FC2ブログ

記事一覧

ジャカルタ・パンク・・・Marjinal


昨夜、夜10時から「熱狂ジャカルタ・パンク」という番組がNHKBS1であったので、眠い目をこすりながら観た。

パンクシーンの紹介というよりも、結成20年を迎える「マージナル」というパンクバンドを軸に、インドネシアが抱える社会問題を描く内容だった。

インドネシアの人口は2億5千万人、国民の9割はイスラム教徒。

近年の経済成長が著しいのは、街にインドネシアからの観光客が増えたのでそれと分かる。

しかし、経済格差が激しく、取り残される人たちもまた多いという。

マージナルは、そうした社会矛盾を訴え続けて若者たちの共感を集めているバンドだ。

ボクはもちろん知らないが、日本でも何度か公演しているらしい。



たとえば「テロリジト(恐怖政権)」という歌の歌詞は「私たちは怒ってる。権力者は私たち国民がどうなろうが意にも解さない」と辛辣。

面白いと思ったのは、イスラム衣装に身を包んだ若い女性も一緒になって踊り狂い熱狂していたこと。

アラブ圏の映像しか知らなかったので、新鮮な驚きだった。

イスラム圏だと言うのに、圧倒的多数の男女はイスラム衣装ではなく、日本人と同じ服装。

イスラム教徒だというバンドメンバーにしてからが顔面タトゥー。



バンドは貧民街で共同生活をしており、いきなりリストラされた18歳の若者が救いを求めて、彼らに頼る姿も映し出されていた。

貧しい実家の経済を手伝うために、13歳の時から働いているという若者の給料は月2万円。

その中から仕送りしているので、彼の部屋にあるのはマージナルの音楽テープだけ。

マージナルの音楽が彼の生きる支えだという。



静かな田園地帯に、大企業が突然工場排水垂れ流しの工場を建てる計画を進め、生活を脅かされる農民たちの反対運動と、連帯するマージナルの活動も描かれる。

「人は1人で生きてるんじゃない。力のない貧しい人たちが連帯すれば状況を変えることができるし、イスラムには人を憎めとか殺せという教えはない」と述べるバンドメンバーの言葉が印象的だった。



音楽の話をすると、ボクが「パンク」と聞いてイメージするサウンドとは少し違っていて、オルタナ風。

映像をご覧ください。

スポンサーサイト



コメント

No title

バンドの事だけじゃなくて、その国のリアルな情勢も伝える内容だったのね('∀`)
想像してるイスラム教徒とはかなりイメージが違うけど
反逆精神とかより一緒に力をあわせようってパワーが
この貧しい国の若者達の気持ちの支えになってるのね♪
観たかったわ~♪

No title

joey さん、ボクも中東のイスラム映像しか知らなかったので、同じイスラムでもずいぶん違うんだなあ~と新鮮な驚きでした。

勿論理不尽な権力への反逆も歌っているけど、それよりはむしろ力を合わせて良い方向へ変えていこうとメッセージする彼らの前向きな姿勢に好感が持てます。
暴力否定、ラブ&ピースですね。
再放送があるかもしれないです。

ナイス有難うございます~

No title

とてもイスラム教徒とは思えない動画・・(^^ゞ
でも、元々イスラム教はけっして過激な教えじゃないですもんね。
パワーがあっていいですね。

No title

Irisさん、そうなんですよね。
イラン革命以来、過激な原理主義者が横行してるので、つい危険な匂いを感じてしまうんだけど、これが本当のムスリムだと思います。
ロックがソ連や東欧において果たした役割(抑圧的な体制からの自由)を、インドネシアではこのマージナルというバンドが担っているのかもしれません。

ナイス有難うございます~

No title

戦争の無い平和な世界を~とか夢物語の理想かもしれないけど
音楽で世界は変わらなくとも人の意識は変える事が出来ると
ジャンルを超えてマージナルの活動には心に響きますね。
だけど20年もやってるバンドとは知りませんでした(;^ω^)

No title

anzu さん、音楽で世界は変えられますよ。
↑のコメントにも書いたように、抑圧的な共産主義国家が次々に倒れたのはロックの力も寄与してます。
ただ、ひとつの抑圧体制が崩れると、別の抑圧体制が現れるので、自由への叫びは常に必要だと思ってます。
自由を求めると、反日サヨクを連発するネトウヨのような体制寄生虫はいつの時代も存在します。
負けないことですね。

彼らは20年間、同じスタンスで歌い続けているそうです。
凄いバンドですね~

日本のパンクファンの間でも有名なバンドなんですね?

ナイス有難うございます~

No title

これは初めて知りました^^

盛り上がっているしカッコいいですね^^

ナイス!

No title

ゴールドさん、このへんはパンクファンじゃないと知らないですよね。
ボクも初めて知ることばかりでした。

ナイス有難うございます~

No title

どんなに生活がきつくても音楽が支えになってるって
すばらしいですね~!
気持ちはすさんでいないって証拠だと思います^^
あとで聴いてみますよ~♪

No title

プチマリーさん、そうなんです。
荒むんじゃなくて、希望を持つんです。
ロックファンがテロリストやネトウヨとは無縁なのがよく分かります。

ナイス有難うございます~

No title

\(*⌒0⌒)♪o゚。*こんにちわぁ~*。♡
いつもありがとうございます

猛暑が過ぎたと思えば鬱陶しい日が続きます
季節の変わり目
お互いに体調を崩さないように用心しないとダメですね
くれぐれも気をつけてください㋧

No title

カノンさん、ほんとにね。
この季節、ちょっと油断するとすぐに風邪を引きます。
お互い、くれぐれも用心しましょうね~

ナイス有難うございます~

No title

インドネシアは景気がいいと、数年前から聞いていましたが、やはり、経済成長に取り残されている人達も居るのですね。そうして、そんな風景を歌詞にしたバンドが人気があるのですね。

インドネシア国内での経済格差が広がらず、全体的に発展すると良いんですけどね。そういう経済発展の仕方って、今、難しいんでしょうかね。

経済には疎いので、景気が良くなるなら、みんな一緒に景気よくハッピーになれれば良いのにって思います。

BRICs の次の新興国の一つと言われているインドネシアですが、経済発展とともに、あの独特のいい加減さが改善されると良いんですけどね。。。いや、改善されつつあるからこそ、経済的に発展してきているのでしょう。

No title

yan_yanさん、この数年、東南アジア系でイスラム衣装の女性観光客が目につくようになったので、インドネシアが経済発展してるのは知ってたけど、問題も色々あるみたいですね。
日本の高度経済成長期もいろいろ問題があったし、こればっかりは簡単にはいかないんでしょうね。

インドネシアって、いい加減なところがあった国なんですか~(笑)知らなかった~

No title

> sho*ha*ng*5さん
いい加減ですよ~。私なんか、バリ島に行った目的は、民俗芸能を見たかったからなのに、アメリカ資本の巨大なホテルに一週間近く泊まっている間、何曜日は何って、曜日ごとに異なる民俗芸能が見られるはずだったのに、そのスケジュール表通りに行われた事は一度も無し。

まあ、行く前から、仕事でインドネシアの人は、南の人特有のいい加減さが強いのを知っていたから、「まあ、インドネシアだからね~」と思って、腹も立ちませんでした。

とにかく、いい加減ですよ。タイの方が、まだしっかりしてますね。

インドネシアのモスリムは、女性でも髪の毛を隠していない人が多く、東南アジア系で髪の毛を隠している女性は、マレーシアの人が多いですよ。

No title

yan_yanさん、そんなにいい加減なんですか~(苦笑)
南国はイタリアもそうだけど、ルーズですよね。
いま、EUで北欧と南欧が一緒になってるけど、無理があると思う。
南の(地中海文化圏)の人たちって、異質ですよね。

今はイスラム文化圏とキリスト教文化圏の文明の対立だけど、これが終わったら、その次は北文化圏と南文化圏の対立が起きるんじゃないかと思います。
まあ~ボクの死後のことだろうけど。

そうか~街で増えたムスリム衣装の東南アジア系はマレーシアの人たちなんですね~
マレーシアと言えば、イチバンの経済優等生だから。

No title

> sho*ha*ng*5さん
でも、最近の写真を見ると、インドネシアの女性も、昔より、ヒジャブをかぶった人が多くなったような気もします。昔よりかえって宗教的に熱心になってきたのかな?

マレーシアは経済優等生なんですか。なんか、老後の移住先として、今、人気が高いそうですが。

まあ、暖かい所は、凍死する心配も無いし、放っておいてもおいしい実をつけるフルーツはあるし・・・で、北の方とは気候風土からして違いますからね。人の心ものんびりするのでしょう。

No title

yan_yanさん、貼った映像は2年前のものだから、ヒジャブの女性は1人もいないけど、TVの映像ではいたんですよ~!!
で、その彼女たちが、一緒になって騒いでたのでびっくりでした。

マレーシアは東南アジア随一の優等生なんです。
だから、日本人も暮らしやすいんだろうと思います。
行ったことがないから実態は知らないんだけどね。

北と南、日本でも、九州と東北の人たちの間では感性に温度差がありますよね。
国家(民族)単位になると、もっと露骨に出てると思いますよ。

若い頃のボクの理想は、南の島に行って暮らすことだったけど、夢で終わってしまったのが悲しいです

No title

チロルさん、ナイス有難うございます~

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

showhanng55

Author:showhanng55
マイナーな60年代ビートミュージックと駄洒落、読書レビュー。

月別アーカイブ

全記事表示リンク

フリーエリア