FC2ブログ

記事一覧

蘭陵王・・・・The Beatles

台風一過、青空が広がり、涼風が吹き渡る爽やかな朝。

ボクの住む三浦半島は、房総半島が盾となって守ってくれたので、影響らしい影響は何もなかった。

房総半島に感謝です。

感謝のしるしに素敵な写真をお届けしよう。












































先日収穫した最後の西瓜。

ブロ友さんの教えに従い、名前を書いて冷蔵庫に入れといたので、自分の手で包丁を入れることができた。


















2個目のカボチャも収穫した。

こぶりだ。

カボチャは収穫後、3~4週間寝かせたほうが美味しく食べられるそうだ。

何も知らないので、そんな情報を教えてくれるネット社会ってのは、実にありがたい。




































アニメの「銀河英雄伝説」と「アルスラーン戦記」にはまったので、田中芳樹に興味が湧いた。

余りにもバカ売れしてたので、これまでは敬遠してたのだ。



6世紀後半、南北朝時代の中国に材を取った歴史小説「蘭陵王」。

漢末の三国誌時代から、隋の天下統一まで、約360年間、幾多の民族、王朝が群雄割拠していた時代のことは、混み入りすぎて、ボクには良く分かってない。

魅力的な人物を主人公にした、こうした小説があると少し整理できるので、とても有難かった。

隋統一前は、始まったとき同様3国時代で、北斉(ほぼ魏と同じ領域)、北周(蜀と同じ領域)、陳(呉の領域)が鼎立していたそうで、蘭陵王高長恭は北斉の王族。

武に秀で、徳望があり、戦って負けたことがない。

それゆえ、皇帝(従弟)の嫉妬を買って非業の死を遂げる。

中国物を読んでいつも思うのは、徳望の高い高潔な人物がいるかと思えば、欲まみれの最低の人物も多数出てくることで、両極へのぶれ方が、日本人のボクには信じがたいほど極端なのだ。

結局、権力を独占したときの人間の姿ってのは、こうなるのだろう。

ローマの歴史でも同じような人間たちが無数に湧いてくる。

人が絶対的な権力を手に入れた時、欲望のためにどれほど非道な行為を働くか、サド侯爵を読めばよく分かる。

サド侯爵は想像力を駆使して、絶対的な権力の元、道徳から解き放たれて肥大した欲望の究極の姿を描いたので、革命政権でさえ、侯爵を危険人物と見なし、バスティーユ牢獄からの釈放をためらったくらいだ。




蘭陵王は女性と見間違うくらいの美貌だったので、仮面をつけて戦場に臨んだと史書に記されているそうだ。

仮面・・・アルスラーン戦記の銀仮面ヒルメスとは事情が違うようだが(笑)

中国ドラマにもなっているようなので、予告編を貼っておきます。





舞楽の題材にもなっていて、その方面の古典芸能の世界では日本でも知られているそうだが、勿論ボクは知らない。

日本の時代では、聖徳太子以前の人物だ。


田中芳樹はボクはライトノベルズ作家だと思い込んでいたので、たとえば、



ぎゃあ~
くはっ~

長刀が一閃するたび敵兵が倒れていく。

げふっ。
ごぼっ。



式の文章だと思い込んでいたのだ。

全然違って、確かな知識に裏付けされた圧倒的な筆力。

こんな素晴らしい作家を、これまで食わず嫌いでいたなんて、人生を無駄にした気がする。

他にも中国物があるようなので、片っ端から手に取っていこう。

しかしなあ~。

何も知らなければ、この装丁を見ただけで敬遠するのだ。


















久しぶりにビートルズを聴きたくなった。

I'll Get You。

サビのコーラスになると、メインヴォーカルのジョンが低音部を担当して後ろに引っ込み、バックにいたポールの高音部が主旋律を担う。

当時の誰にも思いつかない手法で、ビートルズは最初からとてつもなく進んでいたんだなあ~と思うのだ。

スポンサーサイト



コメント

No title

確かに。。。南陵王の装丁見て
まずは手に取らないだろうなぁ(笑)
口コミとか読んで私も勝手につまらない物と
決めつけてしまってるもの結構あるかも;^_^A
スイカ、立派ですね~美味しそう!

No title

おおっ!!
砂浜と打ち寄せる波と白いワンピースと麦わら帽子!!!
これは満漢全席よりも素晴らしい、僕のほしいものが全て盛り込まれていますっ♡
クールでドライなダンディである僕でさえ思わず見とれて、フリーズしてしまいました~
これがほんとのフリーズドライ・・・(失笑)

田中芳樹は「蘭陵王」を書いていたんですね。これは知りませんでした~。魏晋南北朝時代っていうのは確かによくわからないんですよね~
それにしても男前で強くて徳もあるって、盛り込みすぎですよねぇ~(笑)恨まれるのもわかる気がします。よかった~凡人で(笑)
思えば、諸葛亮だって、岳飛だって、どんな傑物にも足を引っ張る人が必ず出てくるんですよね。見事なくらいに・・・

田中芳樹は短編長編含めてほかにも中国史を題材にした小説を書いていますね。今までなかなかほかの作家が題材にしなかったものを書いているので、新鮮で面白いです^^
そういえば、ハードボイルド作家北方謙三の「楊家将演義」も面白かったです^^

No title

anzu さん、なにも知らなければ、この装丁だけでパスですよね(笑)
ちゃんとした文学作品だとは思わないもの。

ネットで評判を見たんだけど、ゲームから入っていったような若いファンが多いのかな??
この作品の凄さを理解しているツィートは少なかったです。

西瓜、甘くて美味しかったですよ~

ナイス有難うございます~

No title

のぶさん、写真を見つけた時、ボクもフリーズドライしました~(爆)
女性美の素晴らしさが全部詰め込まれてる写真ですよね~

のぶさんに中国物があるよ~と教わったので、ためしに手にした一冊です。
まさかこんな本格的な作家だったとは全然知らなかったです。
感謝感謝。

北方謙三の中国物って、なぜか食指が湧かないんですよね。
面白かったんですね。
のぶさんがそういうなら読んでみようかな~

ナイス有難うございます~

No title

台風の影響がなくてよかったですね~!
今年はそちら方面に集中してるような???

で、この本のカバーからはワタシも絶対に
本屋さんで手にとらない感じだけどshoさんが言うくらいだから
かなりおもしろいんでしょうね!
チェックしてみようっと^^

No title

おぉ('∀`) 今日は真面目な記事じゃない♪
でも女の子の姿はお約束ね~♪
この辺りは全く読んでないけど諸葛亮関係とかは好き♪
小林智美の絵なら手にとっちゃうかもね~('∀`)
I'll Get You、そうやって聴いてみると確かにサスガって
感じがするわ('∀`)凸
田中芳樹、今度さがしてみよう~♪♪

No title

で、西瓜さんのお名前はなんと?
一段と甘く、美味しくなったでしょ♪

そのカボチャも奇麗な色で、野菜も果物も、夏はいろんなものの色が美しい♪

アルスラーン面白いですね。
ハマりましたか?やっぱりね~

No title

プチマリーさん、台風はこっち方面で3個発生したけど、近づいたのはこの7号が初めてです。

で、カバー、やっぱり・・ね。
ライトノベルだと思ってしまいますよね。
全然違って、中身の濃い本格的な小説です。
三国志が好きならお勧めですよ~

ナイス有難うございます~

No title

joey さん、小林智美??
知らなかったのでぐぐったけど、似てるけど違う人の筆です。
目黒詔子という人。

三国志好きなら、楽しめる作品だと思います。
楽しみながら、歴史のアウトラインも頭に入るし。

ビートルズはやっぱりすごいですよね。
何もかも彼らが最初なんだから。

ナイス有難うございます~

No title

Irisさん、名前??
勿論ファランギースですよ

このカボチャ、珍しいカボチャだと言われて植えたけど、こんな綺麗な色になるとは知らなかったです。
緑のカボチャしか知らなかったから。
ハロウィンで使うアメリカの赤いカボチャなら知ってたけど・・これはそれとは別。

第2部(全8話)をいまTVでやってますね。
今度の日曜日が最終話みたいだけど。

ナイス有難うございます~

No title

こんにちワッショイo(^o^)o

別にお祭りってわけじゃないですよ♪
[ドッコイショ]というより[ワッショイ]のほうが
やる気あります感あると思って(笑)

で、包丁入刀儀式できたんですね
良かった良かった!
やっぱり名前書いて冷蔵庫に入れないと駄目ってことが実証されましたね
みずみずしくてメッチャ美味しそうです

カボチャも艶々だけど暫くねかせるのね♪
甘くなれ~甘くなれ~と唱えながら数週間おけば
甘くてホクホクになりますね~
珍しいカボチャなのでどんな味か興味津々♪

No title

あまりにバカ売れしてたので敬遠してた
あはは‥ 笑っちゃって失礼しました

こんな素晴らしい作家を今まで‥人生を無駄にした気がする
あははは‥ またまた笑っちゃって大変失礼しました
深い興味を持つ歴史小説を手にすることが出来て良かったですね♪
主人が三国志シリーズ大好きで、この本もふくめ
うちにズラリとあるんですよ
チロルは読んでないんだけど
そのうち読もうと思いつつ何年も過ぎて‥
ビートルズのコーラスは「いいな~♪このハモリ」っていうのが何曲かあります
「ノーホェアーマン」(←スペルが思い出せない)とか「イフ アイ ギ~ブマ~イ ハート トゥユ~‥」(←曲名が思い出せない)とかね

No title

チロルさん、神田の神輿がわっしょいじゃなかった??
せいや~もあれば、わっせい~もあって、地域差がありますよね。
どっこいしょ、ってのはどこのおみこし担ぎだだろう??

包丁入刀儀式~はははは~ほんとに面白いことを言う人だなあア~

カボチャを寝かせるってのは、ぐぐって初めて知りました。
知らないことが多すぎます。
それが人生なんだろうけど~

ナイス有難うございます~

No title

チロルさん、ベストセラーになりすぎると敬遠しません??

拘りが無くなったのでベストセラーも読むようになったけど、面白いですよね。

おお~ご主人、このへんのファンですか~!
話が合いそうだなあ~
いつかお会いできる機会があったら三国志で盛り上がりそう

その最後の曲、言ってること分かります・・メロディが出てくるのに曲名が出てこない

No title

おはようございます♪

スイカ

大好きなんです♪

夏といえば~海

海というば~スイカわり

でも、愛情こめてつくったスイカ わってしまったら可哀相ですよね。

スイカを食べるときは嬉しいね♪

かぼちゃ~寝かせるといいのですね。はじめて知りました。秋にも食べれますね

かぼちゃには水分が多いタイプと栗みたいなタイプと どっちだろ~?
わたしは栗タイプが好きですょ^^

あ~~~!パンプキンパイも いいですね

No title

(⊹^◡^)ノ。*こんにちわぁ~*。

いつもありがとうございます
ワタシは連休チュー、少し暑さバテしていました
shohang5さんは大丈夫ですか
猛暑にも拘らず無理をしたり睡眠不足は絶対にダメですね
痛感させられましたε=(・д・`*)ハァ…
昨日はシッカリと眠ったのでもう大丈夫
それにスイカをたっくさん食べました~
今日も㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿お願いします☆.。.:*・☆.。.:*・

No title

美蘭さん、西瓜は切れるけど夏は切れない、水着を着たい関係ですよね。
夏の浜辺での西瓜割りってしたことないんですよ。
海まで歩いていける距離なので、グループで行ったことがないせいです。
一度はやってみたかった~(笑)

カボチャにはそんな2つのタイプがあるんですか~!
全く知りませんでした。
そういえば何となく水っぽいと感じたり、もっちりと感じたりしたことはあったけど、出来の問題だと思ってました。
なるほどね~

水っぽいカボチャよりはもっちりしたかばちゃがボクも好きです。

ナイス有難うございます~

No title

カノンさん、今年の夏は特別に暑いと思う。
引退組だから毎日昼寝をしてます~堪忍(苦笑)
ボクだってカノンさんくらい若い時は、昼寝もせず、バリバリ働いて・・・じゃなくて遊んでましたよ~

西瓜たくさん食べられてよかったですね。
半分持って行った弟さんもお姉さんの心遣いに涙を流して喜んだでしょう。
姉弟っていいですね~

ナイス有難うございます~

No title

確かに素敵な写真だけど近くに海には絶対に居ない後ろ姿だから切ないわ~
スイカもナイス!

No title

ゴールドさん、いやいや~きっと近くにいるはずと信じて夏の海に行きましょう~
そう思ってボクは何十年も通ってます~(笑)

ナイス有難うございます~

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

showhanng55

Author:showhanng55
マイナーな60年代ビートミュージックと駄洒落、読書レビュー。

月別アーカイブ

全記事表示リンク

フリーエリア