FC2ブログ

記事一覧

もてる男の必勝法・・・Tides In






今年も蘭の花が咲いた。

古木の洞(うろ)に20年近く前に植え付けたら毎年咲くのだ。

肥料もやらず、ほったらかしなのに、雪をかぶった年も咲いたので、家庭で手軽に楽しみたい人にはぴったりの蘭だ。



西欧では貴顕紳士が蘭の花をご婦人にプレゼントする習慣があるそうだ。

ボクは庶民だから女性に蘭の花なんかプレゼントできないよ~とお悩みのあなた。

誰でも貴顕紳士になれるとっておきの方法があるんです。

実に簡単。

飲み屋に行って、隣り合わせた女性を口説くだけでOKです。

見事、危険紳士になれますよ~
















口説き文句だって危険になります。

Trip With Me。

「駆け落ちしよう~」って意味ですね。

誰だ~そこで「くすり」と笑ったのは~~~










口説いてる女性が人妻で、口説いてる最中にトイレからご主人が戻ってきたらどうするかって??

ぱっと身を翻してエーメンを唱えながら逃げましょう。

Go Away From My Door。







NYのバンドで67年のこの1枚しかないようです。

最初のかっこいい曲がB面。

2番目がA面。
スポンサーサイト



コメント

No title

蘭って名前は知ってますが、蘭の花と意識して見たのは初めてかもしれません^^

可愛い感じの花ですね~しかも木の間から生えてるんですね~驚き~

Trip With Meはリフがご独特で面白いです^^

二曲目もナイス!

No title

ゴールドさん、蘭の花はくさるほど種類があって、値段もピンからキリまでなんだけど、これは安い値段の蘭です。

蘭は地上もあるけど、樹上植生の蘭も多いんですよ。
昔、雲南の映像を見たとき、樹上蘭がたくさんあったので、もの試しに植えたんです。
こんなに気に入ってくれるとは思わなかったですよ~

Trip With Me、好きなタイプの曲なんです。
2曲目、途中でカットされるのが残念だけど、最後までアップしてる映像がなかったんですよ~堪忍。

ナイス有難うございます~

No title

飲み屋に女性を口説く目的で行くだなんて、ふしだらな('∀`)
しかも花を!おぉ~~おぞましい;乙女の敵だわ;
しっしっ
でもバンドの曲はカッコイイから許すわ♪
2曲目のほうがタイプかしら♪
貴顕紳士に出会いたい♥危険紳士は飛び蹴りね;

No title

joey さん、うう~!!
男ってそういうものなんだよ~(爆)

あら珍しい~1曲目がタイプかと思ったのに~

ボクは紳士(←ここ強調・・笑)だけど、貴顕じゃないので、代わりに危険になります~

ナイス有難うございます~

No title

あ('∀`) 間違った!1曲目のほうだったわ(笑)
危険な香りに惹かれないようにしなくっちゃ
おやすみなさ~~い

No title

joey さん、はい^納得です(笑)
ボクも断然1曲目(B面のほう)です~

なあ~んだ、危険な香りをぷんぷんさせて会いに行こうかな~と思ってたのに
もう寝ちゃうんだ~(笑)

おやすみなさい~

No title

樹木にお花を植えるですか?
どうやって??
欄に限るの?
ごめんなさい知らなかったので💦
そして樹木に咲いてる欄を見るの初めて~ちょっとびっくり~😌
綺麗だわ~

No title

シャレオツダンディの心と鼻孔をくすぐるタイトルに吸い寄せられてきました~\(//∇//)\
なるほどヂェントル麺はご婦人に蘭の花をプレゼントですか~
早速お花屋さんに!!ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘
でも「蘭なんていラン!!」と突っ返されるんじゃないかとビクビクしてしまう、チキンハートダンディ☆のぶです。・゜・(ノД`)・゜・。

一曲目のタイトルからして、動画の角砂糖みたいな映像は白いおクスリなのでしょうか???

joeyrockさんのコメがオモロイ♪( ´▽`)
ヲトメに「ふしだらよ」と言われたら、満面に恍惚の表情が浮かんじゃいそうです♡

No title

たまおさん、洞(うろ)に土を入れて植えたように思います(はっきり覚えてない)。
いまは樹がボロボロなので、樹のカスが溜まってます。
そこから栄養をとってるのかな??

古い樹に着床したシダを、お寺や神社などの古木で見かけることがありますよね。
あれと同じです。
シダの代わりに蘭にしただけ。

ナイス有難うございます~

No title

のぶさん、バラの花を贈るんだと思うけど、話の都合上、蘭にしました。ほんとに蘭を贈るかどうかは保証しませんよ(笑)
おっ、「い蘭~」だなんて、上手い返し方だなあ~
「淫蘭~」と言われたらどうしようと焦りまくりましたよ(爆)

Lちゃんの歌です(苦笑)
「駆け落ちしよう~」って、邦訳をつけようと思ったけどやめました(笑)

そうそう~じょ~いさんのコメントは愉快です
のぶさんが、そこで悶えてもいいんですよ~

ナイス有難うございます~

No title

sho*ha*ng*5さん
2曲とも拝聴いたしました。
どちらかというと2曲目のほうが
聴きやすいかなって.....
メンバー3人?。
2曲とも全篇のキーボードが
流れていますが、表の出ない
サポートメンバー
なんでしょうか。

No title

まりっぺさん、マイルドな曲のほうが聴きやすいですか。
ロックを聴きこんでくると、だんだん物足りなくなります。
もうじきB面のほうが好きになりますよ~(爆)

バンド情報がネットで見つからないんですよ。
だから、何人のメンバーなのか分かりません。
動画に3人の写真が出てくるけど、実は写真もネット検索で出てこないんです。
レコード情報が見つかっただけ。

ナイス有難うございます~

No title

ほったらかしていてもそれだけ育つなんて、蘭が強いのか、土がいいのか、
どっちかな?
蘭は高価なイメージがあるんで、ご近所だったらちょうだい!です♪

私もB面の方がいいな~

No title

Tides inは、四人組だと思います。

リーダーのRick Rogersonがguitar/keyboard/vocalsを担当している。

68年には、Stonehengeと名前を変えて、録音していますが、未発のまま…最近アセテートが発掘されています。

http://www.popsike.com/Unreleased-Garage-Acetate-45-Stonehenge-GREAT-moody-twosider-Tides-In/131252618687.html

No title

snow さん、この蘭が強いんです。
蘭って、高価なイメージがあるんだけど、この蘭は安いです。
近ければいくらでも株分けしたいくらいですよ~

おお~Trip With Me のほうが好きとは嬉しいなあ~

ナイス有難うございます~

No title

weirdoさん、4人ですか~?

このサイトにはたどり着けなかった。
やっぱり Google 検索じゃないとダメなのかなあ??・・と言って、文字を125%に拡大しても エクスプローラーより小さいので、Ex~仕様で使ってるから、いちいち起動しなくちゃならないし・・。

この2曲、そのうち何かのコンピに収録されるんでしょうね。
楽しみです。

No title

常に男性と距離を置いてるので

口説かれることが殆どないです

これではダメですね

自分に「喝」です㋸(//∇//)

かと言って恋愛に前向きになれないカノンです

No title

カノンさん、まだ若いんだから、必ず素敵な出会いがあります。
焦らずに待ちましょう~

ナイス有難うございます~

No title

Tides inは、初期は3ピースで、後に一人加わったそうです。フォトのようにSingle録音時には、三人組だったかもしれません。

あと、このシングルのバックで演奏しているそうですが、音の傾向は全く違いますね…
Pool Of Sunshine - La Tribu - Sanfris 19
youtube.com/watch?v=wZFuj9eyg5Q

No title

weirdoさん、おっ、さらに分かったんですね。
さすが~
有難うございます。

案内のシングル、これはまたレア過ぎですね。
6年間で437回しか視聴されてないって、すごすぎです。
サウンド傾向はおっしゃるように全然違いますね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

showhanng55

Author:showhanng55
マイナーな60年代ビートミュージックと駄洒落、読書レビュー。

月別アーカイブ

全記事表示リンク

フリーエリア