FC2ブログ

記事一覧

抱腹絶倒の酔っ払い小説・・樋口昭雄「武装酒場」・・・Agnostic Mountain Gospel Choir





酒好きなら読むべし。飲むべし。



阿佐ヶ谷の高架線下にある赤提灯「善次郎」は常連さんの多い店だ。

その日、どの常連さんも訳有でこの店に集まった。

夫婦喧嘩の果てに女房を絞殺したと思い込み、自首する前に一杯飲(や)りたいとやって来た男。

借金取りに追いかけまくられ、夜逃げの決心をしたので最後の一杯を求めてきた男。

売れないくせに、スランプに陥った貧乏小説家。

高校をすっ飛ばして、マサチューセッツ工科大学で学んだ天才物理学者。
壊れてしまったので東大教授の座を追われ、今はこの店で朝から晩まで酔い続けている。

紅一点。一流ゼネコンのOL。
超美人なのに男が寄り付かず、20代後半まで男と手さえ握ったことがない。
それなのに、年下の後輩に告白され、人生のすべてを賭けた恋をしたのに、ふられたと思い、自棄(やけ)になって顔を出した。

おかまのママと、連れで旦那気取り、喧嘩が大好きな肉屋の親父。

この店の奥にヤクザが隠したという拳銃を手に入れるため現れた、刑事と密告者のチンピラ。

店の親父はイヤな予感がする。

酔っ払いの元天才物理学者が、やくざの隠した拳銃を見つけたのが始まりだった。



酔いのせいで引き金に指がひっかかり、バンバンバン撃ちまくる。

機関銃が見つかり、手榴弾まで見つかるのだ。

時ならぬ銃撃音にびっくりしたのは近所の住民。

すぐさま通報を受けた警官が踏み込もうとしたその瞬間、機関銃が乱射され、手榴弾まで外に転がり出て爆発する。

すべては酔っ払いたちの偶然の行動がもたらした結果だが、警察はそうは思わない。

さあ~凶悪事件だってので大騒ぎになる。

酔っ払いたちは外の喧騒なぞ我関せず、自分たちだけの物騒な宴会をとことん楽しむ。

土曜の夜から始まった宴会は日曜になっても終わらない。

借金まみれの男が日曜のG1レースで穴馬ラクバフブキの単勝に有り金25万全部をぶちこんだ話がTVの中継を通して日本中に伝わる。

その穴馬が最下位の評価を覆して、先頭で第4コーナーをまわるのだ。

店の酔っ払いも、外の警官も野次馬も必死の応援。

この敵味方を越えた連帯感が実にいいのだ~感極まって涙がしとどこぼれる。

そのラクバフブキは見事優勝。

4500万の配当金を手にした男は、借金取りから逃げ回る生活からやっと抜け出せると万歳した途端、居酒屋の床が抜けて、ぽっかり空いた穴の中へ真っ逆さま。




運悪くというか、何というのか、第2次大戦で米軍が落とした不発弾がこの店の下にあるのが発覚する。

不発弾処理の自衛隊まで出動して、店の周りは騒然。

穴に落ち込んだ酔っ払いがその不発弾を見つけるのだ。

店に不発弾を運び上げたのを知った警察や自衛隊は手も足も出ない。


さあ~いよいよアッと驚く結末です。

この先は内緒。

本を買ってお読みください。

とにかく、読み進むにしたがって随所に仕掛けられた地雷を踏むので大笑いすること請け合いです。


ハルキ文庫。

定価629円+税。

2009年初版発行。

ドラマに仕立てたら面白いと思うんだけどなあ~












いちど紹介したが、カナダ、カルガリーの Agnostic Mountain Gospel Choir の Oh Sorrow。

酔っ払いの宴会風でとても気持ちのいいヴィデオだ。





まだ現役だと思うが、確認してないので断言はしない。





















スポンサーサイト



コメント

No title

面白そうな小説ですね!!
「深夜食堂」に通じる面白さを感じます。ドラマ化して欲しいですよね^_^
Agnostic Mountain Gospel Choir いいですねぇ♪こうゆうのは本当に大好物です♡
ではお返しに
https://youtu.be/C1qNzfHIbS0

僕のお気に入りブルーグラスバンドThe Steel Driversです^_^

No title

凄い内容の本だけど、タイトルまんまな感じなのね('∀`)
ワケアリの酔っ払いばかりいるなら怖くて入れないけど
更にそんな物が隠されてたらヒィィィィ~~だわ;
結果は図書館で見てこよう♪
話の流れから珍しくピッタリな雰囲気の曲が('∀`)凸
酒飲んでタバコ吸ってる声だわね(笑)
酔っぱらいの宴会、確かに~~!!

No title

のぶさん、「深夜食堂」を知らなかったのでぐぐりました(笑)
設定は似てるけど、人間模様を描いてるのかな??
こちらはひたすらスラプスティック。

「深夜」と名づくと面白い小説がいろいろありますよね。
ハードボイルドの古典に「深夜プラスワン」、ミステリーやジョン・ダニングファンにはあんまり評判がよくないんだけど「深夜特別放送」、これは傑作です。
自信をもってお勧めします。

Uを聴きました。
こちらも酔っ払いソングですね(笑)
ブルーグラスやカントリーには酒のテーマが多いみたいですね。

ナイス有難うございます~

No title

joey さん、タイトルはすごいけど、中身はおバカの酔っ払いのハチャメチャコメディです。

風が吹けば桶屋が儲かる方式で、次々にありえない偶然が重なっていって大笑いです。

こんな物騒な設定なのにハッピーエンドで終わるんですよ。
それがこの小説を読んで気分が楽しくなる理由だと思います。

そうそう~酒焼け、タバコ焼けの声ですよね(笑)
ヴォーカルの人、ジェリー・ガルシアに似てると思わなかった??(笑)

聴衆の間に長州力がいたでしょう~(爆)

ナイス有難うございます~

No title

確かに面白そう♪
目の前に場面が浮かんでくるよう
映像化にも向いていそうですね。

なんという泥臭いブルース!
こういうのもけっこう好きですよ♪

No title

Irisさん、絶対に映像化に向いてる作品だと思いました。
次から次にありえないシチュエーションが繰り広げられながら妙に納得できるんです。

いいでしょう~
毎日聞きたいとは思わないけど、ときどき引っ張り出しては聴いてます。

ナイス有難うございます~

No title

sido さん、ナイス有難うございます~

No title

こんばんはヾ(@⌒ー⌒@)ノ

ただいま…です

今日も蒸し暑かった~

途中から土砂降りになったけど

今夜は早めに寝ようと思います

また明日も㋵✿㋺✿㋛✿㋗✿お願いします( ^^)/▽▽\(^^ )

㋔✿㋳✿㋜✿㋯✿㋤✿㋚✿㋑

No title

sho*ha*ng*5さん
紹介していただいた曲。
日本の民謡をカバーしたんじゃ
ないですね?
手拍子から始まるので....
お酒好きな方なら
なじめるかも?
ズレてコメントで<m(__)m>

No title

面白い展開のアウトロー小説ですね^^

音楽もなかなかよい雰囲気です^^

ナイス!

No title

まりっぺさん、民謡ですよ(笑)
アメリカのだけど~
黒人の民謡(ブルース)と白人の民謡(ブルーグラス)が適度に融合して美味しいカクテルになってます。
そこが酒好きにはたまらないんです~

ナイス有難うございます~

No title

ゴールドさん、小説のほうは文句なしに楽しめます。
ある意味漫画だから、酒を飲みながら読むといいかも。

で、こういう宴会ソング、いいでしょう~

ナイス有難うございます~

No title

カノンさん、前後しました。すみません。

日曜日、そちらは雨が降ったんですね。
こっちはピーカン照りの1日でした。

今日は1か月ぶりに30度を越すこともなく、すごしやすい1日だったけど、そちらはどうでしたか??

ナイス有難うございます~

No title

sally さん、ナイス有難うございます~

No title

なんかハチャメチャな内容の本のようですね。それをばかばかしくならないようにおもしろおかしく描いてあるのかな、だったら、なかなか凄い小説だと思います。

こういう曲は、アメリカはディープな南部に行ったら聴けるのかな?

No title

yan_yanさん、ハチャメチャなんだけど、妙に納得できて没頭するんですよ。
筆力のある作家だと思いました。

ナイス有難うございます~

No title

チロルさん、ナイス有難うございます~

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

showhanng55

Author:showhanng55
マイナーな60年代ビートミュージックと駄洒落、読書レビュー。

月別アーカイブ

全記事表示リンク

フリーエリア