FC2ブログ

記事一覧

モッズ映画「ランバート&スタンプ」・・・Dobie Gray






12時間も寝てしまった。

ビール1本飲んだだけで、昨夜は20時半に寝付いたのに、目覚めたのが朝の8時半なのだ。

若いなあ~まるで10代に戻ったみたいじゃないか~、とひそかに嬉しくなったのだ。

嬉しくなったので、神さんに「お早う~」と声をかけたら、「あら、死んでたんじゃなかったの?」と言われてしまった(泣)




朝晩は涼しいけど昼間は蒸し暑い。

昨日の昼間も30度を超えたので疲れたんだろう。



わが家のにゃんこはお気に入りの木陰で涼んでいた。

涼しい場所だけど、蚊が湧くんだよね。

ボクは5分もいられないのににゃんこは半日寝そべっている。

毛足が長いと刺されないのかな??



蚊といえばぼうふら。

漢字では「孑孑」と書く。

ボクは辻潤の「孑孑以前」で知った漢字だが、広辞苑を引くと、正しくは2番目の漢字が別の字で「げっきょう」と音読みする、とただし書きがある。

元は中国語だったことが分かるのだ。

しかし「浮塵子」となると話は違う。

「うんか」のことだ。

小さな羽虫が集団を作って舞い、昔は必ず見かけたものだけど、最近はあまり見かけなくなった。

日本で作られた漢字(当て字)なので漢和辞典をひいても出て来ない。

調べようがないので、知らなければ読めない漢字だ。

若い頃、こうした漢字が読めずに大恥をかいたので「歳時記」を読んで日本語の勉強をしたことは折に触れて話した。

読めたからと言って役に立つわけじゃない。

お金にはならないが駄洒落の役に立つ。

駄洒落戦争が勃発したら、勝つ自信があるのだ~













フーのマネージャーだったキット・ランバートとクリス・スタンプの2人に焦点を当てた映画が去年公開されたのを知った。

話にも知らなかったのだ。

当然フーの話もいっぱい出てくるようなので、これは観たい映画だ。

紹介記事。



予告編。




2人のことを知らなかったのでちょっと調べたら、72年の「ローリングストーン」誌にキース・ムーンが、この2人は「ちぐはぐコンビだ」と言ってる記事にぶつかった。

スタンプのほうは労働者階級の出身。言葉もコックニー。

対してランバートはオクスフォード出。言葉もキングズイングリッシュ。

お父さんが有名な音楽家のコンスタント・ランバートでお祖父さんんも高名な画家という良血。

とても面白いコンビのようだ。


何度か紹介してるアーサー・ブラウンの「ファイアー」のプロデューサーもこの2人だという。

へえ~~~~!

さらにさらに、大ファンのテレンス・スタンプの弟がこのクリス・スタンプだというのだから、こりゃあ絶対に見るべし、だね。


フーとモッズの時代を描いてるんだから、昨日に続き、モッズの映像をお届けしましょう。



1曲目はフーの「四重人格」をベースにした映画「さらば青春の光」でも使われていた Dobie Gray の The "In" Crowd だけど、2曲目は分かりません。












スポンサーサイト



コメント

No title

ニ曲目は、もちろんDonnie Elbert - A Little Piece Of Leatherですね。

キット・ランバートはとてもHot、クリス・ストンプは、とてもCoolで、まるでアボットとコステロのコンビみたいだといったのは、ニック・コーン。

コーンは、キットがあからさまなゲイ、クリスが女狂いで、この点でも、対照的だったと言っています…

ニック・コーンは、最初のロック・ライターの一人で、ランバートやThe Whoに影響与えた人じゃないかな。

ランバートはコーンの本に序文を寄せているし、「ピンボールの魔術師」はコーンの小説からインスパイアされたはず…

No title

weirdoさん、女性の声かと思ったら男性だったんですね。
しかも英国で大ヒットした曲なんですねえ。知らなかった。
知らなかったと言えば、ニック・コーンという人物も知りません。
小説も書いていたんですね。
ウンチク有難うございます~

No title

「あら死んでたんじゃなかったの?」と言いながら放置していた奥様っていったい・・・((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

よ~く見ると知的な話じゃないですか?素敵~♪
知性のある人、大好き~♪
それに、テレンス・スタンプのファンというそのセンスの良さにナイス!

No title

Irisさん、お互いに干渉しないことにしてるからね。
万一、脳卒中で倒れた時、運悪く早く気づいて寝たきりになって助かるのは嫌じゃない。
だからお互いに、死んだのがはっきりするまで気づかないようにしたんです。

で、え~~痴的な人が好きなんだって~ボクなんか間違いなく痴的ですよ~
1+1=Hと計算するのが得意だから~
テレンス・スタンプ、かっこいいですよね~!

ナイス有難うございます~

No title

ややや、この映画面白そうじゃないですか^_^
見たいですね~♪

駄洒落戦争。。。考えただけでも恐ろしい、まさに黙示録の戦争、ハルマゲドンですっ((((;゚Д゚)))))))僕は生き残れるだろうか???

モッズのことはカッコイイということ以外わかりません~
。・゜・(ノД`)・゜・。
youtube見ましたが、音楽だけでなく映像もカッコいいですね!!僕がもうちょいシュッとした体型なら是非ともチャレンジしたいファッションです^_^

No title

のぶさん、面白そうな映画でしょう。
これは絶対見たいです。

駄洒落戦争は究極の戦争と言われていて、世界中の軍隊で開発が進められてるんですよ~
核戦争よりも怖いと言われています

まだモッズファッションなるものを知らない頃、60年代風ファッションをしたかったので、古着屋さんを回って、細襟、3つボタンのジャケ、細いネクタイ、を探し回ったものでした。
長いこと、古着屋さんを探すしか手がなかったんです。
ズボンだけは、裾を折り返しにすれば間に合ったんだけどね。

ナイス有難うございます~

No title

え~~('∀`) 面白そう~~!!
これは絶対に観たいわ♪DVDは出てるのかな♪♪
この二人は見た目も対照的だけど、いいコンボだと思う♪
モッズは本当にリアル体験したかったし
今見ても映像がクールね('∀`)
にゃんこは蚊に刺されないのか~~
私、昔、親にぼうふらみたいにフラフラしてるって
言われてたけど蚊の赤ちゃん(?ε?)だったのね;

No title

joey さん、まだかこれからか調べてないけど、必ずDVD化されるはずです。
絶対見たいよね~

この2人をご存知でしたか。
検索したら結構ヒットしたしたので、それなりに有名人だったんですね。
ボクは全く知らなかったけど。

当時の映像はほんとにクールです。
最初は映画の映像を使おうと思ってたけど、この映像を見たら、あっさり方針転換しました。
で、ぼうふら・・・・ははは~知らなかった~!
ほんとに若いなあ~

ナイス有難うございます~

No title

ねこちゃんまったりしてて気持ちよさそうですね~

奥さん、死んでたんじゃなかったの?と言いながら実は王子が目覚めるのをじっと待ってたんですよ~きっと^^

音楽もゴージャスでナイス!

No title

ゴールドさん、にゃんこは本能的に過ごしやすい場所を探す天才ですね。
真似できません。

神さん??
ボクなんかとっくの昔に王子じゃないよ。
結婚生活なんてそんなもんです。
・・・・って、独身のゴールドさんをますます独資主義者に追いやったりして

ナイス有難うございます~

No title

sho*ha*ng*5さん
映画「ランバート&スタンプ」の紹介
ありがとうございます。
この映画が上映されたことも
全くしりませんでした。
ビックリ。
これからも
いろいろ紹介してください。
(=^・・^=)ちゃんのダレ具合も
ナイスです。

No title

まりっぺさん、ボクもこんな映画あったなんて知りませんでしたよ(苦笑)
偶然アンテナに引っかかったんです。

にゃんこナイス、有難うございます~

No title

tre*_mu**in さん、ナイス有難うございます~

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

showhanng55

Author:showhanng55
マイナーな60年代ビートミュージックと駄洒落、読書レビュー。

月別アーカイブ

全記事表示リンク

フリーエリア