FC2ブログ

記事一覧

海街ダイアリー




1年ちょっと前くらいかな??

駅に、映画「海街ダイアリー」のポスターが貼ってあり、雰囲気のあるポスターだったのでブログに載せたことがある。

鎌倉は年中、映画やTVドラマの舞台になるので、またか~とさして気にも留めなかったのだが、その折り、原作は吉田秋生の漫画だと教わった。

70年代後半、萩尾望都の「ポーの一族」にハマったのがきっかけで、少女漫画狂いをしていた時期もあるのだ。

当時大好きだったのが、この人の「カリフォルニア物語」。

内容なんかもう忘れてしまったが、名前だけはいつまでも記憶に残っていた。

だから、読みたい~と思っていたのだ。

ようやく1~3巻を手に入れたので読み耽っている。




鎌倉を舞台に、古い家に住む、父に捨てられ、母にも捨てられた3人姉妹と腹違いの妹、4人姉妹のドラマだ。


取材してるのか、アシスタントに写真を撮ってもらってるのかしらないが、街のあちこちのそのまんまの風景が描かれていて、間違いなく現在の鎌倉の風景です。



たとえば、コミック1巻目のカバー絵は鎌倉高校駅前の風景。

スラムダンクのアニメタイトルシーンに使われているというので、台湾からの聖地巡礼客が押しかけている話は一度した。

2巻目の絵は紫陽花寺として有名になった成就院。

天辺に立って、手前を見ると、海が見える。

紫陽花と海のマッチングで、人気スポットだ。

3巻目は、江ノ電極楽寺駅を出てすぐのところ。

この道沿いに上のほうに進むと、成就院に辿りつく。














そしてそして、ボクのような古くからの住人には懐かしい、古い鎌倉の路地風景。

バブルの頃から、車が入らないという理由でこんな路地が姿を消していったので、いまじゃこんな風景は一部にしか残っていない。























4人姉妹を取り巻く心暖まる人間模様だが、ところどころにハッとするような言葉も潜んでいる。


「人は信じたいものだけを信じて、見たいものだけを見るのよ。別の何かがあるなんて思いもしないのよね。

思いもよらないことがある日不意に姿を現す。昼間、偶然見つけた月のように」



気づいてくれる人は気づいてくれるだろう。

気づかない人はそれだけのことだ。






古い家の暮らしが我が家に似てて、ウチに取材に来たんか~と首をひねってしまった(笑)

梅の実の収穫なんて、まったく同じようにやってます。


そのほかにも、2番目のお姉さんの恋人で大学生と偽っていた高校生が働くサーフショップは実際にモデルがあるし、腹違いの4女が通う中学の道のりも実際そのままだ。


ボクは知らないが、漫画を読んだ聖地巡礼ファンも多いんだろうと思う。












そんな鎌倉の街で見かけたこんな店。


猫グッズの店って、流行りなのかな??
























映画の予告篇をどうぞ。



ちょっと長いけど舞台裏も。

スポンサーサイト



コメント

No title

おぉ('∀`) 吉田秋生は吉祥天女くらいまでは読んだわ♪
カルフォルニア物語は昔読んだと思うけどヒースと少し弱々しい
美少年が出てくるような話のだったかしら♪
これは読んだことは無いけど、吉田秋生のセリフとか描写は
大好き~♪
ジョージ・バーナード・ショーの言葉にも似てる感じだけど
違うかも(^_^;) いいセリフね♪
映画も面白そう~♪

No title

雰囲気のある街ですもんねえ
暮らしがそのまま絵になるという感じ♪
私もそこにいたら、絵になるかな~

No title

joey さん、「カリフォルニア物語」で感動して、それで終わってたので、こうして読むチャンスが生まれてラッキーでした。
この人の絵とか台詞とか、いいんですよね~

ボクも映画を見たくなりましたよ~(苦笑)

ナイス有難うございます~

No title

Irisさん、勿論~ピッタリじゃないですか~~!(←ふう~こんだけごまをすっとけばご利益があるかな

ナイス有難うございます~

No title

原作は読んでないけど、テレビで映画は見ました~^_^
美人姉妹が近所にいたらなぁというヨコシマな心はありませんでしたよ~。だって、寝転んで観ていたので、ヨコシマな心がタテシマになってましたから(笑)

紹介を読んでいると、原作も読んでみたくなりました^_^

No title

のぶさん、TVでやったんですか~!
いいなあ~ボクも観たかった。

ヨコシマな心がタテシマになったって、おお~それこそフクシマです

ナイス有難うございます~

No title

師sho、お早うございます。
ここも少しは落ち着きを取り戻しますかな?
この映画TVで観ました。
ホッコリしてチョッピリ物哀しいいい映画でした。
鎌高前や腰越漁港懐かしいシーンの連続でした。
成就院も今年はアジサイ参道が植え代えで見られなかったそうですネ
ここまで行ったら「力餅屋」ですネ!

No title

チャミキンさん、映画をご覧になりましたか~!
映画と漫画では少し違うんじゃないかと思うんだけど、漫画の方では力餅屋も登場して覆面饅頭を買いますよ~(笑)
面賭け行列まで描いてるし~

No title

sho*ha*ng*5さん
え!少女漫画狂いの時があった?
ビックリ。
でも、よく考えてみると
実父も、大和和紀さんの
「はいからさんが通る」全冊
実母から借りてハマって読んだことあると
聞いた(実母から)ことあります。
sho*ha*ng*5さんもそうだったんですね。
カワイイ。(失礼<m(__)m>)

No title

まりっぺさん、お父さんが「はいからさん~」を読んでたのもたぶん同じ頃だと思います。
この頃、少年漫画よりも少女漫画のほうが面白い時代だったんです

「はいからさん~」はギャグが効いていて面白かったんだけど、あの少女漫画特有の絵柄についていけなかったので、コミック1巻の途中で投げ出しました(苦笑)

ナイス有難うございます~

No title

映画観たかったのに、また観てないです。
鎌倉いい街ですね。風の感じられる。
ナイス☆

No title

あ、これって広瀬すずちゃんが出るヤツですよね???
すず好きの人が我が家に約1名いるんで^^;
そして鎌倉が舞台なんですか~!
ドラマとか映画でよく使われますよね~行ってみたい~

No title

まこちゃん、映画もとても評判がいいですね。
ボクも観たくてたまらなくなりましたよ。

ナイス有難うございます~

No title

プチマリーさん、広瀬すずをご存じだったんですね~
ボクはこの映画の予告編を見て知ったんだけど、可愛いらしいですね。
10年ちょっと前くらいに、次女役の長澤まさみがこのくらいの年頃で出てたTVドラマを楽しみに見てました。
もうすっかり大人の女性ですね。

是非いらっしゃい~いいとこですよ~

ナイス有難うございます~

No title

こんにちは。
海街に惹かれてやってきました。
私も今ちょうど味わいながら読んでいるところです。
「人は信じたいものだけを信じて...」というところは、
私もはっとさせられました。
鎌倉にお住まいなんですね。
私も鎌倉大好きなので、うらやましいです。
いつか住めたらなと思います。

No title

Mymbleさん、ようこそいらっしゃいました。
今はぎすぎすした世の中だけど、心と心が触れ合って響く、こうした作品が読まれるってのはとてもいいことですよね。
久しぶりに極上のワインを飲んだような豊かな気持ちになれました。

この町はおっとりしてて、とても住みやすい街ですよ。
夢が実現するといいですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

showhanng55

Author:showhanng55
マイナーな60年代ビートミュージックと駄洒落、読書レビュー。

月別アーカイブ

全記事表示リンク

フリーエリア