って、ひもで縊り殺すとは、友達のセンスはハイレベルですね~(爆)

No title

ホントにこの暑さ、いつまで続くんでしょうね^^;
エアコンなしでは過ごせません!

でもshoさんとこは早くも彼岸花が咲いてるんですね!
あ~早く涼しくなってほしい~

和田アキ子さんの若い頃、圧がありますね^^;
番長って言葉がよく似合う!

No title

sho*ha*ng*5さん
2番目の曲しっかり?拝聴しました。
アレ!ドアーズのサウンドなの?が
第一印象。
映像で5人の時もあれば、4人の時もあります。
わたしのイメ―ジでは5人なので
誰か一人、脱退したのでしょうか。

また、ファッション的には
「ン? どのアニメのコスプレ?」
ズレまくっていたら、苦笑いを
してもらいm(__)mでお願いします。(・_・;)

No title

梶芽衣子は鬼平でおまさ役で出ていたのですが、きれいな人だなぁとその時からファンになりました♡
若いころの梶芽衣子は全然知らないのです~
う~む、口ではヲトメヲトメと言っておきながら・・・熟女嗜好が露見してしまった(汗)

No title

のぶさん、その鬼平のドラマをいつ頃やってたのか知らないんだけど、彼女、もうミドルの頃なんですね?

いやいや、女性は熟女になってもヲトメだから可愛いんです

No title

かっこいいですね~。
ファッションも好きですが、音楽もカットも憧れな感じです。
これ、鈴木ヒロミツさんがボーカルなんですね!
このバンドも初めて知りましたが、こんなかっこいいバンドがあったとは。。。
和田アキ子の横顔の線、美しい!
そして梶芽衣子さん、ほんとにお美しいです。
この映画、観たくなってしまいました。。。

No title

Mymbleさん、あらご存じなかった??
バンドが解散して役者になってからの鈴木ヒロミツをご存じなんですね。
ボクは逆で、いまだにモップス時代のイメージのほうが強いです(苦笑)

和田アキ子も梶芽衣子も初々しくて輝いてますね。
映画の面白さは保証します。
他のGSバンドも登場してるんです。

No title

以前テレビで

この映画の撮影中

梅宮辰夫さんが和田アキ子から

マジでボコボコに殴られたと言ってました

恐るべし和田アキ子。。。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

showhanng55

Author:showhanng55
マイナーな60年代ビートミュージックと駄洒落、読書レビュー。

月別アーカイブ

全記事表示リンク

フリーエリア