FC2ブログ

記事一覧

梅の実・・・・Alexis Korner and Friends




日曜日に収穫した梅の実。

春先に写真をお見せした紅梅じゃなくて、裏庭の白梅の実。

白梅の木は、バックにプライバシーが写るのでお見せできない。


昨年、思いっ切り枝下ろししたので、期待してなかったのにこれだけの量。

今年は梅の実が豊作なんだと思う。


例年だと梅干しを作るんだけど、今年は梅星を作ろうと思っている。


作り方は簡単。

夜、空に向かって梅の実を投げるだけでOKだ。

空に貼りついて光ったら、それが梅星だ。

崑崙の玉(ぎょく)で作った杯に葡萄酒を満たして掲げると、梅星の光が杯いっぱいにあふれる。

昔の中国人は「夜光杯」と言って珍重したのだ。


















唐代の詩人王翰(おうかん)も詠っている。


葡萄美酒夜光杯  
欲飲琵琶馬上催  
酔臥沙場君莫笑  
古来征戦幾人回  


葡萄の美酒 夜光の杯
飲まんと欲して 琵琶、馬上に催(もよお)す
酔うて沙場(西域の砂漠)に臥す 君、笑うなかれ
古来征戦 幾人(いくたり)かかえる



エキゾチックな詩だから愛好者が多い。

ボクも高校時代に覚えて西域熱に侵(おか)されたのだ。






梅星が空にいっぱい貼りつくと、諸星と言って、梁山泊に落ちてくる。

108個落ちると、書生さんが拾い集めて天井からぶら下げ、梅星の瞬(またた)きを鑑賞する。

この鑑賞スタイルを「将星綺羅星の如く」と形容するのだ。

書生さんたちは偉くなりたい一心で、この光で夜勉強した。

蛍の光で勉強したという説もあるが、あれは間違い。

幕末、長州藩の殿様毛利敬親(たかちか)も梅星を集めてその光で勉強したので、「しょうせい侯」と呼ばれたくらいだ。

長州人は「しょう」を「そう」と発音するので、ネットで調べると「そうせい候」と呼ばれていたという記述にぶつかると思うが、ボクが言ってることのほうが正しいのだ。

ウソだと思うなら長州人に聞いて確かめてくれ。


「うん、そうせい~」と言うはずだ~



























78年4月19日、Alexis Korner の50歳の誕生日を祝ってコンサートが開かれた。

それこそ「将星綺羅星の如く」スターが勢ぞろいしたのだ。

ちょっと名前を挙げると、Zoot Money, Dick Hecstall-Smith, Chris Fallow, Eric Clapton, Duffy Power, Paul Jones, etc.・・・といった豪華なメンツ。

レコードは2枚組で現れたようだが、現在はCDで手に入る。

ブルースナンバー Spoonful をジャジーに仕立てているのが目を引く。

この曲はクリームで有名になり、後続のカヴァーもクリームの解釈をお手本にしてるのだけど、親分としては子分の演った解釈を真似るのは気が進まなかったのかもしれない。

50年代末、Cyril Davies に出会ってブルースを知るまで、アレクシス・コナーはジャズバンドにいたのだ。






















スポンサーサイト



コメント

No title

おっ梅酒にしてもうまそうですな!

紀州あたりでは梅を星に投げるといいますが、まさか湘南でも似た儀式があるのですね!

海があるとこで、梅は育つんですかね?

しかしタバコが吸いたいす(笑)

No title

sido さん、ひょっとしてボクの首を獲ろうと奇襲をかけてません??
ホントの話なんですか??

あっエライ~!
まだ禁煙を破ってないんだ~!!

梅と海、漢字の形で韻を踏んだな~

No title

おっ今日は学問的なお話が綺羅星のごとくちりばめられていますねぇ。そのせいかダジャレの輝きが霞んでしまってますよ(笑)

葡萄美酒夜行杯。。。
僕も大好きです!!!
月の砂漠よろしく、果てなく広がる西域の地で飲む酒は格別でしょう。そこに胡旋舞を披露する美人がいれば言うことなし\(//∇//)\酔臥沙場君莫笑でお願いします^_^

梅の実が大量に採れたんですねぇ。すごいです。もしかしてその中に仁義礼智忠信孝悌って文字が刻まれたのが八つなかったですか?(笑)


それにしても梅の話題からアレクシス・コナーに行くとは。。。変幻自在ですね!!
さて、今晩はスプーンいっぱいにすくってカレーを食べよう♪

No title

のぶさん、なに~!
駄洒落が霞んでる~!!
それはいかん~

霞った駄洒落は、かすとりと一緒に胃の腑へ流そう~

のぶさんもこの詩が大好きだと思いました。
どこまでもどこまでも想像の翼がはためくお洒落な詩ですよね。

美人の胡旋舞なら、このあいだじょ~いさんが披露してくれたばっかりですよ~(笑)

その8文字気がつかなかったなあ~
さ^と見たので発見でんきなかったんだと思う~(爆)

スプーン一杯のカレーを食べて、スプーン一杯の幸せを感じてください~

ナイス有難うございます~

No title

梅星の作り方は理解できたけど
その後の解釈が難しいわ('∀`)
シャレなのか真実なのかの見分けがつかない~~!
Alexis Korner の50歳の誕生日、さすがのメンツが集まってるのね♪CREAMのSpoonfulも確かにカッコイイけど
さすがALEXIS KORNER♪味わいが違うわね凸

No title

joey さん、ははは~正直でいいよ~(笑)

このメンツ、凄いですよね~
曲によってメンツが入れ替わってるけど、見れた人は幸運だと思います。
78年か~ロンドンにいりゃあ見れたんだけどなあ~(爆)

このスプーンフルはちょっとびっくりですよね。

ナイス有難うございます~

No title

梅酒もいいな~♪(*´ω`*)
昔・・父に言われて、真夏の庭で梅を天日に干して、菜箸でせっせとひっくり返していたのを思い出しました。
懐かしいな~

で、梅酒にするの?梅干しにするの?どっち?

No title

Irisさん、いい思い出があるんですねえ~
その梅の木はもう枯れちゃったんですか??

量が多いので、梅酒、梅干し、梅ジュースと3分割にしました(笑)

ナイス有難うございます~

No title

おぉ~梅星の話、勉強になりましたo(^▽^)o
蛍の光じゃなくて梅星の光を使ってたなんてね(^^♪
あ、そういえば梁山泊って名前の雀荘がありましたよ~(^_^;)

No title

プチマリーさん、おお~このブログで学んだことは入試にでます~きっぱり~

「水滸伝」、名前だけでも聞いたことありませんか??
中国の小説だけど、日本では江戸時代から愛好されているんです。
いまはゲームにもなってると思いますよ~
その「水滸伝」の豪傑たち(108人)が集うのが梁山泊なんです。

ナイス有難うございます~

No title

こんばんは。

梅の実がきれいだと思っていたら、その後のお話しの方が数倍綺麗なお話しでした。
空に投げる梅星だなんて、そして夜光杯を傾ける。
なんてロマンテックなんでしょう
ロマン好きで歴史萌えな私は、記事で学びながら星空へ思いを馳せます

聞いてみたら、長州のお殿様は、そうせい~っとおっしゃってました
さすがshoさん、歴史もギャグに織り込んできますね~

No title

翡翠☆ヒスイさん、ロマンチックな話だったでしょう~
ボクはロマンチストなのだよ~

おお~歴史好きですか~それは嬉しいなあ~歴史って人間の物語だからほんとに面白いですよね。

あっ、やっぱり「そうせい~」と聴こえましたか~
ホントに長州人は「しょう」が言えないんだよな~

ナイス有難うございます~

No title

梅も取れるのですね~。いいですね。
この梅の色のようなのは馬上杯?はどこのですか?
スプーン一杯の〇〇が欲しいなあ~

No title

arisonさん、中国の西域近く崑崙(こんろん)山脈近くで取れる玉(ぎょく)から作った杯です。
鮮やかなグリーンから黒っぽいのまで様々です。
元々は近くにあったホータンという(西欧系人種の国)の特産品だったそうで、紀元前から中国では珍重されてました。
ホータンは紀元前に漢に滅ぼされてます。
西域の歴史は、調べれば調べるほどエキゾチックで血沸き肉踊ります~(笑)

スプーン一杯の幸せ、ボクも味わいたい~

No title

sho*ha*ng*5さん
アレクシスのヴォーカル
初めて聴きました。
イラッとされるかも
しれませんけど....
なんかぁ 講談をきいているような
感じになりました。m(__)m

No title

まりっぺさん、講談口調の歌い方ですか~(笑)
面白い表現だなあ~~(爆)

ナイス有難うございます~

No title

> sho*ha*ng*5さん
西域フリークですか?
私はそういう意味では神聖ローマ帝国ですが、好きなだけで知識はないですが~

No title

arisonさん、そうですね。
西域関係は高校時代から漁ってました。
だから唐代までの中国史にも熱中してたんだけど・・というのも西域に関する文献はほぼ中国人が書いたものしか残ってないから。

↑ のホータンの記述に間違いがありますね。
漢代に中国に滅ぼされたと言うのは間違いです。
古代のホータン(和田)は唐代末まで属国として生き延びます。
そのあとはイスラムの支配下に入り、仏教国からイスラム国になるんだけど、西域のオアシス国家は全部同じ経過をたどるんです。

ハプスブルグ家の神聖ローマ帝国はあんまり詳しくないです。
皇帝の名前がみんな同じだから訳が分からなくなります。
その点は、東ローマ帝国と同じですね。

No title

あはは 今年は梅干じゃなく梅星を作るって(笑、笑)
ムチャクチャな方向になってきた~( ̄▽ ̄)V
これだけ大豊作だと夜空に投げるのも投げ甲斐があるわね~
今年は火星が近いから火星方面に目掛けて投げれば
一つや二つは当たるかも
火星人がキャッチしてshoさんの梅を「しょ~ウメ~!(超うめ~♪)」と
ツイッターで呟くことでしょう

白梅と紅梅では梅の実に違いあるの?

No title

チロルさん、ロマンがあっていい話でしょう~(笑)
そうそう、火星も大接近するんですよね。
火星人に、「その梅星、貸せい~」と要求されたらどうしよう~

他所のことは知らないけど、家の紅梅は2本とも小さな実です。
だから食用には大きな白梅の実を使ってます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

showhanng55

Author:showhanng55
マイナーな60年代ビートミュージックと駄洒落、読書レビュー。

月別アーカイブ

全記事表示リンク

フリーエリア