FC2ブログ

記事一覧

築地場内の店で天丼を食う贅沢・・・The Seeds

好天に誘われて、1年ぶりくらいに築地へ出かけた。

お目当ては、場内にある「天房」という食堂。

11月から築地市場が豊洲に引っ越し、場内のお店も一緒に引っ越すので、その前に行きたいと思っていたのだ。















天ぷらと天丼で有名なお店。

今日頼んだのは天丼のほう。




えび。
ヤリイカ。
キス。
稚鮎。
芝海老。

それに、しし唐。
ナス。
ノリ。



こんな豪勢な盛り付けで1200円。

琵琶湖産のシジミ汁が100円。

〆て1300円で美味いものが食える。


















場内は観光客だらけ。

外人さんが多い。


かもめさんの観光客も多い。





5月になったら「ぎんぽ」が入るので、今度は天ぷらを食いに行かなくっちゃ。





なぜか場内にあるインドカレーのお店。

入ったことはない。



































Seeds の The Wind Blows Your Hair。

67年のシングル曲だが、アルバム未収録だったようで広く知られるようになったのはCD化されてボーナストラックで収録されるようになってからみたいだ。

2ヴァージョンあるということなので、2曲とも聴きましょう。

最初のヴァージョンかな?




歌詞に手を加えて、演奏時間も長くなった別ヴァージョン。

スポンサーサイト



コメント

No title

築地が移動するって大変そうですね~
去年東京に行ったときガイドさんが話してましたよ~
で、天丼ーー!!
この大きさで1200円って安~い(^^♪
そうそう、シジミ汁は二日酔いにいいんですよね~
The Seedsもカッチョいい~♪

No title

プチマリーさん、でしょう~

これだけ盛り沢山の具が入っていたら、銀座の店なら4,5千円くらいします。
築地場内、場外だと割安なんですよ~

去年いらしたとき、築地にも行きましたか~
琵琶湖のシジミも10個くらい椀の中に入っていて、ラッキーでした(笑)

シーズはかっこいいです。
中心人物のスカイ・サクソンはもう亡くなったけど、カルトファンが後を絶ちません。

ナイス有難うございます~

No title

おぉ('∀`) 天丼!写真を見ただけで、その美味しさが
伝わって来るわ~♪凸♪
私、海苔と紫蘇の天ぷらが好き♪エビは尻尾だけでイイわ~♪
seedsはやっぱり、この摩訶不思議な魅力がイイわね~♪
Sky Saxonならではのカッコよさだわ♥
別ヴァージョンもステキ♪♪

No title

joey さん、以前いちど連れて行きたいと言ったお店です。
見てくれは乙女向きじゃないけど、味は保証します。
おまけに滅茶苦茶安いし~

この季節だから、さすがに紫蘇の天ぷらはなかったけど、ボクも大好き。
獅子唐も大好き。
あの辛みがたまりません。

シーズのこの曲はいい曲ですよね。
なんでヒットしなかったんだろうと思います。

サイケ色の強くなった別ヴァージョン、ボクも聞いたのは初めてだったけど、いいですよね~

実はこの曲、65年にスカイ・サクソンの友達が作ったそうなんですよ。
彼は歌詞もスタイルも変えて、この曲をレコーディングしたそうです。
詳しい事情を書いた記事が見つからなかったので触れなかったけど、この曲が収録されてる新しいCD解説でなら触れてる可能性があります。

No title

Wind blows~は、レア・トラックス集The Seeds – Fallin' Off The Edge(1977)のトップに収録されたので、印象深い…

ダムドがカヴァーしているし、かなり有名な曲だった…
Naz Nomad And The Nightmares - The Wind Blows Your Hair (1984)
youtube.com/watch?v=ygJAM2pFgdU

しかし、オリジナルはSeedsではなく、これ(未発表)↓
Prince Albert - The Wind Blows Your Hair (1965)
youtube.com/watch?v=GZ5V5enBBMs

No title

weirdoさん、首を長くして待ってました(笑)

実はその Prince Albert - The Wind Blows Your Hair (1965) のことでお聞きしたかったんです。
Baddy Biglow というスカイ・サクソンの友達が書いたということまでは分かったんだけど、Prince Albert のこれは2000年代になってから現れてますよね。
まず、Prince Albert って何者かが分からないのでご存知かな??と思ったこと。
映画の中で使われたみたいな書き方に受け取れるんだけど、そうなんですか??

No title

Buddy biglowは、Sky SaxonがRichard Marshと名乗っていたPopシンガー時代の友人だそうで、そのBiglowがPrince Albertという名前でデモ・テープに吹き込んだのが、Wind blows~。

それを、スカイが歌詞を変え、ダリルがアレンジして、Seedsヴァージョンが出来た、という事情のようです。

Web of soundの時に録音したのが、アーリー・ヴァージョン(66)で、さらにFutureのセッションにもセカンド・ヴァージョン(67)がある。

いずれも、発売された短いシングル・ヴァージョンとは異なります。

Archanaで発掘シングルが発売されてますが、bサイドの映画サントラとは特に関係ないと思います?

No title

美味しそう・・・・・(・.・;)
天丼食べたい・・・

東京にこの1年で2回行ってるけど、美味しいものは食べてません。
金沢も美味しいもの多いよ。
shoさんを連れて行きたいな~♪

天丼食べた~い!
夜中に見ないでよかった・・

No title

リンクされているロング・ヴァージョンは、1967年のFutureセッションのものだと思います。

1966ヴァージョンは、スロウで、より威嚇的。ネット上にはアップされていないようですが…

No title

> sido.takuyaさん、この間紹介してた「にっしん太助」っていうウナギ屋さんに行きたいんだけど、どのあたりにあるんですか??
場外にあるんですよね。
お店のHPにアクセスしても地図がないし、・・

4月半ば以降ならぎんぽが入ると思うけど、保証はしません。
5月なら確実です。
ぎんぽの天ぷら、食べに行きましょう~
江戸前の味で、最高です

ナイス有難うございます~

No title

築地だぁ(((o(*゚▽゚*)o)))
まさに憧憬の地です♡

めくるめく江戸前の食材がお出迎えしてくれる、そうそれはまさに地上の竜宮城\(//∇//)\

一度訪れてみたいです^_^

No title

> weirdotalesさん、さらにスローな別ヴァージョンまであるんですか~!

その66年版もCD化されて手に入るんですか??
聴いてみたいです。

No title

あっうなぎは場外のメイン通りから奥の二列目くらいですかね。
築地なら家から近いから昼間、空いてれば、
伺います!!
天ぷら食いましょう!!

No title

Big beatのA web of sound デラックス・ヴァージョンに収録されています…

こちらは、あまりフラワーでない時期なので、よりモノクロームな印象です。まあ、Satanicな歌詞らしいので、そのほうがふさわしいかも…

No title



こんばんはヾ(@⌒ー⌒@)ノ

いつも来てくれて本当に有難うございます

三月ももう終わりですねー

早いわー

お給料で豪華な天丼食べたいな~♪゜・*:.。. .。.:*・♪

しじみ汁も大好きー

No title

お お 美味しそーだ~
豪華な天丼ですね~
鮎や芝えびも乗ってるのね♪
ヤリイカも今の時期美味しいけど天丼に乗ってるとは!

“ぎんぽ”って何ですか?
チロルが知らない魚だわ
天ぷらが美味しいなら白身の魚?

No title

ええ~江戸っ子のチロルさんがぎんぽを知らなかったんなんて~!
そのひとことで、山の手のお嬢様育ちってのが分かりましたよ~

江戸庶民の春の味覚です。
アナゴの仲間。
大森海岸にはいまだにぎんぽの天ぷらの看板を掲げたお店があるそうです。

江戸湾で獲れるぎんぽは数少ないので、滅多にそんなぎんぽは食えません。
場内のこの店でも、ぎんぽは北陸産だとご亭主が言ってました。

No title

築地はまだ行ったことがない場所なんですがすごく行きたい所なんですよ^^

こんな豪勢な盛り付けで1200円~素晴らしい~

ナイス!

No title

あはっ 山の手のお嬢様だなんてぇ 照れちゃうわン
そんなんじゃないですぅ

お嬢様じゃなく‥
お姫様ですよ あんみつ姫と呼んで下さい

"ぎんぽ"って穴子の仲間なのね 知らなかった
私も母も穴子大好き
是非"ぎんぽ"を食べてみたいわ
五月になったら"ぎんぽ探し"にスーパー巡りをしよ~っと

No title

天ぷらとか天丼の本格的なお店って
僕はいまだに入ったことないと思います・・・(^^ゞ
サクサク感が半端なさそうですね~(*´з`)

1枚目の写真、お客さんの頭だけ見えてますが、行列でしょうか??

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

showhanng55

Author:showhanng55
マイナーな60年代ビートミュージックと駄洒落、読書レビュー。

月別アーカイブ

全記事表示リンク

フリーエリア