FC2ブログ

記事一覧

夫婦喧嘩・・・The Hard Road

夫婦喧嘩は猫でも食わぬ、という諺がある。

ネコの舌は熱いものが苦手にできてるので、ふ~ふ~冷ましながらじゃないと食べられないんだけど、そのふ~ふ~ができないのだ。

可哀そうじゃないか。



手塩にかけて育てた西瓜を収穫した話はした。

2,3日仏前に供え、昨日冷蔵庫に入れたのだ。

お昼。

楽しみに冷蔵庫を開けたら、こんな変わり果てた姿になっていた。














神さんの仕業だ。

勝手に食べて悪いとは言わないが、半分残しておくのは礼儀だろう。

4分の1しか残ってないじゃないか~!

許せん~!

離婚の原因になるはずだ~!




















昨日に続き、Disc2を聴いていたら、オハイオの Hard Road が69年に作ったという、You Rub Me The Long Way が Do You Love Me にそっくりなのだ。

Do You Love Me のオリジナルは黒人グループの Contours で62年の作。

マージー狂いをしていた80年代初め、ボクはマイナーバンド Faron's Flamingos で聴き、すっかり虜になったのだった。

ついでに彼らの大ファンになってしまった。

いつの間にかマージーファンが少なくなったので、滅多に取り上げることもなくなったが、ボクのブログはマージービート中心に始まったのだ。

その当時、知り合ったオリジナル盤コレクターのRさんが、ボクにお歳暮として Oriole のオリジナルシングルをプレゼントしてくれたので、もう一度写真を掲げておきます。

マージーサイドで、この Do You Love Me を最初にビートアレンジしたのは Faron's Flamingos だけど、同じステージで彼らを聴いた Brian Poole & The Tremeloes がスコッチを1杯おごっただけでまんまとタブを手に入れてしまった。

トレメローズはデッカという大会社に属していたので、彼らのレコードは大ヒット。

ビートルズの She Loves You を蹴落として全英1位に輝いた。

Do You Love Me といえば、トレメロ-ズということになってしまったのだ。

一方のファロンズ・フラミンゴスのほうは誰にも知られないまま。

バンドも陽の目を見ることなく解散してしまった。


ファロンは述懐している。

Brian Poole bought me a double-Scotch and he said, 'I like that song you're doing called 'Do you love me ?' Can you write down the words for me ?'

和訳。

あのスコッチがシングルだったらなあ~ボクもシングル発売するんじゃないかと警戒したんだけど、ダブルでおごってくれたんだよ~ほら~ダブルベッドってシングルより広々してるだろう~だからボクも気が大きくなってね。つい許してしまったのさ。





Hard Road 'You rub me the wrong way'





Contours 'Do You Love Me'






Faron's Flamingos 'Do You Love Me'



Brian Poole & The Tremeloes 'Do You Love Me'




















スポンサーサイト



コメント

No title

今回は素直に音楽ブログとして(笑)聴きましたがマージービートやはり好きですね。
たぶん、入口が70sロンドンパンクでしたから、もろ、彼ら60sの影響ですよね。
これリアルタイム、若き日にきいてたんですか?
Brian Poole & The Tremeloesのスカスカの音最高すね。

いま、スコッチトリプルで飲んでます!!

No title

sido さん、なんちゅう~~~~!
音楽ブログだって、あんなに口を酸っぱくして言ってたのに~~~

で、トリプルスコッチ~!
鳥がプルプル少っちだけ頂戴と羽を振るわせてません??
ボクはスコッチが切れたので八海山飲んでます(笑)
しどさんとは一度は大騒ぎしたいですね~(笑)

No title

おぉ('∀`) スイカちゃんの夢・散る!
でも少しは残して置いてくれたんじゃない~♪
半分は私が神さんと食べたのよひひひ~~
'You rub me the wrong way'ソックリだけど、このフレーズで
似た曲って凄くありそうよね(笑)
さすがマージービート・ファンはFaron's Flamingosね('∀`)/凸
この中で一番かっこいいわ♪
初めてこの曲を聴いたのはジョニー・サンダースのカヴァーで
ライヴでも演ったわ~♪
記念のレコードね。お歳暮私にもplease('∀`)♪

No title

weirdo さん、このボックスでも表記は Road ですよ。
ただ、解説が新しいのかな??

Acturally they were The Hard Road,a band from Youngstown,Ohio. とあるので従いました。

No title

joey さん、神さんと口裏合わしてたのか~悔しい~~
おかげで楽しみが半減したじゃないか~

ママちゃんがマージーファンだから彼らのテイクも
子供の時から聴いてたでしょう~
絶対、かっこいいんだから~

ナイス有難うございます~

No title

食べ物の恨みは怖いですね。
イヤ、喧嘩するほど仲がイイってことでしょうか?

マージービート良いです!

No title

成田離婚ということばが昔にありましたが、Suica離婚というのもあるのかもしれないんですね~食べ物の恨みとは、げにもヲソロシヤ~(汗)
これまた昔は夫婦喧嘩は犬も食わぬといいますが、昨今は猫も食わないんですね(笑)

マージービートってことばを初めて聞きました^^
「えっ??マージービートって知らなかったの?
マジでっ???」
とツッコまないでくださいね~(笑)

ダジャレの予防接種~

No title

sallyさん、食べ物の恨みは怖いですよ~
カツさんの食べ物を横取りしちゃアダメですからね~

マージー、すっかり流行らなくなりましたね。残念です。

ナイス有難うございます~

No title

のぶさん、ちっちっち~
今どきは犬じゃなくて猫を使うんです。
古いなあ~

その昔は羽田離婚と言ってたんですよ~
新しいなあ~

マージーって、まじで知らなかったんですか~(あっ、突っ込んじゃった~予防接種が効かなかったみたい~爆)
その昔は「リバプールサウンド」と日本では言ってました。
ビートルズが登場してくる60年代初めのリヴァプールのビートシーンのことです。
リヴァプールの街中を流れる Mersey River にちなんでこう呼ばれていたんです。
ナイス有難うございます~

No title

のぶさん追記。

3番目の映像は63年のキャヴァーンクラブです。
ビートルズファンの聖地。

今は建て替えてるけど、当時はこんな空間だったんですね~

No title

あちゃ~奥さん先に食べちゃったんですか~^^;
まぁそんな離婚原因になるなんてコワいこと言わないで
残しておいてもらえただけでもいいと思わないと~!
ワタシだったらこっそり食べますよw

マージービート、あとで聴きにきますね~♪

No title

プチマリーさん、なんてことを言うんだ~
全く、女性は旦那のことをなんだと思ってるんだ~
ま、たしかに残してくれただけ親切なのかも~

はい、後でお聞きください~
ナイス有難うございます~

No title

ァ '`,、'`,、('∀`) '`,、'`,、ツボに入った~ 爆!
4分の1って、またビミョーな残し方。
普通、半分は残しそうなものを・・・
きっと美味しかったんですよ~
で、残った4分の1は召し上がった?

マージ―ってマージ―知らなかった(あ、すでに言ってる方がいた(^^ゞ)

No title

Irisさん、ツボに来た~!
それは李朝白磁の壺ですね。
骨董価格が高いんですよ~

それがね、たしかに美味かったんですよ~4分の1じゃあ足りない~

マージー方面、疎かったんですか??
その駄洒落、先客がいるから座布団没収~(笑)

ナイス有難うございます~

No title

Σ(゚∀゚ノ)ノキャー

食べ物の恨みは怖い~

ワタシも忘れないわ~

妹に食べられたレアチーズ。。。

恨みはなさでおくものか~~~~~~~(ΦωΦ)フフフ…

No title

カノンさん、そうだ~食べ物の恨みは怖いのだ~!
結婚したらくれぐれもご用心を~(笑)

あちゃ~、レアチーズを食べられちゃったのか~

ナイス有難うございます~

No title

sho*ha*ng+5さん
「Do you love me」
記憶違いかもしれませんが
実父が聴いていたのが
デーブ・クラーク5だったような....

また、トレメローズにヴォーカルが
いたとは知りませんでした。
その他は「サイレンス・イズ・ゴールデン」と
同じメンバーなんですか?

No title

まりっぺさん、デイヴ・クラーク・ファイヴも同時期にリリースしました。
こっちは彼ら独自のビートアレンジ。

トレモローズはDC5という強力ライヴァルをも蹴落としたんです。

ヴォーカルのブライアン・プールが抜け、残ったメンバーで演った「サイレンス・イズ・ゴールデン」が大ヒットしました。

ナイス有難うございます~

No title

DC5がDo you love meをレコーディングしているという話を、Brain Poole側がいち早く聞きつけて急いで発売した、と云う話がありますね。

発売するタイミングが遅れて、DC5ヴァージョンは、UKではいまひとつヒットしなかった?USAでは、DC5のほうがずっと売れたようですが…

DCは、それ以後レコーディングを秘密主義することになったとか…

DC5のTwist And Shoutの変則カヴァー、No time Loseも、オリジナルの歌詞をつけている間に、Brian Poole (とBeatles)に先を越された経緯もありました…

No title

weirdoさん、そんな話が伝わってるんですか?
全く知りませんでした。

ファロンの話の続きを書くと。
A couple of weeks later he had the No.1 record with 'Do you love me' and it had only cost him the price of a double-Scotch.

このへんになってくると、当事者の話にも見栄が混じってくるので、割り引く必要があるかもしれませんね。

この時期のUKビート勢は同じ曲をカヴァーするケースが多いので、誰が先行するか、当事者たちにとっては大問題だったろうと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

showhanng55

Author:showhanng55
マイナーな60年代ビートミュージックと駄洒落、読書レビュー。

月別アーカイブ

全記事表示リンク

フリーエリア